ここから本文です

Venova ここだけの話

2017-09-12

テーマ:管楽器

新種のカジュアル管楽器 ” Venova ”

ヴェノーヴァ と読み、正式名は「YVS-100」です。
4月のヨーロッパ販売から心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?

今回は実際に私が触って吹いて感じたことをレポートしていきます(^^)/
ここだけのカスタマイズ法もお見逃しなく!

■ YAMAHA / YVS-100 Venova

☆スターウ○ーズ☆の仲間? ではありませんョ(笑)

世間では”J Sax”をはじめとするNUVO(ヌーボ)シリーズと”Xaphoon””サクソネット君”といったポケットサックス系の楽器がヒットを飛ばしています。
ヤマハはこれらに対して斬新な外観の楽器を開発した、という訳です。真打ち登場!

〜使用シチュエーション〜

パーティーの出し物、および宴会の余興、路上パフォーマンス、キャンプ

メンテナンスフリーで持ち運びに便利な大きさ、これがカジュアル管楽器のメリットでしょう。 
リードで発音をするので楽器の大きさにしては音量が結構出ます。
カバンの中から急に楽器が出てきて…なんてビックリしますよね!!
樹脂製リードのため演奏前に準備をする心配もありません。

〜難易度は?〜

音出し:普通のサックスと同じ
指遣い:リコーダーと同じ
管楽器経験の有無:それほど関係ないかも

説明書をよ〜く読んでから練習を始めましょう。
学校のリコーダー以外に管楽器の経験がない方は、音が出るまでに少し時間がかかるかも知れません。
しかしマウスピースはソプラノ・サックスと全く同じなので、誰でも音が出せるようになりますよ。
基本となるハ長調は指を順に塞ぐと音が低くなっていく仕組みです。リコーダーで習った「シャープ#・フラット♭」の指遣いを覚えている方は、次のステップがサクサクと進みます。

ちなみに、リコーダーで「シャープ#・フラット♭」をたくさん吹くのは難しいと思います。
指遣いを簡単にするためにキーが付き、今のフルートやクラリネットの形へと進化していきました。

管楽器経験者の方は先入観を持たずに吹いてみましょう。全く新しい楽器です。
楽器が小さくて軽いだけでなく独自の分岐管構造を持っているため、吹奏感(抵抗感)がサックスやクラリネットとは大きく異なります。
音律はとてもユニークでGが低く、リコーダーと同じくEとF(バロック運指)は高いです。

〜カスタマイズいろいろ〜

外観:シールやビーズ、スプレーでデコレーション
吹奏感・音色:ソプラノサックス用のリード、マウスピース、リガチャーでアレンジが可能

・リード:硬さの好みに合わせて葦(天然)や樹脂のリードに変更できます。

・マウスピース:ラバー製にすると響きが変化します。

Myマウスピースの定番商品ですね。

・リガチャー:レザー系で安定した響きが得られます。

ファブリック製の逆締めで付け外しも簡単です。

Venovaは好みの音色や吹き心地にカスタマイズできる画期的な楽器です。
色々な組み合わせを試してみると面白いですね。
新感覚のVenovaをぜひチェックしてみてください!!

商品部 / 楢木 将也

10才よりオーボエを始め、中学は吹奏楽、高校はオーケストラの部活動に参加。 管楽器修理の経験を活かし、PLAYTECH管楽器の検品・新商品のラインナップを積極的に展開中。 趣味は料理とホームセンター巡り。

YAMAHA / YVS100 Venova

YAMAHA

YVS100 Venova

¥9,150(抜)¥9,882(込)

カジュアル管楽器、ヴェノーヴァ

評価00111

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量
 
 
 

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2018年10月

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top