ここから本文です

ストーンズの映画から蘇る夢の90年代!

2019-07-26

テーマ:Rickの本寝言

ヘッダー

若い頃はもっと音楽をいつも聴いていたように思う。ところが大人になり人生の峠を越えていくにつれて、徐々に音楽が自分の耳から遠ざかり、ふと気が付くと、仕事に没頭したまま1日を終えている自分がいる。果たして、それは本望なのだろうか。そんな訳がない。仕事はあくまで生活の糧であり、生きていくため、日々、大好きなお蕎麦を食べるための手段なのだ。だから好きな音楽を忘れてはいけない。。。

そんな思いを巡らしながら、時には仕事のご褒美として飛行機に乗ることが最近はますます増えた。何故ご褒美かというと、フライト中は落ち着いて映画を観ることができる、唯一の時空間だからだ。2019年7月、仕事でロサンゼルスに行った帰り、半年ぶりにJALの国際便に乗った。JALは毎月映画のメニューを変えている。前回乗った際には、待望のBohemian Rhapsody を観ることができた。今回も仕事が溜まっているのでノートパソコンにくぎ付けになるのはわかっていても、それでも映画を観ながら仕事ができればと期待がつのる。そしてJAL Mooove!と呼ばれる映画メニューをみてみると、おーーー!最強。Rolling Stones: Voodoo Lounge Uncutという映画が放映されているではないですか!!

1994年、米国フロリダ州マイアミのジョー・ロビー・スタジアムで行われたストーンズのコンサートがアンカット、すなわち初の完全版としてリリースされていた。知らなかった、これはラッキー!日々の労苦が報われる。。。と旅の疲れを癒しつつ、そのストーンズの映画を観ながら、今、執筆している。1994年と言えば、今から25年前。。。ミック・ジャガーもすごく若く見える。だからステージで踊り、歌いまくりながら、ステージの上にたらした汗を自ら雑巾で拭いている!えらい!キースもめちゃ、かっこいい。ロン・ウッドも活き活きとしている!2人のアコギデュエットも見事!ミックとキースが、ハモっている姿は最高!こんな良き時代があったんだね。。。。

WOW…この映画なんと、2時間半も続く。150分と書いてある。こんなストーンズからの祝福を受けながら、仕事しつつ日本に戻れるなんて、本当に今日は幸せな日だ。。。でもこの夢うつつの時はもうすぐ終わり、ふと気が付くと日本の現実に戻っているのだろう。。。それが人生の醍醐味だ!ストーンズ!応援してるぜ!!
ミック・ジャガーがステージ上の汗を自分で拭いている。。

Rick - 中島尚彦 -

1957年東京生まれ。10代で米国にテニス留学。南カリフォルニア大学、ウォートン・ビジネススクールを経て、フラー神学大学院卒。1993年サウンドハウスを創業。楽器、音響機器のネット通販を手掛け、日本列島を音楽を通じて元気にすることを目指す。会社経営に精励する傍ら、地域活性化のプロジェクトに取り組み、全国を駆け巡りながら、古代史の研究を手掛ける。日本シティージャーナル(地域新聞)主宰。Historyjp.comのサイトを通じて新しい切り口から歴史の流れをわかりやすく解説し、日本のルーツを解明することにより、国家の精神的復興に貢献することをライフワークとする。

 
 
 
セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年10月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top