ここから本文です

ムービングヘッドメンテナンス編②

2021-09-10

テーマ:実録 ! サービスマン日記, 照明

前回はムービングヘッド内のクリーニングについて紹介しましたが、今回はベルト交換について紹介していきます。

前回のブログはこちら

今回お預かりした機種はこちら

AMERICAN DJ FOCUSSPOTTHREEZ

 

モーターライズドズーム、モーターライズドフォーカス機能を持つムービングヘッド。ムービング初心者にもお勧めできるハイコストパフォーマンスなモデルです。

 

ムービングヘッドはモーターによってパンベルトとチルトベルトを動かすことにより左右上下の動きを制御します。
今回の個体は上下の動きが反応しなくなったということでお客様よりお預かり。お伺いした症状から、おそらくベルトに問題がありそうだな、とあたりをつけ分解してみると…

案の定、チルトベルトが切れていました。

ギアとベアリングには、ベルトが摩耗して削れたゴムが付着しています。
汚れが付いたままだとベルトへの負荷が増えてしまいますので、早速クリーニングを開始。

ブラシとスクレーパーでこびりついたゴムを除去。見違えるほどキレイになりました。

ギアとベアリングを灯体に戻し、新しいベルトの取り付け。仕上げにシリコンスプレーを塗布します。
このシリコンスプレーはシリコン被膜によってギアとベルトの滑りを良くします。
修理後も長くお使いいただけるよう、塗布箇所の状態で粘度や揮発性の違うシリコンスプレーを使用します。

ムービングヘッドに限らずですが、ベルトを使用している物は定期的な検査や交換が必要です。身近な物だと車のファンベルトやバイクのドライブベルトなどを想像していただければ分かり易いかと思います。

このベルトが切れる原因としては、ベルトを動かし続けることによって起こる摩耗熱によってベルト自体がすり減ったり、長期使用していて素材自体の劣化によってゴムにクラックが入り切れてしまったりというのが挙げられます。

車やバイクの様に1~2年毎、2万キロ毎に交換といった明確なルールはありませんが、長く使用するためには1年に1回はベルトの状態を確認していただければと思います。
AMERICAN DJとEK PROのムービングヘッドの場合、アーム片側の側面ネジを外すとベルトの状態を確認できます。分解をしない状態確認の方法としてはアームの隙間から黒い粉が出ていないかが見分けのポイントです。ベルトが摩耗して削れていたらゴムが粉状になり隙間から出てきます。その状態になったら交換のサインです。

この記事が役に立ち、機材を末長く使用していただくきっかけになれば幸いです。

技術サポート / 黒巣 翔太

音楽とお酒と自然で成り立っています。ギタークラフトやエフェクター製作の勉強を経てPAマンとなり、その経験を生かして修理業務に従事。

AMERICAN DJ / Focus Spot Three Z ムービングヘッド

AMERICAN DJ

Focus Spot Three Z ムービングヘッド

¥115,000(税込)

ムービングヘッド、100W LED、モーターライズドズーム、モーターライズドフォーカス

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量
 
 
 

カテゴリーから探す

ブログカレンダー

2021年10月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram