ここから本文です

サウンドマート

YAMAHA ( ヤマハ ) / HS7 W スタジオモニター

YAMAHA ( ヤマハ )  / HS7 W スタジオモニター

  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS7 W スタジオモニター 画像1
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS7 W スタジオモニター 画像2
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
精確な再生能力、確かな音像定位、フラットな特性のHSシリーズ、2ウェイ、7インチ・パワード・スタジオモニター。95W大出力の高品位パワーアンプと厳選されたユニットを組み合わせることにより、43Hzから30kHzというワイドレンジを実現しています。

同等品の
オススメは
こちら!

■パワードモニタースピーカー
■周波数特性:43Hz-30kHz
■コンポーネント:LF=6.5"コーン/HF=1"ドーム
■出力:LF60W/HF30W
■入力端子:XLR/PHONE(バランス)
■消費電力:55W
■寸法:210x332x284mm
■重量:8.2kg
~メーカーサイトの解説より~
■新『HSシリーズ』では、磁力線のフローを制御・均一化する先進的な磁気回路設計を施した新開発のトランスデューサーを採用し、音響部品の再選定・最適化を合わせて行うことで飛躍的な再生能力の向上を図りました。
『HS5』『HS7』『HS8』 には、新開発の高性能1インチドームツイーターと、共振を最小限に抑えるよう設計された肉厚ウェーブガイドを採用。この組み合わせにより高域の再生可能周波数が30kHzまで広がり、高域を正確かつスムーズに再生することができるようになりました。また、大型マグネットを採用した新規開発の専用のウーファーは、レスポンスと高耐入力に優れ、いかなる音量においても歪みの少ない制動感のある低域を実現しています。さらにウーファーリングやバスケットなどの音響部品の再選定、最適設計を行い、輪郭のある低域を実現しました。
■パワーアンプ部には、高域と低域のそれぞれの帯域を専用パワーアンプで増幅するバイアンプ方式を採用。各モデルに最適化された高性能アンプユニットは、常に高品位で音質変化の少ない均一なサウンドを提供します。
■『HSシリーズ』のエンクロージャーは、不要な共振を徹底的に排除し、原音再生の精度を高めるよう設計しています。高剛性で均一な音響特性を持つMDF材の採用に加え、接合には強度に優れた技法として古くから木材建築で用いられている三方留めを採用。木材の接合面に設けられた凹凸をすき間なく組み合わせることで、単純な面の接合とは比較にならない強度を確保し、共振によるノイズを低減します。
■リアパネルには、壁際にスピーカーを配置した際に低域が強調される点を補正し、正確なモニタリングを可能にするROOM CONTROLを搭載、また、HIGH TRIMも装備しており、部屋や用途に合わせた緻密なバランス設定が行えます。入力端子はXLR、TRSフォーン端子を併装し、ミキサーやキーボード、オーディオインターフェースからの出力など、あらゆるユースケースに柔軟に対応します。

※一本単位での販売となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.5)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2023/10/13

11111高音から中音までの再生はとてもいいです。

投稿者名Reviewed byAbleton Newbee 【千葉県】

スタジオモニターはFOSTEX PM 0.4nしか使ったことなかったので、それと比べるとクリアで分離がよく、中域以下の音が量感があります。ベースギターの音が聞こえるようになって、バスドラはしっかり再生されています。調べたところ、レギュラーチューニングのベースギターの一番低い音以外の音とバスドラの音は再生可能な帯域のようです。ギター、ボーカル、ピアノなどはとてもクリアで質感があがり各音の存在感がまるで違います。
spotifyを使っていたのですが、ベースギターの音が潰れて他の楽器に被って不快だったので、Amazon Music HDに変更したところ、ベースがクリアになり他の音と分離していい感じになりました。
音質が上がって、音楽がより楽しめているので、買ってよかったです。
使用機器は、下記です。
macbook pro > SSL 2 > HS7

レビューIDReview ID:143924

参考になった0

2016/10/09

1111使用目的と価格

投稿者名Reviewed bysarps 【長崎県】

スピーカーフェチで申し訳ない、興味本位のみで購入してしまいました。

だがレビューを書きたくなってしまうこのスピーカーの存在 笑

とあるプリプロスタジオのリニューアルに導入しました。

このスピーカーの良さは『音色が気にならないところ』それに尽きます。
各音色選びで足が止まりがちなこだわり派のみなさん!そんな方はこれに決まりです!

私もそんな中の一人!!笑
デモ製作用に使用していますが上記理由だけで購入した甲斐があったと思っています。

実際モニタースピーカーとしてはどうなのかというと..

そもそもモニタースピーカーとはモニタースピーカーとしてのジャンルがあることは確かですがそもそもがまちがいであることについては省略するが、

本スピーカーは価格も低くリーズナブル、低域は不足がちだが全体的にバランスも良く音の分離も良く音の癖を排除して再生しているようにも感じる、それがこのスピーカーの癖とも言えるのかもしれないが、見えないところも見えてくる感はある。

それらの点からいえば費用対効果はかなりのポテンシャルを持っていると感じた。

何よりも冒頭に書いた『音色云々気にならない』音を出す凄さを私は一番かっています。

レビューIDReview ID:66919

参考になった6

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAMAHA ( ヤマハ )
HS7 W スタジオモニター

商品ID:192127

¥26,080(税込)

  • 送料無料

1,303ポイント(5%)内訳

  • 260Pt

    通常ポイント

  • 1,043Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 1,303Pt

    合計

閉じる

入荷未定入荷未定

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

同等品のオススメはこちら!

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram