ここから本文です

ブランクパネルとは?ラックアクセサリー初心者講座

2020-12-03

テーマ:ラック・ケース

お客様より多数お問い合わせを頂いているラックアクセサリーの一つ「ブランクパネル」について解説します。

新型コロナウィルスの影響により、「ステイホーム」や「リモートワーク」というワードが当たり前になってきた今日この頃。ご自宅でお仕事をして、休日も自宅で過ごす時間が多くなってきたことでしょう。そんな中、やはり皆様「おうち時間」として楽しんでいるであろう音楽。楽器を弾いたり、純粋に音楽を聴いたり、はたまた作曲する方も居ると思います。そしてふと気がつくと、音楽に触れる時間が多くなったからか、あれよあれよと機材が増えてしまい、それらを整理整頓、収納するためにラックやケースが必要になり…自宅がもはやスタジオのようになってしまった方も、ちらほらお見受けします。

…前置きが長くなりましたが、そんな中でお問い合わせをよくいただいている、ラックケースやスタジオラック、サーバーラックに使用する「ブランクパネル」という商品について。

まずブランクパネルとはなんぞや?という疑問から。ブランクと聞くと、なんとなく空白な感じや、場合によっては特定の物事から離れていた期間や途切れている状態をイメージします。ただ、ブランクパネルの場合は「隙間」のことを指す言葉になります。つまりブランクパネルとは、隙間に使う、埋め込むパネルのことです。

主な用途は簡単に説明すると下記の2点。

空いているスペースを埋め、埃や塵が入るのを防ぐ
ケース内部の風通しを良くし、熱から機材を守る

上記の他にも、例えばラックケースやスタジオラックを購入したは良いけれど、機材を収納したらスペースが余ってしまい隙間ができてしまって、見栄えが悪い…という時にも役立つアクセサリーがブランクパネルです。では、実際にサウンドハウスではどんな商品があるのか。幾つかご紹介していきます!

MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / HBL1 1Uブランクパネル

スタンダードな1Uブランクパネル。ラックケースやスタジオラック、サーバーラックの隙間に設置するだけで、見た目をスッキリさせたり埃や塵の浸入をしっかり防いだりしてくれます。設置方法は隙間が空いている部分に設置して、左右でラックマウント(ネジ止め)するだけ。1Uで足らなければ、2U~6Uまでのサイズがラインナップされているのも嬉しいところ。
→ HBLシリーズ一覧

MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / EVT1 1U放熱パネル

縦にスリットの入った、放熱タイプの1Uブランクパネル。隙間部分の見た目もスッキリさせながら、熱もしっかりと逃したい。そんな方におすすめ。こちらも1Uタイプだけではなく2Uタイプもあります。
→ EVTシリーズ一覧

MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / VT1 1U放熱パネル

隙間を埋める部分がメッシュ状になっており、より放熱効果を高めた1Uブランクパネル。ケース内部の風通しをより良くし、熱が篭るのを防ぐことができます。熱を持ちやすいサーバーラックのブランクパネルとして使うのもおすすめ。サイズは1U~4Uをラインナップ
→ VTシリーズ一覧

↑上記の他にも、サウンドハウスでは様々な種類のブランクパネルがありますので、詳しくはコチラをチェック!

<その他、よくある質問コーナー>

Q:ブランクパネルは、どんなケースにでも使えますか?
A:サウンドハウスで取り扱っているブランクパネル/放熱パネルはEIA規格、19インチラックであれば使えます。

Q:ブランクパネルを取り付けたいけれど、そもそも何Uか分からない。
A:「U」というのはユニットサイズのことで、この場合は高さの数値を表します。1U=44.45mmとなるため、お手持ちのラックの隙間がどのぐらい空いているか確認してみましょう。

Q:使わない時は閉じておいて、使いたい時に開けて機材を操作できるような開閉式のブランクパネルはないですか?
A:ブランクパネルではないですが、下記のようなセキュリティパネルがあります。表に鍵が付いており、使わない時は閉じておいて、使いたい時に開けて操作することができます。

 

MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / SECL2 2Uセキュリティカバー 鍵付き

※上記のサイズは2U。その他、3U、4U、8Uもあります。

いかがだったでしょうか。ブランクパネル以外にも、ラックに関する便利なアクセサリーは沢山あります。様々なラックアクセサリーを組み合わせ、大切な機材を長く使えるような快適な環境を構築し、素敵な音楽ライフを送りましょう。それでは、また。

営業部 / 影山 研太

学生時代に自らクラブミュージックを作ることに憧れて、DTMerの道へ。様々なジャンルに触れつつ、日々自分の目指す音楽の形を模索中です。最近では環境音楽、アンビエントに目覚めつつあり、外に出向いてはフィールドレコーディングをしたくてウズウズしています。

 
 
 
セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2021年1月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top