ここから本文です

PAUL COCHRANE ( ポールコクレーン ) / Timmy Overdrive

PAUL COCHRANE ( ポールコクレーン )  / Timmy Overdrive

  • PAUL COCHRANE ( ポールコクレーン )  / Timmy Overdrive 画像1
  • メーカーサイト
■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■電源:9V電池またはDC9Vアダプタ(別売)
~メーカーサイトの解説より~
■Timmy Overdriveは、ギターアンプが本来持っているトーンをスポイルすることなくブースト、オーバードライブするペダルです。コントロールはVolume, Gain, Treble, BassにモードセレクターSWひとつと非常にシンプルですが、その中身は従来の考え方とはまったく異なったものになっています。TrebleとBassは一般のペダルやアンプのそれとは反対に働くカット・スタイルのコントロールになっています。それぞれゼロの位置がフラットな状態で時計まわりにまわしていくとカット・フィルターがかかっていきます。
■Trebleコントロールについて:ほとんどのペダルは、歪み回路で生じるノイジーな音を消すために高音をオフするプリセット回路を入れています。しかしこれはクリーン/クランチ・セッティング時に本来必要な高音域を同時に消し去ってしまいます。Timmyでは、Trebleコントロールを歪み回路の後段に設置し、Gainを上げるにしたがってTrebleをあげる(カットする)ことでGainに連動したナチュラルな高音域の変化を実現しています。
■Bassコントロールについて:ほとんどのペダルは歪みによって低音域がこもってしまうことを避けるために、歪み回路の前段階で意図的に低音域をカットしています。しかしこれは本来あるべき低音域がスポイルされていることを意味します。Timmyは歪み回路の前段階にカット・スタイルのBassコントロールを設置することでGainに連動したナチュラルな低音域の変化を実現しています。
■モードセレクターSWについて:このスイッチによってクリッピング回路の選択ができ、歪みおよびコンプレッションのかかり具合を選択できます。
・アップ・ポジション:非対称セッティング
・ミドル・ポジション:最小のコンプレッションがかかった対称セッティング
・ダウン・ポジション:より深くコンプレッションのかかった対称セッティング

電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:2
5
3件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2018/01/05

11111どんな使い方も出来るオーバードライブ

投稿者名:Day dream nation 【東京都】

VEMURAM の Jan Ray がとても良い音だったので、Jan Rayの基となった言われている当機種を手に取ってみました。

思っていたよりだいぶ音が違います。両者ともとてもいい音ですが、かなりの違いがありますね。
まず仕様としてBASSとTrebleは通常のペダルの逆で右に回すと弱くなります。慣れないと最初困惑します。笑

歪みの質感としてはとても素直で変な味付けがなく、ギターとアンプの音を全く殺すことなく歪んでくれます。
EQはBassとTrebleの二つで、それぞれのバランスによって音質は結構変わってきます。
基本的にはロー寄りなのでBassは下げ気味でTrebleを上げ気味に使うとフラットな感じになります。

Jan RayはBassとTrebleが完全に独立しているような形で、Bassを上げてもTrebleは活きたままハイとローそれぞれの音が出るような具合ですが、
TimmyはそれぞれをMIXしたようなEQになるのでやはり別物。
歪みのレンジもJan Rayに比べて狭いですが、それでも十分にレンジが広くオーバードライブペダルとしてゲインが足りないと思う事はまずないでしょう。

クリッピングスイッチでの3段階のコンプ感調整はJan Rayには無い機能で、これはとても面白いです。
どの設定でもしっかりと使える素晴らしい音なので使用目的で設定すると良いと思います。
あまりハッキリと露骨な違いはないのですがそれでも音の質感は変わるので、例えばスイッチ下でコンプ感強めのにして使うならスイッチをブースターとして使うのに最適、メインの歪みとして使うなら真ん中のコンプ弱めにするとピッキングニュアンスの表現有利になります。
スイッチ上の非対称はそれぞれの中間に位置しているので、他のペダルと組み合わせる際などに融通が効くので使い方は自由自在!と言った所ですね。

クリッピングスイッチを上、Bass14時-Treble9時、GAIN13時辺りの設定がとても気に入っていて、最高に上品な歪みでコードの分離感も抜群です。

Jan Rayとはまた違った魅力があるので、検討している方には是非試奏をオススメします!
(両方おいてある所はなかなか無いですが…)

レビューID:78778

参考になった人数:13人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/09/26

11111個体差あり?

投稿者名:ストラト 【奈良県】

クリーンとあまり質感を変えたくないときに重宝するペダルです。
音色はナチュラルで、いやらしくなく、かなり使いやすいです。
ですが、直輸入品と代理店を通したTimmyとでは、だいぶ音が違うように思います。
私も直輸入品を試奏して驚きましたが、直輸入品はかなりエッジが立ってるように思います。
好みですが、試奏必須です。
Paul Cochraneのシールが貼ってあれば、恐らくそこまで差はないはずです。

レビューID:66578

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

PAUL COCHRANE (ポールコクレーン)
Timmy Overdrive

商品ID:184282

¥19,600(税抜)

(¥21,168 税込)

  • 送料無料

211ポイント内訳

  • 211Pt

    通常ポイント

  • 211Pt

    合計

閉じる

未定未定

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top