ここから本文です

ちょっと便利なギターパーツ トレモロ用パーツ

2018-09-25

テーマ:ギター

一度使うと、病みつきになるギタリストもいるロック式のトレモロブリッジ!
重厚なルックスと、他では真似することができない特徴的なアーミングができる点が魅力です。
FLOYDROSEや、SCHALLERをはじめとするギタリストであれば、きっと一度は聞いたことのある名だたるブランドが販売しています。

かっこいいアーミングもでき、ナットがロック式のため、チューニングも安定しやすいと良い事ずくめな感じがするフロイドローズ。
しかし、難点が一つ・・・・・とにかくセッティングがめんどくさい!!!
と言うことで今回は、そんなロック式トレモロブリッジのセッティングを手軽にする便利なアイテムをご紹介します!

その前に、通常時の調整方法を確認してみましょう。
ロック式トレモロブリッジは、一般的なシンクロナイズド・トレモロをフローティングでセッティングする時と同様に、ボディバックにあるトレモロスプリングと弦のテンションとの釣り合いによって、フローティングの度合いを調節していきます。構造上、その時どうしても、チューニングを行うにつれブリッジのエンド側が上がります。
そのため、1度のチューニングでセッティングが完璧にできることはほぼありません。


まず、チューニングを合わせる。

ブリッジのプレートがボディに対し平行になっているかチェック
(大体がブリッジのエンド側が上がりすぎていたり、下がりすぎている状態になっているはずです。)

ブリッジプレートの状態に合わせ、ボディバックのスプリングハンガーのネジをドライバーで調節。

チューニングを合わせ、ブリッジプレートをまたチェック。状態に合わせ、スプリングハンガーのネジで調節。
 

これを何度も繰り返して調整します。
そうです・・・・かなり根気がいります・・・・

しかし、そんなときにおすすめのアイテムがこちら!
これを取り付けると少しだけ楽になります。

SCHALLER (シャーラー) / TENSION CONTROLLER

といっても、これだけじゃ何に使うかわからないですよね。。。
これはスプリングハンガーの代わりになるパーツで、トレモロスプリングをかけて使用します。
取り付け方は簡単です。

この状態からまず弦を外し、スプリング、ハンガー、ブリッジを外し、センターを出した上でTENSION CONTROLLERを仮置きします。
TENSION CONTROLLERは2か所のビスで固定しますので、取り付け用のビス穴をあけます。
下の写真の赤丸のビス穴です。

ビス穴をあけたら、後は取り付け、弦アースを配線するだけ!
大規模な加工も必要なく、とてもお手軽です!

TENSION CONTROLLERを取り付け終わったら、外したスプリングとブリッジを取り付け、弦を張ります。
このTENSION CONTROLLERはハンガーの位置調節をドライバーではなく、6角レンチを差し込み調整します。

レンチの差込口が深く、この状態でギターを構えても外れることはありません。
ドライバー使用時のように、いちいち構えた姿勢からギターを動かさなくても、レンチを差したままギターを構え、チューニングし、レンチを回してスプリングの張り具合を調節することができるため、調整時の作業がスムーズに!

ロック式トレモロを愛用するギタリストの方はぜひ試していただきたいパーツです!

ちょっと便利なギターパーツ
●トレモロ用パーツ
●レスポール・タイプ
●アコギ工具

営業部 / 岩谷 征治

ギターからドラムまで幅広い知識を持つミュージシャン。プロミュージシャンに囲まれた環境で楽器を見てきた、自分でもリペアする感性は現場至上主義。

SCHALLER / TENSION CONTROLLER

SCHALLER

TENSION CONTROLLER

¥7,280(抜)¥7,862(込)

トレモロスプリング用テンションコントローラー

評価000005

ブログ有り

在庫あり

数量
 
 
 

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2018年10月

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top