ここから本文です

けろぞう さんのレビュー一覧

ZOOM
A1X FOUR マルチエフェクター
在庫状況:在庫あり
価格:¥13,670(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) ピエゾ搭載エレキ用に購入 2024/04/04
a1 fourも購入、レビューしていますが、ペダル付きも欲しくなり先日購入しました。
発売からもうすぐ5年になりますが、未だにこのA1シリーズ、パワードスピーカーと一緒に使用、大活躍しています。
アコギ(ピエゾ付エレキ)のモデリングはD-28一発で
エレキはBassManアンプにDeluxeReverbのキャビ
歪みはアンサンブルに重ねる時は内蔵TS、ソロの時はgainあげたりPedalDriveを使ったり(これがまた良い音)
ソロ用に後段で内蔵ボリュームペダルを逆がけ(Min100.Max70など)で設定すればエフェクト操作必要なし、パッチ移動も非常にスムーズ
Undo/Redoは無いもののRec/DubとStopスイッチが別の30秒ルーパー内蔵という破格機能
さらにはリズムマシンにルーパーのクオンタイズ機能付きと
どうやったらこのクオリティでこの価格を提示できるのか未だに意味がわかりません。
PA側でエコーやコーラス薄くかけてもらえば生アンプ感も増し増しで最高です。
Gt1000Core、HXstomp、IRIDIUM、MX5、MG30、など一通りの、商品使ってきましたが、音質は全然個体差の範疇です。少なくとも音が悪いという印象は全くないです。
これまで20-30人程度のミニライブから、150-200人程度の屋外演奏まで使い倒してきましたが、同業者から「zoomでこんな良い音するの?」と言われることはあっても「やっぱzoomって使えない音だね」と言われたことは1度もありません。(言わないだけかもしれませんが笑)
エレキギター使いにはG1の方が刺さると思いますが、エレアコと持ち変えたり、ピエゾ搭載エレキ使う人ならこれで完結できます。

ROLAND
JC-22 ギターコンボアンプ
在庫状況:約10日
価格:¥39,460(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(5.0) JC120が会場にある?黙ってJC22を使え! 2024/03/22
といいたくなるほど筐体とスピーカーの音のバランスが良いです。JC40は確かに対抗馬として明らかに音は良いんですが、40買うくらいならもう120買おうよ、って言いたくなるくらい重いしデカいです。22は小さいしまだ許容範囲の重さ。
個人的にはJCが配備されない会場へいくときは22持っていってマイクで拾えばほぼ完結できるんじゃないかと思います。
場合によってはへたれきったJC120などの場合ムリして使うよりこっち持っていって使った方が良いかと。
音圧だけをとるなら120ですが、スタジアムクラスのライブ会場でないと120の真価って発揮できないですよね?そんな人そうそういないと思うんですが、、、いっときますけど一部の人が書いてるvolツマミ2~3くらいの120の音っていっちゃ悪いですけどカスですよ。5、6辺りからEQちゃんとフラットで揃えてから調整したらめちゃくちゃ良い音しますからね(ライブハウスだと大体paに止められるけど)
その点この22は6.5インチ2発がギチギチに鳴ってる音まで、ツマミ5くらいでいけるので(逆にvol10は昔ながらのスピーカーのキャパオーバー系ドライブサウンド。そのままずっと弾いてたら割れるんじゃないかしら)
その状態でマイクで拾うと簡単に前述した120を越える素晴らしいサウンドになり、耳心地が非常に良いです。インテリアとしてもアンプとしても優秀、ほんと買ってよかったです。

NUX
Mighty Space
在庫状況:在庫あり
価格:¥55,800(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 家庭での利便性とライブでの実用性を両立した驚異的なアンプ 2024/04/03
音質だけ比較したナンセンスな動画等ありますが、このアンプの本質は利便性と実用性、そして価格の総合バランスが非常に高いレベルで保たれている商品である点だと感じました。音質は好みでしょうが、競合品のなかではTop3に余裕で入るレベルだと感じました。
【買ってよかった点】
•音が良い(ほんの少しコンプ感有)
•クランチ系アンプサウンドが微妙だがクリーンアンプにEFXでTSを軽くかけると非常に気持ち良いクランチサウンドにできる
•ワイヤレス付属(Mute可、受信側の電源オフも可)
•Bluetooth等全てのワイヤレス系の接続視認ランプ有
•エレキとアコースティック両方対応
•IR使用可(取り込みも速い)
•リズムマシン&ルーパー内蔵&操作用端子とスイッチ付属
•チャンネル切替用端子(ライブで使える)
•競合品の中で最軽量クラスかつベルト取っ手(軽いし楽)
•スピーカーアウト端子(これが素晴らしい!)
ーー
競合品にない目玉のスピーカーアウトですが、パッチレベルとマスターボリュームをマックスにすれば25w~50wクラスの音量が出ます。ライブ登用可能レベルの音量、音質に感動しました。ほんのわずかにノイズは乗るのでソロプレイや静かな曲では少し気を遣うかも。
ーー
【欲をいえば、な点】
•ワウ系と操作用EXP端子が欲しかった
•12インチスピーカーに繋げば気にならないが本体だけでの音出し用に高音の張りを補正するため細かい調整が出来るパラEQがほしかった(6or10バンドの決め打ち)
•フットスイッチをありものの2フットスイッチ付属ではなく専用の4フットスイッチを作ってほしかった(リズムマシン、ルーパー、チャンネルup.down操作)
•ルーパー操作を1スイッチではなく設定変更で2スイッチでできれば最高だった
•工夫すればUSB(Type-C→6.35mm変換端子必須)やHeadphone(挿すと本体消音)から卓に送れるが、LINE Out専用端子が欲しかった。
•アプリ内アンプの操作項目に本体presenseが表示されないモデルもある(操作すれば効きはするし保存もできる)
ーー
色々書きましたが、本当に買ってよかった商品です。現時点間違いなく最も汎用性に富んだ家庭でもライブでも実用的な素晴らしいアンプだと思いました。

Effects Bakery
An Bread DI ダイレクトボックス
在庫状況:在庫あり
価格:¥5,280(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) かなり使える(卓でのEQは補正必須) 2024/03/03
購入後、ワクワクしながらアコギ、エレキ両方で試してみました。
アコギはいうこと無し、volツマミがあるので非常に扱いやすいです。音はほぼ脚色されず素直に出ます。
アンプシミュレーターのほうは少し音質が暗めで、くたびれたマイクで録った往年のソリッドステートアンプ、という感じでした。昨今のmx5、GT1000などと比べるとかなり見劣りしますが、PA卓で補正すれば「お、アンプの音がする」くらいに使えます。なのでエレキ用としては機材を運ぶほどではない時の助っ人、というくらいで持っておく感じでいいかと自分は思いました。5000円いかない範囲でエレキ、エレアコ共用のD.Iとしては価格破壊もいいところだと思います。

Electro-Voice
Everse8 ブラック
在庫状況:お取寄せ
価格:¥126,390(税込)
参考になった人数:3人(3人中)
(5.0) 同系統ポータブルPAの頂点 2023/11/09
BOSE,JBL等と同列で見た場合値段が倍くらい違いますが、それだけの価値が十二分にあります。
他社と比べて、音量のキャパはダントツです。音質もさすがのEV、低音から高音までバランス良く(ここめちゃくちゃ大事)再生してくれます。確かに低音の再生は大口径スピーカーに比べると一歩劣りますが、それは全くナンセンスな比較をした場合の話で、単独で聞く分には十分すぎるほど低音出ますし音量をかなり上げても音割れしません。
非常に重宝しています。
プリセットはアコギ系とボーカル系がすごく良いです。特にアップデートで追加されたND66Acoustic guitarのプリセットは、エレアコとの相性抜群です。Electric guitarプリセットは緊急時のクリーン用としてはすごく良いと思いますが、歪みを繋いでの演奏にはまったく向いてません。FlatプリセットでHXやGTなど他のアンプシミュレーターを通して歪みを入れたほうが圧倒的にエレキの音らしくなるな、という感じです。逆にフルアコなどには合うかもしれません。


YAMAHA
Pacifica611HFM RTB エレキギターPACIFICA(パシフィカ)
在庫状況:在庫あり
価格:¥58,960(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) アンプシミュレーターとの相性抜群 2023/10/18
鈴木御大が現場で使用してらっしゃるという噂を聞きおそるおそる購入、結果大満足でした。YAMAHAすごいですね。
ボリュームつまみに少し癖がある(0~10までが尻上がりな感じ)ものの、トーンの効きはとても幅広く素直で扱いやすいです。
音はフロントは歯切れよくもドッシリとした重厚感溢れる、これぞフロントPU!というサウンドで、バッキングからソロまでオールマイティ、センターはクッキリした音色でカッティングに抜群、リアは超典型的なパコパコリードサウンドで、歪みのノリもよくバンドサウンドに溶け込みやすい音色です。
フェンダーのストラトも所有してますが、正直YAMAHAの方が尖ってないのであらゆる音楽ジャンルに使えます。
この特徴が相まって、タイトルに書いた点ですがアンプシミュレーターとの相性が非常に良いです。ほぼどのアンプモデルでもデフォルトの設定で実用にかなう、良い意味で特徴がないスタンダードなギターサウンドです。
数十万のギターも所有してますが、そちらを手放してこっちを使ってます。
めちゃくちゃコスパ良いし現場使いで壊れたとき換えもきくので、そういう意味でもおすすめできます。

VOX
CLUBMAN 60
在庫状況:お取寄せ
価格:¥38,800(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(5.0) 軽い、小さい、音が良い 2023/09/13
前身のGTVから買い換え、結果として相変わらず電源アダプタはいただけないものの、それ以外はほぼ大満足でした。
•Input1も2もめちゃくちゃ使い勝手がいいです。
1はエレアコでも余裕で使えるくらいレンジが広いです。確かにホロウボディのギターと相性がよいとも感じました。2は典型的なと謳うだけあって、midに寄った非常に温もりと厚みのあるサウンドです。
•Input2のoverdriveがめちゃくちゃいい音します。フットスイッチ付けてくれてたら絶対積極的に使うのに、、、
•Line Outの音がスピーカーの生音と大差なく、ストレスなく大会場で使える。
苦しい点は、やはり低音がバスレフ使ってるとはいえ輪郭がぼやけること。
それ以外はエフェクターのノリも上々で、他のモデルより少し高いことなど気にならないほど音が良いです。さしむきメインで使おうと思います

HOTONE
AMPERO II STOMP アンプモデラー&エフェクター
在庫状況:在庫あり
価格:¥71,960(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(3.0) 音質○操作△ルーパー✕ 2023/07/27
音質はさすがに良いです。クリーン~ハイゲインまできれいにまとまってます。
ただ他の方もいってますが、ピッチ系が非常に弱いです。何世代前のかな?というくらい追従制、ピッチシフト後の自然な出音感がない。飛び道具としてならアリですけど、昨今の一人で曲をルーパー使って一本のギターでベースからパーカスから入れて作るタイプには全く向きません。ルーパーはそういう意味で、ストンプスタイルのままルーパー操作にスムーズに移行できない仕様なので、全くといっていいほど使い物になりません。この機器のルーパーは完全に一人練習用です。
上に挙げた使い方を目的としない、シンプルにギタリストとしてバンドサウンドで作り込む人なら合ってると思います。
自分はループやオクターバーバリバリ使うタイプなので、数年前のものですがいまだにhxstomp使ってます。音色も及第点かつ操作性抜群なので。
gt1000coreの音質とG6あたりの機能性を足して2.5くらいで割った感じのイメージです。過渡期の生産物という感じ。色々良い点も多いけど、目につく惜しい部分も多い感じ。

Ibanez
ACFS380BT-OPS
在庫状況:取扱中止
価格:¥119,600(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) 良く鳴るし弾きやすい、デュアルピックアップも良 2023/04/13
ソロギタリストの井草聖二さんがライブで使用しているのを拝見して憧れもあり購入しました。
低音の響きかたがえげつないです。オープンポアの質感も良く、単板トップの軽やかさとサイドバックのパーフェローの音圧を支える力強さがバランス良くまとまっていて、弾いている自分も低音の圧に揺られてテンションが上がります。
演奏性も抜群で、アコギ弾きのかたなら違和感なく弾きこなせると思います。

Line 6
HX Stomp マルチエフェクター
在庫状況:在庫あり
価格:¥83,643(税込)
参考になった人数:12人(12人中)
(5.0) やっぱこれ変態的な機材ですよ 2023/04/10
一度パワーサプライ使用で極性間違えてから数年、最近操作不安定になり壊れたので新しく買い直しでこちらで購入しました。
歪みは他機種より一歩劣るものの、アンプシミュを経由した際のレコーディング等では全然使えます。マルチとして使う場合も、歪みなんてギタリストはお気に入り個体があるもの。fxloop使いましょう。他のエフェクトの実用性は間違いなくHXに軍配が上がります。8つしか使えないからと困ったことはありません。音質も並べて比べれば負けるというだけでマイナス点は多くなく、強いてあげるなら他のレビューサイトなどで書いてあったプリセット移動の時の音飛び?ですが、コマンドセンターで順番に1つずつ移動するセッティングならルーパーplay中含めて今のところ音飛びする様子は確認できてないです。1から5に飛ぶ、などの操作の際は残念ながら音飛びするしルーパーも止まります。そこは惜しいなー。
でも、それらをかき消すほど各数値に関してギタリストがセッティングできる&操作したいと思う部分の操作幅が広い&良いところを突いてくるんです。ギタリストが遊びたい部分を良くわかってるんですよね。プレイヤーに寄り添ってくれるといえばいいのか、そこが操作しててすごくわかります。
ていうかアンプシミュの真空管関連の項目の作り込みが、変態的すぎるんですよね。sagはあってもhum、rippleやbias&biasxなんてほとんどみたこと無いし、弄ったら正味全然最新機種とわたり合えるクオリティの音作れますよ。低音は確かに他機種より少し弱いけど。
面白いことにレコーディングでもHXSTOMPのほうが少し昔のレコーディング環境が整ってない中での生アンプを鳴らしたときのような生々しい荒っぽさが出てるんですよね。最新のレコーディングスタジオで雑味の無い音質のキレイさを求められるとGTやkemperのほうが絶対良いと断言できるんですけど、じゃあ実際自分が忖度抜きで好きなの選んで使うなら何か、と聞かれたら迷い無くHXSTOMPを選んでしまう。この感覚、たぶん使ってらっしゃる方々わかりますよね笑
大型アップデートも未だにバリバリやりますし、エンジニアの情熱もまだまだある、好感の持てる素敵なメーカーだなと思います。
無人島にひとつだけエフェクター持っていくならHXSTOMP。そう断言できるくらい好きな機材です。

BLACKSTAR
DEPT.10 AMPED 2 100Wペダル・アンプ
在庫状況:お取寄せ
価格:¥74,800(税込)
参考になった人数:5人(5人中)
(3.0) うーん、、、? 2023/04/10
こちらでの購入ではないですが参考までに。
正直全てにおいて中途半端だなと感じました。
各セクションについて。
Amp:音圧は100wを謳うだけあってしっかり出ます。音質は正直微妙でした。キャビ使わないならIRIDIUMのほうが全然良いかな、、、「ぽい音」ではあります。他二つは実機が壊れててこれしかなかったら使うかな、という感じ。というか全部そういう「予備軍としては良い」って感想でした。EQの効きは一昔前のLine6みたいなデジタル感がすごいです。帯域も偏っている印象。効き幅も狭い。
DRIVE:優等生だけど尖ったところがない印象。歪みとして使うことはなくブースターでなら使うかな。fxloopがついてるのが幸い。
MOD、DELAY、Reverb:制御しやすくまとめられてます。ディレイはアナログが一番マシ、リバーブとモジュレーションはキレイです。(キレイすぎるけど)
真空管:ここが一番微妙でした。line経由の音は良くできてると思いましたが、問題はスピーカーアウトのほう。真空管独特のMidの張りを期待するとガックリくるかも。bossのgt1000にパワー管IRを経由したときは感動したけど、こちらはニュアンスをわずかに足す程度で、ホントにミュージシャンが総出でキャビ通したこの音を良しとしたの?と聞きたくなるほど。全体を通してレコーディング前提かなっていう独特のまとまり感があります。
アマチュアクラスの規模でいうと、ライブで使用するにあたって対象を絞って値段と重さ、サイズを下げたvoxのmvシリーズ(まぁこちらはnutube搭載アナログですが)のほうがかなり勝ってるかも。
申し訳ないですが、自分的には少し残念な使用感でした。
この重さ、大きさ、価格でまた別の種類をかって試そうとは、正直思えなかったです。次のバージョンの3のほうは歪みの評価が高いみたいなので、歪み目当てでは良いかも?自分のようにいろんな詰め合わせを求めると残念な結果になるかもです。

BOSS
RC-5 Loop Station
在庫状況:在庫あり
価格:¥23,100(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 非常に使いやすい&音が良い 2023/03/15
RC-3,10R,RC-500と経由してこちらにたどり着きました。
大満足の商品です。フットスイッチはあったほうが捗るのは間違いないです。FS-7と使ってますが、場所を取らない上にルーパーとして必要十分な機能「しかない」のが、自分にとってはピタリとはまりました。割り当てで瞬時undo.redo.Stop可能、リズムトラックもついてコンパクトエフェクター2つ分のスペースに全て収まる。最高です。
ルーパー駆使する弾き語りの方には物足りないと思いますが、セットリストのうちいくつかの曲で使うだけ、というくらいなら、この商品は紛れもなくオススメです。とにかく存在感を主張せずにしれっと使いこなせるスマートさがすばらしいです。
今のところ買って得しか感じてないです。ほんとオススメです。

Henriksen
The Bud SIX
在庫状況:入荷未定
価格:¥253,000(税込)
参考になった人数:5人(5人中)
(5.0) 小型アンプという概念をくつがえす最高のアンプ 2023/02/25
アンプの懐が深いのでジャズからポップス、フォーク果てはメタル(はさすがに厳しいか)まで、どのジャンルもいけるのは間違いないです。一般的なフルレンジスピーカーのように無機質なクリーンさではなく、しっかりとアンプらしい温もりがあるクリーンです。スピーカーと筐体のバランスが絶妙で、他の安価なギターアンプだと特定の帯域が過度にブーストされて鼻につくピークポイントもキレイにまとめられてストレスフリーになりました。フェンダーなどのように有機的なMid感はオールフラットだとありませんが、とにかくEQの効きが素晴らしいので、いじり次第で近づけることができます。ただこのフラットな音質でのギターアンプらしい響きというのが本当に唯一無二のサウンドでクセになります。リバーブはうすいトレモロと、ディレイがごく僅かに含まれている感じのする、とても上品な響きで使い勝手はすごく良いです。
また歪みのノリも良く、抜けるサウンドになりやすく音作りもしやすいです。大型のTENと比較演奏しましたが、バンドアンサンブルで抜けやすいのは間違いなくこちらのSixです。ギター一本、アンプひとつで演奏する場合はTENの方がよいですが、空間を埋めたいときは外部キャビ接続できるので正直こちらの方がよいと思い購入しました。2ch同時使用でも、しっかりとそれぞれが際立つので、これ一つ持っていけば2人ならどんな編成でも完結できます。
高いけれど、これ一つ買えばアンプの旅は終わるといっても過言ではないです。
買い替えた果てに戻ってきましたが、買って本当によかったです。

BOSS
AD-2 Acoustic Preamp
在庫状況:在庫あり
価格:¥13,000(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) 無駄を削ぎ落とした良個体 2023/02/24
Bodyrezとよく比べられますが自分はダントツにこちらの方が好みです。バッファーの性能なのでしょうが、こちらの方が自分がやる音楽には馴染みました。
特に顕著だったのが、tc社のほうは低音の膨らみ方があからさますぎて違和感がすごく、単独の楽器としてみると十二分に空間を埋めてくれますが、アンサンブルには全く向かないといえます。EQ挟めばまだいけますが、なんのためのエフェクターなのか、わからなくなります。
そういった点で優秀だと思ったのがAD-2はBOSSらしいコンプレッション感のあるバッファーのお陰で低音の膨らみ方が山なりで、正しくアコースティックらしい響きになります。
アンサンブルでのノリも良く、特に同じ帯域に絡みやすいベースやエレキギターとの音分けが非常にしやすいです。邪魔にならず、存在感希薄にもならない、素晴らしいです。
どちらの商品にもいえますが、掛けて3割程度が限界です。それ以上いくと高音のシャリ感が強まりすぎて少しくどく感じます。
ノッチは少しわざとらしいのでよほどスピーカーとの相性が悪いときしか使いません。
よい商品だと思います。

ZOOM
G2X FOUR ギター用マルチエフェクター
在庫状況:在庫あり
価格:¥26,000(税込)
参考になった人数:15人(15人中)
(5.0) 買ってお釣りが来る 2023/02/11
音質は良い意味で粗めなのが目立つ。ライブで余裕で使えるレベル。ギタリストが大満足する音、ではない。が、聞く側には、余程でないと伝わらない。オーディエンスが同業者ばかりなら少し気にかかるかも。
エフェクト間移動が非常にもっさりしているので、エフェクトを踏み変えるのを曲中に多数やる人には向かない。インターフェイスが少し特殊なので、往年のZOOMに慣れている人でないと踏み間違えること必至。
ルーパーもUNDO/REDO機能の有無で80秒/40秒と変わる、STOPスイッチの割り当てが現時点でできないなどかゆいところがいくつかあるが、特に歪みは音質の底上げが著しく、Gain下げめで使うと非常に心地よい。歪ませ過ぎると少しつまらない音になってくるのがやや残念。toneの利きは非常に優秀。
OUTPUTセレクトとアンプモデリングの関係性が良くわからなかったので本社に問い合わせたところ、AMPではINPUT挿し、LINEではreturn挿しやモニタースピーカー直を想定しているらしい。某つべでこの辺りをこねくり回して筋違いのレビューを挙げているものがあったが、素直に本社に聞けば良いのに。。。
とにもかくにも、全体的に音質が上がっており、ギタリスト大満足とはいかないまでもリスナーレベルでは全く問題なく使える逸品。

VOX
MV50-BQ Boutique ギターアンプヘッド
在庫状況:在庫あり
価格:¥17,800(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(5.0) 最高!!! 2022/11/18
接続キャビ:BC108:jensen P8R(スピーカーケーブルはfreethetone)に換装して使用しています。
【低音について】
・Deep使うとワンサイズ大きくなった感じにドッシリする。
・物理的な限界で低域はEQ調整しないと一部割れる。
・LINEOutはDeepは関係ないがライブクラスの音でPAから出せば低音増幅されて結果バランス良くなる。よく考えてあって凄い。
【MV50本体のツマミ】
・Gain0だとCleanに比べて確かにカラッとした潔い少し張り気味のサウンド。
・Gain12時にしてToneを10時くらいにすると物凄く良いサウンドになる。クリーンとクランチの中間くらいの最高の艶がある音色。
【電源ノイズ】
・8kHz帯を中心としたノイズが結構強い。グライコで調整可
【総評】
軽いし音は良いしLINE Outと同時出し可能で万能機器。凄いものがすごい値段で売っている。買って後悔は絶対にない。買いましょう。

YAMAHA
AC5M ARE VN
在庫状況:お取寄せ
価格:¥195,800(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 非常に上品なサウンド 2022/08/28
音量:当たり前だがLLシリーズの方がある。同サイズモデルの中では出ている方。音のまとまりはFGの方があるかも。ただギターの単音のサウンドの甘さは明らかにこちらの方が良い。
生音:マホガニー特有の暖かい丸みサウンド。鈴鳴り感もあからさまではなくしっかり木質感を味わえる上品な鳴りでとても良い。
ライン音:マイクブレンド0だとペラッペラのピエゾサウンドで使い物にならない。ハッキリ言ってピエゾだけで音作りするならこのアコギを使う意味がない。エレキにゴーストピエゾP.Uつけた方が遥かにマシな音。他社の914CEなどのアホほど高いギターもそうだが本当にこれどうにかしてほしい、外部IRとか挟まないと数万円のエレアコと同レベルのカスサウンド。このギターの一番のウリの次のコントロールが肝になる。
コントロール:マイクブレンドは上げ過ぎると電子感がやや強いものの12時前後で調整するとサウンドがかなり生音らしくなる。フル(Wet100%)にはしない方が良い。低音の再現性が高く自分の環境では外部IRをカットして本体のみで音作りした方が断然良いサウンドになった。実物のマイクで拾っているわけではないのでハウリもしづらく、これは地味に嬉しい。自分の場合Bassを上げTrebleを下げるとちょうど良くなる。EQ挟まないならアンチフィードバック機能は絶対に使った方が良い。デッドスポットは比較的少なく2-3箇所のセットのみで解決するので音作りも楽。マイクタイプはコンデンサの方がバランス良いが指引きの場合はリボンの方が中音域に寄っていて映えそう。
プレイヤビリティ:非常に良い、ハイポジも楽々。ヘッド落ちなし。ネックの詰まりもなくボディ振動もしっかり鳴るので文句なし。
その他:ピックガードはベッコウを模したシールとプラスチックの重ねなのでトップ板の音の妨げにしかならないのですぐ外した。外すと音が一段階変わったので絶対おすすめ。粘着を剥がすのはコツがいるので不慣れな人は店舗でやってもらった方が良いかも。


YAMAHA
LL16 ARE エレクトリックアコースティックギター
在庫状況:在庫あり
価格:¥84,700(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 路上演奏用に購入 2022/08/06
サイドバックがローズウッドとマホガニーのモデルがありますが、自分は両方弾いてみて結局マホガニーモデルを買いました(LL16M:今これ絶版でちょいプレミアなんですね)
ノーマルLL16(ローズウッド):重いのも相まって低音がよく響きます。ドンシャリっぽいけど全体の分離バランスが良く優等生という感じ。個体のサステインがかなりある分、張る弦によってかなり印象が変わります。
LL16M(マホガニー):比較して比重が軽い分低音がやや弱いです。単体のアタック感はローズウッドと比べるべくもないです。ただ、演奏で「呼吸をしている楽器の生きた音の感じ」と言えばいいのか、木ならではの温かみが欲しい人や、あるいはアンサンブルでのアコギの出音に関してもっとヌケが欲しい方にはこちらの方がオススメです。ノーマルと比べ別個体かと思うほど(材が違うので当たり前ですが)他の楽器との馴染みが抜群に良いです。マホガニー特有の中音域の強化とサステインの短さが感じられ、まさに木のギターを鳴らしているぞ、という感じです。転じて単板ならではの音の立ち上がりが早いもののモッコリした出音になるので、疾走系の曲でのバッキングやピッキングにエッジ感が欲しい方などはローズウッドの方がオススメです。
でも値段的にお釣りがくるほど良い楽器なので、迷ってる方は買った方が良いと思います。
ちなみにZoomA1Fourのモデリング【LL36】とAnti FeedBackとを合わせて音を出すと、ピエゾらしさがナリを潜め、高級ギターもタジタジの生音感をLine接続で得られ、音作りの世界から解放されます。

BOSS
BD-2W オーバードライブ
在庫状況:在庫あり
価格:¥17,600(税込)
参考になった人数:9人(12人中)
(5.0) 同社のGT持ってる方は少し注意 2022/05/16
単体の感想は皆さんとほぼ一緒なので、
所有しているGT 1000Core内蔵のモデリングBDと比べた感想を書きます。
【BD-2Wの方が良いと思った点】
・歪みのクセ具合はコンパクトの方が強い(キャラが立っている)
・Cモードにすることでかなり音のカドが丸くなる(低音も出る)
・バッファもGTほどではないが気にならないレベル
・コンパクトの方が3つツマミで感覚操作しやすい
【GTの方が良いと思った点】
・同じ値で同じ音にはならないが、Bottom、Direct Mixを調整すればほぼ同じ音が作れる。(歪みのバイト感は少しクセが薄い)
・アンサンブルでは正直GTの方が「混ざる音」を作りやすい
・費用対効果が高い
・配線を気にせず接続順もすぐ入れ替えられる
【結論】
自分の場合はGTを残してBD-2Wを売りました。音質が悪いわけではなく、GTが後発なのもあり操作次第でどうとでもできる強みがありすぎてコンパクトの旨味を金額分感じられなかった、というだけです。
コンパクトでデッキを組んでる方には絶対的にオススメですが、マルチ、しかも同社のGTシリーズ持っている場合は、「あれ、ほとんど同じ音作れるじゃん」と肩透かしを食らうかもしれません。
良い音のする商品だとは思います。

MOOER
GTRS S801 BLUE
在庫状況:お取寄せ
価格:¥88,000(税込)
参考になった人数:7人(7人中)
(5.0) サブギターにはもってこいの珍品 2022/03/11
【1】アプリは常時起動の必要はなく、購入後最初に理想の音を作る時だけ使えばOKです。本体に保存され、フットスイッチも自動で本体と連動します。
【2】ルーパー操作、モデリング切替、プリセット変更がギター本体と物差しみたいなフットスイッチで完結可能です。操作性抜群です。
【3】フロントP.UでE社のカジノ、リアP.UでM社アコギといったように設定でき、各ポジションで同じモデリングでも音質が変わり面白いです。EQ、Gainも各セットできバランス取りやすいです。本体ボタンを押すことでモデリングをオフにして本体のP.U本来の音も出せるので、音の汎用性はかなり高いです。ただEQのFreqはQがなく、Mid.Freqも1つだけで〜2000Hzまでしか操作できません。少し本気(?)でやるなら別でEQが要ります。
【4】ルーパーはドラムのリズムに自動であわせるモードもあり良い感じです。Undo/Redoは無し。ドラム連動・リズムパターンのON/OFF、変更にはアプリ起動の必要あり。ドラム音質は超チープ。Updateに期待。
【5】エフェクトは種類によりムラがすごく本気ライブで使おうとは思えません。空間系はまぁまぁ良いのが多いですが、アンプ・キャビシミュは一部は使えるけど、歪み系はちょっと全体的に苦しいかな…あくまで練習か音質を考慮しないストリートパフォーマンス用と考えた方が良いです。逆に言えばそのレベルでなら使えます。band EQなどはありません。
【6】モデリングもエレキは特徴を捉えた音ですが、ドンピシャではないです。あくまで「ぽい音」でギター浮気欲を少し満たす程度の音質です。それでも似たコンセプトのV◯XのVSSやL◯NE6のVariaxなどと比べても音質は良いし機能面だけでいうとかなりお買い得です。アコギ系は一昔前のアコシミュよりは良いですがお察し。この中だとVSSが一番ぽい音かも。
【まとめ:サブギター用途にはGood】
サブでストリート演奏をする時に機材をとにかく少なく軽くしたい人、小規模サロンでゆるーいセッション時のネタとしてはバッチリです。

YAMAHA
THR30IIA Wireless アコースティックギター用アンプ
在庫状況:在庫あり
価格:¥63,800(税込)
参考になった人数:17人(17人中)
(5.0) 自宅〜ライブまであらゆる状況に対応した最高の機材 2022/05/01
【無印との決定的な違い】
・USB端子で気軽に演奏動画を録れるのは一緒だが、こちらは単体で弾き語り等VoのSetも完結できスマホとこのアンプがあれば他に機材がいらない。
・同名ACO用Ch全てが再チューニングされており非常にナチュラルな鳴りで本当にいつまでも弾いていられる。とにかくめちゃくちゃ良い音がする。一般的なピエゾ→Pa卓へDI経由で直などには戻れないと思う
・マイク端子に搭載されているD-preがすごくいい仕事をする。マイクプリアンプはよほどこだわりがなければ必要ない
・モデリングの音は極上の一言。Wet100%にしても音が破綻しないどころか、各Ch毎にそれぞれの特徴がいい意味でブーストされ素晴らしい音になる
・エレキギターは味付けをしないなら自前のマルチ+アンプシミュとFlat Ch、真空管マイク特有のMid中心の膨らみと飽和感を加えたければTube Chを使用することで音色が最高に気持ち良くなる。Condenser Chは全域において広がりが強くエレキでは本体ごとのピーク音域が拾われやすいのでかなり細かいEQ調整が必要になる。Tubeはそれがほとんどなくとにかくいい音なので使い勝手が良い
・LINEOUTの音も非常に優秀。もちろん本番では可能ならLINEに加え本体スピーカーからマイク取りした方が断然良い音だが、大きなステージでも問題なく使える。
【総じての感想】
12インチGtアンプが直に揺らす振動・圧感は確かにないが、10kg以上のアンプを持ち運ぶくらいなら、こちらの方がはるかに良いと思えるほど使い勝手が良い。機能的で可搬性に優れ、現代ライブ事情に合わせ的確な調整がなされた商品。素晴らしい買い物をしたと思う。
【Tip:自分のセッティング例】
ピエゾ搭載エレキ(エレアコ、エレキを手元で切替え)
→eVA電子First Stabilizer
→BOSS Gt 1000core(EQ4つを振り分けピークカット、
Ch.A:A.Reso「Nat」+TPプリ+Mst.FX「Aco(Tone少し絞る)」※キャビシミュ通さず
Ch B:Natプリ+真空管IR+ORIGINALキャビ&RB121+Mst.FX「Livecomp」)
→Amateras Neve-Kun
→eVA電子Final Stabilizer
→THR30ⅱa

ARIA
ABC-300EG ターコイズ
在庫状況:在庫あり
価格:¥4,950(税込)
参考になった人数:7人(7人中)
(5.0) めちゃくちゃコスパ良い 2022/02/03
他の¥5000〜20000の防水系セミハードケースほぼ全種通ってますが、正直なところコレが1番良いです。
・パッドはかなり分厚いほう、自重では絶対に折れない
・発送状態がF社みたいにハナからー折られてないので形崩れもない
・収納部分もかなり頑丈
・撥水布も丁寧な仕上がりで色がいい感じにアンティーク感有り
ジッパー部分はどんなに高いケースでも摩耗や経年劣化で1番早くダメになるので(経験談)これくらい価格が優しくて機能面も優れてるなら文句なしです。今後リピートして購入します

BOSS
Nextone Stage ギターアンプ
在庫状況:お取寄せ
価格:¥58,000(税込)
参考になった人数:6人(12人中)
(2.0) 「真空管の作用と各操作・入門編」としてはオススメ 2022/01/27
Stage→Artistと購入してその後演奏スタイル的にベストマッチなBluesCube Hotに移行しました。
機能は本当に素晴らしいです。ただMDF材で組んだ筐体とのことですが、音色と筐体の鳴りがマッチしていない感覚が凄まじいです。
正直、比べずに単独で聞く分には雑多なモデリングアンプなどより遥かに良い音がします。
ただ聞き比べるとわかりますがBluesCube(自分は散々聴き比べた結果、音色と箱が一番マッチしていると感じたHotを購入しました)とNextone シリーズで、同じTubeLogicという名は入っているものの生で聞く音色には雲泥の差があります。
昔のアンプを知っている人はおそらく全員BluesCubeシリーズを選ぶのではないでしょうか?海外のレビュー動画を見ればよくわかりますが、BluesCubeは軒並み手放しで高評価(特にHot)されていますが、Nextoneは一長一短の論議ばかりが広がっています。
そういう意味では、次世代を担う「Nextone」という名前通りの立ち位置にあるアンプではないかと思います。自分は音色の素直さが気になりすぎて最終的に手放しました。
手軽に7-8割がた満足する音を作れますが、チューブアンプなどで感じられるスピーカーと筐体が一体となって張り切ったピークのギリギリを狙って出来上がる、最高のトーンはこのギターアンプでは全く出せませんでした。基盤側のポテンシャルは高いことはうかがえましたが、ボディ側がそれに追いつけずに足を引っ張っている感じがものすごいです。もっと高くても筐体を追求すべきだったのでは?
※LineOut経由などDTM等で使えそうな方面はBluesCubeのLineOutより「アンプらしさ」の追求は出来ましたので、そっち方面の方には良いと思います。Blues CubeHotは完全に生音出し用のアンプだと感じました。LineOutやRecOutを削ってSend/Returnをつけて欲しかった…

BOSS
Nextone Artist
在庫状況:在庫あり
価格:¥77,000(税込)
参考になった人数:4人(8人中)
(2.0) 「真空管の作用と各操作・入門編」としてはおすすめ 2022/01/27
Stage→Artistと購入してその後演奏スタイル的にベストマッチなBluesCube Hotに移行しました。
機能は本当に素晴らしいです。ただMDF材で組んだ筐体とのことですが、音色と筐体の鳴りがマッチしていない感覚が凄まじいです。
正直、比べずに単独で聞く分には雑多なモデリングアンプなどより遥かに良い音がします。
ただ聞き比べるとわかりますがBluesCube(自分は散々聴き比べた結果、音色と箱が一番マッチしていると感じたHotを購入しました)とNextone シリーズで、同じTubeLogicという名は入っているものの生で聞く音色には雲泥の差があります。
昔のアンプを知っている人はおそらく全員BluesCubeシリーズを選ぶのではないでしょうか?海外のレビュー動画を見ればよくわかりますが、BluesCubeは軒並み手放しで高評価(特にHot)されていますが、Nextoneは一長一短の論議ばかりが広がっています。
そういう意味では、次世代を担う「Nextone」という名前通りの立ち位置にあるアンプではないかと思います。自分は音色の素直さが気になりすぎて最終的に手放しました。
手軽に7-8割がた満足する音を作れますが、チューブアンプなどで感じられるスピーカーと筐体が一体となって張り切ったピークのギリギリを狙って出来上がる、最高のトーンはこのギターアンプでは全く出せませんでした。基盤側のポテンシャルは高いことはうかがえましたが、ボディ側がそれに追いつけずに足を引っ張っている感じがものすごいです。もっと高くても筐体を追求すべきだったのでは?
※LineOut経由などDTM等で使えそうな方面はBluesCubeのLineOutより「アンプらしさ」の追求は出来ましたので、そっち方面の方には良いと思います。Blues CubeHotは完全に生音出し用のアンプだと感じました。LineOutやRecOutを削ってSend/Returnをつけて欲しかった…

ROLAND
BC-HOT-VB Blues Cube Hot/Vintage Blonde ギターコンボアンプ
在庫状況:約1ヶ月半
価格:¥57,030(税込)
参考になった人数:30人(32人中)
(5.0) RolandやBOSSのアンプで迷ってる方はHot一択 2022/01/29
Nextoneと迷われている方が特に多いと思いますが、ライブで使う方には間違いなくこちらをオススメします。両方所有しましたがNextoneは3ヶ月程度弄り比べ手放しました。
間違いなくHotは現代ソリッドステートアンプの中で最高峰の一つだといえると思います。
ボードサイズのアンプシミュ全盛期の現代に、生アンプ無しで満足できる方は小型軽量とはいっても40cm立体スペースを取られ余裕で10kgオーバーのアンプは今更むりに買わなくてもいいとも思います。BT、AuxInどころかS/R端子、CH切替すらないんですよ?時代を逆行してます。
でもだからこそ、昔ながらの音色が大好きな方には刺さります。
このアンプはこんな価格からは想像できないほど最高のトーンが得られます。本当にフルアナログじゃなくてDSP処理されてるの?という疑問が出てくるほど。(厳密に言えば超高音域に微量、デジタルらしさが感じられます)
アンプシミュ→PA直などでは決して味わえない、生のスピーカーと筐体をピークギリギリまで張り切らせたムチムチ感、ハリツヤをできるだけ小さいサイズで、でも妥協のない音質で欲しい方にオススメです。
聞き比べるとわかりますが、これらの要素はBluesCubeシリーズの中でもダントツに無印Hotで感じました。おそらく後発で、12インチながら筐体が小さいポプラ材&オープンバックだからだと思います。
海外のレビュー動画などでも軒並みHotが高評価されているのがその証拠です。
StageやArtistは逆にその音色に近づけようとしてできた手探りの商品だという感想でした。筐体と、アンプに求められる音色が合ってない。Hotでその境界点の調整に成功したのかな、と自分は感じました。
ModやSpecialはなぜBlues Cubeの名を冠しているのか意味が分からないほど無印の求めた音色とは全くの別物と感じました。個人的に無印が一番です。
【注意】
このアンプは電源ケーブルやスピーカーユニットは絶対に変えずにそのままで使用してください。一つでも違うものに替えるとこのアンプの良い部分が『確実に』損なわれます。
現代の洗練されたアンプ達とは明らかに鳴りの方向性が違う、良い意味で古いアンプの枯れたレトロ感を追求しており、これらのパーツ全てでそれが演出されています。本当にすごい技術です。

BOSS
POCKET-GT -POCKET EFFECTS PROCESSOR-
在庫状況:取扱中止
価格:¥26,400(税込)
参考になった人数:6人(10人中)
(5.0) GT-1000Coreと比較すると… 2021/12/06
『出音は?』
→PA機材やアンプLINE IN、キャビシミュOFFにしてReturn挿しした感覚としては、同じ数値で設定すると音の解像度の違いは割とわかります。でも正直EQ設定を最適化すると「別にどっちでも良くない?」というレベルの差しかないです。アンサンブルに入れて(バックを流しながら)演奏すると、、、44.1kHz以上はギター単体で聞いた時の心地よさの違いはありますが、音響的限界のあるライブハウスでバンド全体で聞くとそこまで重視されないので、そこが気にならないなら値段差が3倍近いことを考えると財布と相談といった感じ。後述の問題がなければ…
『機能・エフェクトは?』
→Youtube機能などは割愛します。音作りの際の注意として、ワイヤレス接続の弊害でiPhoneでのEQ操作などはワンテンポ遅れて反映されるので、ちゃんと音が変わったかを聴きながら最適な音を探るのが良いでしょう。
またエフェクト面ではGT 1000coreにないものとしてかなりアツいのが、
①GuitarSim(シングルコイルをハムっぽくしたり、ハムをシングルっぽくしたり、ピエゾくささをとったり)
②Acoustic Processor(アコギモデリングの音4種(Small、Medium、Bright、Power)
この2種類です。かなり出来が良く、自分はGT-1000Coreのセンドリターンに変換コネクタ経由で接続して必要に応じて使用しています。下手なシミュレーターやモデリングを買うより遥かに良いです。変換もオーテク等と組み合わせれば音質劣化も比較しなければわからないレベルです。
『操作性は?』
→悪いです。半端につまみをつけるぐらいならパッチチェンジやソロ用の大きめのフットスイッチのようなボタンをつけてもらった方がまだ良かった。同じくYouTubeの再生/早送り/巻き戻しボタンも手で操作前提の大きさですが、ギター弾きながら手を離してボタンいじるくらいなら足元に置いて足で操作できた方がよかったと思います。手をギターから離さず足で操作できたらかなり便利ですしね。
『結局買いなの?』
→ライブでエレアコ弾きの方には間違いなくお勧めできます。ただエレキプレイヤーなどのように曲中にエフェクトをバンバン変える人には全く向きません。素直にマルチ買った方が操作性いいです。

PRESONUS
TUBEPre V2 真空管マイクプリアンプ
在庫状況:在庫あり
価格:¥20,900(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 買った方が良い 2022/05/01
ギター→マルチ→本機の順で使用しています。
ギターでアンプシミュを使用している方で真空管っぽさというかアンプっぽさが欲しい方はこれとニーヴくん買ったら多分問題がほぼ解決すると思いますよ。
自分はBoss GT 1000coreに上記エフェクターとeVA電子のfirst,final stabilizerを使用しています。
音の飽和感について、Gainフルテンにすると非常に良い塩梅で演出がなされます。弾いててめちゃくちゃ気持ち良い。
元から付いてるチャイナTubeも別に悪いわけじゃないんですが、エレハモかmullardなどの少し高めのモノをオススメします。自分はエレハモだとロック寄りになってしまうのでmullardで小綺麗にまとめています。
ちなみに
極性反転ケーブルとKRP-001というモバイルパワーサプライをうまく使えば、コンセントレスでフルに動作します。
音質は明らかに向上するので一台持っておいて損はないと思います。

SHURE
SM58 おすすめ 定番ダイナミックマイク
在庫状況:在庫あり
価格:¥12,891(税込)
参考になった人数:7人(10人中)
(5.0) アマチュアライブでマイク買うなら絶対にコレ一択 2021/10/29
もちろんこのマイクより遥かにクオリティの高いマイクもたくさんあります(1台数十万クラスまでなら直に聴き比べたことあります)
でも現場はコレ一択です。
ライブでマイクを丁寧に使う人もいますが、現実問題使用前使用後に手入れする人は転換の問題もあり中々いません。使い潰す人ばかりです。そう言った時に必要最低限の機能を持っていて十分なクオリティで壊れてもいつでも替えがきくもの…
SM58しかないんですよね。
また、PA側からすればどんな下手くそなPA(というより音響整える気が元より無い給料泥棒)でもこのマイクは絶対必須で普段から通ってます。むしろ場末のライブハウスとかだとノイマンとかまず普段使いされることがないので持っていったらPA観を履き違えた人に当たると逆に迷惑かけた風に言われ、最悪壊されます。以前十数万するマイクを何のコンデンサーマイクと勘違いしたのかファンタムに繋がれて壊されたことがあります。(あまり使わない高いマイクは設定が難しい〜だのハコに合わない〜だの…その環境を経験や知識を持ってリハや本番で整えていくのが仕事なのにね)
そういった人的トラブルや物的トラブルを避ける1番の手段がこのマイクです。
コロナでマイマイクを推奨される現代日本で、一台はこいつを持っておいた方が良いです。
絶対に損にはなりません。

BOSS
GT-1000 CORE Guitar Effects Processor
在庫状況:在庫あり
価格:¥78,000(税込)
参考になった人数:16人(19人中)
(5.0) クオリティは2021年時点でマルチの一つの到達点 2021/08/31
以前いろいろと比較を書いていたのですが書き直しました。
【買ってよかった点】
①桁違いにというほどではないが明らかに他社の同クラス機種とクオリティが違う
②パラレル3つ組める&Control・Function Asignと組み合わせると拡張性が非常に高い
③オリジナルPreampのNaturalが凄すぎる。アンシミュ使用目的ならこれだけで買う価値あり
④歪みのクオリティが非常に高い。Natural OD、GuvDSが個人的にダントツでお気に入り
⑤5つの押し込み機能付きKnobにもエフェクトON・OFFを設定でき、実質5個のフットスイッチになる
⑥IRを2つまで組めるので、片や真空管シミュ、片やスピーカーIRまたはアコIRと組む事もできる
⑦チューニングがPolytune同様6弦同時に可能、精度もバッチリ
⑧Send/ReturnにEQ・Revブロック等を合わせてSubOut枠にまわせば最大4系統の楽器同時使用可能
【買って少し残念だった点】
①ブロックがカテゴリ別に対応エフェクトが固定されEQ24個などの極端な設定は不可
②フットスイッチが同時押し(=TUNER又はMANUAL枠変更)をオフにできず、きっちり踏まないとTUNER移動後に戻すとエフェクトがONになっていたりするので若干使いづらい
③良かった点⑤に関して、一部エフェクト・IRブロック等のIR種類切替やON/OFFをアサイン不可
④IRローダーのインポートが一つ一つ時間がかかる(1分から1分半程度)ややストレス溜まる
⑤MOD・REV・DELAYの種類がマルチにしてはかなり少ない(使えるもの多いが・・・)
⑥BIASなどの真空管に相当する項目がなくHXとは勝手が違う(その分EQの効きは非常に良い)
⑦一部エフェクトはつまみ操作で動く音が実機と異なり独特でやや難あり(特にフィルター系)
⑧スイッチにアサインできる項目がHXに比べ少なく、なぜこれが項目にないの?というのが多々あり
使用していて感じた点を挙げると上のようになりました。操作系に関してはどうしてもなんやかや書きましたが、他マルチやこだわりのコンパクトはすべて売ってこれにまとめました。それくらい良いものです。

NUX
MG-30
在庫状況:在庫あり
価格:¥39,800(税込)
参考になった人数:26人(27人中)
(5.0) 財布に優しいトップクラスの音質を持った機材 2021/08/06
【メリット】
・アルミ製で剛性&高級感◯
・画面&ツマミ操作性も良い
・後半のプロのPresetが素晴らしい音
・低域の効きが良い
・歪み系は某HXより秀逸(Middleがやや弱)
・空間系(Mod・Reverb・Delay)の3並列可
・右のFSに『Scene』割り当てで音切れせずまとめてエフェクト切替可
・サードIRはWavファイルならほぼ変換可能かつpcアプリで周波数特性とLow、HighCutが視覚化
・サードIRは各Presetに1個、計128個登録可&本体の元のIRもpcに繋がず読込可
・リズム用EQ付&ルーパーは入力を検知したら開始されるAutoRecも選択可
・エフェクトは物により作り込みが凄い
【デメリット】
・ペダルの角度が独特
・付属の増設FSが重い
・完全な説明書がない
・画面がかなり薄く裏にジャック部があり、注意が必要
・IRIDIUM(24bit/96kHz/500ms)に比べクリーンはF社/V社/M社いずれもやや負けている。中域のAmpの鳴りの密度、再現度がやや弱い(パライコで補正可)
・本体画面には各種ツマミの数値が出ず、細かい微調整は実機のように耳での感覚的な操作になる
・同Preset内でサードIRの個別選択ができない。HXのようにIRブロック単体で自由に選択できたら最高だった。
・標準搭載のAcoIRは拡張性がなく、サードのAcoIRの方がお勧め
・実機と比べ質が低いものも一部ある
・『Scene』は右のFSにしか割り当てられずやや不便
・ドラム&ルーパーとエフェクト操作の切り替え専用ボタンがない(右のFSを連続タップしなければループから戻れない)
ざっと書くとこんな感じでした。メリットは音質面、操作面、視覚面で主に驚かされました。デメリットは音質面はほとんどないですが、操作面はまだ改善点はあるのかな、という感じ。
正直お金の余裕とボードスペース、音への極まった拘りがあるなら単騎を集めてデッキを組んだほうが良いです。そうでないなら、現時点でこれほどのクオリティかつ値段が異常に安いこの商品を手元においたほうが良いです。
今後の機材進化も考えると、現時点で高音質な高い単騎もすぐ廃れますから、そういった意味でも所持していて心苦しくならない価格の良い商品だと思いますよ。

ZOOM
A1 FOUR アコースティックギター用マルチエフェクター
在庫状況:在庫あり
価格:¥11,920(税込)
参考になった人数:12人(12人中)
(5.0) アコギモデリングが非常に優秀 2021/07/28
買ったのは音屋さんではないですが…本当にすばらしい商品なので紹介したいと思います。
アコギはもちろん、エレキにゴーストアコギピエゾを搭載したギターなども普段使用している者です。
Yamaha THR5A、30ⅱ、Zoom AC-2、A3、Fishman Platinum、Aura Spectrum、Boss AD-3、5、Tc Bodyrez、LRBaggs Para Acoustic DI 、DI Print 、Acoustic IR etcetc…
アコギ用のモデリングやIRを試せるだけ試して、でもやはり納得がいかない…最後に路上用として買ってみるか、となんとはなしに手をつけてみた安値のA1 Four。
あっ、これだ
このA1Four、アコギのピックアップセレクト、各ギターモデリング、EQ、どれも非常に良い塩梅のところを付いてきます。AG専用のコーラスも、ハイエンドモデルの空間系に比べれば確かに荒い部分はありますが、いわゆるアコースティックギターの荒い音にちょうどかぶさる非常に良い具合の音です。ライブで全く問題なく使えます。私はピックアップセレクトをPiezoに、モデリングのGainはフラット、EQは全体あげてTrebleのみ僅かに下げた状態で作ると、スピーカーを通した時に本物のアコギをマイクで取った時とほぼ完全に同じ音が出ました。(比較しながら複数人で確認済み)
アコギ特有のボディレゾナンス感というのか、Bassのつまみをいじった時の低音域再現度が他の追随を許さないレベルです。
これが一万円ですよ、凄すぎます。某TCや他社のエフェクターを経験したからこそ言えます。これが安値にしてアコギモデリング最高のパートナーです。アコギ独特の中音域のかき鳴らした時の歪み感も再現されています。本当に素晴らしいです。1万円ですよ。みなさん、買いましょう。


STRYMON
SUNSET
在庫状況:在庫あり
価格:¥41,000(税込)
参考になった人数:16人(17人中)
(5.0) 浮気してごめん 2021/07/17
当初販売し始めの時に一度購入し、その時は「なんかクセなくて特徴もない歪みやな…特段ピーキーでもないし…なんか微妙やし売ったろ!」と手放し、Fulltone、SPI、vemuram、果てはEffects Bakeryなどに浮気した過去があります。その時々の自分をしばいてやりたいです。
結局コレに戻ってきました。
上であげればそれぞれ素晴らしい歪みなんです。ただ、IRIDIUMとの相性がこのSUNSETは良すぎるんです。
IRIDIUMは実機アンプでは到底なしえないようなハイゲインまで歪みを持ち上げる遊び心を搭載してるんですが、あくまで遊び心であっていわゆるエフェクターライクなグッと色の変わる歪みではないです。あくまで素のアンプを歪ませた感じである種とても真っ当な歪みなんです。それが個人的にすごくヤキモキして,他のvemuramを筆頭に色々な歪みを加えてみたのですが、相性もありなかなかしっくり来ず、、、そういえばstrymonの自家製歪みあったじゃん、と接続。
するとどうでしょう、IRIDIUMもSUNSETも水を得たように音が鮮やかになりました!
SUNSETは個人的にmidのハリが若干柔らかく、どっしりした歪みで食い込み感がいまひとつといった印象でした。逆にIRIDIUMは midの効きが強烈なものの、その効きを一番美味しいところまで求めすぎると歪ませたときに独特の地に足がついていない感じの浮遊感が出てしまう、というもどかしさがありました。(あくまで個人の感想ですが)
それがこの2台を使うとバッチリ解消されます。生音でスピーカーからの音を聞くのはもちろん、イヤホンで聴いた時にその歪み感の生々しさに衝撃を受けます。生音で直に聞いてるかのような生きて空気がうねっている歪みです。
さるプロの方がYouTubeで「これは他の歪みありきで使うと生きるエフェクター」と評していましたが、まさしくその通りだと思います。IRIDIUMをクリーンからクランチにしてそこに付け足す音色は素晴らしいの一言です。今度こそ手放しません。

SH
DC9223
在庫状況:在庫あり
価格:¥270(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) ZT AMP Lunchbox jr用に 2021/07/12
KRP-001でZTAmpのLunchbox jrを動かすために購入しました。
結果KRPから問題なく供給し、コンセント時と同様に問題なく使用できています。(若干ヘッドルームが狭まった感あり)
他の方のレビューにある通り、私もHXStompを使用していますがそちらでも問題なく使えました。かなり汎用性高いです。
Lunchboxjrの動作について:なぜかわかりませんが12V口を使わなくても9vでも昇圧されるのか問題なく動作します。音のハリが控えめになった感覚はありました。少なくともいずれも1時間程度動作させましたが問題なく機能&KRP-001のバッテリー残量も余裕があったので、Volフル、Gain3時くらいで(これ以上するとスピーカーが悲鳴を上げる)50W クラスの音量・能力はあるけれど実際の消費電力はそこまででもないのか?と思います。

One Control
Minimal Series 1LoopBOX
在庫状況:在庫あり
価格:¥4,950(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 必要最小限の機能を必要最小限のサイズで 2021/07/12
ピエゾ搭載エレキのFXループ上にアコギプリアンプを増設するために購入しました。役割を十分に果たしてくれ、エフェクターボードも圧迫しないサイズ感に満足しています。他の方が記載しているように確かにランプの影響か若干ノイズがのりますので、基本DCは差さずに使用しています。いい買い物でした。

CELESTION
F12-X200 ギターアンプ用スピーカー
在庫状況:在庫あり
価格:¥25,800(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 音質、音圧ともに極上 2021/06/19
CELESTIONとEMINENCEを主に使用しています。今回HX用のキャビを自作しようと探している最中に発見しました。
アンシミュ用のスピーカーとしては最高です。フルレンジカバーのスピーカーで既存のギターアンプメーカーのものはKEMPER、LINE6、Laneyなどがあげられますが、低音のノリと弦へのタッチ感、IRのエアー感の再現力が他と圧倒的に違います。
自分こんなに下手だったっけ?!と思うほど細かいとこまで表現されます笑 お陰でピッキングやストロークを見直すいい機会になりました爆
いい意味でも悪い意味でもギターアンプとは一線を画します。
慣れたら他のスピーカーには戻れません!キャビIRを再生した時、元のもの以上のサウンドが出てきます。最高です。

One Control
DC Porter Nano
在庫状況:在庫あり
価格:¥1,760(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 素晴らしいアイテム 2021/05/14
strymonのZUMA R300と比較しつつOD〜Fuzz、空間系や真空管搭載のものまで一通り試しました。
【ZUMA】:【DCPORTER NANO】
①ノイズ→ 極わずか : 極わずか(歪み系で少し後ろに乗る)
②安定性→問題なし : 問題なし(モバイル電源のAutoOFFに注意)
③音質 →抜群(歪み◎):適度(歪み◯)
①はクリーンだとほとんど分かりません。
②はモバイルバッテリーに左右されますが、我が家にあるモバイルバッテリー4台では全て問題なく演奏している間ずっと動き続けました。
惜しむらくはおそらく昇圧機構が詰め込まれているであろうUSBとケーブルが何故か分割である事。運びやすくするためか、元からあるUSBメモリの形を踏襲してかは分かりませんが、これは別にいらなかったかな…と思います。
とはいえすごく使い勝手が良く、ライブ会場での電源の影響、夏場や冬場だとアンプの電圧だけでなくエアコンの動作によってエフェクターなどの音も細くなりいつもと同じ音が出せないなどよくあるので…現在のライブハウスでも一部はこの対策を取られてないのでガンガン&容量カツカツの電源のところは音が痩せに痩せて激ショボになります。その対策としてみても素晴らしい商品だと思います。通常のPORTERの方はいっぱい繋げるけど2A縛りですが、こちらはモバイルバッテリー次第で拡張性無限なので便利です。追加で4つ買ってしまいました笑

TC ELECTRONIC
DITTO+
在庫状況:在庫あり
価格:¥26,800(税込)
参考になった人数:36人(61人中)
(5.0) 商品としては素晴らしい 2021/03/25
エクステンドループが使えますので、フレーズ用の無駄に長い前段のパーカスフレーズや同じ進行のバッキングなどを省略した上でループできるので使い勝手はいいと思います。
※音屋さん、削除されるの承知で書きます。新商品や高額商品など含めよく買わせていただいてますが、人が買った翌日(ひどいときは購入後の更新で)売れると思ってか同商品の10%〜20%Offの特売セール打ち出すの、ホントやめてもらえませんかね?同じような状況に4回以上遭遇してるんですがこんな偶然あります?新規の購買意欲高めるためにやってるのかもしれませんが、既に買った者の誠意や意欲をゴッソリ削ぐような、また商品の価値を貶めるような真似はやめてください。

STRYMON
IRIDIUM
在庫状況:在庫あり
価格:¥53,000(税込)
参考になった人数:51人(62人中)
(5.0) 最高の小型オールマイティアンプ 2021/08/24
【書き換え:HX / IRIDIUM / GT-1000 Coreについて】
アンサンブルの中で使う前提だと好みが合えばどれでも良いと思います。
明確に差がある点で書くと、
①弦を弾いた時の立ち上がりの開始点と響き感
②サステインに含まれる音の響きの量
③歪ませた時のドライブ感
HXは①がコンプかけた?という不自然な立ち上がり。IRIDIUM、GTはここが実機アンプとほぼ一緒かつどのEQのツマミ位置もスピーカーコーンの弾いた時の膨れ上がり感と言えばいいのか、めちゃくちゃいいところ点いてます。GTはさらにいうとEQの効き幅が広く(Bossは割と昔からそうですね)、その弊害で音作り苦手な人は厳しいかもしれません。
②はHXは情報量が少なくクリーンでは顕著に音の荒々しさが出ます(そういう意味ではある種アンプっぽい?)、なので相対的にそれがわかり辛いハイゲイン系の評価が高いのだと思います。IRIDIUM、GTは①にあげた分野でそれぞれ非常に良い音で後発ゆえの音質の良さ感があります。
③に関して実機と同じではないものの、有名3社のアンプに関してその系統で歪みが作られているな、という感じです。IRIDIUMはアンプらしい歪みの質自体はアンプらしいものの、歪み方がアンプらしくないという独特の歪み感がありますが、特性として捉えるとばっちり使える音です。GTはさすが歪みに並々ならぬ拘りを持つBOSS、かなり実機、というか「アンプ」に近い歪みの質、歪み方をしてます。ただアンサンブルで極端に主張しない初期設定がほとんどなので、音作りは追い込んだ方が良いと思います。
【24bit/48・96kHzと32bit/96kHzの違いはライブに活かせるか】
正直モデリングに対するアプローチの違い程度で、宅録や屋外ならまだしも、音響的な配慮のされてない(構造的にできない)ライブハウスで使うのがメインなら完全な好みになります。
IRIDIUMはそこでいうとより綺麗なクリーン、昔ながらの温かみのあるシルキートーンが欲しい方に向いてます。
※注意※
音が後ろに聞こえる感じがする人はアンプ直の音を意識しすぎです。PA卓に繋がっている観客用大型スピーカーから出る音を前提にシミュレートしているので、それで正解です。気にせずアンサンブルにのせてみましょう。

Aspen Pittman Designs
Spacestation V.3 3Dステレオ・パワードスピーカー
在庫状況:在庫あり
価格:¥158,000(税込)
参考になった人数:9人(11人中)
(5.0) ギタリストにこそ使ってほしい 2021/07/18
【2021/7/18】書き換え
ピエゾ搭載エレキギター

IRIDIUM

spacestation v.3
・ギター&アンプの音が指向性なくどこにいてもほぼスピーカーの前にいるような音で聞こえる
・空間系が文字通り化ける。本当に化ける。リバーブやディレイに対する認識が変わる。
・アンシミュ&アコギIRがフルレンジスピーカーで100%活きる。アンプはちゃんと箱なりもしっかりする。ステレオで空間を埋めるように音が出力されるのでそこらの下手に雑なエレアコ+アコースティックアンプより遥かにいい音がする。世界が変わります。
【追記】
現在はアンシミュ部分をHX stompではなくIRIDIUMに変えて使用していますが、音量を上げて演奏した時に明確に差が出ます。具体的には
①弦を弾いた時の立ち上がりの開始点と響き感
②サステインに含まれる音の響きの量
③歪ませた時のドライブ感
HXは①の立ち上がりがどんな弾き方をしてもコンプかけたの?というくらい不自然な音量から入ってきます。レイテンシーも極僅かにですがよく聞けばハッキリ遅れて出ているのがわかります。IRIDIUMはここが実機アンプとほぼ一緒です。何が違うかというとタッチ時のスピーカーがクリップするギリギリのレベルの入力をくらった時のスピーカーコーンの膨らみ感などが違います。つまりハッキリ言ってPA通したらわかりません。
②は比べればほぼ誰でもわかります。HXは情報量が少なくクリーンの時顕著に音の荒々しさが出ます。
③は②と繋がりますが情報量が足りないので歪ませた時に必然的に音痩せしたようなスカスカなドライブ感になります。クランチ〜ドライブが先の理由でフニャフニャドライブになります。IRIDIUMはその厚みが流石に実機クラスではないですが迫るほどの圧があります。
以上の3点を書きましたが、コレは一般的なスピーカーだと正直パッと聞いてもわかりません。このSSV3に繋いだ時はすぐ気づけました。それぐらいこのスピーカーの解像度が高いということです。本当に素晴らしいスピーカーです。ただこのスピーカーを使うと他のスピーカーに戻れないので要注意。

Ex-pro
SOUND WOOD SERIES 5.0m L/S
在庫状況:在庫あり
価格:¥9,480(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(5.0) Aco楽器系の音色の一番いい所を拾ってくれる 2021/08/20
いろんなアコースティック用ケーブルを使用してきました(Belden、Providence、Monster、FreeTheTone、History、Takamine、Boss、Kaminari etc...)
個人的にはこれが一番いい意味でアコースティックの音色をそのまま持ち上げてくれます。他のメーカーのものは特徴をつけるためかは分かりませんが、フラットを謳いながらもどこかしら音域をブーストして、生音よりブライトに、あるいは中域が極端に削られドンシャリでアコースティックっぽくしただけの音がほとんどでした。有名なkaminariも、ナチュラルに程近いですがブライト感のプッシュがやや不自然に感じ、Freethetoneも全体的にすごく良い音ながら、一部の中域が生音に比べ曖昧な状態に感じ、悩んでいたところたまたまこちらの商品を見つけました。
このケーブルの感想としては、全体をバランス良く出すのはそのままに、低域のアコギで重要な帯域をしっかり押し出してくれる感じです。アコギそのままの音はどのケーブルでも難しいですが、このケーブルの場合はそれに極力近づけようとしている音色に感じます。他の方が書いているノイズは私の所有する複数のギターでチェックしましたがケーブル由来のノイズは一切ありませんでした。(念のため周波数計でチェックもしましたがそれらしいノイズ隆起無し)
ギター本体か部屋環境の問題ではないかと思われます。

CELESTION
G10 Gold 16Ω ギターアンプ用スピーカー
在庫状況:在庫あり
価格:¥32,800(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) 良い 2021/02/21
アルニコの独特のコンプ感の感じられる良いスピーカーです。VoxのV110ntの裏板を少し加工して取り付けました。非常に素晴らしい音が鳴ります。10インチのCELESTIONの中では一番好きです。

CELESTION
G12M Greenback 16Ω ギターアンプ用スピーカー
在庫状況:在庫あり
価格:¥20,800(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 良い音 2021/02/21
ステレオ使用するために購入しました。良い買い物でした。いい感じに中音域がフィルタリングされたような、Green back独特の音色がたまりません。ステレオで繋いだときに特にその音色がプッシュされ、ゆったりとドブくさいフレーズやクランチで暴れそうな音色のぎりぎりのラインで遊ぶのがたまりません。

CELESTION
Celestion Cream 16Ω ギターアンプ用スピーカー
在庫状況:在庫あり
価格:¥42,800(税込)
参考になった人数:10人(11人中)
(5.0) 文句なしの素晴らしいサウンド 2021/02/13
Seventy-80、Vintage30、Blue、Greenback、Neo Creamback、Gold、他各メーカーのカスタム系と一通りCELESTIONのスピーカーを経験してきました。
その中で個人的に頭ひとつ抜けた、独特でありながら、どこか親近感のわく不思議なサウンド、とでもいえば良いでしょうか。各スピーカーの美味しいところを的確に抽出したような、クランチレベルまでの音色ではダントツに美味しい、「生の音」。最高です。
ネオジウム系は音色がどうしても人工的な煌びやかさを感じすぎて好きになれず(あくまで私個人の感想です)、セラミックのGreen backやVintageの乾いた音と、はたまたアルニコのBlueやGoldの鮮やかな響きが好きで、でもどこかそれぞれ物足りない…
Greenは音に幅が欲しい
Vintageはリッチ感が欲しい
Blueは泥臭さが足りない
Goldは器用貧乏で物足りない
このスピーカーは、そういう悩みの方にオススメです。絶対に真空管系のアンプと組み合わせて使ってみてください。自分の場合、スピーカーの音に対する固定観念が吹き飛びました。
音のリッチさ、重厚感、抜け、どれをとっても本当に素晴らしいです。それでいてピッキングへの追従性がものすごくシビアで、技術力を鍛えられます。Green backは某有名ギタリストの音色になるし、Vintageは誰が弾いても割と良い音で鳴ります。BlueやGoldはクリーン系は及第点ながら、エフェクトかけたり歪ませてナンボというふうに比重が強かったように思います。このCreamは、「弾いている人の音」になります。最初に書いた文と矛盾してない?と思うかもしれませんが、そうではなく、自分がこの音を作りたい、と思い作った音がそのまま乗ってくるのです。ギターそのままの音を基本に柔軟に対応する、Creamとは言い得て妙だなと思いました。
それゆえに、どうしようも無い「聴くに耐えない」音にもなります。下手なピッキングやニュアンスが全て曝け出されてしまうスピーカーですが、だからこそ真空管のシビアなニュアンスのサウンドと掛け合わせるとこれ以上ない最高の音に激変します。
※歪み大好きなメタラーさんや爆音で演奏するパンチ力重視の演奏には向きませんのでお気をつけください。

YAMAHA
THR30II Wireless ギター/ベース用アンプ コンボタイプ
在庫状況:在庫あり
価格:¥55,400(税込)
参考になった人数:20人(22人中)
(5.0) ピエゾ付エレキ使用者の救世主 2021/01/09
内臓のスピーカーはメーカーに問い合わせたところ、無印はエレキ寄りながら汎用できるスピーカーに、THR 30ⅱAはエレアコの音とマイクを綺麗に両立させることに特化したスピーカーにチューニングしてあるとのことでした。
THR5Aから乗り換えた自分からしたら、完璧な正統進化です。
アコギの音はコンデンサー、真空管、ダイナミックそれぞれでバランスを取ってやれば、ピエゾ臭さがまるでなく、エレアコを本当に鳴らしているような音にできます。エレアコは生ギターの音も耳で聴くときに混ざるので、生ライブでカフェなどで聴くときはその違いがわかる人にはわかりますが、ライブハウスや野外、ホールなどでやるような大音量でPA卓経由でスピーカーから出る音だけ聴くと本当にわからないレベルです。
自分はピエゾ付きのRelishを使っていますが、コンデンサー、真空管、ダイナミックマイクで調整してみると、
それぞれでblend(Gainツマミ)、Bass、Middle、Trebleの一番美味しい場所が全て違ったので、一つ一つのモデリングにYAMAHAが本気で取り組んでいることが伺えました。blendはかけすぎるとアコギの板鳴りが強調されすぎて不自然にギターの板が響きすぎるミドルクラスのアコギのような音になるので注意。(それでも価格からしたら全然良いです)きちんと調整すれば、アコースティック感を追求した生々しい木の音に、ピエゾの締まりのある音が加わった素晴らしい音になります。
エレキ方面では、各プリアンプの音質がめちゃくちゃ良いうえにキャビシミュの低域カバーレンジが恐ろしいほど広く最高なのですが、6L6モデリングのクリーンチャンネルは、Gainが低いレベルのところだとモデリング感がやや強く注意が必要です。12時以降にして初めて良い塩梅の音色に明確に変わっていきます。
※THRシリーズで内蔵スピーカーで音づくりを満足にできない方に…釈迦に説法かもですが自分なりの解決法を書いておきます。
内蔵スピーカーは使い勝手が良く、ついついそれで音作りしがちですが、これは口径が小さいので低音が潰れやすく、THRの本領の全てにはあたりません。Lineoutで大口径のスピーカ〜に繋いで、一度卓を通してしっかり爆音で音作りをしてから小音量に落とし込む音作りをおすすめします。本当に素晴らしい音になります。

TOMOCA
12-2P
在庫状況:在庫あり
価格:¥1,380(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(3.0) 不良品? 2021/01/09
届いて取り付けようと思ったらやけに中がカタカタする…と思い端子部を見るとネジで締めてあるにもかかわらずユラユラと動く状態、ネジを締め直しても全く意味なし。不良品かな?と思いつつ、一応XLRメスに挿してみると音質は問題なし。端子も挿さればがっちり動かないので大丈夫そう。こういう商品なのか、いまいちわかりませんが、接続時は端子が動くので無理やり押し込もうとしてピンを破損しないよう注意が必要です。

ZOOM
G1 FOUR ギター用マルチエフェクター
在庫状況:約10日
価格:¥9,380(税込)
参考になった人数:7人(8人中)
(5.0) 安い、小さい、音も良い。サブ機にぴったり 2020/03/22
マルチの中では価格をみれば異次元レベルのクオリティかと。マルチを主力として使う方はきっと5-20万クラスので用意するでしょうし、マルチに少し興味がある人はなるべく安めの価格で遊べるものを、と思うでしょうし。これはそれでいうと後者のニーズにドンピシャの製品だと思います。
音が若干痩せるのは仕方ないとしても、歪み系のクオリティ、かなり良いです。バンドサウンドに埋めて扱うなら聴く側はそこまで気にならないかと(少し音が後ろにいるかな?という感じ。ギタリストはだいたいそのくらいの位置でちょうどよく聞こえるものですし)
空間系もかなりデジタル臭くはあるものの、それを踏まえての音作りには十分耐えうるものだと思います。こんなの飛び道具でしか使わんでしょ、というマニアックなエフェクターまで搭載されてます。
リズム・ループマシンはもう少しバリエーション、録音時間が有ればソロプレイに導入できるレベル(長さとしては。音の劣化は明確にあります)でした。何度かカフェライブでソロプレイで使いましたが、好評でした。
Vol、EQの効きが少し独特なので、慣れが必要かも?何にせよサブ機として十分役割を果たしてくれます

BOSE
S1 Pro system バッテリー内蔵ポータブルPAシステム
在庫状況:取扱中止
価格:¥69,800(税込)
参考になった人数:9人(12人中)
(5.0) 使い勝手が良い 2020/03/22
良い点は他の方がほとんど書いていますし、一部かゆいところを書いていこうかと。YouTubeには飛び道具としてアンシミュのKemperを挟んだ動画などありますが、エレキプレイヤーの方であの音を想像して購入はされないほうが良いかと。動画コメントにもありますが、あの音は完全にKemperが作った音です。BOSEの音はアレとは違い、やや冷たい感じの独特のライン出力をしたような音が出ます。(通常のエレキをライン出力した音とはまた違う)
元がエレアコ用なので当然ですが、音の出方がアンプとは別物です。ヘッドルームがエレキアンプに比べて(比べるものではないですが強いて比べると)広くないので、EQをうまく調整しないとPeek、破損一直線です。ジャズや適度なボリュームの楽曲にはアンシミュかエフェクターか経由すれば十二分の性能を発揮します。歪みのかかり方がライン出力に似ていて、ギターとエフェクターの生の鳴りがそのまま出力される感覚に近いので、それが許容できる方ならオススメです。(あるいは通常のアンプとは音の出方が違う、とみれば、ある種唯一無二のポータブルギターアンプ、といえるかも?
そうは言っても、何度か屋内・野外ライブ等でこちらをマイクを当てて使用しましたが、評判はすこぶるよかったです。通常持っていくアンプの二分の一以下の重量を考えれば、一台持っておいて絶対に損はありません。ToneEQのボーカルと楽器とのバランス取りは素晴らしいです。

BOSE
S1 Pro Backpack S1Pro用バックパック
在庫状況:お取寄せ
価格:¥16,700(税込)
参考になった人数:8人(9人中)
(5.0) 当たり前だがジャストフィット 2020/03/22
S1Proの重量を支えるだけの設計になっているだけでなく、体に負担が少なくなるよう細かいところまで気が配られている。開口部も折れ部分がクッションと干渉してへたらないように作られているため、長く使えると思う。

VOX
amPlug2-Cabinet 専用キャビネット
在庫状況:在庫あり
価格:¥3,900(税込)
参考になった人数:1人(2人中)
(5.0) 値段に比して良い 2020/03/22
見た目もオシャレ(サランネット部はファッションネットなので仕方ないが若干固定が甘めで指で触ると動く)
スピーカー自体は出力相応で、十分機能を果たしています。家のインテリアとしても良いのでオススメです

FENDER
Fender FA610 Dreadnought Gig Bag, Black
在庫状況:在庫あり
価格:¥4,380(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(4.0) 価格に対して十分な耐久性。中スポンジがよれているため-1 2020/03/22
エレキ用のギグバッグも同じクラスのものを使っていますが、こちらも十分な耐久性を発揮してくれます。ただアコギ用なのでサイド側の中のスポンジが動いてしまうため、若干気になる。折り畳まれてくるのでそのよれが残り、折れやすくなってます。そこが残念なところ。ただ価格に対して他の同価格帯の商品に比べてしっかりと保護してくれるのでおすすめです。

ZOOM
SCR-16 R16/R24専用ソフトケース
在庫状況:取扱中止
価格:¥2,618(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) さりげなくエフェクターボードケースとして優秀 2020/02/23
zoomのR16用に購入しましたが、あまり使う機会がないために、何か他の使い方ができないかと考えていたところタイトルの使用法を思い立ちやってみると、、、そこらのソフトケースよりはるかに頑丈な上に取り出しやすく、ポーチも充分ありおまけに安いという最良品のエフェクターボードケースに化けました。エフェクターケースを探してこのページに辿りつく方はまずいないと思いますが、ぜひ検討してみてください。買ってよかったです。

PROTECTIONRACKET
LPTRREFACE(5278-10) Yamaha reface用ケース
在庫状況:在庫あり
価格:¥6,580(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) しっかりした作り 2020/02/23
専用ケースなので当たり前ですがシックリ来ます。強いて言うならDJのヒゲサングラスが楽器のイメージとかけ離れすぎていてどうしたらいいのか分からなくなるくらいです。ただ欲を言えば強度は充分なのですが、グリップ部分の扱いやすさをどうにかして欲しかったのと、サブポーチを増やして欲しかった。

ELIXIR
Plain Steel Single String 010 バラ弦 #13010
在庫状況:在庫あり
価格:¥240(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) 稀に不良品あり、しかしながら流石のクオリティ 2020/02/23
エリクサーの単体ばら売りは非常に重宝してます。品質も今のところ9割8分が問題ないので、メーカーによってムラの出やすい細い弦としては充分なクオリティと言えると思います。リピートさせていただきます。

PLAYTECH(旧ZENN)
DPC120 パーカッションテーブル
在庫状況:取扱中止
価格:¥900(税込)
参考になった人数:2人(3人中)
(5.0) 角が刺々しいが値段以上の価値 2020/02/23
マイクスタンドを使用する方で小物使う方には必須の台ですが、これを持っていけば手元足元をごちゃごちゃさせずに済みます。思ったより重いのでしっかりしてる分少しスタンドに負荷がかかり斜めになりますが、それを気にしないのであれば十分役に立ちます。

MONTREUX
Battery Plug 18V - Cliff -[3104]
在庫状況:在庫あり
価格:¥1,650(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 電源供給の難しい状況のお守りに 2020/02/23
18v駆動のエフェクターを使用する際、必ずしも電源供給ができる環境にない時があります。例えばステージのコンセント不足、例えば急なパワーサプライの故障。そういった時18vで駆動する商品で演奏で欠かせないものといえば、自分の場合はイコライザーか歪みです。9v電池は割と筐体に組み込めるしどこにでも売ってるので代用できるけど、18vはまずありません。でも18vじゃないと自分の欲しい音が出せなくてパフォーマンスにテンションがついてこない。なんて事ありませんでしたか?そういう時にこれが出番になります。18v専用で9v(1個電池をつけただけ)では動作しませんが。18v電池駆動に関していえば心配は一切不要です。買ってよかったです。


STRYMON
Zuma R300
在庫状況:取扱中止
価格:¥27,450(税込)
参考になった人数:10人(10人中)
(5.0) ついに届いた 2020/02/23
ZUMAが日本販売不可と聞いた時は絶望しましたが、形を変えて輸入してきて(機能最適化に合わせ値段も上がりましたが)待っていた甲斐がありました。期待に充分応えるクオリティで素晴らしいです。筐体も廉価で似ているFireglowを思わせるあざやかな青色ですが、ローノイズに加え安定した電圧供給、電流キャパの大きさから購入して組み込んでから眺めるのも楽しい、ストレスフリーなボードになりました。電源供給ではかなり高い商品ですが、それに見合う価値のある本当に良い品です。買ってよかった。

JIM DUNLOP
JAZZ II
在庫状況:取扱中止
価格:¥80(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) ヘビーユーザーです 2020/02/23
非常に使い勝手が良い上に耐久性もある方です。あまり強い音を扱いたくない方や、スクラッチを多用しない方は試しにティアドロップやおにぎり型でなくこちらを使ってみて欲しい。甘いニュアンスを表現したい時など痒いところに手が届き、病みつきになります。

MOOER
Footswitch Hat Mixed FT-MX
在庫状況:在庫あり
価格:¥780(税込)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) カラフルで使いやすい 2020/02/23
今までなぜこれを使用しなかったのかと思うぐらい衝撃でした。エフェクターを不必要に汚したくないので靴下でやることが多いのですが、よく踏み損ねたりすることがあり身長になっていましたが、このアタッチメントをつけるだけで視認性も良くなり踏み外しは今のところゼロ。最高です。買ってよかった。

TC ELECTRONIC
Ditto Looper ルーパー
在庫状況:在庫あり
価格:¥15,800(税込)
参考になった人数:0人(2人中)
(5.0) 必要最低限で十分なパフォーマンス 2020/02/23
音質劣化もなく切り替わり時にスムーズにループへと移行するので、気を使わなくて済みます。また録音時間も長い上にUSB端子もあるのはありがたいです。TCのエフェクターは多数利用してますが、これは持ち運びにも便利だし重宝してます。買ってよかった。

STRYMON
OR30-X
在庫状況:取扱中止
価格:¥24,300(税込)
参考になった人数:7人(7人中)
(5.0) 電圧、電流、ノイズ安定度が違う 2020/02/23
さすがstrymon。綺麗な筐体に必要十分の機能が盛り込まれています。パワーサプライの二流品によくある不必要な電源由来のノイズ。これが「ほぼ」ありません。(さすがに電池駆動の時と比べるとボードの組み方にもよると思いますが、微かにノイズが乗りました。
ですが本当に許容範囲内のノイズですし、何より圧倒的な電流容量が素晴らしい。strymonのエフェクターを複数所有していますが、消費電流が高いものばかりで2つパワーサプライを用意するなどしていたのですが、これでまとまりました。また9-12-18vの電圧変更ですが、切り替え時にポップノイズなど一切ありません、これには感動。正しい使い方かはわかりませんが、演奏中に咄嗟のフィーリングで9ー18v対応のエフェクターをいじる際に今日は強めに、緩めに、と機嫌を変える時に重宝します。買ってよかった。

PLAYTECH
String Winder
在庫状況:在庫あり
価格:¥180(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) 使い勝手が良い 2020/02/23
急いでいる時にあるのと無いのとでは大違い。でもそこまでお金をかけて手に入れたく無い…と悩んでいた時に発見。買ってよかったです。弦の張り替えができる人でも一個は絶対に持っておいた方が良いです。

FENDER
STRAP BLOCKS 4 PK ストラップロック
在庫状況:在庫あり
価格:¥500(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 素晴らしい 2020/02/23
これをしただけでストラップピンから外れなくなりました。しかもゴム製だから本体を傷つける心配が一切ない。最高です。本当に買ってよかった。赤の発色もよく白いギターなどに合わせると地味に映えます。

CLASSIC PRO
AXP211L
在庫状況:在庫あり
価格:¥750(税込)
参考になった人数:0人(1人中)
(5.0) 斜め上の使い方で使用中 2020/02/23
bossのWL-20Lを購入し、送信側のWL-Tを落としてしまい、ジャック部分のON OFF感知スイッチが破損。充電してなければ常に放電する状態になり、予備機としてしか使いようがなくなり別途新しいワイヤレスを購入した後(WL-50)に発見。トランスミッター側をマイクに転用・再利用できないかと模索した中でたどり着きました。結果大正解でした。
干渉もなく、マイクの性能をフラットに出しワイヤレス。XVIVEのマイク端子を買おうか悩みましたが、これで充分使えるのである意味得しました。意外にジャック側のロック機能が重宝します。
※ON OFF機能が正常なWLーTですと、ロック側の遊び部分によって機能しないため、買わないようにしてください。あくまで斜め上の使い方の上でのレビューです。

VOX
amPlug2 AP2-CL ヘッドホンギターアンプ
在庫状況:在庫あり
価格:¥3,900(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(5.0) 非常に使い勝手が良い 2020/02/23
Ariaのシンソニードに挿して使用しています。シンソニード単体でもHigh,Low弄れるのである程度音作りできますが、これを通してワイヤレスでアンプに飛ばしてカフェライブをしたところ観客勢からも大絶賛でしたクリーンを出せるのとある程度の歪みにも対応でき、空間系も一種ずつですがかけれるのが強いですね。ストリートでも十分に遊べるレベルだと思います。この価格でこれは凄いです。

ISP TECHNOLOGIES
DECI-MATE MICRO DECIMATOR PEDAL
在庫状況:在庫あり
価格:¥20,700(税込)
参考になった人数:13人(29人中)
(1.0) 作りが酷い 2020/02/19
ノイズ対策としてはISPらしさのある商品だと思います。機能面以外は最低の1をつけたくなります。
この商品、1度目に届いた時は
「ランプがつかない&塗装不足」
ノイズに対して機能はするもののランプがつかない。これノイズ対策系のエフェクターとして致命的でしょう。即交換を依頼しました
そして今度こそはと交換品。
細かい気泡まみれで表面ぶつぶつ、つまみもノブのカバーが余計に長くそのまま回すと筐体に傷が入りました。さらに今度はつまみを回すとガリが出る。後でわかりましたがこのガリノイズ、上に書いた長いカバーが主原因でした。カバーが筐体と擦れると、金属同士のようでバリバリとノイズ。カバーを浮かして回すとガリが出ず。
1万円以上して二千円のTom’slineなどのエフェクターにも及ばないお粗末な作りに脱帽です。メーカーはノイズ対策一旦けりつけたんなら小型エフェクターの作りかた勉強し直してこい!売り物じゃないぞこんなもん!
これ以上不愉快な思いしたくないし手間がかかるだけなのでもう交換手続きも返品もしません。怒りしかないです。
追記:サウンドハウスから回答をいただき、今回は交換不可ということながら色々と手を施していただき、とりあえず使っていましたが、他のハイゲインのエフェクターと使って初めて気づきましたが、このエフェクター、クリーンの状態でも気を付けて聞くと「ジー」というノイズが。
歪みをかけたら必然そういうノイズは乗ってきますが、これ単品でチェックしてみたところこの筐体そのものがスイッチを入れてなくても新しいノイズを載せてくる原因の一つでした。ノイズを低減する商品なのにノイズを乗せる。もう意味がわかりません。本当に買って後悔しました。お金をドブに捨てたものとして諦めます。商品自体ムラがあるのでしょうが、酷すぎる。ギターのクリーン音まで干渉してくるノイズはチープなエフェクターの証。ISPは恥を知れ。

ROLAND
AC-33-RW
在庫状況:取扱中止
価格:¥40,000(税込)
参考になった人数:36人(44人中)
(5.0) 使う場所を定めれば間違いない 2017/08/11
まず路上ライブ等で使用予定の人は気を付けてください。

Rolandの商品説明では少しばかり、音のキャパの部分で私から見て説明不足だな、という部分があります。貶しているのではありません。使い方に関して、本当に書いてある通りの使い方にしか特化していない、という意味で説明不足だと思ったのです。

【非常に良い音が出ますが、いかんせん出力に関しては電池駆動の中でも体感音圧は小さい方に入ります。】

というのが、バラード系には向いていますが一つ一つの音にそこまでこだわらないストロークタイプには、もっと他に合うアンプがあります。そちらを買いましょう。

このアンプは1音1音大切に弾くタイプの神経質な方に間違いなくお勧めの逸品です。楽器自体の鳴りをこの体躯で忠実に再現してくれます。

ですが、アンサンブルの際には要注意。
本当に楽器1つとボーカル、これだけの編成の表現を最大値で観客に届けるのに特化したような音で、
パーカスでカホン等が入ろうものならかなり音のおいしい部分が喰われます。それぐらい出力バランスが繊細。シェイカーならまだいいけど。

ライン出力する際にはこのアンプの良さはミキサー卓にはまったく通らないので注意してください。アンプからマイクで音を拾うのもPAさんにお願いして試しましたが、このアンプの良さはアンプ自体の鳴りの心地よさが聞こえて初めて価値があるな、と感じました。

ゆえに、小さいカフェなど(8~10畳程度)でのライブでの使用を想定して購入してください。それ以上の場所で使用する場合、おそらく音の感じ方や先述の通常アンプとの音圧の種類の違いに戸惑い、「こんなものなの?」となって手放す羽目になります。もったいないです。

Line 6
Relay G10
在庫状況:在庫あり
価格:¥24,800(税込)
参考になった人数:5人(8人中)
(5.0) ケーブルの歯がゆさから解放される素晴らしい品 2017/08/11
ただ挿すだけ。
本当にこれでいいの?という感じですが、それだけです。レイテンシーなど5m以内なら全く感じません。

ケーブル直挿しの時と比べると、他の方がおっしゃられているようにわずかに低域・中域が削れます。ですが正直アンプのEQでいくらでも調整できるレベルで、ギター本体の鳴りという部分に関していえば十分すぎるほどに拾ってくれます。

ホント買いの商品です。ヘタなケーブル買うならこれ一択ですよ。

TAMA
IP58H6HC-VTR インペリアルスター
在庫状況:取扱中止
価格:¥76,780(税込)
参考になった人数:7人(9人中)
(5.0) くさってもTAMA 2017/08/11
レギュラータイプのドラムセットの音圧にはさすがに勝てませんが、

・持ち運びの利便性
・最低限どころか必要十分なキャパを持ったハードウェアの鳴り

この2点に関して素晴らしいです。

スタジオ練習で使えれば十分かな、と思っていましたが、ライブハウスでもマイクを当てると化けます。

割とタイトな音が鳴るので、好みが分かれるかもしれません。


けろぞう さんのプロフィール

レビュー投稿数:68件

住所:山口県

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram