ここから本文です

「鶴音」「さうんどはうしゅ」で日本を元気に

日本酒は、食事とお酒を一緒に味わう喜びを教えてくれます。その風味は、刺身や天ぷらなど和食によく合い、日本酒があると食事がより楽しくなります。

震災からの復興をテーマとした『女川プロジェクト』との関わりで、宮城県石巻の料理屋で食事をしているとき、地元のお酒ということで萩野酒造の「萩の鶴」を薦めてもらいました。

ちょうどその頃、「サウンドハウスこどものみらい財団」を立ち上げた直後であり、その一環として日本酒を販売し、その売上金を子どもたちのために寄付したらどうか、という思いが芽生えました。

「鶴音」とは、古事記にも記載されている言葉であり、鶴の鳴く声を「鶴音(たづがね)」と言うとのこと。サウンドハウスは通称「音家」、そして醸造元の看板ブランドは「萩の鶴」、よって、音と鶴が競演することにより「鶴音(たづがね)」になるという着想です。

「鶴音」「さうんどはうしゅ」、どちらも純米大吟醸ですが、異なる風味を持たせています。併せて楽しんでいただければ幸いです。

また、これをきっかけにサウンドハウスの社会貢献にも興味を持っていただければ幸いです。

たづがね
たづがね

香りは派手さを抑えて穏やか、じっくりと広がる豊かで上品な旨味が楽しめる純米大吟醸です。精米歩合は45%。しっとりと落ち着いた味わいと、口の中に広がる自然のうま味が「鶴音」のトレードマークです。職人さんがしっかり仕事を施した江戸前寿司、春のとれたて山菜の天ぷら等の和食だけでなく、穏やかで味の濃すぎない洋食などにもよく合います。最高級の純米大吟醸をお楽しみください。

商品ページ
さうんどはうしゅ

華やかな吟醸の香りと、柔らかで奥行きのあるお米の優しい甘さが楽しめる純米大吟醸です。精米歩合は45%。現代的なフルーティーでジューシーな味わいは、穏やかな味わいの和食だけでなく、チーズの旨味をはじめ、チキンの香草焼き、白身魚のクリーム煮等のお肉やお魚の洋食にもよく合います。「さうんどはうしゅ」のPOPな味わいをお楽しみください。

商品ページ
さうんどはうしゅ

萩野酒造株式会社

萩野酒造は、旧奥州街道の宿場町有壁にて天保11年に創業しました。東北の冷涼な気候と近隣の山から湧き出る澄んだ仕込水、伝統の南部流の造りによって醸し出される透明感のある綺麗な香りと優しい味わいが特長です。

www.hagino-shuzou.co.jp

鶴音たづがね」「さうんどはうしゅ」の売上は
サウンドハウスこどものみらい財団を通じて
こどもたちの未来のために寄付されます

一般財団法人サウンドハウスこどものみらい財団

サウンドハウスから生まれた、こどもたちを支援するための取り組みが、「サウンドハウスこどものみらい財団」です。未来あるこどもたちが心豊かに成長し、安心して過ごせる優しい社会をみんなの手で造りあげ、ひとりでも多くのこどもたちを笑顔にすることが私たちの願いです。

www.kodomozaidan.org