ここから本文です

サウンドマート

RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像1
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像2
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像3
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
コンパクトかつ正確なDA コンバージョンを実現するオーディオインターフェイス。

同等品の
オススメは
こちら!


■オーディオインターフェイス
■SteadyClock FS搭載
■最大12イン/12アウト
■24 Bit/192 kHz USB2.0

日々進化を続けるRMEの最新テクノロジーが搭載されたBabyface Pro FSが登場。

RMEインターフェイスに搭載されるSteadyClockテクノロジーは安定したクロック同期を可能にするだけでなく揺らぎのない正確なDA コンバージョンを行い、かつてないクリーンなサウンドを可能にします。最新モデルのBabyface Pro FS は、精度が1000 兆分の1 秒(フェムト秒)単位に向上された次世代バージョンの「SteadyClock FS」を搭載します。これは高性能クロック・ジェネレーターの先を行く精密さと言えます。

ヘッドフォン、イヤフォンでの再生環境が重要視される近年、制作サイドでの正しいモニタリング環境の構築は不可欠となりました。Babyface Pro FS には、TRS とミニジャック端子の2 つのヘッドフォン出力が搭載され、ハイ・インピーダンス(ヘッドフォン)とロー・インピーダンス(インイヤー・モニター)に最適な独立したドライバー・ステージを備えます。これによりあらゆる種類のヘッドフォンに対応可能で、常に本来のベストなサウンドを引き出します。AD/DA コンバーターとして最高峰のスペックを誇るADI-2 Pro FS と同じオペアンプを使用し、両端子の出力THD は最大10 dB 改善されました。さらに、3.5 mm TRS フォン出力は最大90 mW まで対応し、出力インピーダンスは2 Ωから0.1Ωに減少しています。

また、AD / DA コンバーターのSN 比が向上し、+19 / +4 dBu のリファレンス・レベルを本体で変更可能な物理スイッチやモバイルで使用時の盗難防止用K- スロットを新たに搭載するなど、Babyface Pro FS はオーディオ・インターフェイスの限界にチャレンジし続けるRME の集大成となる製品です。

■主な機能
o アルミ・ブロック削り出し加工の筐体
o 直感的で効率に優れたユーザー・インターフェイス
o 底面にマイク・スタンド・スレッド搭載、自由に配置可能
o すべての設定をリアルタイムに変更可能
o バッファー・サイズ/ レイテンシー設定:48~8192 サンプルから選択可能
o ADAT オプティカル(S/MUX) 経由で24bit/96kHz(4 チャンネル)、24bit/192
kHz(2 チャンネル) 録音・再生
o クロック・モード:スレーブ、マスター
o 高度なマスター / スレーブ・クロックを自動切換え
o ADAT モードでの優れたBitclock PLL( オーディオ同期)
o SteadyClock FS:ジッターの影響を受けない非常に安定したデジタル・クロック
o DDS テクノロジー:サンプル・レートを自由に設定
o SyncAlign:サンプル単位での正確な配列を保ち、チャンネル間のスワッピン
グを防止
o SyncCheck:入力信号の同期状態を監視し、その結果を表示
o TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完全な ASIO ダイレクト・モニ
タリング
o TotalMix:内部処理46 ビットの288 チャンネル・ミキサー
o TotalMix FX:3 バンド EQ、ロー・カット、リバーブ、エコー
o 1 x MIDI 入出力(16 チャンネル、ハイスピード MIDI)
o 2 x マイク入力( デジタル・コントロール、リファレンス品質)
o 2 x バランス・ライン出力、レベル:+19dBu
o 1 x ヘッドフォン出力、高および低インピーダンス・フォーン用に別個のドライ
バー段
o DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースでのレベル・メーター、Peak/RMS 計測

■入出力
o 最大12 入力 / 12 出力チャンネルを利用可能
o 4 系統のアナログ入力(Mic、Line、Instrument)
o 4 系統のアナログ出力(2 x XLR、2 x Phones)
o 1 系統のADAT I/O または 1 x SPDIF I/O オプティカル
o 1 系統のMIDI I/O(ブレークアウト・ケーブル経由)
o USB 2.0 端子 (USB 3 端子でも動作)
o 全入力にデジタル・ゲイン・コントロールを搭載
o ヘッドフォン

■動作環境
o Windows XP SP2 以上、Intel Mac OS X(10.6 以上)
o USB 2.0 または 3.0 端子 x 1
o Pentium Core 2 Duo 以上の CPU を搭載したコンピューター

※仕様変更によりUSB Type A to Bケーブルに加え、USB Type C to Bケーブルも同梱となりました 2020年11月

Babyface本体底面には3/8規格のネジ穴がございます。
代理店サイト案内ページ
https://synthax.jp/faq-babyface-pro-reader/items/bfp_faq19.html

類似品比較表

メーカー
UNIVERSAL AUDIO
ANTELOPE AUDIO
APOGEE
MOTU
AUDIENT
モデル名
商品画像
APOLLO TWIN USB Heritage Edition
Discrete 4 Synergy Core
Symphony Desktop
UltraLite AVB
iD22
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 96kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 2ch / 6ch 4ch / 4ch 2ch / 6ch 10ch / 8ch 2ch / 6ch
接続方式 USB3.0 Thunderbolt、USB2.0 USB2.0
(Type-C)
USB2.0 USB2.0

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.9)
  • レビュー数Reviews17
この商品のレビューを書く

2021/03/23

11111ちゃんと音楽する気になったら最初にこれ買うべき

投稿者名Reviewed byかまあげおうどん 【愛知県】

若い人でアマチュアでもプロでも、ちゃんと(本気で)音楽するなら最初にこれ買ってほしいです。
10万は覚悟のいる金額かもしれませんが、回り道せず、お金を無駄にしなくてすみます。
-
私はオーディオインターフェースやらアウトボードやらいろいろ回り道してきましたが
まず最初にこれ買いましょう。あなたの今後の機材観の基準としてください。私と同じ轍を踏まないでください。
-
特に出力が凄まじく、60万ぐらいするマスタリング用途のDAC並に20-50Hz 16-20kHzが綺麗です。
定位もモノの声やスィープサインを聞けばすべて目の前に音の柱が来ているように聞こえます。
奥行き方向の情報量も凄まじく、空間の音作りの良し悪しがよく分かります。
一番感服したのはトランジェントです。バスレフ9インチウーファーで30Hzにゴッっとアタック感を感じるなんてのは
他の10万台のインターフェイスでは存在しません。これはたっかいDACでも怪しいです。
-
それがUSBバスパワーでこのサイズで10万で実現できてるんです。間違いなくゲームチェンジャーです。
-
入力はあぁいつものRMEだなーって感じで、透明感はあるけど音はつまらないしMixに時間がかかります。
個人的にプラグインで録り音をいじるのは好きじゃないんですが、RME単体だといじくる必要があります。
ボーカルEQ苦手な人、時短したい人、本当に良い機材で録るとフェーダーとリバーブでほぼ音が完成することを知っている人は
良いマイクと良いマイクプリ買いましょう。これだけじゃだめです。でも良い機材の受け皿としては最高です。
-
DIも原音重視で透明感が仇となって、エレキ→RMEのDI→アンシミュは微妙です。いわゆる「デジタル感」な歪が耳障りになりがちです。
Aurora Audioとか良い感じに歪んで音が馴染むマイクプリのDIをかましましょう。
良いマイクプリを通せば割とアンシミュに拘らなくても音は良くなるものです。

レビューIDReview ID:116024

参考になった人数:12人

12 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/01/01

11111ほんとに素晴らしい

投稿者名Reviewed byunaho 【岡山県】

Y社の1.5万円を使っていましたが世界が変わりました。
10万円は高かったですがそれだけの価値を「実感」できる素晴らしいハードウエアです。
いままで「こういう音を聞いていのか」と客観的に判断できるようになります。
ヘッドフォンアンプとしても素晴らしいのでそれを考えると割安とも言えます。

レビューIDReview ID:112890

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/01/29

11111素晴らしいの一言

投稿者名Reviewed byAO 【福岡県】

スタ○ンバーグからの買い替えです。音の密度、質ともに格が違います。今までマイクを変えたりして一喜一憂していましたが、安いインターフェイスを使ったのでは根本は変わらないので、いつまでもお金の無駄遣いをした事でしょう。最初からこれを買えば良かったです。10万の出費はキツイですがそれに見合った性能だと思います。

レビューIDReview ID:112603

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/12/21

11111抜群の安定感と高解像度の音質、優れた携帯性が魅力的

投稿者名Reviewed byMax 【愛知県】

抜群の安定感と高解像度の音質、優れた携帯性が魅力的。
ADATを使わなくとも最大4chまでの入力が可能。
RME社のQuad MicIIを併用することにより備わっている4つのアナログ入力をフルに使う事ができてとても満足している。Babyface側の3/4(Instrument/Line)入力はアンバランス入力になっているがTSフォンケーブルでつなぐことができ問題なく使えている。
EVE Audioのスタジオモニターとの相性も非常に素晴らしい。

レビューIDReview ID:112440

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/12/21

11111素晴らしい!

投稿者名Reviewed bykohi 【東京都】

STEINBERGのUR-RT2を使用していましたがそれとは格が違います。

レビューIDReview ID:112309

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME ( アールエムイー )
Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

商品ID:269938

¥95,454(税抜)

(¥104,999 税込)

  • 送料無料

1,049ポイント内訳

  • 1,049Pt

    通常ポイント

  • 1,049Pt

    合計

閉じる

未定未定

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

同等品のオススメはこちら!

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top