ここから本文です

SOUND + VISION2019 ― 2020年に向けた新時代の映像&音響機器を振り返って(映像編PART-2)

2020-04-02

テーマ:PA, 電源周辺機器

このブログの PART 1では、2019年のInter BEEにて最新の映像機器、定番の名機たちに触れながら、映像機器の未来を予想してきました。
勿論そこでは紹介しきれなかった名機、最新機器がたくさんあります!そこで今回このPART 2でもInter BEEで触れてきた印象深い製品やブース演出をご紹介していきたいと思います。

放送用/業務用の映像関連機器に特化した専門メーカーとして実に40年の歴史を持つIMAGENICS。人気の4K対応のセレクター HVS-41US-42をはじめ、高性能機器を一気にながめられる、かなり濃いブースとして強く印象に残っています。
中でも目を引くのは2020年発売予定の新アイテムSL-U62

SL-U62は、4K マルチシグナルに対応したシームレス・マトリックス・スイッチャーです。
HDMI、DVI、アナログRGB、アナログコンポーネント、コンポジットビデオ、S ビデオの各信号を入力し、各々の信号を任意の解像度へスキャンコンバートして出力できます。
カットアウトやフェードなどの効果によるノイズのない切り替えという点も魅力的です!映像出力はHDMI信号、CAT5e/6信号に対応し、同時出力も可能。全映像入力端子にEDIDを読み込んで保持するエミュレート機能も搭載。映像のアーカイブ化を高画質、高音質で実現できる1台です。

コンパクトなブースでも圧倒的な存在感を放っていたZOOM。私のお目当ては4KハンディビデオレコーダーのQ2n-4K。まず初めて手に取った時、このコンパクトさに驚きました。

このサイズで超高解像度の映像と最高24bit/96kHzのハイレゾ音質を収録できます。
FacebookやYouTubeなどでストリーミング配信も可能ということで、ライブイベントのネット中継にも使いやすそうです。ミュージシャンのための4Kカメラというキャッチフレーズ通り、アクティブにバンド活動する方から、音楽紀行を伝えたいような方にもおすすめかと思います。私もこれを携帯して、以前ブログで書いたブリティッシュ・ロック旅行にまた行きたいです!

さて、Inter BEEで触れた映像機器を2回に渡ってご紹介してきましたが、まだまだ、ご紹介しきれない製品や、メーカーのブースが沢山ありました。次回は全日程回ってレポートしたいと思います。
Inter BEEでは音響機器にも少し触れてみましたので、次回は音響編をお届けします。

営業部 / 市原 雅之

45歳にしてオヤジバンドにベーシストとして参加。バンドでサウンド・ハウスの存在を知りその勢いで入社。 趣味は英国ロックのレコードコレクション。ポール・マッカートニー、デヴィッド・ボウイとP.I.L.を愛する永遠の29歳。

IMAGENICS / HVS-41 HDMI 4KHDMI信号、DVI信号セレクター

IMAGENICS

HVS-41 HDMI 4KHDMI信号、DVI信号セレクター

¥60,800(抜)¥66,880(込)

4入力 1出力 HDMI セレクター(HDCP対応)

ブログ有り

在庫あり

数量

IMAGENICS / US-42 4K HDMIセレクター

IMAGENICS

US-42 4K HDMIセレクター

¥136,800(抜)¥150,480(込)

4Kマトリックス型セレクター

ブログ有り

お取寄せ

数量

ZOOM / Q2n-4K 4Kハンディビデオレコーダー

ZOOM

Q2n-4K 4Kハンディビデオレコーダー

¥19,610(抜)¥21,571(込)

ビデオレコーダー

評価00011

ブログ有り 動画有り

未定

数量
 
 
 
セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2020年10月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top