ここから本文です

ガッツある天才ギタリストの運命は

2018-03-30

テーマ:Rickの本寝言

1977年、ハリウッドにあるディスコStarwoods内にあるライブハウスは、立ち見オンリーの満席状態だった。そこで初めて目にした4人組のバンドに度肝を抜かれた。ハードロックの神髄を極めた強烈なビートと爆音。心に響くオリジナル曲の数々、そして何と言ってもギタリストの演奏スタイルは、それまでに見たことのない斬新なものだった。すべてのリフを完璧に弾きこなしていただけでなく、当時、見たこともないハンマリングとプリングのオン・オフを繰り返す奏法は驚異的であり、青天の霹靂のような衝撃を受けた。それからというもの、そのバンドを追っかけて、どこへでも見に行った。

ある日、ハリウッドのGUITAR CENTERに行った。そのドでかいショップをたむろっていると、突然、聴き慣れないギターのフレーズが唸るような轟音で店内に鳴り響いた。明らかにギターアンプをフルテンにして、自然なディストーションをかけつつも、爆撃のような速引きを、いとも簡単にこなしていた。店のど真ん中で、一般客がいることなど気にもせず、何ら躊躇することなく堂々とギターを弾きまくる天才ギタリストがそこにいた。それが、Eddie Van Halenだ。そのガッツたるや、言葉では言い表せない。そして1978年、Van Halenはメジャーデビューし、ロック界を席巻していく。

それから25年経った2003年、Eddie Van Halenに再び出会う機会に恵まれた。サウンドハウスがPEAVEY社の正規代理店になり、偶然か、運命のいたずらか、Peavey社はWolfgangと呼ばれるEddieのシグネーチャー・ギターを販売していたのだ。そしてロスアンジェルスで開催されたNAMMショーのPEAVEY社ブースの2階で、久々にEddieの顔を見ることができた。当時、Eddieはアル中に苦しみ、世間からは雲隠れしていた。とうにバンドは解散し、朝から夜まで酒におぼれ、体はぼろぼろになっていた。そのEddieがNAMMショーに来るというニュースがながれ、Peavey社のブース前には長蛇の列ができた。そして彼はブース内に設置された小ホールでギターを握ることになる。

そこで彼が語った最初の言葉。。。「最近ギター弾いてないんだ」「ピアノばかり弾いている」そうつぶやきながら、たどたどしくギターを弾き始めた。これが天才ギタリストの慣れの果てかと思うほど、ひどいプレーだ。愕然とした。やつれた体、麻薬患者のような顔つき、吐き続ける汚い下品な言葉の数々、これが、自分が愛してやまなかったEddieの結末か!そう思うと、なぜかとても空しい気持ちになったことを覚えている。

それから更に12年という年月が過ぎ去ったある日、Eddieは米国のスミソニアン博物館にて、どのようにしてギター演奏を革新的に進化させたか、ギターのデザインがどう変わってきたか、大勢の人に講義をし、大きな喝采を浴びた。そしていつしか健康は回復し、以前とは打って変わり、ぽっちゃりとした体つきになり、幸せな結婚生活を送っていた。2018年、今やEddieも既に60代前半。頭は真っ白になるも、バンド演奏を再開しただけでなく、とにかく笑顔がいっぱい見られるようになった。多くのギタリストから愛され、歴代No.1のギタリストという人も少なくないEddie Van Halen。幾人もの天才ギタリストが酒と薬物に溺れ、命を落としてきた過去を振り返るならば、奈落の底から這い上がることができたEddieには心から拍手を送りたい。Eddie、天才ギタリストが幸せな人生を送ることができるということを、世に知らしめたまえ!

Rick - 中島尚彦 -

1957年東京生まれ。10代で米国にテニス留学。南カリフォルニア大学、ウォートン・ビジネススクールを経て、フラー神学大学院卒。1993年サウンドハウスを創業。楽器、音響機器のネット通販を手掛け、日本列島を音楽を通じて元気にすることを目指す。会社経営に精励する傍ら、地域活性化のプロジェクトに取り組み、全国を駆け巡りながら、古代史の研究を手掛ける。日本シティージャーナル(地域新聞)主宰。Historyjp.comのサイトを通じて新しい切り口から歴史の流れをわかりやすく解説し、日本のルーツを解明することにより、国家の精神的復興に貢献することをライフワークとする。

 
 
 
セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2021年1月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top