ここから本文です

サウンドマート

HOME

RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像1
  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像2
  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像3
  • RME / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像4
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
Audio interface that realizes compact and accurate DA conversion.

同等品の
オススメは
こちら!

■ Audio interface
■ SteadyClock FS installed
■ Up to 12 in/12 out
■ 24 Bit/192 kHz USB2.0

Introducing the Babyface Pro FS equipped with the latest RME technology that is evolving day by day.

The SteadyClock technology on the RME interface not only enables stable clock synchronization, but also provides accurate DA conversion with no fluctuations, resulting in cleaner sound than ever before. The latest model, Babyface Pro FS, is equipped with the next-generation version of the SteadyClock FS, which has been improved in accuracy to the nearest trillionth of a second (femtosecond). This is the precision that goes beyond high-performance clock generators.

In recent years, when the playback environment for headphones and earphones is emphasized, it is essential to build a correct monitoring environment on the production side. The Babyface Pro FS features two headphone outputs, TRS and minijack jacks, with a separate driver stage for high impedance (headphones) and low impedance (in-ear monitors). This makes it compatible with all types of headphones and always brings out the best sound possible. The same operational amplifier as the ADI-2 Pro FS, which boasts the highest specifications as an AD/DA converter, is used, and the output THD at both terminals has been improved by up to 10 dB. In addition, the 3.5 mm TRS phone output supports up to 90 mW and the output impedance is reduced from 2 Ω to 0.1 Ω.

In addition, the SN ratio of the AD / DA converter has improved, a physical switch that can change the reference level of +19 / +4 dBu on the main unit, a new anti-theft K-slot for mobile use, etc. Babyface Pro FS is the culmination of RME, which continues to push the boundaries of audio interfaces.

■ Main features
o Machined aluminum block housing
o Intuitive and efficient user interface
o Microphone stand thread mounted on the bottom, can be freely arranged
o All settings can be changed in real time
o Buffer size/latency setting: selectable from 48 to 8192 samples
o 24bit/96kHz (4 channels), 24bit/192 via ADAT optical (S/MUX)
kHz (2 channels) recording/playback
o Clock mode: slave, master
o Advanced master/slave clock automatic switching
o Excellent Bitclock PLL (audio sync) in ADAT mode
o SteadyClock FS: Very stable digital clock that is immune to jitter
o DDS Technology: Freely set sample rate
o SyncAlign: Prevents swapping between channels by maintaining accurate alignment on a sample-by-sample basis
o SyncCheck: Monitor the synchronization status of the input signal and display the result
o TotalMix: latency-free submix and complete ASIO direct monitoring
o TotalMix: Internal processing 46-bit 288 channel mixer
o TotalMix FX: 3-band EQ, low cut, reverb, echo
o 1 x MIDI input/output (16 channels, high speed MIDI)
2 x mic inputs (digital control, reference quality)
o 2 x balanced line outputs, level: +19dBu
o 1 x headphone output, separate driver stage for high and low impedance phones
o DIGICheck DSP: Hardware-based level meter, Peak/RMS measurement

■ Input/output
o Up to 12 input / 12 output channels available
o 4 analog inputs (Mic, Line, Instrument)
o 4 analog outputs (2 x XLR, 2 x Phones)
o 1 x ADAT I/O or 1 x SPDIF I/O optical
o 1 MIDI I/O (via breakout cable)
o USB 2.0 port (also works with USB 3 port)
o Digital gain control on all inputs
o Headphones

■ Operating environment
o Windows XP SP2 or above, Intel Mac OS X (10.6 or above)
o USB 2.0 or 3.0 port x 1
o Computer with a Pentium Core 2 Duo or higher CPU

類似品比較表

メーカー
UNIVERSAL AUDIO
ANTELOPE AUDIO
APOGEE
MOTU
AUDIENT
モデル名
商品画像
APOLLO TWIN USB Heritage Edition
Discrete 4 Synergy Core
Symphony Desktop
UltraLite AVB
iD22
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 96kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 2ch / 6ch 4ch / 4ch 2ch / 6ch 10ch / 8ch 2ch / 6ch
接続方式 USB3.0 Thunderbolt、USB2.0 USB2.0
(Type-C)
USB2.0 USB2.0

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.9)
  • レビュー数Reviews18
この商品のレビューを書く

2021/06/11 

11111あらやだ、全然違う♪

投稿者名Reviewed bykunikuni 【東京都】

これまでUS-2×2とAKG C414 XLIIの組み合わせでナレーションや語りなどを録音していました。
比較すると、音の密度や細かさレンジの広さに違いを感じます。
とにかくしっかりしてるし安定感が増してくる印象。
入り口も良ければ出口も良い感じです。
などなど考えていくとこの価格で購入できるならお得というか、10万円とかするのに評価が高いことに納得です。
プロエンジニアの方々からの評価も高いようですしね。
改めて、ナレーション用に調整などしていますが、なにかボイパとかしたくなります笑
ただ、DSPでCOMPを使えると思ったけどこの機種では使えないんですね。

レビューIDReview ID:118957

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/03/23

11111ちゃんと音楽する気になったら最初にこれ買うべき

投稿者名Reviewed byかまあげおうどん 【愛知県】

若い人でアマチュアでもプロでも、ちゃんと(本気で)音楽するなら最初にこれ買ってほしいです。
10万は覚悟のいる金額かもしれませんが、回り道せず、お金を無駄にしなくてすみます。
-
私はオーディオインターフェースやらアウトボードやらいろいろ回り道してきましたが
まず最初にこれ買いましょう。あなたの今後の機材観の基準としてください。私と同じ轍を踏まないでください。
-
特に出力が凄まじく、60万ぐらいするマスタリング用途のDAC並に20-50Hz 16-20kHzが綺麗です。
定位もモノの声やスィープサインを聞けばすべて目の前に音の柱が来ているように聞こえます。
奥行き方向の情報量も凄まじく、空間の音作りの良し悪しがよく分かります。
一番感服したのはトランジェントです。バスレフ9インチウーファーで30Hzにゴッっとアタック感を感じるなんてのは
他の10万台のインターフェイスでは存在しません。これはたっかいDACでも怪しいです。
-
それがUSBバスパワーでこのサイズで10万で実現できてるんです。間違いなくゲームチェンジャーです。
-
入力はあぁいつものRMEだなーって感じで、透明感はあるけど音はつまらないしMixに時間がかかります。
個人的にプラグインで録り音をいじるのは好きじゃないんですが、RME単体だといじくる必要があります。
ボーカルEQ苦手な人、時短したい人、本当に良い機材で録るとフェーダーとリバーブでほぼ音が完成することを知っている人は
良いマイクと良いマイクプリ買いましょう。これだけじゃだめです。でも良い機材の受け皿としては最高です。
-
DIも原音重視で透明感が仇となって、エレキ→RMEのDI→アンシミュは微妙です。いわゆる「デジタル感」な歪が耳障りになりがちです。
Aurora Audioとか良い感じに歪んで音が馴染むマイクプリのDIをかましましょう。
良いマイクプリを通せば割とアンシミュに拘らなくても音は良くなるものです。

レビューIDReview ID:116024

参考になった人数:15人

15 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/01/01

11111ほんとに素晴らしい

投稿者名Reviewed byunaho 【岡山県】

Y社の1.5万円を使っていましたが世界が変わりました。
10万円は高かったですがそれだけの価値を「実感」できる素晴らしいハードウエアです。
いままで「こういう音を聞いていのか」と客観的に判断できるようになります。
ヘッドフォンアンプとしても素晴らしいのでそれを考えると割安とも言えます。

レビューIDReview ID:112890

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/01/29

11111素晴らしいの一言

投稿者名Reviewed byAO 【福岡県】

スタ○ンバーグからの買い替えです。音の密度、質ともに格が違います。今までマイクを変えたりして一喜一憂していましたが、安いインターフェイスを使ったのでは根本は変わらないので、いつまでもお金の無駄遣いをした事でしょう。最初からこれを買えば良かったです。10万の出費はキツイですがそれに見合った性能だと思います。

レビューIDReview ID:112603

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/12/21

11111抜群の安定感と高解像度の音質、優れた携帯性が魅力的

投稿者名Reviewed byMax 【愛知県】

抜群の安定感と高解像度の音質、優れた携帯性が魅力的。
ADATを使わなくとも最大4chまでの入力が可能。
RME社のQuad MicIIを併用することにより備わっている4つのアナログ入力をフルに使う事ができてとても満足している。Babyface側の3/4(Instrument/Line)入力はアンバランス入力になっているがTSフォンケーブルでつなぐことができ問題なく使えている。
EVE Audioのスタジオモニターとの相性も非常に素晴らしい。

レビューIDReview ID:112440

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME (アールエムイー)
Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

Item ID:269938

104,999 yen

  • Free Shipping

10,498PtDetail

  • 1,049Pts

    通常ポイント

  • 9,449Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 10,498Pts

    Total

close

未定TBA

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist

Rating11111

Reviews:18

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE