ここから本文です

バッキングギターにおすすめのエフェクター紹介【シングルコイル向け】

2024-04-24

テーマ:音楽ライターのコラム「sound&person」, 楽器

2回目の登場。相変わらず金欠のさくです。

突然ですが、ギタリストの皆さん。バッキングでエフェクター、使ってますか?
おそらく大多数の方は使っていらっしゃることと思いますが、中にはアンプで歪みを作り、フットスイッチでクリーンと切り替えるというミニマリストの方もいらっしゃるかと。
そんな方にもお勧めできる、バッキングに刺さるエフェクターを独断と偏見でご紹介していきます。
なお、音に関する所感は全て私個人のものであるため、皆さんが聴いてみると「なんだか違う」と思われることもあるかと思います。あらかじめご了承ください。

選定基準ですが、基本的には

  • ローゲイン(クランチ)セッティングが容易
  • コードを鳴らした時の分離感が良い
  • 手の届きやすい値段
  • ギター側のVol、ピッキングへの追従性が良い

この4つです。そのため、このような所感は避けていきます。

それでは、参りましょう!

その1. BOSS ( ボス ) / BD-2

BOSS ( ボス ) / BD-2 Blues Driver オーバードライブ

結局こいつか!と思われる方も多いでしょう。「迷ったらこれ!」の先頭を走るもはや伝説のエフェクター。
初心者がまず選ぶコンパクトエフェクターでありながら、プロの愛用者も多い、どの層にもおすすめできる一機です。

そんなBD-2の特徴はこちら。

  • GAINの幅がとても広い。クリーンブーストからファズばりの潰れた歪みまで作れる。
  • 高音の強いジャキジャキした音。シングルコイルとの相性バッチリ。
  • ローゲインでのセッティングがハマりやすく、音作りで迷宮入りしにくい。
  • TONEを上げるほど主張が強くなり、バッキングなのに目立ちすぎることも。
  • BOSS特有のレンジの狭さが苦手な人もいるかも。

私自身、2番目に買ったコンパクトエフェクターで、どのジャンルにもハマって便利。
GAINは12時から13時、TONEは10時から11時のセッティングがお気に入りでした。
手放してしまいましたが、買い戻したいと切実に思うくらい最高のエフェクターです。
前段に SD-1 を置いてブーストする、というもはや王道の音作りをしていましたが、扱いに癖がなく、二万円以内で揃うため、万人におすすめです。

サウンドはこちら。

ちなみにBD-2にはBOSSによる公式モディファイである BD-2W もラインナップされています。音を太くしてリードでも存在感を発揮するカスタム・モードが備わっているので、初心者に真におすすめすべきはこっちかもしれませんね。

その2. MXR ( エムエックスアール ) / CSP027 Timmy Overdrive

MXR ( エムエックスアール ) / CSP027 Timmy Overdrive オーバードライブ

こちらも割と有名な機種。“トランスペアレント系オーバードライブ”の走りとされる、PAUL COCHRANE / Timmy Overdrive の後継機です。
MXRとCochrane氏の正式コラボによって生み出されているため、限りなく本家に近い音がします。

そんなCSP027 Timmy Overdriveの特徴はこちら。

  • クリーンがドライブしたような、味付けの少ない歪み。
  • GAINを上げるとそれなりに歪むものの、歪みの質感は維持されている。
  • HIGHとLOWの2バンドEQの効きがよく、補正としてもブーストとしても使える。
  • どんなブースターとも相性が良い。
  • クリッピングで得られるコンプ感が心地よい。

ギタリスト憧れのエフェクター、VEMURAM / Jan Ray の元ネタであるTimmy。私自身、Jan Rayを所有していますが、意外とはっきりとした違いがあるように思います。
Jan Rayの方がキャラクター感があるように感じるので、本当に味付けが少ないのはこっちかもしれません。
Jan Rayは40,000円強と歪みエフェクターにしては値段が張ります。しかし、こちらはなんと24,200円(税込)。およそ半額で近い音が出せるので、Jan Rayには届かないけど…という方におすすめです。

サウンドはこちら。

その3. WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / Centavo

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / Centavo オーバードライブ

出ました。ケンタです。ここまで紹介している3機種全て有名すぎるペダルですが、紹介せずにはいられません。
Centavoは言わずもがな、KLON / Centaur(通称:ケンタ)のクローンエフェクターです。
ケンタといえばブースターとしての使用が有名で、私自身Jan Rayの前段に置くのが大好きで、どんなアンプ相手でもやってしまうのですが、ふとJan Rayを切ってみた時の音が良く、意外にも単体でのバッキングにも向いているなと思い、選出しました。

そんなCentavoの特徴はこちら。

  • 言わずと知れた“ケンタ”の、ミドルの強いもわっとした音。
  • GAINを上げるに従ってミドルも強くなるが、TREBLEを上げることで温かさとジャキっとしたエッジを両立できる。
  • ローゲイン時は温かみのある歪みを作ることができ、ストラトのシングルコイルでも太いサウンドを出せる。
  • 弦の一本一本が歪む印象。まとまりはあるものの弦の存在感は残る。
  • MODスイッチによって、低音域の拡張ができ、より芯の強い音が鳴らせる。

ケンタクローンは他にもたくさんありますが、Centavoが最も近い見た目をしています。このデカさはボードを圧迫してしまいますが、ケンタに憧れる人にとって嬉しい要素です。
何より、メインの歪みとしてもブースターとしても遺憾無く活躍してくれるという汎用性の高さは、他のペダルにはない強みでしょう。

サウンドはこちら。

余談ですが、2012年、KLONが公式にCentaurの後継機種であるKTRをリリースしています。
見た目こそCentavoに比べると似てはいませんが、公式なだけあって音はそのものです。ニッチな方はこちらもいかがでしょうか?

その4. MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) / Royal Blue Overdrive Factory

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) / Royal Blue Overdrive Factory

最後はこちら。マッドプロフェッサーの放つトランスペアレント系オーバードライブです。

そんなRoyal Blue Overdrive Factoryの特徴はこちら。

  • GAINの幅がとても広く、クリーンブースターからディストーションライクな歪みまで作ることができる。
  • GAINを上げるとともにミドルが強調されていき、抜けの良いリードサウンドにもなる。
  • BASS、TREBLEの可変域がちょうどよく、どの位置にしても良い音が得られる。
  • Timmyと比べると歪ませた時の質感が荒く、トランスペアレント系とは違う印象。なんとなくTSっぽい歪み方。

トランスペアレント系なだけあって、もちろん味付けは少ないですが、こちらは他の機種よりレンジが広い印象。
TimmyやJan Rayと比べるとキャラ付けがあり、バリッとした歪み感です。音に個性が欲しかったり、ただのトランスペアレント系に飽きたという方に、ぜひ一度試して頂きたいです。

サウンドはこちら。

いかがでしたか?既知のエフェクターが多かったよ!という方も多いかと思いますが、これらをバッキング目線で考えることはあまりないかと思います。
リードの音作りにはシビア。けれどバッキングは適当なんてギタリストのいかに多いことか。(個人調べ)
私はいつもアンプでクリーンを作り、メインの歪みをほぼかけっぱなしにして、ここぞという場面でブースターを踏むという形をとっているため、メインの歪みには慎重になります。

今回ご紹介した機種以外にも、ローミッドにキャラ感を持つZEN DRIVEのクローンである WARM AUDIO / Warmdrive、トランスペアレント系の第三選択肢となるJHS Pedals / Morning Glory、アンプライクなOCDのクローンである WARM AUDIO / ODD Box V1 など、バッキングにハマる歪みエフェクターはたくさんあります。

バッキングの音作りは単純に見えて、バンド内で抜けすぎずこもりすぎずを狙わなければならないために非常にシビア。
その中で、自分の気に入る音を鳴らせた時の快感は、リードのそれに劣らないと断言できます。
ぜひ皆さんも、個性の詰まったバッキングサウンドを作ってみてくださいな。

【こちらも要チェック!バッキングにおすすめのエフェクター】

BOSS ( ボス ) / SD-1

BOSS ( ボス ) / SD-1 オーバードライブ

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / ODD Box v1

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / ODD Box v1 オーバードライブ

MAXON ( マクソン ) / VOP9 Vintage Overdrive Pro

MAXON ( マクソン ) / VOP9 Vintage Overdrive Pro

コラム「sound&person」は、皆様からの投稿によって成り立っています。
投稿についての詳細はこちら

Saq

香川の金欠大学生。斎藤宏介を知って以降、エレキギターにお熱。今一番欲しいものは高い方のATELIER Z L.E.S.。今秋に購入するべく、労働と節制に勤しむ日々。音楽のルーツはゴスペル。ボカロやアニソンなどのサブカル系が好き。

MAD PROFESSOR / Royal Blue Overdrive Factory

MAD PROFESSOR

Royal Blue Overdrive Factory

¥24,200(税込)

ギター用エフェクター、オーバードライブ

評価000005

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

BOSS / BD-2 Blues Driver オーバードライブ

BOSS

BD-2 Blues Driver オーバードライブ

¥12,100(税込)

ギター用エフェクター、ブルースドライバー

評価000005

ブログ有り 動画有り

在庫僅少

数量

BOSS / BD-2W オーバードライブ

BOSS

BD-2W オーバードライブ

¥17,600(税込)

ギター用エフェクター、ブルースドライバー、銀ネジ、日本製

評価000005

ブログ有り

在庫あり

数量

BOSS / SD-1 オーバードライブ

BOSS

SD-1 オーバードライブ

¥8,910(税込)

ギター用エフェクター、スーパーオーバードライブ

評価000005

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

PAUL COCHRANE / Timmy Overdrive

PAUL COCHRANE

Timmy Overdrive

¥21,560(税込)

ギター用エフェクター、オーバードライブ

評価00000

ブログ有り

 

完売しました

WARM AUDIO / ODD Box v1 オーバードライブ

WARM AUDIO

ODD Box v1 オーバードライブ

¥18,500(税込)

ギターエフェクター、オーバードライブ

評価00000

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

WARM AUDIO / Centavo オーバードライブ

WARM AUDIO

Centavo オーバードライブ

¥27,800(税込)

ギターエフェクター、オーバードライブ、ケンタウロス、ケンタウルス

評価000005

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

WARM AUDIO / Warmdrive

WARM AUDIO

Warmdrive

¥22,800(税込)

ギターエフェクター、オーバードライブ

評価00001

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

MAXON / VOP9 Vintage Overdrive Pro

MAXON

VOP9 Vintage Overdrive Pro

¥18,800(税込)

ギター用エフェクター、ビンテージオーバードライブ

評価00000

ブログ有り

在庫あり

数量

MXR / CSP027 Timmy Overdrive オーバードライブ

MXR

CSP027 Timmy Overdrive オーバードライブ

¥24,200(税込)

ギター用エフェクター、オーバードライブ

評価000005

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量
 
 
 

カテゴリーから探す

翻訳記事

ブログカレンダー

2024年5月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram