ここから本文です

はじめてのTouchMix Part8  ~マルチトラック録音してみた~

2016-08-17

テーマ:PA

ついにこの連載ブログ第8弾まできました!!
これまでは主にライブする時の設定、機能、TouchMix「デジタルミキサー」の部分を学んできました。

がっ、

ついにこの時がやってまいりました。
そうマルチトラック・レコーディングです。
一発録りじゃなくて、各トラックごとに録音!!

なんか難しそうですよね。。
でもTouchMix は、すんごく簡単録音できるらしいんです。

海外ブログにもさらっと操作方法が書いてあって
TouchMixは簡単で最高のツールだよ」と文面で見てもイメージが湧かないので
「ホントに簡単なのか?」
早速チャレンジ!!

今回もいつものリズムマシンで、バスドラスネアハイハットタムタムタムフロアタムクラッシュカウベル8トラックに分けてセッティングしました。

ちょうど、TM16 Rock Bandというバンド向けのSceneがあったので呼び出して使用しています。

では、TouchMix にタッチしていきましょう。
まず、録音するSession(データを保存するフォルダ)を作成します。

Record/Playボタンを押すとこの画面です。
左下にあるNew/Recall Sessionをタッチ。

右上のNew Sessionをタッチ。

好きな名前をつけてENTERをタッチ。

HOMEボタンで最初の画面に戻して、Record/Playボタンを押すと下段にレコーダー部分が出てきます。Session名が左下に反映されました。

次に各トラックにあるarmをタッチして録音するトラックを選択します。
あとは赤丸のRECを押せば録音が開始されます。

演奏が終了後、四角いSTOPを押せば、自動的にデータが保存されます。

ホントに簡単!!

今回はリズムマシンだったので、1トラックずつ地道に録音を繰り返しました(笑)
本番は、全トラックのarmを押して演奏スタートと同時に録音スタートという感じです。

録音した内容を確認する時は、各トラックのTrackを押して、PLAYボタンを押せばOKです。

各トラックごとに録音されているので、再生しながらフェーダーを上げ下げしてバランスを整えたり、エフェクトやコンプ、EQを後からかけるなんてこともできちゃいます。
実際にレコーディングしてみた結果わかったこと。

録音っておもしろいっ!!

次の社内ライブでコッソリ録音して編集してみたくなりました♪

次回は、TouchMix で録音したデータをDAW編集する!?の巻です!!

→「はじめてのTouchMix」シリーズ一覧はこちら

営業部 / 河西 政佳

愛車サンバークラシックを溺愛するベーシスト。座右の銘は「人生アドリブ」。高校の軽音部に入り、最初の楽器決めジャンケンで負け、ギターヒーローを諦めることに。しかし、ビリーシーンやフリーを見てバンドで一番カッコイイのはやはりベースだと再認識。「上手い」よりカッコイイベースプレーヤーを目指し、日々精進中。

QSC / TouchMix-8

QSC

TouchMix-8

¥99,800(抜)¥107,784(込)

デジタルミキサー、12入力、8Mic入力、4Aux、4FX

評価00000

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

QSC / TouchMix-16

QSC

TouchMix-16

¥139,800(抜)¥150,984(込)

デジタルミキサー、20入力、16Mic入力、6Aux、4FX

評価000051

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

QSC / TouchMix-30 Pro

QSC

TouchMix-30 Pro

¥199,800(抜)¥215,784(込)

デジタルミキサー、32入力、24Mic入力、6line、USB

評価00000

ブログ有り

在庫あり

数量
 
 
 
祝・新元号 令和セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年5月

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
flumpool 阪井一生さんの作曲・アレンジ大公開 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top