ここから本文です

SHURE新パッケージ

2018-07-03

テーマ:ヘッドホン

こんにちは、サウンドハウスヘッドホン担当の山崎です。

イヤホン・ヘッドホンのトップブランドといえば、これ。

SHUREです。

SHUREイヤホンラインナップのベストセラーSEシリーズが新パッケージになって発売されました。

新パッケージから、
「PRO LINE」「CONSUMER LINE」の2つにカテゴリー分けされています。
用途に合わせてベストなアイテムを選択できるのが良いですね。
ラインナップ数が結構な数なので、駆け足でご紹介します。


まずは「PRO LINE」から。
特徴は、ケーブルが「3.5mmステレオミニプラグ」であること。
つまり普通のイヤホンです。いままでのSEシリーズと同じ仕様ですね。

SHURE「SE112」 ※販売分はまだ旧パッケージ仕様です

SHUREイヤホンのエントリーモデル。価格もお手頃で、SHUREイヤホンデビューしたい人におすすめ。ダイナミック型ドライバーを1つ搭載。

 

SHURE「SE215-CL-A」

SHUREイヤホンのベストセラー。SHUREイヤホンの中でも売れて売れて仕方ないモデルです。カラーはクリアのみ。こちらもダイナミック型ドライバーを1つ搭載。

 

SHURE「SE215SPE-A」 ※販売分はまだ旧パッケージ仕様です

SHURE SE215をベースに低音の量感を持ち上げた、低音強化モデル。これも人気ですね。トランスルーセント・ブルーの半透明ボディもかっこ良い。

 

SHURE「SE315-CL-A」
SHURE「SE315-K-A」

イヤモニにはお馴染みの音の解像度、明瞭度に優れた「バランスド・アーマチュア・ドライバー」を1つ搭載。プロ用イヤーモニター寄りのフラットで解像度の高いモデル。カラーはクリアとブラックの2色展開

 

SHURE「SE425-CL-A」

BA型ドライバーを低音に1つ、高音に1つ搭載した「デュアル・バランスドアーマチュア・ドライバー」モデル。音域ごとにドライバーを分けることにより、プロ用イヤーモニターにも匹敵する解像度の高さと音場の広がりを感じられる、高品位なサウンド。

 

SHURE「SE535-CL-A」

さらにBA型ドライバーを1つ追加。低音に1つ、中音に1つ、高音に1つと合計3つのドライバーユニットを搭載した「トリプル・バランスドアーマチュア・ドライバー」のSEシリーズ上位機種。
モニタースピーカーのような余裕のある音場、クリアで粒の細かい高音から、厚みのある低音をバランス良く再生します。

 

次に「CONSUMER LINE」をご紹介します。
CONSUMER LINEはマイク付リモコンケーブルのタイプと、Bluetoothワイヤレスケーブルのタイプの2種類があります。

SHURE「SE215-CL-UNI-A」
SHURE「SE215-K-UNI-A」
SHURE「SE215SPE-B-UNI-A」
SHURE「SE215SPE-W-UNI-A」

マイク付リモコンケーブルのタイプは、SE215シリーズのみ。
カラーはクリア、ブラック、トランスルーセントブルー、ホワイトの4色展開です。商品名に「**-UNI-A」と入っているのがポイントです。

最後に、Blutoothワイヤレスケーブルのタイプをご紹介します。
商品名に「**-BT1-A」と入っているのがポイントです。
商品名がいささか長い。

 

SHURE「SE112-K-BT1-A」 ※販売分はまだ旧パッケージ仕様です

SE112からはグレーの1色のみラインナップ。

 

※販売分はまだ旧パッケージ仕様です

SHURE「SE215-CL-BT1-A」
SHURE「SE215-K-BT1-A」
SHURE「SE215-K-BT1-A」
SHURE「SE215SPE-W-BT1-A」
※販売分はまだ旧パッケージ仕様です

SE215からはクリア、ブラック、トランスルーセントブルー、ホワイトの4色。
なお、残念ながらSE315のワイヤレスタイプはラインナップされてません。
では次。

 

SHURE「SE425-V+BT1-A」

SE425からは、シルバーの1色のみです。
個人的にはこれが好き。

 

SHURE「SE535-V+BT1-A」
SHURE「SE535LTD+BT1-A」

SE535からは、ブロンズとレッドの2色。
ちなみにこのレッドはSE535をベースに高域から中域の解像度を向上したモデルです。
やや低音控え目なので、好み、カラーで選んでいただくのが良いかと思います。

 

SHURE「SE846-CL+BT1-A」
SHURE「SE846-BLU+BT1-A」
SHURE「SE846-BNZ+BT1-A」
SHURE「SE846-K+BT1-A」

最後に、最上位機種のSE846。
このSE846のみ、マイク付リモコンケーブルと、Bluetoothワイヤレスケーブルの両方が付属します。さすが最上位機種ですね。付属品も充実。
音質も申し分ありません。低音に2つ、中域に1つ、高域に1つ、合計4つのドライバーを搭載。音の生々しさ、音の一つひとつが手に取るようにわかる高い解像度。
さすがは最上位機種。でも少し価格が高い。カラーはクリア、ブルー、ブロンズ、ブラックの4色展開。

ラインナップ数多いな、長い。
もう少し分かりやすいように、比較リストにまとめて近日中アップしたいと思います。
以上新パッケージの紹介でした。

SHURE「イヤホン一覧」

営業部 / 山崎 真

イヤホンはETYMOTIC RESEARCHのER4P、ヘッドホンはSHUREのSRH840を愛用。フラットでバランスの良い音が好みです。ただ今ER4SRを購入しようか本気で検討中。週末は、趣味のロードバイクで利根川、印旛沼あたりをポタリングしています!仲間募集中です!

 
 
 
セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2019年6月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
ロックなクイズにチャレンジ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top