ここから本文です

人生100年時代の到来

2018-11-26

テーマ:Rickの本寝言

ヘッダー

人生100年時代の到来と言われるようになって久しい。一昔前までは、信じ難いコンセプトだ。坂本龍馬は31歳で亡くなった。フレディー・マーキュリーは45歳、美空ひばりは52歳、大好きだった千代の富士は61歳で急死した。おっとっと。。。本来ならば自分も仲間入りする年ごろか、お控えなすって!人生まだまだ!!健康寿命を何とかあと40年全うすることも、今や夢ではない?!

生命にはすべて寿命がある。会社にしてもしかり!商工リサーチの調査によると、会社の平均寿命はなんと24年にも満たないほど、諸行無常の響きありか。諸説あるが、世界的に会社の寿命はおよそ40年から60年が最長と言われている。無論、大企業の方が寿命は長く、その平均は60年近い。ちょっと待てよ。。。するとサウンドハウスはどうなんだ???日本の大手楽器店はどうなんだ???サウンドハウスは楽器業界でも一番の後発隊。創業1994年、2018年で24歳だ。だから他社よりもう少し、長生きできるとでもいうのか?

幸いにもサウンドハウスは今や、音楽業界では大企業だ。資本金も最大級だし、従業員も多い。よってハレルヤ、あと36年は生き延びることができるかもしれない。すると、1994+60=2054年、または2018+36。まだまだ余生があることになる。ということは、サウンドハウスの墓場をみとるためには、自分は96歳まで生き延びなければならないということになる!それは苦痛か、それとも楽しみなのか?

しかしあきらめるにはまだ早い。身の回りには、90歳でも現役でばりばりと社長業をしている人がいる。100歳でもランニングをしている人がいる。IPS細胞もある。成長ホルモンの投与もある。遺伝子科学の進歩により、そろそろDNAの改造による老化細胞の改善も試みられることになろう。まさに人生100年どころか120年の時代がもうすぐ到来すると思えば、まだ、自分も人生の半ば!サウンドハウスも、やっと青二才になったばかりということだ。

こんなたわごとを、本音で書く大会社の代表はいないだろうね。でも書き綴ることにした。なぜなら、「死」は人間、だれしも通らねばならない道だからだ。そして企業も同じ運命をたどる。永遠に続くような企業はない。無論、人間も同様に時がきたら、朽ち果て、地に戻る。そしてすべてはいつか忘れ去られていくのだろう。だったら、もっと生きている間、楽しもうよ!音楽しようよ!友達とおいしいもの食べに行こうよ!彼女とデートしてラブラブしようよ!行きつくところ、どんなに仕事をして企業が成功しても、どんなに体をケアーしたとしても、人生は空しく終焉を遂げる。企業にしてもしかり。人は死に、企業は消えてなくなる。だから僕は神を信じている。それだけが唯一の慰めであり、希望の光だ。そこには永遠の命に至る道が見えてくる。。。

Rick - 中島尚彦 -

1957年東京生まれ。10代で米国にテニス留学。南カリフォルニア大学、ウォートン・ビジネススクールを経て、フラー神学大学院卒。1993年サウンドハウスを創業。楽器、音響機器のネット通販を手掛け、日本列島を音楽を通じて元気にすることを目指す。会社経営に精励する傍ら、地域活性化のプロジェクトに取り組み、全国を駆け巡りながら、古代史の研究を手掛ける。日本シティージャーナル(地域新聞)主宰。Historyjp.comのサイトを通じて新しい切り口から歴史の流れをわかりやすく解説し、日本のルーツを解明することにより、国家の精神的復興に貢献することをライフワークとする。

 
 
 
歳末セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2018年12月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 社内審査結果発表&ユーザー投票 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top