ここから本文です

偉人考察:言葉の強さと優しさでファンを魅了 ― 遠藤賢司

2018-07-09

テーマ:偉人考察

偉人考察:言葉の強さと優しさでファンを魅了

偉人:遠藤賢司
没(年齢):2017年10月25日(70歳)

遠藤賢司は時代ごとに音楽のアプローチを変えてきた。いや、基本は変わってないのかもしれない。熱烈なファンではなかったが、彼が表舞台に出てくる時は、素直に嬉しく応援したものだった。
私のファーストコンタクトは残念ながら、「カレーライス」でも「夜汽車のブルース」でもない。アルバム『東京ワッショイ』の時期。遠藤賢司がフォーク歌手としてスタートしたことも知らなかったが、そのインパクトは強烈だった。
テクノ?ニューウェイブ?遠藤賢司はテレビ画面を所狭しと暴れまくっていた。放送されたのは千葉テレビの音楽番組だったと記憶している。「東京!東京!東京!東京!ワッショイ!(ワッショイ!)」連呼とシャウトの美学に「これこそパンクだ!」と直感的に感動した。

後追いで名曲「カレーライス」を聴いた。切ないメロディーなのだが、なんともいえない幸せな空気が流れている。同時期に三島由紀夫が割腹自殺を行う。歌詞にさりげなくそのニュースも取り上げられているが、猫とキミと僕の間には、ただカレーライスのおいしい匂いが漂っている。
この曲は「遠藤賢司黎明期ライブ」というCDで聴いた。弾き語りに、せみの声が効果的に鳴り響いている。どの曲も素晴らしい当時の空気を閉じ込めた名盤だ。

 君も猫も僕も
 みんな好きだよ カレーライスが
 君はトントン じゃがいもにんじん切って
 涙を浮かべて たまねぎを切って
 バカだな バカだな ついでに自分の手も切って
 僕は座って ギターを弾いてるよ
 カレーライス

(カレーライス)

80年代、発表した作品は少なかった。90年代に入り、遠藤賢司の音楽活動はライブを中心に活発となり、音楽はよりストレートなものになっていく。時にはノイジーなギターと共に弾き語り、トリオのロックバンドも結成した。
1981年には『史上最長寿のロックンローラー』も発表、なんとこのアルバム(いや、アルバムではない1曲入りのシングル!)、60cm×60cmの巨大なジャケットに、CDやすごろく(?)、巨大な段ボールに印刷された歌詞カード、メンバーの手形サインなどが同封されていた。
ライブでの熱い演奏も話題となり、若い世代にも注目されていった。「エンケン」の愛称で親しまれ、自らの音楽を「純音楽」というジャンルで括り、音楽に対してストレートに向き合う姿勢は多くの若いミュージシャンにも支持された。
※浦沢直樹のマンガ「20世紀少年」の主人公「遠藤健児」は遠藤賢司から拝借してるという。

「夢よ叫べ」は円熟期を迎えた遠藤賢司風演歌。名唱、名曲である。この曲と共に紅白出場を夢見るが(壮大なるジョークだったかもしれない)、その前に病魔に倒れてしまう。

 ぶっきらぼうに見栄はって
 どんなに強がっていても 本当はね
 誰でも哀しくて 泣きたい夜だってあるよ
 それでも見なよホラ 可愛いじゃないか
 涙も知らぬげに
 ソウサ〜 ソンナ〜夜に 負けるな友よ
 夢よ叫べ

(夢よ叫べ)

遠藤賢司は非常にシャイだった。いつまでも少年のような感性を持っている人だった。ところがステージに立つとむき出しの感情がストレートに爆発。その歌詞に共感する人、勇気付けられる人がファンになったのだと思う。
本人も「コンサートは来てくれた人に「よし、俺もがんばろう!」って感じさせるもの。」と語っている。もう叶わないけど、同じ空間でこの曲を大声で合唱したかった。

 年をとったとか そういう事じゃないぜ
 俺が何を 欲しいか それだけだ
 そう俺は本当に 馬鹿野郎だ
 だから わかるかい 天才なんだ
 「頑張れよ」なんて 言うんじゃないよ
 俺はいつでも最高なのさ ああ 俺は不滅の男 俺は不滅の男

(不滅の男)


 

なかじまやすお

自由気ままに雑多なことを書きなぐっていきます。根底にあるのは「愛と音楽」。世の愛すべき事象にスポットを当て、音楽好きに共感してもらえる記事を執筆していきます。サウンドハウスでは、メディア編集担当として活躍。プライベートでは、週末となればドラムを叩き、ライブや映画、展覧会などを楽しむアクティブ派。

 
 
 
セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年8月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top