ここから本文です

QSC ( キューエスシー ) / TouchMix-30 Pro

QSC ( キューエスシー )  / TouchMix-30 Pro

  • QSC ( キューエスシー )  / TouchMix-30 Pro 画像1
  • QSC ( キューエスシー )  / TouchMix-30 Pro 画像2
  • QSC ( キューエスシー )  / TouchMix-30 Pro 画像3
  • QSC ( キューエスシー )  / TouchMix-30 Pro 画像4
10
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
TouchMix-30 Proは、音楽プロダクション、ミュージシャン、バンド、ライブ会場などに最適なこの新製品はコンパクト・デジタルミキサーの新しいスタンダードとして、プロの厳しい要求に応える高い機能を搭載しながら、様々なレベルのユーザーがすばやくミックスを作ることができるシンプルなワークフローを提供します。
Touchmix-30 Pro New Firmware V2.0 リリース
■デジタルミキサー
■32入力、16出力
■電源:100-240VAC、50/60Hz
■寸法(HxWxD):42.9 x 19 x 46 cm
■重量:7.9 kg

32の入力チャンネル(24マイク/ライン、6ライン、ステレオUSB)と16の出力を搭載し、幅広いアプリケーションに対応する、フレキシブルですばらしいシグナルマネージメントを提供します。チャンネル数を増やしただけではなく、TouchMix -8/-16には無い、プロフェッショナルな新しい機能を数多く装備しています。

・10 インチ大型マルチタッチ・スクリーンを搭載し、より多くの情報と優れた操作性を提供。
・フィードバックとルームチューニング・ウィザードにより、複雑なイコライジングをシンプル化。
・2つのリアルタイム・アナライザー(RTA)がチャンネルトーン・バランスとルーム・レスポンスを瞬時に分析表示。
・ミックス、チャンネル、EQ、ダイナミクスなどの設定を簡単にコピーすることが可能。
・簡単な"マルチング"と入力の再配置をするタッチ・アンド・ルート パッチマトリクス。
・6バンド・フルパラメトリックEQ、ハイパス、ローパスフィルター、リミッターを搭載し、ステレオにリンク可能な8つのサブグループ。
・32チャンネル・ハードドライブへのダイレクト録音/プレイバック。
・外部コンピューターを用意しなくとも、レコーダーとして十分な性能を持っています。
・メジャーなDAWに対応する32 in/32 outのオーディオ・インターフェース機能を装備。
・USBドライブから直接MP3ファイルをプレイバック可能。

オーディオ・クオリティ
プロフェッショナル・グレードのクラスAマイクプリアンプ、高品質AD/DAコンバーターを搭載することにより、TouchMix-30 Proは高額なハイエンド・ミキサーに匹敵するピュアなオーディオ・クオリティを実現しました。

使いやすさ
昨今、市場に出回っているデジタル・コンソールの多くはミキシングに必要な機能を"全て"持っています。ここでいう"全て"とは、"経験豊富なオペレーターにとって必要な"という意味です。TouchMixデザインチームは、全ての機能を備えたまま、経験の少ないオペレーターでも取り扱がし易いように、直観的なワークフローとナビゲーションを持つミキサーの開発を目指しました。その結果、開発されたミキサーはとても分かりやすく操作しやすいものとなりました。TouchMixは、EQ、コンプレッサー、ゲート、リミッターなどのパラメーター全体をトータルにコントロールするアドバンスモードと、重要なコントロールのみを表示するシンプルモードを選択することができます。

プリセット
多くのミキサーにはレコーディング・スタジオで使用されるごく平均的なセッティングが用意されていますが、TouchMix-30 Proは実践的で使いやすいチャンネル・プリセットを多数搭載しています。これらのプリセットは、経験豊富なライブサウンド・エンジニアが数ヶ月間をライブに費やし、ミュージシャン、様々な楽器、一般的なマイク、ピックアップ、複数のスピーカーシステムなどを使用して、音楽やスピーチのライブサウンド用に特別にデザインしたものです。経験豊富なオペレーターでさえ、これらのプリセットを使用することにより、ミキシング作業を記録的な早さで行えると感じることでしょう。

ウィザード
アンチフィードバック・ウィザードは、16個の出力全てに設定することができる可変タイプのノッチフィルター12個により、ハウリングを防ぎます。ルームチューニング・ウィザードはイコライザーの調整と音響空間に対するスピーカーシステムのチューニングを手助けします。エフェクト・ウィザードは、サウンド・エンジニア固有の特徴と品質を伝えるため慎重に作成、チューニングされた6つのプロセッサーから、最適なエフェクトを選択アサインします。最後に、ゲイン・ウィザードは、ゲイン調整を最適に設定できるように、入力クリッピング・インジケータを連続的にモニター、表示します。

コピー&ペースト
コピー&ペースト機能を使用して、EQ、コンプレッサー、ゲート、チャンネル全体又はミックス全体を簡単にコピー&ペーストできます。

シーン
内部メモリまたはUSBへ、シーンの保存、呼び出しが可能です。ユーザーオプションを使用して、シーンにメインレベルとAuxミックスレベルを含めたり、除外することができます。

リアル・タイム・アナライザー(RTA)
このミキサーには2つのリアル・タイム・アナライザー(RTA)が搭載されています。1つ目のRTAは現在選択されている入力または出力チャンネルのイコライザーと共に表示されます。2つ目のRTAは、出力、キューバス、またはトークバック・マイク入力のオーディオ信号と共に表示するようにアサインできます。

豊富でフレキシブルなAuxミックス
モニターミックスについて、演奏者の要求は高くなっています。より良いミックスを求めるミュージシャンが増えたことにより、インイヤーモニター(IEM)の普及も進み、それに伴いステレオAUXミックスに対する要求も増加しました。この要求に応えるために、TouchMix-30 Proには14個のAUXバスが搭載されています。全てのAUXバスはステレオリンクすることができ、11/12と13/14のミックスバスには、有線インイヤーモニターを直接接続できる追加のステレオ出力端子が用意されています。

グループ
8つのDCAと8つのミュートグループ、さらにパラメトリックEQとコンプレッサーに対応した8つのサブグループを作ることができます。8つのAuxバスは入力チャンネルに加え、メイン出力とサブグループによるミックス・マトリクスとして働かせることも可能です。

DAWインターフェース
Core Audioフレームワークをサポートし、AppleのMacで動作する殆どのDAWソフトウェアに対応します。

マルチトラック・レコーディング
外部USBハードドライブに、PCを使用せずに直接32トラックレコーディングが可能です。

コンパクトで完璧
ユニークでパワフルなタッチスクリーン・ユーザーインターフェースを搭載することにより、TouchMix-30 Pro はデジタル・ミキシング・コンソールとして必要な全ての機能を提供できます。また、キャリングバッグに入れて持ち運んだり、オプションキットを使用し、ラックマウントすることも可能です。

TouchMix-30 Pro コンソール アプリ
iOSとAndroid対応のタブレットデバイスからWi-Fi通信によるワイヤレス、リモートコントロールが可能です。複数のデバイスから同時に同じミキサーにアクセスしてコントロールでき、必要に応じて、特定のデバイスが特定のミキサーのみをコントロールするように制限することも可能です。iOSとAndroidスマートフォンを使用したパーソナル・モニター・ミキシングもサポートしています。ミックスレベルを制限して、タブレット・アプリと同様に、ミキサーオペレーターにより、ミキサーに使用するデバイスを制限することも可能です。

アクセサリー
次のアクセサリーが使用可能です。
TouchMix-30 Pro トートバッグ
TouchMix-30 Pro ダストカバー
TouchMix-30 Pro ラックマウント用キット
TouchMix-30 Pro タブレット用サポートスタンド

※ Wi-Fiアダプタは付属しません。別途、Wi-Fiルーターをご用意ください。

モデル別比較表

入力
合計 32 20 12
ライン 24(20 XLR、4 XLRコンボ) 16(12 XLR、4 XLRコンボ) 8(4 XLR、4 XLRコンボ)
USB MP3 プレイバック 4ステレオ
(1/4"TRS + 1/8"TRS)
2ステレオ(1/4"TRS) 2ステレオ(1/4"TRS)
トークバック 1 (XLR with 48 V) 1 (XLR) 1 (XLR)
出力
合計 16 12 6
MAIN L/R 2(XLR) 2(XLR) 2(XLR)
AUX 14(XLR) 6(XLR)、2(ステレオ1/4"TRS) 4(XLR)
インイヤモニター
(ステレオ)
2(1/4"TRS、AUX11/12、13/14) 2(1/4"TRS、AUX7/8、9/10) 1(1/4"TRS、AUX3/4)
キュー(ステレオ) 1(1/4"TRS) 1(1/4"TRS) 1(1/4"TRS)
モニター(モニター) 2(XLR) 1(1/4"TRS) N/A
入力チャンネル・プロセッシング
イコライザー 4バンド・パラメトリックイコライザー with ハイ/ローシェルビング、24dB/octのHPF、LPF
ダイナミクス コンプレッサー、ゲート
レコーディング 100msec N/A N/A

DSP
(リバーブ、エコー、ディレイ、コーラス、ピッチシフト)

6エンジン 4エンジン 4エンジン
ピッチコレクト 1モノチャンネル
出力チャンネル・プロセッシング
1/3オクターブ・グラフィックEQ Main L/R、Aux 1-14
パラメトリックEQ Main L/R、Aux 1-14 AUX7/8、9/10 N/A
ノッチフィルター 12バンド 6バンド 6バンド
その他 100 msecディレイ、リミッター、HPF&LPF(全ての出力端子)
サブグループ・プロセッシング 6バンドPEQ、HPF、LPF、
リミッター
N/A N/A
録音、再生
USB Direct to Hard Drive
multi-track
32 x 32 22 x 22 14 x 14
DAW / Computer interface 32 x 32
(Core Audio、MAC OS only)
N/A N/A
ステレオMP3 USBから N/A N/A
グループ 8 DCA、8 ミュート、
8 サブグループ
8 DCA、8 ミュート 8 DCA、8 ミュート
キュー 選択可能、AFL、PFL、Solo 選択可能、AFL、PFL 選択可能、AFL、PFL
RTA、ウィザード
リアルタイム・アナライザー 2 x 1/3オクターブ N/A N/A
ウィザード アンチ・フィードバック、
ルームチューニング、ゲイン、エフェクト
ゲイン、エフェクト ゲイン、エフェクト
プリセット、シーン
プリセットメモリー 99ユーザーシーン、120ファクトリープリセット、99ユーザープリセット
WIFIコントロール
外部コントロール TouchMix Controlアプリ for iPad、Android タブレット
技術仕様
電源 100-240VAC、50/60Hz
サンプリング周波数 44.1kHz、または48kHz
THD <0.005%, +4 dBu; 20 Hz-20 kHz, unity gain, any input to any output
ディスプレイ 10"、1024 x 600ピクセル
カラーTFT、
マルチタッチセンシング
6.1" x 3.5"、カラーTFT
タッチセンシング
6.1" x 3.5"、カラーTFT
タッチセンシング
寸法(HWD) 19 cm x 42.9 cm x 46 cm 5.8 cm x 36.0 cm x 29.1 cm 5.6 cm x 33.3 cm x 24.5 cm
重量 7.9 kg 2.98 kg 1.95 kg

セットアップ例

  • ソロ(弾き語り)

    QSC TouchMix セットアップ例:ソロ(弾き語り)
  • デュオ(弾き語り)

    QSC TouchMix セットアップ例:デュオ(弾き語り)
  • バンド①

    QSC TouchMix セットアップ例:バンド1
  • バンド②

    QSC TouchMix セットアップ例:バンド2

国内ミュージシャンの商品レビュー

先日、学校公演でミキサー(QSC TouchMix-16)と、スピーカー(QSC K10.2)をセットで使わせてもらいました。まず、ミキサーの使用感ですが、本当に直感でわかるレイアウト、機能になっていて、説明書なしでも、ほとんどの機能を呼び出し、使う事ができました。
さらに、とても大きいポイントとして、Trim(マイクゲイン)のノブが、各チャンネル独立して手が直ぐ届くところにハードとして存在してるので、各楽器のボリュームの調整が本当に楽でした。デジタルの卓だと、必ず、一度、タッチパネルなど触って調整したいチャンネルを選択しなくてはならない所ですが、その分手間が省けますし、液晶では、EQや、コンプを出しながら、左手でTrimノブで、ボリュームを上げたり出来ますので、サウンドチェック時にも、演者を待たせる事無くとても早く作業できます。時間がない中で、この使いやすさは本当に素晴らしいです。アウトが、メインアウトの他に、6系統あり、各々にEQもついてるので、ステージ内の音も細かく調整できます。EQの効きも非常に良いですし、コンプやゲートも音楽的に美味しい変化の仕方をします。iPadのアプリで遠隔操作もでき、現代の美味しい機能が全て揃ってる感じでしょうか。

パワードスピーカーK10.2と合わせてのサウンドについてですが、クリアでパンチがあるサウンド。ですが、クリアな音にありがちな耳が痛いようなこともありません。2000Wのパワーの余裕感からか、遠くまで豊かに音が鳴る印象です。体育館サイズであれば、十分に低音も響きます。

ミキサーもスピーカーもサイズが小さめで、持ち運びも楽です。トータルでめちゃくちゃオススメです!今回は、プリセットについてはあまり触れなかったのですが、次回以降に色々と試してみたいと思います。

soki - 木村創生

09年より日本を代表するファンクバンド オーサカ=モノレール、17年より、YelloKingsに在籍
毎年行われているワールドツアーでは、モントリオール国際ジャズフェスティバル、ニューポートジャズフェスティバル、WOMAD Festival、フジロックフェスティバル、ライジングサンロックフェスティバル、などビックフェスティバルにも多数出演
Funkyかつ歌心のあるドラミングで 加藤ミリヤ、清水翔太、テヨン、吉田山田、C & K、BENI、松浦亜弥、ISEKI、Keyco、ROOTSOUL、鬼束ちひろ、HanahSpring、伊藤多喜雄などサポート

instagram
https://www.instagram.com/sokidrums/

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2016/12/21

11111Proとつくだけの性能

投稿者名:NN 【神奈川県】

TouchMix16と比べて、デジタルっぽい硬さが軽減されたように思います。

タッチ画面は、iPadみたいにサクサクまではいきませんが、左手で選択して右手でダイヤル回して調整が基本動作になります。EQなどコピー&ペーストできたり、0の数値をボタンひとつで入れられたり、操作面はよく考えられています。

会場の大きさによっては、舞台袖に設置してiPadだけ持ち歩いて操作しています。Wi-Fiの電波が複数ある場所では注意が必要だと思います。

アンチフィードバックウィザードは、時間の無い時には良いですが、多少マニュアルで確認したほうが良さそうでした。

ルームチューニングウィザードは良いですね。使用する際は、雑音がしないようにする事と、「ザー!」とすごい音が出るので、いきなり出すとビックリされます。

リバーブなどFXは、6つまで設定ができます。ピッチコレクトは1チャンネルまでで、複数はできません。

今後のアップデートに期待しつつ、かなり手応えある1台だと思います。Tochmix16に比べて、チャンネル数以上に「Pro」とつくだけの性能があると思います。QSCのスピーカーKシリーズとも相性抜群です!

レビューID:68734

参考になった人数:13人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

QSC (キューエスシー)
TouchMix-30 Pro

商品ID:227294

¥199,800(税抜)

(¥215,784 税込)

  • 送料無料

21,570ポイント内訳

  • 2,157Pt

    通常ポイント

  • 19,413Pt

    人気ブランドポイント10倍キャンペーン

  • 21,570Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

QSC TOUCHMIX シリーズ

  • タッチパネルを採用した軽量コンパクトな新世代デジタルミキサー

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top