ここから本文です

サウンドマート

Line 6 ( ライン6 ) / HX Stomp マルチエフェクター

Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター

  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像3
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像4
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像5
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像6
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像7
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像8
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX Stomp マルチエフェクター画像9
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
Helixを導入したいけど大きくてボードに組み込めない。。。というギタリストも多かったはず!HX Stompなら新規導入はもちろん、すでにボードを構築されている方にもベストマッチ。最上級の音質はもちろん、操作性、視認性においても秀でた、マルチストンプの決定版です。
■主な仕様
・Helix同様のDSP チップ/HX モデリングエンジン
・「Helix」「M シリーズ」およびLine 6 のレガシー製品に含まれる300 種以上のエフェクト/アンプ・モデル搭載
・最大6 種類のアンプ、キャビネット、エフェクト(ルーパーやIR を含む)を同時使用可能
・カラーLED リングを備えた3 基のキャパシティブタッチ・フットスイッチ
・1/4 インチ ステレオ入出力
・TRS「エクスプレッション・ペダル/フットスイッチ」デュアル入力
・ステレオ・エフェクトループ(モノ/ステレオTRS センド、ステレオリターン)
・USB オーディイオインターフェース(マルチイン・アウト)
・ヘッドフォン出力
・MIDI(イン、アウト/スルー)
・寸法 : 64(H) × 122(D) × 170(W)mm
・重量 : 820g
・電源アダプター付属

■概要
・超コンパクトなプロフェッショナル・ギタープロセッサー
・HX Stomp は、Helixと同じアンプ/キャビネット/エフェクトのサウンドをコンパクトボディで実現
・一般的なアンプとペダルによるセットアップや、ライブやスタジオでのPA へのダイレクト出力など、さまざまな環境や目的にシームレスに取り入れることが可能
・Helix に採用されているDSP とHX モデリングの技術はそのままに、お手持ちのペダルボードにも簡単に追加できます。
・300 種類以上のアンプ/キャビネット/エフェクト、ルーパー、Line 6 MシリーズおよびDL4 をはじめとするストンプボックス・モデラーに含まれる人気エフェクトも追加されています。
・HX Stomp は、サブシステムや手軽なライブ用ギア、他のギタープロセッサーと組み合わせての踏み込んだ音作り、オーディオインターフェース、オールインワンのギター/ベース用リグなど、幅広い用途に対応。

■主な特長
1. 1 台でパワフルなペダルとして機能
コンパクトエフェクターを少し大きくしたサイズに、Helix/MシリーズおよびLine 6のレガシー製品に含まれる300 種類以上のエフェクトとアンプ・モデルを搭載。最大6 種類を同時に使用が可能です。カラーLEDリングを装備した3基のキャパシティブタッチ・フットスイッチにより、直感的なエフェクトの選択/編集を実現。外部フットスイッチやエクスプレッション・ペダルを追加し、より柔軟なコントロールが可能。2系統のエフェクト・ループも用意し、お気に入りのペダルをプリセットにインサートできます。HX Editソフトウェアを使用すると、コンピューター上で簡単にアンプやエフェクトを編集し、プリセットとして保存・呼び出し可能です。

2.サブシステムや究極のコンパクトシステムとして
リハやライブでのバックアップ用機材としても、一台完結の究極のコンパクトシステムとしても機能。PA ミキサーにダイレクトに送るのも、ステージアンプに接続するのも簡単で、4 ケーブル・メソッドにも対応。最大6つのアンプ/キャビネット/エフェクト/IR ブロックを同時に使用でき、望み通りのトーンを構築可能。オーディオインターフェース機能を使用すれば、ライブ後に滞在中のホテルの部屋でトラックを作成することもできます。

3.ベースにも最適
ベーシストのためのトーンも数多く用意。魅力的なアンプ/キャビネットからエフェクトまでベーシストが求める音を幅広く網羅。本物のアンプサウンドを出しつつ、同時にエフェクト処理されたサウンドをダイレクトにPA ミキサーに送ったり、全く異なる2種類のシグナル・パスを組み合わせ独創的なベース・トーンを作成可能。音作りにおいても高い柔軟性を備えています。

4.トーンの拡張性
HX Stomp をお気に入りのモデラー/プロファイラーのエフェクト・ループに接続すれば、さらに70 種類以上のアンプ、200 種類以上のエフェクトを追加することが可能。HX Stomp の6つのブロックがお手持ちのモデラーのDSP パワーにアドオンされ、最大6種類のアンプおよびエフェクトを追加して同時使用できます。また、1 本のMIDI ケーブルでプリセット、テンポ、その他のパラメーターを同期することも可能です。

5.レコーディング、リアンプなど多彩な機能を搭載
123dB のワイドなダイナミックレンジにより、超低ノイズなDSP 駆動USB オーディオインターフェースとして機能。Mac/Windows に24-bit/96kHz マルチチャンネル・オーディオおよびMIDI 接続を提供します。またリアルなアンプおよびペダルのレスポンスを可能にするフレキシブルなインピーダンス回路を備えたインプットに加え、DI およびリアンプ機能も搭載。別売りのApple Camera Connection Kit を使用して 、iPhone/iPad にダイレクトに録音することも可能です。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews23
この商品のレビューを書く

2021/03/01

11111宅録7:ライブ3の人に超オススメ!

投稿者名Reviewed byいつき 【東京都】

コロナ禍でライブの機会が減って家で演奏する人には持ってこいのアイテムです。
ただし値段はそれなりなので宅録などをしっかりしたクオリティで録音したい人向けになります。
特にhx stompはUSBコードを使えばオーディオインターフェースになりますのでそこもプラスのポイント。
更に、将来またスタジオリハやライブが出来る環境になった際には小型超高品質のマルチエフェクターとしての性能を発揮します。
私はコンパクトエフェクター派でしたが殆どを手放しました。
本当に必要なものだけを残してhx stompという合わせて使うというボードです。
高額なプラグインのアンプ、エフェクターを買わなくてもこれ一台で殆どは済みます。
殆どと言ったのは使えるエフェクター、アンプの数は5〜6個までである事が最大の弱点です。
もう一つの弱点はフットスイッチが3つなのでライブで対応は制限がある点です。
しかしそれは状況次第なので、小型である点、品質を考慮すれば良い商品だと思います。

レビューIDReview ID:115281

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/03/07

11111ボードが軽くなりました

投稿者名Reviewed byamakann 【東京都】

エフェクター多めのポストロックバンドのギターをしています。
以前はオーバードライブ、ディストーション、コンプ、リバーブ、ディレイ、ボリュームペダルなど合わせて10個以上のエフェクターを繋いでいましたが、HX Stompを導入したことで実質ボリュームペダルと特殊なディレイペダルの合計3つのペダルボードになりました。
3つのスイッチだけでは足りないという人はAmazonなどで2300円程度にあるデュアルスイッチを購入すれば5つに増やせます。ケーブルはTRSケーブルを使用してください。(例:https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/182407/)
家ではパソコンにUSBでつないで「HX Edit」のPCソフト上で設定を変更していますが、とても使いやすいです。
ステレオ入力、ステレオ出力に対応しているので、2つのギターをつなげてそれぞれ別々のエフェクトをかけて出力することも可能です。
最近のアップデートで8個までのエフェクトスロットに対応していますが、アンプシミュレーター、ディレイ、ピッチシフター、リバーブなどのエフェクトは処理リソースが多めなので全てのスロットを使用できない場合もあるのでご注意ください。
ちなみにACアダプターは内径2.5という通常のエフェクターの内径2.1とは違うサイズなので、もしパワーサプライなどで電気を供給したい場合はサイズの変換アダプターが必要です。(海渡電子の8974など)
実質の放電容量は1000mAh程度なのでパワーサプライ(VITAL AUDIOのVA-05 ADJなど)の500mAh2つをDC分岐ケーブル(VOODOO LABのPPAPなど)で繋げて通電しています。

レビューIDReview ID:113425

参考になった人数:21人

21 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/04/28

11111汎用性の鬼

投稿者名Reviewed byくに 【茨城県】

先日のアップデートでver3.0になり、使用可能なブロックが6→8に増加したのが一番大きい変更点ではないでしょうか。
またdiezel VH4のアンプモデルとhorizon devicesのprecision drive(歪みとノイズゲート個別使用可能)に加えてアコギシミュレータも追加されたようです。
現在、他社製のプリアンプで歪みを作り、それ以外のエフェクトを全てhx stompに任せる使い方をしています。
流石にキャビネット2個並列使用や、空間系を多用すると8個でもギリギリな時がありますね。
皆さん仰られてる通り、同時使用という点ではgt1000coreの方に分があると思います。
これまでDSM noisemakerのomnicabsim miniを用いて宅録を行っていたのですが、どうしてものっぺりした音になってしまうのが不満でした。
それと比べると、いとも簡単にリアルな空気感が再現できるIRすげぇといった感じで、今では宅録に欠かせない存在になってます。
強いて言えばXLR出力が欲しいのと、TRS接続端子があともう一つあればなとは思いますが、音質・サイズ感・操作性が十二分なレベルなので、これ以上求めるのは酷ってものですね。
荷物は減らしたいけど音には妥協したくないワガママなギタリストにうってつけです。

レビューIDReview ID:112019

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/07/26

11111汎用性めちゃくちゃ高い

投稿者名Reviewed byKA014 【埼玉県】

こちらでの購入ではないですが、HX Stompが良すぎるので書きます。
アンプモデリングの高さも素晴らしいですが、HX Effects出せるほどコンパクトエフェクターのクオリティーも非常に高いです。Dual Cabもステレオ大好き人間としてはとても優秀ですね。IRがMonoのみ(2ブロック分IRを置くことも可能なので実質ステレオもY Splitにより可能ですが)なのでステレオセットアップするには場所食いますが、好きなキャビやアコギのシュミレーターを使えるのはとても嬉しいですね〜後IRのWav選択も非常にスムーズです。
またSend/Returnも汎用性が高いです。以下の方法が使えます!
① HXのFX Loopとして
SendがTRSケーブル対応なので Send/ReturnをMonoで2回使えます。つまりMono出力のエフェクターであれば2つHXのFX Loopに組み込めると言うことです。これにより例えば実機のTube ScreamerとCarbon Copyを組み込める上個別で好きな位置にブロックを配置出来ます。
② ミキサーとアンプ両方に音を送れる
実機アンプに送る場合にSendブロックを置きSend端子から実機アンプへ、Sendブロックの後にCabを置く事でOutput端子からミキサーに送るなどのパラアウトも可能です。

レビューIDReview ID:106938

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/12

11111ボタン少なくても問題なし

投稿者名Reviewed bynseekers 【新潟県】

これを検討する方の検討課題は、少ないボタンで操作が煩雑になったり、階層が深くなったりしないかということだと思うのですが、その心配は不要です。UIは感心するばかり。よく考えられています。
hx stompは、外部エフェクターとの連携もやりやすくなっていますが、内蔵のFXで良いんじゃないかと思う仕上がりです。
私は歪み系は外部エフェクターで使っていますが、条件によっては、内蔵FXの方が良かったりすることもあります。そんな時は、こだわりを捨てて、hx stompオンリーで音作りしてしまいます。

レビューIDReview ID:105189

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Line 6 ( ライン6 )
HX Stomp マルチエフェクター

商品ID:257209

¥69,900(税込)

  • 送料無料

6,990ポイント(10%)内訳

  • 699Pt

    通常ポイント

  • 6,291Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 6,990Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram