ここから本文です
  • 文学と音楽と ― ポール・ギャリコ / スノー・グース(白雁)

    2018-07-11

    テーマ:音楽とアート

    文学と音楽と ポール・ギャリコ / スノー・グース(白雁) 文学作品からインスパイアされた音楽は数多く存在します。古くは聖書を題材にクラシック作品が多く作曲され、オペラなどは戯曲と音楽が相互に影響を受け合っていた歴史がありま

  • 紙ジャケから派生する日本のミニチュア技術。

    2018-04-19

    テーマ:音楽とアート

    紙ジャケというものが初めて誕生したのは、1994年のことでした。まだまだCD自体が市場の音楽メディアを独占する5年ほど前のことです。そもそも「紙ジャケって何?」という方のために、まずは説明を…。紙ジャケとは、コンパクトになった

  • カバー・アートから新たなカバー・アートへ。

    2018-04-17

    テーマ:音楽とアート

    パロディというものはいつの世にも存在するわけで、今回取り上げるテーマはレコードジャケットのパロディです。とは言っても、パロディを行なっているアーティストは、笑わせようとか、真似してやろうとか思っていないかもしれません(そんなことはないか?)

  • カバー・アートから聴こえてくる音楽 ― ロジャー・ディーン(Roger Dean)

    2018-04-11

    テーマ:音楽とアート

    カバー・アートから聴こえてくる音楽 Roger Dean (ロジャー・ディーン) ユーライア・ヒープ『Sea of Light』 2009年、映画『アバター』が大ヒット。そこにはこれまで見たことのない風景がリアルな

  • カバー・アートから聴こえてくる音楽 ― H.R.Giger(ハンス・ルドルフ・ギーガー)

    2018-04-06

    テーマ:音楽とアート

    カバー・アートから聴こえてくる音楽 H.R.Giger(ハンス・ルドルフ・ギーガー) ギーガーはスイス出身の画家であり、イラストレーターであり造形作家です。一見、ロックとは関係ないようですが、意外にもたくさんのアーティストのジャ

  • カバー・アートから聴こえてくる音楽 ― ピーター・サヴィル

    2018-04-03

    テーマ:音楽とアート

    カバー・アートから聴こえてくる音楽 ピーター・サヴィル マンチェスターで生まれ、地元のアートスクール(現在はマンチェスター・メトロポリタン大学の芸術デザイン学部)でグラフィック・デザインを学んだピーター・サヴィル。デザインを学ぶ

  • 音と照明:80年代以降のスペクタクル・ステージ(ジェネシス・ピンク・フロイド)

    2018-03-20

    テーマ:音楽とアート

    80年代のスペクタクル・ステージ 1980年代、コンサートの演出はよりダイナミックに変化していきました。その流れを変えたのは照明の分野です。1981年にアメリカの照明会社が革命を起こします。それは、今までにない、照明が生き物のように動

  • 音楽雑誌に存在した「不思議な飾り文句」

    2018-03-14

    テーマ:音楽とアート

    洋楽に特化した音楽雑誌は、70年代からロック小僧たちに人気の本となりました。音楽専科やミュージックライフなど、ミュージシャンの演奏シーンからプライベートシーンまで、幅広く網羅しているので、それを見てロック小僧たちは色々な妄想を爆発させていっ

  • カバー・アートから聴こえてくる音楽 ― マーカス・キーフ(キース・マクミラン)

    2018-03-12

    テーマ:音楽とアート

    カバー・アートから聴こえてくる音楽 マーカス・キーフ(キース・マクミラン) 1970年代、イギリスを代表する3大アルバム・ジャケット・デザイナーといえば、ヒプノシス、ロジャー・ディーンにこのキーフでしょう。彼の作品が他のデザイナ

  • カバー・アートから聴こえてくる音楽 ― ヒュー・サイム(Hugh Syme)

    2018-03-05

    テーマ:音楽とアート

    カバー・アートから聴こえてくる音楽 ヒュー・サイム(Hugh Syme) RUSH『神々の戦い』 デザイナー、ディレクターとしてヒュー・サイムの名前を知っている方は、いわゆる通だと思います。彼がレコードジャケッ

  • 亡き人が蘇るコンサート ― フランク・ザッパ

    2018-02-28

    テーマ:音楽とアート

    もしも、この世からいなくなってしまった偉大なアーティストが目の前に現れたら?そんなコンサートが話題となっている。亡くなってしまった生前のコンサート風景をホログラムとしてステージ上に投影して、あたかもそこにいるように演出する方法だ。この特殊技

  • 音楽により呼び起こされるもの ― メモリースケープ

    2018-02-24

    テーマ:音楽とアート

    今回は書評も含めてお届けします。 メモリースケープ / 小泉恭子 (みすず書房) ある音楽を聴くと、特定の風景や想い出がフィードバックしてくることはないだろうか?音楽仲間が集まりこの話をすると、意外にも同じ経験・体験をしているこ

  • カバー・アートから聴こえてくる音楽 ― ヒプノシス(Hipgnosis)

    2018-02-13

    テーマ:音楽とアート

    レコードが誕生してから、ジャケットの役割は演奏者の写真とアーティスト名が一目でわかるものというのが定説だった。その後、タイトルが付くようになり、アーティストがそのタイトルに合わせたポーズをつけたり、着飾ったりという流れになった。そして196

セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年12月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top