ここから本文です

DTMセール情報まとめ

RME / Fireface UCX II

RME / Fireface UCX II

  • RME / Fireface UCX II画像1
  • RME / Fireface UCX II画像2
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
An audio interface that combines cutting-edge specifications and stability with RME's innovative technology. It is equipped with up to 20 recording channels and 20 playback channels, SteadyClock FS, high-performance microphone input, built-in parametric EQ, USB recording function, and stand-alone mode function that can control all functions.

同等品の
オススメは
こちら!

■ Audio interface
■ USB

■ Input / output
XLR / TRS (microphone / line) input x 4
TRS (instrument / line) input x 1
TRS (line) input x 1
TRS (line) output x 1
Headphone output x 1
XLR / TRS (microphone / line) input x 2
TRS (instrument / line) input x 2
TRS (line) input x 4
TRS output x 8
Headphone output x 1
ADAT or SPDIF optical input / output x 1 AES / EBU input / output x 1 SPDIF coaxial input / output x 1 MIDI input / output x 1 Word clock terminal that can switch between input and output x 1
ADAT or SPDIF optical I / O x 1
AES / EBU input / output x 1
SPDIF coaxial input / output x 1
MIDI input / output x 1
Word clock terminal that can switch between input and output x 1
USB 2.0 terminal (also works with USB 3 terminal) USB 2.0 terminal for DURec
USB 2.0 terminal (also works with USB 3 terminal)
USB 2.0 terminal for DURec

■ Main functions
・ All settings can be changed in real time
・ Buffer size / latency setting: Selectable from 32 to 8192 samples
・ DC coupling output: Supports CV / Gate control
-Recording / playback of 24 bit / 96 kHz (4 channels) and 24 bit / 192 kHz (2 channels) via ADAT optical (S / MUX)
-Lock mode: Slave, master
-Automatic switching of advanced master / slave clocks
-Excellent Bitclock PLL (audio synchronization) in ADAT mode
SteadyClock FS: Very stable digital clock that is not affected by jitter
・ DDS technology: Freely set sample rate
-SyncAlign: Maintains accurate alignment on a sample-by-sample basis and prevents swapping between channels
-SyncCheck: Monitors the synchronization status of the input signal and displays the result.
TotalMix: Latency-free submix and full ASIO direct monitoring

-TotalMix: Internal processing 46-bit 800-channel mixer
-TotalMix FX: 3-band EQ, low cut, reverb, echo, compressor, expander, auto level
-MIDI input / output (16 channels, high-speed MIDI)
・ High impedance headphone output
-DIGICheck DSP: Hardware-based level meter, Peak / RMS measurement
-DURec: Direct USB recording function that can record and play back all inputs and outputs to a USB memory
・ ARC USB (TotalMix remote controller sold separately) can be directly connected.
-Class compliant mode support: Available on iOS devices

Surprisingly low noise and clear analog input / output
Fireface UCX II front panel has 2 XLR combo jacks for mic / line connection, 2 digital control line / instrument input jacks, headphone jack, 4 rear panel analog balanced input jacks, 6 The analog balanced output terminal of is arranged.

RME audio equipment is designed to record sound in perfect condition, with no additions or subtractions, so as not to spoil the originally intended sound. Therefore, high-resolution recording and playback is possible with the lowest possible noise design. The numerical values ​​written in the technical specifications such as S / N ratio and THD are all measured values, not the specifications of the parts.

From studio recording to classical concerts, it is equipped with RME's high-end preamplifier, which is highly evaluated in the field where high performance and transparency are required, and has dramatically low noise, S / N ratio, and linear frequency. Achieve the characteristics. Whether it's a commercial level signal, a consumer level or high impedance instrument, a dynamic / condenser mic, or a ribbon mic, it's the finest solution for amplifying and transmitting sound without any coloring. The preamplifier of each channel can individually set the gain up to +75 dB in 1 dB steps.

All analog outputs are due to the DC coupling design. It can send CV / Gate information to control hardware modular and software with low latency.

High-definition headphone output that maximizes the performance of headphones
It goes without saying that monitoring checks with headphones, in-ear monitors, etc. are now mandatory. The highest quality headphone jack has a low impedance output of 1Ω, which allows you to drive your headphones at a high level without distortion, whether it's a low-impedance headphone or a high-impedance headphone.

Versatile digital input / output
One TOSLINK format optical input / output is installed, and it can be used in S / PDIF or ADAT (SMUX compatible) format up to 192kHz. By connecting an ADAT converter to the optical terminal, you can expand the analog input / output of the Fireface UCX II. For example, it can be used as a 12-channel analog recording in combination with the ADAT-compatible RME mic preamp series, or as a live / studio multitrack application in combination with the ADI-8QS and ADI-8DS Mk III. is.

It also supports AES / EBU input / output and S / PDIF coaxial input / output via a breakout cable, and all formats can be used at the same time.

■ Operating environment
When connecting to a computer

Windows 7 or above, Intel Mac OS X (10.6 or above)
USB 2.0 or 3.0 terminal x 1
Computer with Intel Core i3 or higher CPU

When connecting to an iOS device

iPhone / iPad with iOS 7 or above installed
Lightning (or Dock)-USB Adapter


類似品比較表

メーカー
ANTELOPE AUDIO
UNIVERSAL AUDIO
APOGEE
ANTELOPE AUDIO
FOCUSRITE
モデル名
商品画像
Discrete 4 Synergy Core
APOLLO TWIN USB Heritage Edition
Symphony Desktop
Zen Q Synergy Core
Clarett+ 8 Pre USB
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 4ch / 10ch 2ch / 6ch 2ch / 6ch 4ch / 8ch 8ch / 10ch
接続方式 Thunderbolt3, USB2.0 USB3.0 USB Type-C USB USB2.0
(Type-C)

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.8)
  • レビュー数Reviews4
この商品のレビューを書く

2024/05/17 

11111すごく良い、が、すごく高い

投稿者名Reviewed byたきざわ 【神奈川県】

2021年8月発売。サウンドハウスで7月に予約したけれども10月に届いたくらい、当時から超目玉のアイテムでした。当時の購入価格でも16万5000円で、「たけぇ!!けど買っちまうか!!」とドキドキしたのを覚えています。
 
【良い点】
単純に音の輪郭がめちゃくちゃクッキリします。3~5万円のインターフェースとは比べ物にならないくらいに、音の厚みや情報が多い。一度使うともう手放せないです。また、Total mix fxがとんでもなく便利で、これも一度使うともう手放せません。
 
レコーディングでも多用してますが、アコギのミキサー、エフェクターとしても重宝しています。YAMAHA MG10などにアコギを直挿しした時の音と、これに繋いでからMG10に流した音を聴き比べると、いわゆるマイクプリアンプみたいに「通すだけで音が良くなる現象」が起こります。しかも超ローノイズ。本当に手放せません。
 
TS接続にはなりますが、地味にインプットもアウトプットも多いのが便利です。「あ、これも繋ぎたいな」がすぐに叶ってしまう。こんだけの機能を、本当によくこんな小さな筐体に詰め込んだな、と。手放せない。。。。
 
【悪い点】
とにかく高い。2024年5月時点で24万2000円。使用用途によってはBabyfaceProでも良いかも知れません。それと出来ることが多い分、操作がめちゃくちゃ複雑です。ある程度DAWとかでミックスやプラグインの知識や経験を付けてからじゃないと、確実に使いこなせません。
 
あと別売りのARC USB(2024年5月現在29,700円)を使わないと、深く使いこなすことが出来ないので、めっちゃ金かかるやん!!ってのは大きなデメリットかと思います。
 
 
【総評】
お金出せるなら、買って絶対に損はなし。

レビューIDReview ID:149588

参考になった0

2024/01/12

11111RMEはいいぞおじさん

投稿者名Reviewed by 【福井県】

【入出力・拡張性】39(配点40)
一通りデジタル入出力が揃っていて、アナログ入出力も豊富。
_
【音質】19(配点20)
国内外のレビューで散々言われてますが、
・周波数特性:数あるA/IFの中でRMEは2〜3位。つまりとてもフラットな音。上には上がいるので-1。
・周波数応答性:1位。音がズレない。
このように正確性、すなわち音質は素晴らしいの一言です。
ただ正直、2万円以上の機種だと聴感上大差ないので、配点も低いです。
_
【アナログの操作性】15(配点40)
できれば同社のコントローラー、ARCがあった方がいい。これには36点つけたい。
またお金かかるんか。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/236851/
_
【安定性】1000(配点100)※誤記ではない。
もうコレに尽きます。
_
【付属ソフト】1000(配点50)※誤記ではない。
プラグインとかは付属しませんが(マジで要りませんが)、付属するTotalMix FXは神ソフトです。
上記の操作性の悪さをほとんど覆します。アナログではできない精密な設定(ゲインを0.1単位で管理など)が可能で、内部DSPでコンプ等エフェクトもかけられます。
_
【マイクプリ/ライン入力】20(配点20)
フラットで優れたS/N比。
なので、前段にNEVEマイクプリを置いてUCX2のマイクINへバランス接続する、とかでもNEVEの良さを消しません。
音の出入り口であるA/IF、デジタル機器にとってはとても大事なことです。
_
【欠点】-10(減点方式)
・発熱
そこそこ熱くなります。ホッカイロくらい。
問題ないみたいなこと言われてますが心配にはなります。
すのこタンという商品で排熱を助けてあげてます。
・電源ジャック
抜け落ち防止の機構が付いてるんですが、、、
ジャック付近が傷つくので無理に挿すのはやめましょう。やめましょう・・・。
_
【総評・結論】1万点
RMEはいいぞ。

レビューIDReview ID:146212

参考になった6

2023/11/09

11111PCを完全にオフラインで使う場合のコツ

投稿者名Reviewed bysunday_piper 【静岡県】

UC・UCXに続く購入です。コンサート録音中の自動更新などを防ぐため完全オフラインでPCを使ってきました。ドライバーはUSBメモリなどでインストール可能なのですが、UCXⅡから「このデバイスに必要なドライバーのディジタル署名が確認できない」と接続出来なくなりました。起動時に毎回F8を押して「ドライバ署名の強制を無効にする」設定をするのがちょっと面倒です。DURecに使うメモリーはWindowsではFAT32のフォーマットが出来ないので「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」を利用させていただきました。音質傾向はUCXから維持され一段とクリアさや音場の正確性が増した感じです。

レビューIDReview ID:144611

参考になった5

2023/12/31

1111安定性は最高。高域が上がり気味。値段が高すぎる。

投稿者名Reviewed bytdkr 【東京都】

旧式のRMEや様々な他メーカーのAIFを普段から使用しています。
タイトルに書きましたが、UCX2の特徴を挙げるとすれば
・安定性は最高。
・高域が上がり気味。
・値段が高すぎる。
です。
RMEを選ぶ人であれば、ドライバの安定性についてご存知かと思います。当機種も例に漏れず、非常に安定しています。自分もここを求めて買いました。
音質は、FSクロックになってからなのか分かりませんが、かなりハイ上がりです。と言っても過剰に上げている訳ではなく、異常なまでのフラット。という感じ。旧RME FF800などと比較すると、確実にハイ上がりです(測定しました)。所謂ハイファイ、疲れる音です。900STの様な業務的な音。これを求めるなら良いと思います。音楽的ではないので、リスニングには向かないです。
後は、値段が高すぎますね。発売当初の価格が日本円で16万円位だったと記憶しています。2023年末の価格で24万円。これはちょっと・・・ という感じです。RMEの安定性を買いたいだけなら、BFPで良いかと。
音質的にUCX2は買いか?と言われると。。
そもそもRME自体、中〜高級クラスの機種で、最低限の業務用途以上の性能は無いと思っています。仕事で使うなら良いと思いますが、趣味・リスニングなどで使いたいとなると他機種が選択肢に入ってくるかなという状況です。
ただ、一時期はRMEもパーツ不足で生産が終わってしまうのでは?という不安があったので、高くても一応業務機器が手に入る。という点では非常に安心しました。
個人的に、音の傾向は嫌いですが仕事では手放せない。

レビューIDReview ID:145916

参考になった6

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME (アールエムイー)
Fireface UCX II

Item ID:293219

242,000 yen(incl. tax)

  • Free Shipping

12,100Pt(5%)Detail

  • 2,420Pts

    通常ポイント

  • 9,680Pts

    ポイント5倍キャンペーン

  • 12,100Pts

    Total

close

お取寄せBack Order

Temporarily Unavailable

Popular Substitute

Add to Wishlist(Login)

Rating11111

Reviews:4

同等品のオススメはこちら!

Categories

Search by Brand

Brand List
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram