ここから本文です

地域活性化に貢献するはじめの一歩!

2022-01-14

テーマ:Rickの本寝言

Rickの本寝言 サウンドハウス創業者が本音をついつい寝言でつぶやく!

50年後、全国の市町村のうち、およそ半分が消滅の危機に直面すると囁かれている昨今、地域文化の象徴とも言える祭りや神輿の姿が各地から消え始めている。これまでのトレンドを踏襲して若者の結婚離れがますます加速し、子育てが敬遠され続けるという前提で推測すると、500年後には日本人が消滅するとも言われている。ほんとかどうかは別として、日本の将来が危ういことに間違いはない。

救いの道はあるのだろうか。地方から人々が消えたら、だれが魚を釣ってくれるのだろうか?農家から人が消えたら、だれがお米を作るのだろうか?酪農家がなくなったら、牛肉や牛乳はどうなるのだろうか。今からでも遅くはない。日本の国土を愛し、地方の文化を大切にし、地域活性化のために何かしら働きかけていくことが大事だと思う。

その手段のひとつが音楽だ。音楽は人々を幸せにする力を持っている。一人であっても、グループであっても、その場所、その時、その人にマッチした音楽さえあれば、その空間は一気に輝くことができる。だからこそ、地方活性化のカギを握るのは、音楽であると考えるこの頃である。

そのために何ができるかということを、サウンドハウスのオーナーとして考えてみた。まあ、できることは限られているが、どうせやるなら誰も手をつけられないような「むずいこと」を手掛けて、いちかばちかの勝負に出たい。そして地方活性化のために一石を投じるだけでなく、そこから地方創生の原動力を「音楽の力」で見出すのだ。そんなタスク、責任をサウンドハウスの創業者として思うこの頃である。

善は急げ!早速2022年から手掛けていくことにする。そして女川に進出することを決めた。詳細はこれから考えようっと!きっとひらめくと信じて!!

Rick - 中島尚彦 -

1957年東京生まれ。10代で米国にテニス留学。南カリフォルニア大学、ウォートン・ビジネススクールを経て、フラー神学大学院卒。1993年サウンドハウスを創業。楽器、音響機器のネット通販を手掛け、日本列島を音楽を通じて元気にすることを目指す。会社経営に精励する傍ら、地域活性化のプロジェクトに取り組み、全国を駆け巡りながら、古代史の研究を手掛ける。日本シティージャーナル(地域新聞)主宰。Historyjp.comのサイトを通じて新しい切り口から歴史の流れをわかりやすく解説し、日本のルーツを解明することにより、国家の精神的復興に貢献することをライフワークとする。

 
 
 

カテゴリーから探す

ブログカレンダー

2022年1月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram