ここから本文です

冬のお手軽メンテナンス ブリッジ

2019-01-11

テーマ:ギター

前回のフレットバリ取りに続いて今回はブリッジのお話です。

ストラトキャスターに搭載されているトレモロブリッジを始めとする、各弦のサドルが独立した6Wayタイプのブリッジ。サウンドを変化させるために交換されることは多くあります。しかし、実は消耗品なのです。ずっと使用し続けていると弦を設置する箇所が摩耗し、バリのような引っ掛かりや、設置する面が大きくなることで不必要な抵抗が発生してしまいます。

そのまま使用していると、張り替えたばかりの弦が、少しチョーキングしただけで切れてしまったり、サステインの劣化やチューニングが狂いやすくなる、などの症状が起こる場合があります。特に1-3弦のプレーン弦がとにかく切れてしまうという症状が発生しやすくなります。

摩耗によって削れたブリッジ

画像赤丸の部分が弦の接地している箇所です。
弦との摩耗によって接地箇所が削れてしまってきていることがわかります。

症状が軽度の場合は、ナットファイルで該当部のバリを取ったり、摩耗して大きくなってしまった接地面を削り直すことによって改善できることがあります。
ナットファイルは以下のような一般に売っている物で問題ありません。

HOSCO ( ホスコ ) / TL-NF3E

HOSCO TL-NF3E

自分で削るのが怖いという方や、磨耗してしまった弦溝を整形し直すのは手間がかかってしまうなと思う方は、サドルを交換してしまうのが一番簡単な解決策です。
サドルを選ぶときは、以下の点に注意してください。

①サドルのサイズを確認
トレモロブリッジや、アーミングができない6Wayのシンラインブリッジは弦ピッチと呼ばれる各弦の間隔によってサドルの横幅が異なります。
サイズを間違えてしまうと、サドルとサドルの間に隙間ができ、スカスカになってしまいます。逆にサドルの幅が大きすぎる為に取り付け自体ができない場合もあります。

②サドルを止めるネジの穴位置を確認
一般的なトレモロブリッジの252293場合は、サドルの中心に取り付け用のネジ穴が空いている場合がほとんどです。しかし、FENDERの1986年から2007年までに生産されていたAMERICAN SERIES STRATOCASTERなど、一部のモデルに搭載されているサドルは、中心に取り付け用のネジが空いておらず、左右に寄っている場合があります。
間違ったサドルを買ってしまうと、サドル自体がそもそも取り付けできないため、必ずこちらも確認してください。

今回はPLAYTECHのTL250IIのサドルに弦溝の摩耗による劣化がみられたため交換しました。
先程の①で説明したとおり、サドルのサイズを確認します。

PLAYTECHのTL250IIのサドル

サイズを確認した結果、サドルの幅は約10.5mmでした。
更に②で説明したネジ穴の位置が中心であることを確認します。

サドルの幅

計測したサドルのサイズとネジ穴を参考に今回選んだサドルがこちら!!

GOTOH ( ゴトー ) / S21 Chrome

GOTOH S21 Chrome

後は交換し弦を張り、いつもどおり弦高調整、オクターブ調整をすれば完了です!
ブリッジで弦が切れてしまう人は、一度ブリッジサドルを確認してみてください!

●ギター用ブリッジ 記事一覧

営業部 / 岩谷 征治

ギターからドラムまで幅広い知識を持つミュージシャン。プロミュージシャンに囲まれた環境で楽器を見てきた、自分でもリペアする感性は現場至上主義。

HOSCO / TL-NF3E

HOSCO

TL-NF3E

¥6,780(抜)¥7,322(込)

ナットファイル、エレキギター用、3本セット

評価00001

ブログ有り

在庫あり

数量

GOTOH / S21 Chrome

GOTOH

S21 Chrome

¥3,480(抜)¥3,758(込)

サドルセット、GTC102用、スチール製、6個セット、クローム

評価00001

ブログ有り

在庫あり

数量
 
 
 
新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年4月

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
Fashion Music SOUND HOUSE x SHOPLISTスペシャルコラボ YOITOKOめぐり旅 Vol.9 岡山県津山市 B'z稲葉浩志の出身地! 「津山」の音楽シーンはUltra Soulだった! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top