ここから本文です

サウンドマート

Line 6 ( ライン6 ) / Helix Floor マルチエフェクター

Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター

  • Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター画像3
  • Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター画像4
  • Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター画像5
  • Line 6 ( ライン6 )  / Helix Floor マルチエフェクター画像6
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
パワフルなDSPパワーを駆使したHXモデリングエンジンを搭載する、プロスペック・ギタープロセッサー。チューブアンプのサウンド的な特徴だけでなく、ダイナミックなフィーリングまでも正確に再現。実際にアンプを操作しているかのようなサウンド変化を感じながら、直感的な操作でサウンドメイキングが可能です。
■ギターアンプシミュレーター/マルチエフェクター

主なスペック
■大型カラーディスプレイ(800×480ピクセル、6.2インチカラーLCD)
■ジョイスティックとエディットボタン:Select、Move、Bypass、エディットページのナビゲートを片手で行うことができます。
■スクリブル・ストリップ:フットスイッチのラベルとLEDリングの色をカスタマイズ
■プリセット・フットスイッチモード:プリセット番号と名前をスクリブル・ストリップに表示
■ストンプ・フットスイッチモード:エフェクトの名前とパラメーターのコントロールをスクリブル・ストリップに表示
■タッチセンシティブ・フットスイッチ:タッチで選択、長押しでアサイン、押して確定
■ペダルエディット:MODEスイッチの長押しでハンズフリー・アンプ/エフェクトエディット
■外部コントロール:トラディショナルなアンプやストンプボックスのリモートコントロール
■アナログI/O:可変インピーダンス、123dBのダイナミックレンジを備えたギターインプット
■アナログI/O:デジタル制御によるアナログゲインとファンタム電源を備えたスタジオ・クオリティのマイクプリアンプ
■アナログI/O:4つの独立したエフェクトループ
■VARIAX統合機能:モデル、チューニングを瞬時にリコール、エフェクトのコントロールおよびVariaxギターへの電源供給が可能
■デジタルI/O:MIDIイン、アウト/スルー
■デジタルI/O:L6 LINK、AES/EBU出力
■デジタルI/O:USB経由、リアンプ機能搭載8イン8アウトオーディオインターフェース(Mac、PC、iPad)

■サイズ: 約56(W) x 30(D) x 9(H) cm
■質量: 約6.6kg
HelixFloor Helix Rack + Control Helix LT
HelixFloor Helix Rack + Control

Helix LT
コメント フラッグシップHelixマルチエフェクト・フロアボードシステム。実際にアンプを操作しているかのようなサウンド変化を感じながら、直感的な操作でサウンドメイキングが可能です。 デュアルDSPパワーによるHXモデリング・エンジン、最大4 x ディスクリート・ステレオ・シグナル・パス。 HXモデリングと、パワフルなデュアルDSPを搭載。選び抜かれたI/Oとハードウェア構成で、より低価格でHelixのパワーを手に入れることが可能になりました。
アンプモデル 87
エフェクトモデル 231
プリセット 1,024 (8 セットリスト x 32 バンク x 4 プリセット)
最大同時使用ブロック数 最大使用量による
シグナルフロー 最大ステレオ、シリアル/パラレル
スナップショット 8(1プリセット毎)
インパルスレスポンス (IRs) 128x 1024 or 2048 ポイント
グローバルEQ 3バンド・フルパラメトリック + ハイ/ロー・カット(可変)
メインディスプレイ 6.2”/16.5cm (カラー)
フットスイッチ 12 タッチセンシティブ w/ RGBリング + EXPトゥ・スイッチ 12 タッチセンシティブ w/ RGBリング 12 タッチセンシティブ w/ RGBリング + EXPトゥ・スイッチ
フットスイッチモード ストンプ、プリセット、スナップショット、ルーパー、ペダルエディット
フットスイッチタイプ ラッチング、モメンタリー
ルーパータイプ 6スイッチ、1スイッチ、シャッフリング
ルーパーメモリー(フルスピード) 60 秒 モノ/30 秒 ステレオ
ルーパーメモリー(1/2 スピード) 120 秒 モノ/60 秒 ステレオ
1/4” インプット Guitar, Aux, リターン 1-4 Guitar, リターン 1-2
メイン L/R,センド 1-4 メイン L/R, センド 1-4, Dry Thru メイン L/R, センド 1-2
XLR インプット マイクプリ(ファンタム電源付き) ---
XLR アウトプット メイン L/R
エフェクトループ 4x センド, 4x リターン, ステレオリンク可能 2x センド, 2x リターン, ステレオリンク可能
デジタルイン Variax VDI, S/PDIF Variax VDI, S/PDIF, AES/EBUw/ BNC ワードクロック Variax VDI
USBオーディオ・インターフェイス 8-In, 8-Out リアンプ可

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews12
この商品のレビューを書く

2024/02/08

11111結局これだ

投稿者名Reviewed byysk 【神奈川県】

色々試して、何故もっと早く買わなかったんだと思うくらい最高に汎用性が高い。
アップデートも幾度となく行われているので、音質と機能面に関しては全く不満ありません。操作の慣れは3日〜7日あれば充分です。
他のプロセッサー系も色々ありますが、ライブ中心なら間違いなくこれです。

レビューIDReview ID:146942

参考になった1

2024/04/25

11111デカくて重いでも最高です

投稿者名Reviewed bymasa.poron 【神奈川県】

HXstompとXLも所有しております
デカくて重いのに辟易して一時敬遠していました
しかしやっぱりこのhelixでできる事の多さと多彩さには敵いません
エフェクト数を極力少なくしてstomp系を利用していましたが
どうにも重ねて使えるエフェクターが少なく抜けのいいampとcabiは是非とも利用したいし曲によっては歪みも空間系も沢山重ねる必要があったりとか
もう一方でライブでマンネリなサウンドにせずお客さんには多彩な音を聴かせたい思うとDSPの状態にもよるが余裕で15位は重ね掛けができるhelixが断然良かった
上記を全てやろうと思うとstompではそもそも無理だしペダルだと巨大なボードやしっかりした電源が必要になってくる
それとマイクも繋げられるのでボーカルエフェクターとしても優秀です
ボーカルにもエフェクト全て掛けられます
ハーモニー使ってひとりコーラスも出来ます
入出力も別系統で用意してあるので声だけ卓に送る事が可能
6kg以上もあるhelixですが逆に言えばこれ一台に全てが入っていることを考えると非常にコンパクト
頻繁にアップデートが行われのも良い点ですね新しいエフェクターやモデリングもよく追加されます
発売されてだいぶ経っていても古臭くさせない努力には頭が下がります
毎回5、6kgはあるギターケースを片手にhelixの入ったバックパックを背負ってヒーヒー言いながらGIGに行っています
もうhelix一台あれば他は何もいりません

レビューIDReview ID:139795

参考になった5

2024/04/05

11111でかい、重い、それがいい。

投稿者名Reviewed byたくあん。 【兵庫県】

今までコンパクトとマルチを行ったり来たりして試行錯誤してきましたが2022年の2月に思い切ってこちらを導入しました。
このくらいの価格帯になると音のクオリティに関しては何も言うことはありません。完璧です。
(2024年4月追記)
かれこれ2年使ってきましたが、いまだにメインシステムです。
後発で新しいプロセッサーが各メーカーから出てきていますが、革新的なアップデートでねじ伏せていくのはさすが天下のLINE6です。
他社製品と比べると群を抜いてデカいし重いですが、足のサイズが大きいうえにステージ上で動き回る自分にとっては、これくらいのサイズ感と重量でなければ安心してライブができません。フットスイッチの間隔も絶妙です。
なんでも小さくすればいいってもんじゃない。重いのなら体を鍛えればいいだけの話です。(笑)

レビューIDReview ID:136074

参考になった4

2024/02/14

11111最高

投稿者名Reviewed bykan 【東京都】

まずセッティングの際のルーティンが解りやすく機能も豊富で自由自在。
違うアンプ2つ並べてステレオアウトも簡単にできる。
ライブでは柔軟にセッティングや音作りができる。
自分はリハ用にHX Stomp、本番Helixと併用して使っているのでパッチ管理も一元化してます。
エディターも直感的。他のマルチはどれもこれもエディターは正直なところ使いにくい。
エフェクターやアンプも種類豊富で追加やアップデートもきちんとしている。
予算が許すならコレ一択です!

レビューIDReview ID:131454

参考になった5

2022/05/28

11111HX→pedal+IR→Amplitube5→QC→HX

投稿者名Reviewed byガク 【東京都】

タイトルの通り、3年ぐらい掛かって一通り試した結果、Helixに戻ってきました。
結論:操作性、汎用性、音色のクオリティ、安定した動作という要素からHelixがもっとも良いということになりました。
いろいろ理由を書くと確実に1000文字超えるし、そんな工数割きたくないので、簡潔に箇条書きで並べると
・利便性は一定期間使ってからじゃないと良さがわからない。最初は音色が変わったことを良くなったと錯覚する
・アンプシミュレーターはアンプの動作を真似た物が多いので、アンプで弾いているときと同じタッチで弾く必要があるし、ヘッドフォンだけじゃなくて、大きいスピーカーである程度の音を出さないと真価がわからない。
・最新機器≒最強の機材。発売されてから時間が経ってユーザーの意見が反映されたファームウェアが揃うことで機材は完成する。
上記のポイントから、現時点でHelixが一番良かったです。
ちなみにQCはこれからファームウェアで改善や増強されると思うので手放さずに持っておくことにします。

レビューIDReview ID:130123

参考になった3

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Line 6 ( ライン6 )
Helix Floor マルチエフェクター

商品ID:208917

通常価格:¥217,800(税込)

¥188,956(税込)

  • 送料無料

9,447ポイント(5%)内訳

  • 1,889Pt

    通常ポイント

  • 7,558Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 9,447Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram