ここから本文です

ムービングヘッド メンテナンス編①

2021-08-02

テーマ:実録 ! サービスマン日記

パーライトやムービングヘッド、日々さまざまな照明機器の修理を行っていますが、 修理依頼品の検査をしているとある共通点が見られました。

それは、とても汚いということです。ホコリの蓄積やスモークマシンから出たフォグの付着、煙草のヤニ汚れ、舞台演出用の紙吹雪が混入など、使用環境によって汚れ方はさまざまです。

汚れは基盤やパーツにダメージを与え、電源部のショートに繋がり最悪の場合火災になるということも考えられます。機材を長持ちさせ安全に使用するには定期的なクリーニングが必要です。

今回はムービングヘッドのクリーニング例をご紹介します。

今回預かった機種はEK PRO E3SPOT。
一見キレイに見えますが…

冷却用ファンの取り付け部分にホコリが見えます。

中を開けてみると…

ベース側とヘッド側の吸気口周辺それぞれにホコリが溜まっています。
この箇所は冷却用ファンの風の通り道になっているため、ホコリが溜まりやすくなっています。
こういった汚れが動作不良の要因になったりもします。

では早速クリーニングしていきましょう!
掃除機、エアーダスター、ブラシでホコリ除去すると…

きれいになりましたね!
これでこのムービングの寿命も延びたはず!

ムービングヘッドに限らず、クリーニングは各種機材のメンテナンスの基本と言えるでしょう。
物によっては分解してしまうとメーカー保証が受けられない物もあるので、分解せずに可能な範囲でクリーニングをおすすめします。
吸気口が付いている個体だと、その口から掃除機でホコリを吸うだけでも結構きれいになります。
綿棒、ブラシ、エアーダスター等のクリーニンググッズは、ホームセンターや100均で簡単に揃うので、この機会にお手持ちの機材メンテナンスはいかがでしょうか?

技術サポート / 黒巣 翔太

音楽とお酒と自然で成り立っています。ギタークラフトやエフェクター製作の勉強を経てPAマンとなり、その経験を生かして修理業務に従事。

 
 
 

カテゴリーから探す

ブログカレンダー

2021年10月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram