ここから本文です

DTM ためになる公式サイト4選

2020-09-10

テーマ:DTM・DAW

機材やソフトウェアの充実により、身近になったDTM。
ネット上ではDTMに関連する様々なWEBサイトが存在し、そういった情報を見ながら制作に励んでいる方も多いと思います。
実は、DTM系製品を扱うメーカーや代理店などの公式サイトでも、制作に役立ったり、関連する面白い記事を公開しているのですが、意外と知られていなかったりします。

今回は、初心者の方から、すでに色々活動しているという方まで、知っていて損はない公式ページをご紹介してみたいと思います!

https://www.minet.jp/brand/waves/top/

楽曲制作からミックス、マスタリングなど、様々なシーンで使われる定番プラグインを手掛けるメーカーWAVES。その国内代理店メディア・インテグレーションのWEBページでは、プロのエンジニアが、実際にどのようにサウンドを処理しているかを丁寧に解説するコンテンツが多数アップされています。

もちろんWAVES製品を使ったレクチャーになっているのですが、ミックスや個々の処理に対する考え方など、気をつけるべき所や実際のワークフローを動画で見ることもできて、DTMをやる人ならば必見の内容になっています。

また、本国WAVESのYouTubeチャネルは、更新頻度も高く、色々な動画が公開されています。

WAVES YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCPSRc34Vs-Nf_t1l3pS7peg

音声はもちろん英語ですが、動画によってYouTubeの自動翻訳機能などを利用すると、日本語コンテンツと同じ感覚で見ることもできます。 自動翻訳がうまく機能しなくても、音に関することなのでプラグイン画面とサウンドの変化を聞けば、言語は関係なく割と理解できたりもします。


HOOKUP https://hookup.co.jp/blog/category/interview

続いてはスタジオ定番のプロセッサーや、CPUに負荷をかけずにハイクオリティーなUADプラグインを利用できるapolloシリーズを擁するUniversal Audioの国内代理店HOOK UPのインタビューページ。
Universal Audioのハードウェアやプラグインを中心としつつ、IK MultimediaやExpressive Eなどにも触れている記事もアップされています。

こちらはエンジニアの方に加えて、凛として時雨のTK氏やHipHopプロデューサーのJust Blazeなど、アーティスト/プロデューサー系のインタビューも比較的多め。 内容も製品の使い方以外に、制作作業をする上でのこだわりや裏話などもあり、読み物としても楽しめます!

Universal Audio OX User File #001 : TK from 凛として時雨
https://hookup.co.jp/blog/26405

Universal Audio : Just Blaze への10の質問
https://hookup.co.jp/blog/6110


業界標準DAWシステムPro Toolsで知られるAVIDページでは、「顧客事例」として同社製品を使用している現場や作品を取り上げた記事をアップしていて、一部が日本語翻訳されています。
大規模なプロジェクトの使用例として、映画のサウンドに関わる事例なども多い点が特徴です。

例えば、「ミッション:インポッシブル」やホラー映画「IT/イット」の裏側での苦労やこだわり、AVID製品の活躍などを知ることができて、とても興味深い内容となっています。
楽曲制作とは違った趣ですが、どのような考えや作業を経て作品が生み出されているのかなど、読み応えのある記事になっています。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』制作任務を遂行
https://www.avid.com/customer-stories/mission-impossible-rogue-nation

『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のエディターおよびミキサー、Avidの制作ツールで古典ホラー映画を甦らせる
https://www.avid.com/customer-stories/it


https://www.snrec.jp/

最後に、ご存知の方も多いと思いますが、Sound & Recordingマガジンの公式ホームページ!
専門誌として機材/ソフトウェアの情報をお届けしている通称サンレコですが、WEB上でアーティストインタビューや製品レビュー、製作におけるTips記事などを一部無償で公開しています。有償コンテンツが元になっているだけあり、内容のクオリティーは折り紙付き。
WEBならではの機能として、関連記事へのリンクが表示されるのも嬉しいところ。
※月額を払うと全ての記事を見られるようになり、値段も手頃です。

以上、DTMに役立つ公式ページをご紹介してみました。
今回取り上げた以外のメーカーサイトでも、Q&Aに加えて製品の便利な使い方やコツなどが多く公開されています。
もしかしたら、お手持ちの製品の耳寄りな情報もあるかもしれません。
今回ご紹介したページと合わせて、ぜひ快適なDTMライフにお役立てください!

営業部 / 土屋 康雄

DTMやダンスミュージックを愛するスタッフ。打ち込み系の楽曲制作向けソフトやガジェットに精通しています。

 
 
 
セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2020年9月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top