ここから本文です

もっとカヴァってちょ。― ジム・キャリー(アイ・アム・ザ・ウォーラス)

2018-02-22

テーマ:カヴァーソング

数ある世の中のカヴァーソングを独断と偏見で選んで紹介していくコーナー。オリジナル曲からどこまで進化するのか!?そのカヴァー度合いはオリジナルを超えるのか?そもそもカヴァーという行為がオリジナリティを生み出すのか!?その答えがここにある!
 

第1回:カヴァーされた曲 ザ・ビートルズ(アイ・アム・ザ・ウォーラス)

 

 

 

楽曲自体は、オリジナルと大きな違いはない。それもそのはず、この楽曲はGeorge Martinの「In My Life」に収められたものだからだ。5人目のビートルズと呼ばれたGeorge Martinは長きに渡ってThe Beatlesのプロデュースやオーケストレーションを担当した。その彼が1998年に有名アーティストを多数集めてThe Beatlesの楽曲を再録した。それが「In My Life」。中でも、とりわけ異彩を放つのが俳優Jim Carreyの歌うこの楽曲だ。それでは、まずはオリジナル盤から聴いてみよう。
 

The Beatles / I am The Walrus (1967)

オリジナルはアルバム『Magical Mystery Tour』に収録されている。サイケ色の強い演奏で後半のフレーズが上昇していくシーンは文句なくカッコいい。ヴォーカルはJohn Lennon。彼の書いたThe Beatlesナンバーの中でも、5本指に入る傑作という人もいる。次にJim Carry盤を聴いてみよう。
 

Jim Carrey / I am The Walrus

いきなりハイテンションのヴォーカルが炸裂。芝居がかった(役者なので当然か!?)歌いっぷりは実にこの曲とマッチしている。場面展開に合わせた声色の使い分けで、よりいっそうこの曲のインパクトが強くなる。プロデュースはGorge Martinとその息子が行っているが、よくぞJim Carreyを選んでくれたという感じだ。John Lennonも天国で大笑いしていることだろう。この曲はOasisの他、多くのミュージシャンにもカヴァーされている。


 

なかじまやすお

自由気ままに雑多なことを書きなぐっていきます。根底にあるのは「愛と音楽」。世の愛すべき事象にスポットを当て、音楽好きに共感してもらえる記事を執筆していきます。サウンドハウスでは、メディア編集担当として活躍。プライベートでは、週末となればドラムを叩き、ライブや映画、展覧会などを楽しむアクティブ派。

 
 
 
セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2020年12月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top