ここから本文です

サウンドマート

YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5 定番スタジオモニター ペア

YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 定番スタジオモニター ペア

  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 定番スタジオモニター ペア 画像1
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 定番スタジオモニター ペア 画像2
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 定番スタジオモニター ペア 画像3
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
精確な再生能力、確かな音像定位、フラットな特性のHSシリーズ、2ウェイ、5インチ・パワード・スタジオモニター。70W大出力の高品位パワーアンプと厳選されたユニットを組み合わせることにより、54Hzから30kHzというワイドレンジを実現しています。
■パワードモニタースピーカー
■周波数特性:54Hz-30kHz
■コンポーネント:LF=5"コーン/HF=1"ドーム
■出力:LF45W/HF25W
■入力端子:XLR/PHONE(バランス)
■消費電力:45W
■寸法:170x285x222mm
■重量:5.3kg
※2本セットでの販売です。
~メーカーサイトの解説より~
■新『HSシリーズ』では、磁力線のフローを制御・均一化する先進的な磁気回路設計を施した新開発のトランスデューサーを採用し、音響部品の再選定・最適化を合わせて行うことで飛躍的な再生能力の向上を図りました。
『HS5』『HS7』『HS8』 には、新開発の高性能1インチドームツイーターと、共振を最小限に抑えるよう設計された肉厚ウェーブガイドを採用。この組み合わせにより高域の再生可能周波数が30kHzまで広がり、高域を正確かつスムーズに再生することができるようになりました。また、大型マグネットを採用した新規開発の専用のウーファーは、レスポンスと高耐入力に優れ、いかなる音量においても歪みの少ない制動感のある低域を実現しています。さらにウーファーリングやバスケットなどの音響部品の再選定、最適設計を行い、輪郭のある低域を実現しました。
■パワーアンプ部には、高域と低域のそれぞれの帯域を専用パワーアンプで増幅するバイアンプ方式を採用。各モデルに最適化された高性能アンプユニットは、常に高品位で音質変化の少ない均一なサウンドを提供します。
■『HSシリーズ』のエンクロージャーは、不要な共振を徹底的に排除し、原音再生の精度を高めるよう設計しています。高剛性で均一な音響特性を持つMDF材の採用に加え、接合には強度に優れた技法として古くから木材建築で用いられている三方留めを採用。木材の接合面に設けられた凹凸をすき間なく組み合わせることで、単純な面の接合とは比較にならない強度を確保し、共振によるノイズを低減します。
■リアパネルには、壁際にスピーカーを配置した際に低域が強調される点を補正し、正確なモニタリングを可能にするROOM CONTROLを搭載、また、HIGH TRIMも装備しており、部屋や用途に合わせた緻密なバランス設定が行えます。入力端子はXLR、TRSフォーン端子を併装し、ミキサーやキーボード、オーディオインターフェースからの出力など、あらゆるユースケースに柔軟に対応します。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.9)
  • レビュー数Reviews21
この商品のレビューを書く

2021/05/13

11111思ったより低音は出る

投稿者名Reviewed bymentalposition 【東京都】

基本的には、本製品の主目的通りモニタースピーカーとして使用することを前提としていましたが、邪道と思いつつリスニングでも使いたいと思い購入しました。
「低音があまり出ない」と言ったニュアンスのレビューも多く、リスニング用として使うならば心許ないと思っていましたが、製品が届き実際に鳴らしてみると、しっかりと低音が出ていました。
モニタリングと言っても、音楽のジャンルも様々ですから、低音の印象も人それぞれ変わるのかもしれませんが、R&B、Jazz、HipHop、Drum’n’Bass、Pop、Chillout系ミュージックなど鳴らしてみたところ、それぞれ好みの感じに近い出音でした。
特にDrum’n’Bassでは、鳴り過ぎない低域、浮遊感のあるシンセの奥行きが感じられ、「ずっと聴いていたい」と思えるほどです。
R&BやHipHopについては、6畳程度の部屋で聴く分には全く問題ないバランスで音が出ています。もっとも、本格的な音楽スタジオやClubで鳴らすような低音のボリュームを求めているならば「物足りない」ということになりますが、小スペースでのトラックメイキングやDJ、リスニングなどであれば、十分に音が出ていると感じます。
高域〜中域は非常に綺麗な出音でバランスが良いため、上述のDrum’n’BassやEDM系のベースミュージックなどのリスニング、DTMでのモニタリングには相性が良いと思います。
Jazzでは、いわゆる(真空管アンプにヴィンテージスピーカーのような)Jazz的セットアップのライブ感/艶やかさには届きませんが、ホーンやギター、ピアノなどは綺麗に出ますし、何より本スピーカーは定位に定評がありますので、そういう意味でのJazzのライブ感は感じられます。
映画ではどうなるかと思い、F8(ワイルドスピード ICE BREAK)でチェックしてみましたが、映画的なステレオ感が感じられ、なかなか楽しめます。
もっとも、音の感じ方は人それぞれですので、上述の音楽ジャンルなどにおいても、人によっては物足りなさやバランス感の違いがあるかもしれませんが、音質的には非常にバランスの取れた良いスピーカーだと思います。
又、シンプルな筐体に白いスピーカーコーン、光るYAMAHAのマークのシンプルデザインは、モノとしての魅力がありますね。

レビューIDReview ID:117919

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/12/13

11111流石YAMAHA

投稿者名Reviewed byplusaliceP273 【千葉県】

良い買い物でした!!

レビューIDReview ID:112160

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/07/06

11111モニター用途なのに感動

投稿者名Reviewed byK-Ishihara 【静岡県】

音楽制作のモニター用という真っ当な理由で試聴しましたが(当時は未購入)、単純に音楽を聴くという意味で感激しました。色付けがないのがモニタースピーカーというものだと思いますが、そのほうが音楽を聴くにもボーカルがまっすぐ聴こえてきて、演奏の細かなニュアンスが聴こえて、曲を聴いていても嬉しくなります。
 
昔のリファレンススピーカーやリファレンスヘッドホンは、モニター用と言う割には高域に癖があったり(同じヤマハのNS-10Mでもそうでしたし)、解像度がそんなにいいかな?と思うようなものがありましたが、これは本当に標準になる音を聴かせてくれます。
正直、自宅のテーブル上でモニターするにはこのHS5でもオーバースペック(パワーを出しきれない)なくらいで、もう一回り小型のものだと嬉しいくらいですが、そこを差し引いても素晴らしく「しっかり聴かせてくれる」スピーカーです。
 
(その後色々試聴しても結局これが一番良く、後日SOUNDHOUSEさんで購入しました。やはり、この派手でもなく地味でもない鳴り方は、リスニングにも制作にもとてもいいです。)

レビューIDReview ID:111455

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/19

11111シンセのモニター用に購入しました。

投稿者名Reviewed byたまねぎ 【三重県】

シンセのモニターが25年以上使っていてkronosの重圧な今どきの音だとビビるようになってきたので買い替えました。
自分には十二分な性能です。
4台のハードシンセで曲作りしてますが容量も大きいので音が重なっても十分余裕をもって出力してくれます。
アンプのボリュームはフルテン派なので音量はオーディオインターフェース側で行ってますが
電源入切時のポップノイズもヒスノイズもほとんど鳴りません。ていうかわかりません。
TritonExtの真空管ノイズのがよっぽど気になります。
TrebleもBassの補正も無いので(部屋に合わせて抑えるスイッチはある)かまぼこだったら嫌だなと心配したのですが
最初から全域でバランスのいい音が出てくれたので驚きました。
ただ開梱直後はもっさりしてましたが1時間ほどMP3鳴らしてコーンを動かしてあげたらハイもローも出てくれていい感じになりました。
猫にコーンを破られないかだけが心配です。

レビューIDReview ID:109097

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/05/16

11111解像度重視のリスニング用にも

投稿者名Reviewed byBuddhaSurfRECORDS 【千葉県】

販売するレコードの音質判定用に購入しました。
モニターヘッドフォンでも用は足りるのですが、長時間の作業になると側圧で耳たぶが痛くなるのでこのスピーカーと併用して使い分けています。
フラットにすべての音を出してくれるので、レコードのノイズや摩耗などのあら探しは十分にできます。
 また、迫力のある味付けがされたオーディオ製品を好まないわたしにとっては、解像度が高く演奏者の細かいニュアンスがきき取りやすいHS5は理想的なリスニング用スピーカーとしても高評価です。
決して迫力がないわけではなく、必要以上の味付けがないだけなのですが、そのあたりは好みによるかもしれません。ひとつの参考になさってください。

レビューIDReview ID:104069

参考になった人数:13人

13 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAMAHA ( ヤマハ )
HS5 定番スタジオモニター ペア

商品ID:184221

¥27,000(税込)

  • 送料無料

2,700ポイント(10%)内訳

  • 270Pt

    通常ポイント

  • 2,430Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 2,700Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram