ここから本文です

サウンドマート

Line 6 ( ライン6 ) / POD GO

Line 6 ( ライン6 )  / POD GO

  • Line 6 ( ライン6 )  / POD GO画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD GO画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD GO画像3
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD GO画像4
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD GO画像5
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
PODシリーズ最新モデル。プロ・クオリティのサウンドとシンプルなユーザー・インターフェース、高い可搬性を兼ね備えた、マルチエフェクト初心者にも最適なプロセッサー
■特徴
1.クラス最高レベルのトーン
高い人気を誇るHelix/HXファミリーのギタープロセッサーから継承したプロクオリティのアンプ、キャビネット、エフェクトモデルを使用でき、さらにサードパーティ製のIR(インパルスレスポンス)をロードすることも可能で、トーン作成に必要なオプションはほぼ無限です。

2.シンプルなユーザーインターフェース
無駄を排したプラグアンドプレイのユーザーインターフェースとシンプルかつ直感的なワークフローにより、非常に簡単に使うことができます。大型のカラーLCDディスプレイ、5基のプッシュ式エンコーダーノブ、8基のフットスイッチ、マルチ機能に対応するエクスプレッションペダルで、サウンドの自在な選択、編集、コントロールができ、さらにもう1台のエクスプレッションペダルまたは2基の外部フットスイッチを追加することで、より自由度の高いリアルタイムコントロールが可能になります。

3.高いポータビリティ
驚くほど軽量でコンパクトなため、どこへでも簡単に持ち運びでき、ステージやレコーディング、リハーサルスタジオなど、どんな場面にも最適です。

■主な機能・仕様
・定評のあるHelix/HXプロセッサー・ファミリーから継承したアンプ、キャビネットおよびエフェクト・モデル
・カラー・ディスプレイ搭載によるわかりやすいユーザー・インターフェースと素早く簡単な音作り
・ポータブルなコンパクト&軽量設計
・視認性に優れた4.3インチ (11cm) カラーLCD
・アクティブなエフェクトが識別可能なフットスイッチのカラーLED
・サード・パーティ製インパルス・レスポンス(IR)をロードすることで無限のキャビネット選択が可能
・音切れなくトーンの切り替えが可能なスナップショット
・簡単にプリセットのエディットとバックアップが可能な無償のPOD Go Editアプリ
・ステレオ・エフェクト・ループおよびTRSエクスプレッション・ペダル/デュアル・フットスイッチ入力
・一般的なアンプに4ケーブル・メソッドでの接続が可能
・レコーディングとリアンプに対応する4イン/4アウト、24ビット オーディオ・インターフェース

■サイズ: 88(H) x 230(W) x 359(D)mm
■重量: 2.35kg
■同梱品: 専用電源アダプター(DC-3h)、USBケーブル

関連商品

スタッフレビュー

人気のマルチエフェクターHelix/HXシリーズのサウンドを継承した「POD GO」。クオリティの高いアンプ・エフェクターのモデリングが多数収録されており、カラフルで視覚的に分かりやすいインターフェイスによって直感的に音作りが可能。初心者にも自信をもってオススメできるマルチエフェクターです。
筆者は普段、USBケーブルでPCに接続し、主に自宅での練習やレコーディング用のアンプシミュレータとして使用しています。専用ソフト「POD GO Edit」を利用すればPCから操作が可能なため、直接エフェクターに触らずとも細かな音作りができる点は非常に便利。自宅でのギター練習・録音作業がとても快適になったと感じます!ちょうどいいサイズ感で可搬性にも優れているため、自宅のみならずスタジオやライブでも大活躍間違いなしの「POD GO」、一度はお試しいただきたいマルチエフェクターです!

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.6)
  • レビュー数Reviews39
この商品のレビューを書く

2023/11/01

11111使いやすい

投稿者名Reviewed by036 【静岡県】

今までいくつかマルチを使用してきましたが、使いこなすことが出来ませんでした。
Pod goはカラー液晶で操作も分かりやすく、使いこなせそうです。
音もよく大満足です!

レビューIDReview ID:144404

参考になった1

2023/07/16

11111非の打ち所がない製品だが

投稿者名Reviewed byエディ 【東京都】

即戦力になる音質、非常に考え抜かれた操作性、リーズナブルな価格、製品としては非の打ちどころのないものです。ただし、Helix Floorとまったく同じかと言えば少し音が違いますが、逆に、Pod Goの方が前に出る音質に私は感じます。同時に使用できるエフェクト数が少ないので、裏技を使ってワウやボリュームペダルを他のエフェクターに割り振ったり、センドリターンで外部エフェクトと併用して使っていますが、一般的なライブであればほぼ対応可能です。素晴らしいと思ったのが出力系統で、ラインアウトにインサーションケーブル→キャノンの変換を噛ませると、XLRでバランス出力が可能で、卓にスピーカーシミュレーションを通した音が送れます。そしてもう一つAMP OUTという端子があり、こちらは、接続先がFRFRスピーカーならスピーカーシミュレーションを通した音、一般的なギターアンプならスピーカーシミュレーションをオフにした音、と選べます。私はラインを卓送りにして、Line 6のPower Cabを接続して、ステージではアンプを自分に向けてモニタリングしています。この方法は非常に快適です。ひとつ、問題があるとすれば、サウンドハウスでの購入の際、故障が起きると、ヤマハの正規サポートにて修理されるのではなく、サウンドハウス内のメンテナンス部門がサービスを行うため、故障がきちんと直らずに、何度もやりとりをする必要があることです。新品交換、とのことで製品が送られてきましたが、2度、同じ個所が故障しました。そして、部品の交換リストの提出を求めても「対応できない」「また壊れたら連絡してほしい」とのこと。ヤマハの正規サポートでは、このような怪しげな対応をされることはありません。私は、3年保証よりも、きちんとしたメーカー保証が受けられる方がいいので、次回から高額な製品はサウンドハウスで購入することは控えたいと思います。

レビューIDReview ID:141689

参考になった17

2023/01/23

11111HELIXよりも魅力的なベストバイな商品

投稿者名Reviewed byどんぐりころころどんぐりこ 【千葉県】

LINE6製品はHX EFFECTS、HX STOMPについで3機目になります。
登場当初から気になっていた製品ではありましたが、他社製品へ遠回りしてからの入手となります。
為替円安の影響で輸入楽器が値上がり、POD GOも4万円台から6万円台へ価格上昇しましたが、エフェクター沼から脱したい方にとっては光明となり得る製品です。
HELIXシリーズから基本機能を継承しつつ、出来ることを限定したことで使い易く仕上がっています。
音も良いし、これなら長く付き合っていけると思います。
私にとっては、HELIXよりも魅力的なベストバイな商品かな・・。

レビューIDReview ID:136530

参考になった5

2022/09/07

11111発送めちゃくちゃ早いです!

投稿者名Reviewed byのぶ 【埼玉県】

注文した翌日の朝7時に発送されたメールが届きました。
流石すぎました。。
商品はもう試演もしてるので、
特に問題ないもので大丈夫そうでした。

レビューIDReview ID:132935

参考になった2

2022/06/19

11111マルチデビューしました

投稿者名Reviewed byZINEDINE 【神奈川県】

必要最小限のコンパクトで15年過ごして来てのPOD GOなので、急にできることが増えすぎて戸惑いますがこりゃあ便利だわと戻れなくなりそうです。

レビューIDReview ID:130772

参考になった4

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Line 6 ( ライン6 )
POD GO

商品ID:276355

¥67,890(税込)

  • 送料無料

3,393ポイント(5%)内訳

  • 678Pt

    通常ポイント

  • 2,715Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 3,393Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram