ここから本文です

HOME

著者プロフィール

営業部 / 市原 雅之

営業部 / 市原 雅之

45歳にしてオヤジバンドにベーシストとして参加。バンドでサウンド・ハウスの存在を知りその勢いで入社。趣味は英国ロックのレコードコレクション。ポール・マッカートニー、デヴィッド・ボウイとP.I.L.を愛する永遠の29歳。

営業部 / 市原 雅之の記事一覧

  • Shall weシェラック? 【第二回】アガる、使える!? SPレコードで聴く、いにしえのダンス・ミュージック。

    2022-01-19

    テーマ:Tips&お役立ち, DJ

    現代のレコードプレーヤーでSP盤レコードを再生できるカートリッジがあるのをご存じでしょうか。 SP盤は、かつて庶民に親しまれていた蓄音機を使用して78回転で再生するアナログレコードです。現代でも一般的な「ヴィニール素材」で作られたレコ

  • 原始神母による『原子心母』 全曲再演! PINK FLOYD TRIPS 2021 狂喜のライブレポート第三部 2021年4月3日

    2021-10-20

    テーマ:ギター, イベント・ライブ情報, ショーレポート

    プロフェッショナルなミュージシャン達によるピンク・フロイドのカバーバンド、その名も原始神母。4/3に行われたライブ「PINK FLOYD TRIPS 2021」は怒涛の3部構成でした。 第二部はフロイドの名作のひとつ『原子心母』を

  • Back to MONO! モノラル・レコードを楽しもう! 第5回 追悼 チャーリー・ワッツ

    2021-09-14

    テーマ:PA

    チャーリー・ワッツのエナジー溢れるドラミングをモノラル盤で チャーリー・ワッツ。ザ・ローリング・ストーンズのドラマーとして、ロック・シーンにおいて長きにわたり、独特のスタイルのドラミングでストーンズ・ファンを転がしてきた、説明

  • 原始神母による『原子心母』 全曲再演! PINK FLOYD TRIPS 2021 狂喜のライブレポート第二部 2021年4月3日

    2021-08-06

    テーマ:ショーレポート

    Photo by Koichi Morishima Photography プロフェッショナルなミュージシャン達によるピンク・フロイドのカバーバンド、その名も原始神母。4/3に行われたライブ「PINK FLOYD TRIPS

  • 原始神母による『原子心母』 全曲再演! PINK FLOYD TRIPS 2021 狂喜のライブレポート第一部 2021年4月3日

    2021-05-31

    テーマ:ショーレポート

    Photo by 森島興一 60~70年代ロックを後追いしてファンになった世代にとって、当時のロック・アーティストのライブをリアルに味わいたいという衝動をお持ちの方は少なくないのではと思います。私もその一人です。 そうなると

  • 【SHURE M44G交換針を聴き比べ】「マッカートニー III」B面

    2021-04-21

    テーマ:PA

    未だに多くのレコードファン、DJに愛され続けるSHUREのM44Gカートリッジ。 DJ用途のみならず、リスニング用途にも大好評だったことは多くのレコード好きには周知の事実でございます。 前回、ポール・マッカートニーの最新作「Mc

  • Rickenbacker用ケース探し日記 第2回手軽にスタイリッシュ! 4001用ケース

    2021-04-02

    テーマ:ギター

    僕の名前はミッキー。サウンドハウス営業部、市原雅之の息子(飼い犬)だワン! 以前、JBLのスピーカーやELECTRO-HARMONIX ギターエフェクター、RAVISH SITARを僕が紹介したところ、大ウケだったので、今回はRi

  • Back to MONO! モノラル・レコードを楽しもう! 第4回 追悼 フィル・スペクター 最強のポップ・マジックが濃縮された圧巻のガール・ポップ・シングル

    2021-03-09

    テーマ:PA

    モノラル・レコードの魅力を伝えていくブログシリーズです。 この「Back to MONO!」なるタイトルはアメリカン・ポップ史に残る、超偉大なプロデューサー/アレンジャー、フィル・スペクターの作品を集めたボックス・セットから取

  • 【SHURE M44G交換針を聴き比べ】 「マッカートニー III」

    2021-01-14

    テーマ:PA

    DJ用途のみならず、リスニング用途にも大好評だったSHUREのM44Gカートリッジ。約半世紀にもわたり多くのリスナーを魅了してきた針ですが、2018年頃に惜しまれながらも生産/供給終了へ。そんな中、国内を代表するレコード針メーカー「

  • カセットテープ 洋楽ヒストリー 第1面 ヴァン・ヘイレン / 5150 ウォークマン全盛期にリリースされたアルバムをカセットで聴く

    2020-12-17

    テーマ:アーティスト&楽曲, ギター, PA

    現在、50代の読者の方であれば、1980年代半ば頃に、レコード店に多くのカセットテープのタイトルが並んでいた事を記憶されている方も多いと思います。ソニーが発売したポータブルタイプのカセット・プレーヤー「ウォークマン」が大ヒットし、家

  • Back to MONO! モノラル・レコードを楽しもう! 第3回 歌心を身体で感じるボブ・ディランの異色ナンバー

    2020-12-14

    テーマ:アーティスト&楽曲, ギター, DJ, PA

    音楽雑誌や他のブログでは、あまり紹介されないタイトルのモノラルレコードをご紹介するこのブログ。今回は、惜しくも来日公演が中止になったボブ・ディランの作品。中止の悔しさも吹っ切れる、異色ながら実に身体に染みる様なナンバーをモノラルレコ

  • 血が騒ぐ!バンジョーPUNK!!【第3回】酔いどれロッキンなUKトラッド、ザ・ポーグス 中編

    2020-12-09

    テーマ:ギター

    サイコビリー・シーンで活躍するグループによるバンジョー入りパンク、名づけてバンジョー・パンクの名曲たちをご紹介するこのブログ。 今回も引き続き、そのバンジョー・パンクに多くの影響を与えたオリジネーター的存在のザ・ポーグスの名曲たちか

  • 血が騒ぐ!バンジョーPUNK!!【第2回】 酔いどれロッキンなUKトラッド、ザ・ポーグス前編

    2020-10-08

    テーマ:ギター

    The Nipsなどのグループを率いて、1970年代ロンドンのパンクシーンで活動してきた、ボーカリストでありソングライターのシェイン・マガウアン (Shane MacGowan)が、ボーカル、ティン・ホイッスル奏者スパイダー・ステイ

  • Ravish Sitarで弾きたいラーガ・ロックこの5曲!! 第8回INDIE ROCK/ALTERNATIVE ROCK編

    2020-09-04

    テーマ:ギター, アーティスト&楽曲

    親愛なる数少ない私の読者の皆様、営業部の市原です。 毎回ぶっ飛んだ音楽の楽しみ方をお伝えするブログにお付き合いいただき誠にありがとうございます。 ギターの音をインドの弦楽器シタールやタンブーラの音に変身させてしまうエレクトリック

  • Back to MONO!モノラル・レコードを楽しもう! 第2回 カーペンターズ 驚愕の歌声と極上のアレンジが濃厚に響くモノラルミックス!

    2020-08-07

    テーマ:PA

    音楽雑誌などで紹介されることが少ないタイトルのモノラル・レコードを、メガトン級に楽しもうというこのブログ。 第1回目はレッド・ツェッペリンのデビュー・シングルを楽しみました。今回は1972年、カーペンターズがリリースしたヒット・シ

カテゴリーから探す

ブログカレンダー

2022年1月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram