ここから本文です

ELATION SCENESETTERバックアップデータのリストア(復元)

2018-09-28

テーマ:照明

今回は、前回作成したSCENESETTERのデータバックアップをリストアしたいと思います。前回同様、ソフトウエアはMIDI-OXを、MIDI インターフェイスはRoland UM-ONEを使用します。

SCENESETTERとPCを、UM-ONEを使い接続します。接続後MIDI-OXを起動します。

MIDI-OXアイコン

起動後、Optionメニューの「MIDI Devicess…」を選択します。

「MIDI Outputs」でUM-ONEを選択し、OKボタンを押します。

次に、Viewメニュー、「SysEx…」を選択します。

System Exclusive View and Scratchpad が開いたら、メニュー内のCommand WindowからLoad Fileを選択します。

ファイル選択ウィンドウが開いた後、バックアップファイルを選択、「開く」ボタンをクリックします。

ファイルの読み込みが始まり、SysEx View and Scratchpadウィンドウにデータ内容が表示されます。

SCENESETTERをレコードモードにします。
レコードボタンを押しながら、各チャンネルフェーダー下部のフラッシュボタンを、1、6、6、8の順に押します。レコードモードに入ったことを確認後、今度はレコードボタンを押しながら、3、3、3の順にチャンネルフェーダー下部のフラッシュボタンを押し、システムエクスクルーシブデータ受信モードにします。
システムエクスクルーシブデータ受信モードになると、SCENESETTERのディスプレイに「IN」と表示されます。

SCENESETTERを受信モードにしたら、SysEX View and ScratchpadウィンドウのCommand Windowメニュー、Send Sysexを選択します。

MIDI-OXから、SCENESETTERにデータが送信されます。

データの送信が終わると、MIDI-OXのFile Progressダイアログが終了し、SCENSETTERのディスプレイに「000」と表示されます。

SCENESETTERのRECORDボタンとREC EXITボタンを同時に押して、レコードモードを終了します。

この様に、簡単にデータのバックアップ、リストアを行うことができますので、ぜひお試しください。

ELATION SCENESETTER
バックアップについて

営業部 / 小和田 嘉晶

エンジニアとしてプロミュージシャンのレコーディング現場で仕事をしていた経験を持ち、まもなく入社15年のキャリアを迎えます。 レコーディング、PAから照明まで豊富な経験と幅広い知識をもとに、徳島コールセンターのセンター長を務めるサウンドハウスのスペシャリスト。

ELATION / SCENESETTER DMX照明コントローラー

ELATION

SCENESETTER DMX照明コントローラー

¥19,800(抜)¥21,780(込)

DMX照明コントローラー、24ch、調光向

評価000051

ブログ有り

在庫あり

数量

ROLAND / UM-ONE mk2 MIDIインターフェイス

ROLAND

UM-ONE mk2 MIDIインターフェイス

¥3,280(抜)¥3,608(込)

MIDIインターフェイス、USB、1in1out

評価000005

ブログ有り

在庫あり

数量
 
 
 
セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年10月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top