ここから本文です

著者プロフィール

Rick - 中島尚彦 -

Rick - 中島尚彦 -

1957年東京生まれ。10代で米国にテニス留学。南カリフォルニア大学、ウォートン・ビジネススクールを経て、フラー神学大学院卒。1993年サウンドハウスを創業。楽器、音響機器のネット通販を手掛け、日本列島を音楽を通じて元気にすることを目指す。会社経営に精励する傍ら、地域活性化のプロジェクトに取り組み、全国を駆け巡りながら、古代史の研究を手掛ける。日本シティージャーナル(地域新聞)主宰。Historyjp.comのサイトを通じて新しい切り口から歴史の流れをわかりやすく解説し、日本のルーツを解明することにより、国家の精神的復興に貢献することをライフワークとする。

Rick - 中島尚彦 -の記事一覧

  • エディ・ヴァン・ヘイレンとの出会いと別れ

    2020-10-09

    テーマ:Rickの本寝言

    サウンドハウスの歴史は、エディ・ヴァン・ヘイレンとつながっていた、と言っても決して過言ではありません。そのエディが65歳の若さで死去されたことに、悲しみを隠さずにはいられません。ロックギター界の歴史を変えた偉大なギタリストと

  • ノートパソコンの行方は?!

    2020-07-14

    テーマ:Rickの本寝言

    ありがたや、ありがたや、日本はいい国だ! いやー、まいった、またか。。。ありえない。。こんな言葉をこれまで何度発したことだろうか。今のいま、家に戻って手元を見ると? ?あれ、さっきまで手にしていたノートパソコンが見

  • チックコリアの神業パフォーマンスに乾杯!

    2019-08-29

    テーマ:Rickの本寝言

    8月28日、大阪のビルボード・ライブで行われたチックコリアのトリオ・コンサートに招かれて行ってきた。正直、このコンサートのことを聞いた時、「え?彼、まだ生きているんだ!」と思ってしまった。多分、今から40年近く前のことだったと思う。

  • 何故、YOITOKOに関わるか!?

    2019-08-19

    テーマ:Rickの本寝言

    数年前、古代史を研究している際に、ふと、歴史人口学という学問に触れる機会がありました。これが意外と奥が深く面白いのです。歴史の流れを踏まえた上で、日本の人口がどのように増加したか、そしてその人口数に達するには、渡来人がどのくらい海を

  • ストーンズの映画から蘇る夢の90年代!

    2019-07-26

    テーマ:Rickの本寝言

    若い頃はもっと音楽をいつも聴いていたように思う。ところが大人になり人生の峠を越えていくにつれて、徐々に音楽が自分の耳から遠ざかり、ふと気が付くと、仕事に没頭したまま1日を終えている自分がいる。果たして、それは本望なのだろうか。そんな

  • 人生100年時代の到来

    2018-11-26

    テーマ:Rickの本寝言

    人生100年時代の到来と言われるようになって久しい。一昔前までは、信じ難いコンセプトだ。坂本龍馬は31歳で亡くなった。フレディー・マーキュリーは45歳、美空ひばりは52歳、大好きだった千代の富士は61歳で急死した。おっとっと。。。本

  • うたたねの戯言

    2018-10-22

    テーマ:Rickの本寝言

    うん???朝か。。?? おお、朝出荷がはじまる‼ 当日配達だ!倉庫の補充だ。。。指示が出てるかな。。。8時までにトラックださないと。7時から幹部会合だ。。みんな来ているか!まだ病気のスタッフ何人かいるみたいだな?母親が病気の

  • サウンドハウスのルーツにはテニスがある!?

    2018-09-28

    テーマ:Rickの本寝言

    大坂なおみが全米オープンテニスに優勝して大ブレーク。その試合をテレビで見るため、朝5時前に起きることとなり、テレビをほとんど見ない自分がWOWOWに加入した。が、結果はそんな苦労を吹き飛ばすほど素晴らしい試合を観せてくれた。 テニス

  • 厚生年金ホールでバイオリンを弾く悪夢?

    2018-08-17

    テーマ:Rickの本寝言

    情操教育の一環として、小さい頃から楽器を演奏することは重要と考えられている。特に3-4才の頃から子供に音楽を勉強させると、音感を養うことができ、場合によっては絶対音感を身につけられるような指導もたやすくなることから、子供の音楽教育に

  • 「人生悔い無し!」とはうそっぱちだ!

    2018-07-20

    テーマ:Rickの本寝言

    「人生悔い無し」とはよくぞ言ったものです。自らの音楽人生を振り返ると悔いることは多く、数十年経った今でも、「あの大失敗は夢であってほしい!」と願うことがあります。それは1986年のある真夏の日、新宿の野外コンサートでおきました。まさ

  • 音響機器まで餌食になった貿易戦争の結末とは。。。

    2018-07-09

    テーマ:Rickの本寝言

    米中の貿易戦争が単なるつばぜり合いを超えて、意外にも本格的な報復合戦へと発展してきた。どこかでお互い妥協するかと思いきや、アメリカの中間選挙を控えたトランプ大統領は、強いアメリカのイメージをさらに訴えるべく、引き下がる様相を全く見せ

  • オリヒメ

    2018-05-11

    テーマ:Rickの本寝言

    オリィ研究所 オリヒメ AIの進化には目を見張るものがある。昨今では「分身ロボット」のプロジェクトが話題に上っている。当初から様々な用途が提言され、中でも障害者の方々への支援が大きな目標として掲げられた。そしていつしか

  • 楽器屋さんが消え去る日!

    2018-04-13

    テーマ:Rickの本寝言

    巨大企業がカルテルなどの価格操作で暴利をむさぼることを禁止するアメリカの反トラスト法は、不公正な競争の抑止力として知られる。その流れを踏襲したであろう日本の公正取引委員会(公取)も、公正かつ自由な競争を促進することをモットーにした正

  • ガッツある天才ギタリストの運命は

    2018-03-30

    テーマ:Rickの本寝言

    1977年、ハリウッドにあるディスコStarwoods内にあるライブハウスは、立ち見オンリーの満席状態だった。そこで初めて目にした4人組のバンドに度肝を抜かれた。ハードロックの神髄を極めた強烈なビートと爆音。心に響くオリジナル曲

  • いい加減にしろよ

    2018-03-16

    テーマ:Rickの本寝言

    『いい加減にしろよ!』大声で罵声が飛ぶ。。。「でも、御用がある時はいつでも言ってくださいね。」と女性の声が聞こえる。『おまえ、わかってないんだよ。』。。。「あと、もう少しお時間ください。」 『めっちゃうざい!』。。。「そ

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2020年12月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top