ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

HOME

RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像1
  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像2
  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像3
  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
Audio interface that realizes compact and accurate DA conversion.

同等品の
オススメは
こちら!

■ Audio interface
■ SteadyClock FS installed
■ Up to 12 in/12 out
■ 24 Bit/192 kHz USB2.0

Introducing the Babyface Pro FS equipped with the latest RME technology that is evolving day by day.

The SteadyClock technology on the RME interface not only enables stable clock synchronization, but also provides accurate DA conversion with no fluctuations, resulting in cleaner sound than ever before. The latest model, Babyface Pro FS, is equipped with the next-generation version of the SteadyClock FS, which has been improved in accuracy to the nearest trillionth of a second (femtosecond). This is the precision that goes beyond high-performance clock generators.

In recent years, when the playback environment for headphones and earphones is emphasized, it is essential to build a correct monitoring environment on the production side. The Babyface Pro FS features two headphone outputs, TRS and minijack jacks, with a separate driver stage for high impedance (headphones) and low impedance (in-ear monitors). This makes it compatible with all types of headphones and always brings out the best sound possible. The same operational amplifier as the ADI-2 Pro FS, which boasts the highest specifications as an AD/DA converter, is used, and the output THD at both terminals has been improved by up to 10 dB. In addition, the 3.5 mm TRS phone output supports up to 90 mW and the output impedance is reduced from 2 Ω to 0.1 Ω.

In addition, the SN ratio of the AD / DA converter has improved, a physical switch that can change the reference level of +19 / +4 dBu on the main unit, a new anti-theft K-slot for mobile use, etc. Babyface Pro FS is the culmination of RME, which continues to push the boundaries of audio interfaces.

■ Main features
o Machined aluminum block housing
o Intuitive and efficient user interface
o Microphone stand thread mounted on the bottom, can be freely arranged
o All settings can be changed in real time
o Buffer size/latency setting: selectable from 48 to 8192 samples
o 24bit/96kHz (4 channels), 24bit/192 via ADAT optical (S/MUX)
kHz (2 channels) recording/playback
o Clock mode: slave, master
o Advanced master/slave clock automatic switching
o Excellent Bitclock PLL (audio sync) in ADAT mode
o SteadyClock FS: Very stable digital clock that is immune to jitter
o DDS Technology: Freely set sample rate
o SyncAlign: Prevents swapping between channels by maintaining accurate alignment on a sample-by-sample basis
o SyncCheck: Monitor the synchronization status of the input signal and display the result
o TotalMix: latency-free submix and complete ASIO direct monitoring
o TotalMix: Internal processing 46-bit 288 channel mixer
o TotalMix FX: 3-band EQ, low cut, reverb, echo
o 1 x MIDI input/output (16 channels, high speed MIDI)
2 x mic inputs (digital control, reference quality)
o 2 x balanced line outputs, level: +19dBu
o 1 x headphone output, separate driver stage for high and low impedance phones
o DIGICheck DSP: Hardware-based level meter, Peak/RMS measurement

■ Input/output
o Up to 12 input / 12 output channels available
o 4 analog inputs (Mic, Line, Instrument)
o 4 analog outputs (2 x XLR, 2 x Phones)
o 1 x ADAT I/O or 1 x SPDIF I/O optical
o 1 MIDI I/O (via breakout cable)
o USB 2.0 port (also works with USB 3 port)
o Digital gain control on all inputs
o Headphones

■ Operating environment
o Windows XP SP2 or above, Intel Mac OS X (10.6 or above)
o USB 2.0 or 3.0 port x 1
o Computer with a Pentium Core 2 Duo or higher CPU

類似品比較表

メーカー
ANTELOPE AUDIO
APOGEE
MOTU
AUDIENT
モデル名
商品画像
Discrete 4 Synergy Core
Quartet for iPad & Mac Lightning Only
UltraLite AVB
iD22
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 96kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 4ch / 4ch 4ch / 6ch 10ch / 8ch 2ch / 6ch
接続方式 Thunderbolt、USB2.0 USB2.0 USB2.0 USB2.0

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.9)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2020/11/12 

11111特筆すべきは安定性。

投稿者名Reviewed by745 【奈良県】

プロでも仕事で使用するに耐えうる音質と性能を持っているのは今更言及しなくてよいでしょう
それより他社との決定的な違いは安定性による圧倒的な’’信頼感’’です
今までピンキリ色々なオーディオインターフェースを使ってきました
ドライバーが安定しなくて認識しなくなるやつ
ループバック機能を歌う割にルーティングの自由度が低くて全然使えないやつ
物理的にUSBポートや入力端子がすぐダメになるやつ
BabyFaceProは前モデルから含めると長いこと(4年ほど)愛用してますが
こいつが原因でトラブルになったことは一度もないです

レビューIDReview ID:110997

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/12 

11111コンプは使えない

投稿者名Reviewed by吉田 【栃木県】

コンプのかけどりは本機種じゃできません。
Totalmixの性能が上位機種と色々違うのでよく調べてから購入するべきです。
音質は素晴らしいです。

レビューIDReview ID:110986

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/10/19

11111ドライバーが安定していて安心感があり、音も超良くて最高です!

投稿者名Reviewed byandy 【北海道】

UAですったもんだあり、この度、UA:apollo twin duo→UA:apollo twin x duo(UAに無駄な買い物をさせられました…)→RME:Babyface Pro FSのオーディオインターフェイスに乗り換えました。
USBバスパワーで稼動し、ドライバーや動作も安定していて安心感があり、本体に熱も持たず、しかも高精細で、ごきげんに良い音です!愛用しているモニタースピーカーのADAM A77Xもより活き活きとした感があります!笑
同じ音源でも、UAの時とは明らかに音の違いを感じ、良い音で聴くことができると、気持ち良くて嬉しくなりますね〜♪
録音はまだ試せていないのですが、レコードを今までと同様24bit192kHzのハイレゾで録音するのがとても楽しみです。
本体も素晴らしいのですが、さらに嬉しかったのは、持ち運びに便利なハードケースやとても詳しい日本語のユーザーガイドも付属している点です。
また、RME:Babyface Pro FS専用のL字型USBコネクターやMIDIブレイクアウトケーブル等も最初から付属されており、細かなところにも心配りがされていて、嬉しかったです。
マニア心をくすぐるRMEのステッカーも入っています!本当に買って良かったです。大切に愛用します♪

レビューIDReview ID:110178

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/21

11111Babyface proを買いました。

投稿者名Reviewed byLyla 【三重県】

FSと前モデルを比較する機会があったので比べてみました。
宣伝ではデータ上はこれだけ変わったと記録がいくつかあがっていますが、実際検証するとレコーディングスタジオレベルで何度か確かめて僅かにやっと違いが出る音質の差でした。
これはFSが悪いのではなく、前モデルの音がそれだけ良かったということです。
ちなみに初代BabyfaceとBabyface proはどの環境で聞いても明確に音が変わりました。
(DTM系のレビューブログ見ても大半が”私の耳には前機種との違いは分かりませんでしたが測定上では音質が上がっているみたいです。”と書かれています。
お金もらって書いてる以上、皆さんそれなり以上に再生環境にお金を使っている人がです。)
一般家庭の環境じゃブラインドテストしても誰もまともに正解出来ないと思います。
簡単に音が前モデルと変わったと書いてるレビューは”私は発電所から専用線で我が家まで電力を引っ張り込んでいます。”のコピペと同レベルだと思ったほうがいいです。
オーディオ系にはよくあることです。
USBクラスコンプライアントのモード等FSにしか無い機能にちゃんと目的があるかプラシーボ効果を体験したい方にはこちらのFSをオススメします。
私はフェムト秒のクロックにもそこまで関係ある使用環境では無いので前モデルのBabyface proを7万で買いました。

レビューIDReview ID:109154

参考になった人数:19人

19 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/11

11111完璧な安定度

投稿者名Reviewed byじゃっく 【茨城県】

ロケ収録の現地での簡易編集のために購入。
それ用にはApogee Duetを使っていましたが浮気。
まずドライバの安定度がはんぱなく、サンプリングレート切り替えも素早いです。
バッテリ駆動時のラップトップのUSBという信用ならんポートに接続しても
なんら問題なく動き続けるのはすごいです。
ファンタムの電流が足りなくなって0 dBFS以下で歪むなんてこともありません。
ヘッドホンアンプはバスパワーの都合上、あんまり出力ないんですが
ローインピーダンスのモニタ用ヘッドホンなら特に問題なし。
入出力レベルも+24dBu欲しかったんですが、まあ問題なし。
とにかく問題が発生しないのでストレスなく制作を行いたい人には非常におすすめです。

レビューIDReview ID:108722

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME (アールエムイー)
Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

Item ID:269938

95,380 yen(excl. tax)

(104,918 yen incl. tax)

  • Free Shipping

1,049PtDetail

  • 1,049Pts

    通常ポイント

  • 1,049Pts

    Total

close

約3週間Approx. 3 weeks

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist

Rating11110.5

Reviews:11

同等品のオススメはこちら!

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top