ここから本文です

HOME

著者プロフィール

音楽ライター / シンセ鍵盤卿

音楽ライター / シンセ鍵盤卿

高校時代よりプログレシブロックの虜になり、大学入学と同時に軽音楽部に入部。キーボードを担当し、イエス、キャメル、四人囃子等のコピーバンドに参加。静岡の放送局に入社し、バンド活動を続ける。シンセサイザーの番組やニュース番組の音楽物、楽器リポート等を制作、また番組の音楽、選曲、SE ,ジングル制作等も担当。静岡県内のローランド、ヤマハ、鈴木楽器、河合楽器など楽器メーカーも取材多数。
富田勲、佐藤博、深町純、井上鑑、渡辺貞夫、マル・ウォルドロン、ゲイリー・バートン、小曽根真、本田俊之、渡辺香津美、村田陽一、上原ひろみ、デビッド・リンドレー、中村善郎、オルケスタ・デ・ラ・ルスなど(敬称略)、多くのミュージシャンを取材。
<好きな音楽>ジャズ、ボサノバ、フュージョン、プログレシブロック、Jポップ
<好きなミュージシャン>マイルス・デイビス、ビル・エバンス、ウェザーリポート、トム・ジョビン、ELP、ピンク・フロイド、イエス、キング・クリムゾン、佐藤博、村田陽一、中村善郎、松下誠、南佳孝等

音楽ライター / シンセ鍵盤卿の記事一覧

  • シンセサイザー鍵盤狂漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その43

    2021-07-20

    テーマ:sound&person

    和製アース・ウインド&ファイヤー、スペクトラム! 今回の鍵盤狂漂流記は指向を変え、日本のブラスロックバンド、「スペクトラム」を取り上げます。スペクトラムは1970年代にキャンディースのバックバンド、MMPが母体となり、結成され

  • シンセサイザー鍵盤狂漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その42

    2021-07-08

    テーマ:sound&person

    ニューヨークのファーストコールミュージシャンバンド、24丁目バンド! 今回の鍵盤狂漂流記はニューヨークのスタジオミュージシャンで結成されたバンド、24丁目バンドです。メンバーはハイラム・ブロック (ギター&ヴォーカル)、クリフ

  • シンセサイザー鍵盤狂漂流記~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その41

    2021-07-02

    テーマ:sound&person

    トッド・ラングレン&ユートピアとキーボーディスト、ロジャー・パウエル 今回の鍵盤狂漂流記は指向を変えてロックフィールドに飛びます。ミュージシャンはトッド・ラングレン&ユートピアです。トッド・ラングレンは1967年に4人

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その40

    2021-06-28

    テーマ:sound&person

    シンセサイザーの使い手ジェフ・ローバー ジェフ・ローバーはアメリカではスムース・ジャズの騎手といわれ、高い人気を誇っているキーボーディストであり、作曲家であり、プロデューサーでもあります。1977年に自己のグループ「ジェフ・ローバー・

  • シンセサイザー鍵盤狂漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その39

    2021-06-18

    テーマ:sound&person

    渡辺貞夫電気ジャズ考 PARTIII 今回の鍵盤狂漂流記は渡辺貞夫さん(以下敬称略)特集パートIIIで最終回です。渡辺貞夫の音楽はジャズがベースにあるのは云うまでもありませんが、もう1つの要素として「ブラジル」「アフリカ」があります。

  • シンセサイザー鍵盤狂漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その38 

    2021-06-10

    テーマ:sound&person

    渡辺貞夫電気ジャズ考 PARTII 鍵盤狂漂流記、前回は渡辺貞夫さんの電気ジャズライブレポートを組み込んだコラム。今回はそのパートIIをお送りします。渡辺貞夫さん(以下敬称略)は日本の有名なジャズレジェンドです。分かりやすく親しみやす

  • シンセサイザー鍵盤狂漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その37 

    2021-05-25

    テーマ:sound&person

    渡辺貞夫電気ジャズ考 PARTⅠ 渡辺貞夫さん(以下敬称略)は日本のジャズ界の重鎮であり、世界にその名を知られているジャズレジェンドです。その温かな音色と親しみやすい楽曲でジャズというカテゴリーに限定されることなく、多くのファンを獲得

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記 ヤマハDX7~DX7Ⅱ編 ~音楽を彩った電子鍵盤とシンセ名盤の数々~ その36

    2021-05-19

    テーマ:sound&person

    今回もシンセサイザーの大傑作、FM音源搭載のヤマハDX7がテーマ。DXの最終回です。DX7など、FM音源で製作した名盤をご紹介します。 ■ シンセサイザーの有史に名を刻むヤマハDX7& DX7Ⅱ 80年代はシンセ

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記 ヤマハDX7~DX7Ⅱ編~音楽を彩った電子鍵盤とシンセ名盤の数々~ その35

    2021-05-01

    テーマ:sound&person

    今回もシンセサイザーの大傑作、ヤマハDX7がテーマです。私の取材記を交え、DX7を製作した方や名盤をご紹介します。 ■ シンセサイザーの有史に名を刻むヤマハDX7 ヤマハDX7は1983年に発売されたシンセサイザーの傑作

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記 ヤマハ DX7編 ~音楽を彩った電子鍵盤とシンセ名盤の数々~ その34

    2021-04-23

    テーマ:sound&person

    今回のテーマはシンセサイザーの名器、ヤマハがリリースしたDX7です。シンセサイザー有史に残る大傑作のシンセサイザーです。今回はDX7を導入したミュージシャンと名盤をご紹介します。 シンセサイザーの概念を根本から変えたヤマハDX7

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その33

    2021-04-21

    テーマ:sound&person

    追悼 チック・コリア 名曲「スペイン」特集 先日、お亡くなりになったチック・コリアさん(以下敬称略)の追悼シリーズその3は名曲、「スペイン」特集です。私はチックの大のファンであり、楽曲「スペイン」が大好きです。これまでに多くの「スペイ

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その32

    2021-04-16

    テーマ:sound&person

    追悼 チック・コリア その2 先日、お亡くなりになったチック・コリアさん(以下敬称略)の追悼シリーズその2です。私はチックの大のファンで新作が出るたびにCDを購入していました。特にシンセサイザーをフィーチャーした電気ジャズが性に合って

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その31

    2021-03-03

    テーマ:sound&person

    チック・コリアに捧ぐ その1 ジャズ・ピアニストで作曲家であった、チック・コリアさん(以下、敬称略)が2月9日亡くなりました。享年79。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。 ジャズ・ピアニストは多く存在しますが、チックほどの多彩

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記 ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~ その30

    2021-02-24

    テーマ:sound&person

    続ニューヨーク音楽よもやま話・・・音楽が鮮やかにする2つの景色 前回に続き、ニューヨークよもやま話その2です。 3度目のニューヨークはアトランタ取材の帰りに立ち寄りました。1986年、秋の話です。1979年にカーター大統領がタウ

  • シンセサイザー鍵盤狂 漂流記  ~音楽を彩った電気鍵盤たちとシンセ名盤の数々~その29 

    2021-02-09

    テーマ:sound&person

    ニューヨーク音楽よもやま話 アメリカ南部に飛んだ鍵盤狂漂流記は今回、東海岸、ニューヨークです。 1980年、僕は卒業制作を撮影する為にアメリカを訪れました。ニューヨークからグレイハウンドバスに乗り、アメリカを横断する貧乏撮影旅行です

カテゴリーから探す

ブログカレンダー

2021年7月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram