ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

Line 6 ( ライン6 ) / HX EFFECTS マルチエフェクター

Line 6 ( ライン6 )  / HX EFFECTS マルチエフェクター

  • Line 6 ( ライン6 )  / HX EFFECTS マルチエフェクター画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX EFFECTS マルチエフェクター画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX EFFECTS マルチエフェクター画像3
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX EFFECTS マルチエフェクター画像4
  • Line 6 ( ライン6 )  / HX EFFECTS マルチエフェクター画像5
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
Helixと同じエンジンを搭載した最新マルチエフェクター
■製品の概要
Helixのエフェクトをペダルボードに
HX Effects は、高い評価を獲得しているHelix ハードウェア及びソフトウェア・プロセッサーに搭載されている100 種類以上のエフェクトと、ペダルボードに簡単にフィットするコンパクトなフォーマットを採用しており、最大9 種類のエフェクトを同時に使用することが可能です。さらに、長年にわたり高い人気を誇るLine 6 のM シリーズ及びストンプボックス・モデラーに含まれる定番のエフェクトも搭載。カラーLED リング、6 つのLCD スクリブル・ストリップを備えた8 基のキャパシティブタッチ・フットスイッチによりエフェクトの直感的な編集が可能。フットスイッチにタッチするだけで瞬時に特定のエフェクトを選択し、パラメーターにアクセスできます。さらにHX Effects はアナログ・バイパスまたはDSP バイパス(トレイル機能対応)の選択が可能、また業界トップクラスを誇る123dB の ダイナミック・レンジにより驚異的な音の深みと低ノイズを実現します。スタジオ、ステージどちらにも柔軟に適応する豊富なルーティングやコントロール機能を備え、ペダルボードやアンプにも簡単に統合できます。

■主な特長
1. HX オーディオ・エンジン
Helix と同じオーディオ・エンジンが搭載されたHX Effects は、そのパワフルなDSP によって最大9 種類のエフェクトが同時使用可能。123dB のダイナミック・レンジにより、驚異的な音の深み、リアルなレスポンスと超低ノイズを実現します。

2.HX エフェクト
HX Effects には、ディストーション、ディレイ、リバーブ、モジュレーション、ピッチ/シンセ/フィルター、コンプレッサー/リミッター、EQ、ワウ、6 スイッチ・ルーパーを含む、Helix ギター・プロセッサーと同じエフェクトが100 種類以上搭載。またさらにM13/M9/M5/DL4/MM4/FM4/DM4で高い人気を誇るエフェクト・ライブラリーも搭載されている他、カスタムのインパルス・レスポンス(IR)をロードすることもできます。

3.キャパシティブタッチ・フットスイッチ
HX Effects には、カラーLED リング、6 つのLCD スクリブル・ストリップの備わった8 基のキャパシティブタッチ・フットスイッチが用意されており、素早く直感的にエフェクトを選択/編集できます。フットスイッチにタッチするだけで瞬時に目的のエフェクトを選択し、パラメーターを編集することが可能です。

4.パワフルなルーティングとI/O
HX Effects は、パラレル・ステレオ・シグナル・パス、自由にアサイン可能な2 系統のエフェクト・ループ(ステレオ接続可能)、2 系統のエクスプレッション・ペダル入力、外部アンプのスイッチングを含むパワフルなルーティング及びコントロール機能を備えており、お手持ちのペダルボードやスタジオのシステムに簡単に組み込むことができます。
インプットは入力レベルの切り替えが可能。キーボードやDJ 機器、その他音楽制作に必要な電子楽器を接続したり、HX Effects をスタジオのアウトボード・プロセッサーとして使用することもできます。

5.システム全体のコマンド・センター
Helix マルチエフェクト・プロセッサーと同様に、HX Effects はお手持ちのシステムのコマンド・センターとして機能します。MIDI(DIN またはUSB)経由で他のペダルやDAW ソフトと接続でき、スイッチング機能を備えたHX Effects から外部のアンプをコントロールすることも可能です。

■主な仕様
・100 種類以上のHX エフェクト - 最大9 種類のエフェクトを同時使用可能
・M13/M9/M5/DL4/MM4/FM4/DM4で高い人気を誇るエフェクト・ライブラリー搭載
・LED リングとスクリブル・ストリップを備えたキャパシティブタッチ・フットスイッチ
・アンプやペダルを含む全システムのコマンド・センターとして機能
・外形寸法:200mm (D) x 274mm (W) x 76mm (H)
・重量:約2.3kg

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews4
5
4件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/01/02

11111本質をついた商品

投稿者名Reviewed byDeathballade 【東京都】

近年、アンシュミ マルチ等が目まぐるしい飛躍を見せてます。ずっと常設アンプに多くのコンパクトを並べてたが、流石に無視できない状況とあって。本商品 購入。
理由:
・元々スイッチャーが欲しく機材を模索
・歪み/Verocity に拘り有り(Helixアンシュミやblackspirit200の歪みに全く劣らない為)
同タイミングで手元の大半のコンパクトを売却、多くスイッチャーは足し算発想。HX-effectsはボード内 物理的引き算で機能面は劇的に改善できます。マルチとコンパクトの共存、アナログとデジタルのいいとこ取り。他人のボードと見比べると明らかに無駄がなくなります。コンパクトはVerocityとTS9しか使ってません。あと、ミッションエンジニアリングのEXPペダル(アーニーボールやline6は反応するがレスポンス最悪、無理してでも用意した方が確実)
HXstompは逆に小さすぎてライブ不向き。自宅用や宅レコ向き。機能、可能性、サイズ、操作、サウンド面で他社の今流行りのマルチペダルを避けました。
Helix floor、blackspirit200、KEMPER、HEADRUSH、GT1000、他にも様々ありますが、総じて価格帯も含めて本商品が優勝しました。
※アンシュミやフラクタルなどでラインアウトで直接PA、近年のキャビ鳴らさないライブだったり、真空管再現系、の歪みはクランチは良くても、ハイゲインなウルトラ級に歪ませたい時は真空管アンプはキャビの上にあったほうが良いですし、キャビは鳴らしたほうが良いです。そして本当は電圧電源周りやパワーコンディショナーも拘るべき。
プレイヤーがどこまで割り切れるか、気持ちいいと感じれるかですが、人それぞれですが。ハイゲイン歪みに近道なし、楽していい音は出せないですね。。。常設アンプでも大きな音のクリーンが出てくれれば、話しズレますがVerocity最高です。

レビューIDReview ID:99177

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/10/14

11111こういうのを待っていました

投稿者名Reviewed byげた 【静岡県】

真空管アンプ(またはプリアンプ)派の自分にとっては、アンシミュは無用の長物。
センドリターンにつなげられる空間系のマルチというと、フロア型ではあまり選択肢がないのが少々さびしいところ。
コーラス、ディレイ、リバーブ各々の品質はEventide、Strymonにはやや劣るものの、歪みやコンプなんかも入ってこの価格はかなりお得かと。
また特筆すべきは操作性の良さで、プリセットされたものをそれぞれON/OFF出来たり、演奏しながらパラメータをいじれたりと、CAEのRS-10の上をいくアイデアです。(スナップショット機能を遣えば、もっと色んなこともできちゃいます。)
センド/リターン付のアンプとエクスプレッションペダルさえあれば、これだけでほとんど完結できると思います。
アンプ派の方にはお勧めです!
サウンドハウスさんで購入しましたが、ポイントを考えると中古の市場価格で購入できました。
もちろんヤマハの保証書付です。
サウンドハウスさんありがとう。

レビューIDReview ID:96732

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/12/31

11111お気に入りのアンプを持っているならこいつ。

投稿者名Reviewed byわさび醤油 【千葉県】

HX Stompとどっちにするか迷っていましたが、以下の理由でHX Effectsを買いました。
 
- 真空管アンプと、Strymon Iridiumを持っているので、アンプシミュレーターは必要無い。
- HX Effectsでアンプのチャンネル切り替えができるが、HX Stompでは出来ない。
- HX Effectsは同時に9個エフェクトを使用できる。HX Stompは6個。
- HX Stompはフットスイッチが3つしかないので、3つ以上のプリセットを切り替えたり、タップテンポも欲しいとなると外部スイッチが必要になるが、HX Effectsは一台で完結できる。
- HX Effectsはボタンやスイッチが多いので、所見でも説明書無しで簡単に操作できる。HX StompはPC無しでは設定するのに時間がかかるし、所見で本体だけで設定するのはほぼ無理。
- ギグバッグの大きめのフロントポケットに入る大きさ。M9より少し大きいぐらい。
- エフェクトループが2系統あるので、そこにお気に入りのエフェクターを入れてプリセットで切り替えたり、ステレオ7ケーブルメソッドができたりする。
 
ライブやリハ等で、持ち運びに苦労したくないが、フットスイッチは多いほうがいい、という方には特にオススメです。ボードに入れて使いたい方はHX Stompのほうが小さいのでオススメです。

レビューIDReview ID:96542

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/08/28

11111BOSS MS-3の対抗馬

投稿者名Reviewed by素晴らしい 【神奈川県】

センドリターン端子が付いている小型のマルチエフェクターという存在は、私が10年以上前から待ち望んでいたものでした。こういうジャンルを作りたくて脱サラしたいとも思ったくらいでした。
そして、これをついに実現させた開拓者が、BOSSのMS-3と、このHX EFEECTSです。
当然2つとも買おうと思っていましたが、やはり予算が足らず、どっちかで迷っている時に、マルチの最大の弱点である「パッチチェンジ時の音切れ」の話題をMS-3のレビューでいくつか見てしまったせいで、こちらを買いました。
スナップショット機能で音切れは皆無です。LINE6の方がBOSSより音の質は高いので、MS-3と比べると、サイズ以外は全て満点でした。
このジャンル、もっと盛り上がって欲しいです。zoomがMS-50のツインペダル版として、センドリターン付マルチストンプを出して、このジャンルに参入したら、大ヒット間違いなしでしょうね。

レビューIDReview ID:84932

参考になった人数:20人

20 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Line 6 ( ライン6 )
HX EFFECTS マルチエフェクター

商品ID:248439

¥62,800(税抜)

(¥69,080 税込)

  • 送料無料

3,450ポイント内訳

  • 690Pt

    通常ポイント

  • 2,760Pt

    全商品ポイント5倍キャンペーン

  • 3,450Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top