ここから本文です

サウンドマート

YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5 W 定番スタジオモニター

YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 W 定番スタジオモニター

  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 W 定番スタジオモニター 画像1
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HS5 W 定番スタジオモニター 画像2
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
精確な再生能力、確かな音像定位、フラットな特性のHSシリーズ、2ウェイ、7インチ・パワード・スタジオモニター。95W大出力の高品位パワーアンプと厳選されたユニットを組み合わせることにより、54Hzから30kHzというワイドレンジを実現しています。

同等品の
オススメは
こちら!

■パワードモニタースピーカー
■周波数特性:54Hz-30kHz
■コンポーネント:LF=5"コーン/HF=1"ドーム
■出力:LF45W/HF25W
■入力端子:XLR/PHONE(バランス)
■消費電力:45W
■寸法:170x285x222mm
■重量:5.3kg
~メーカーサイトの解説より~
■新『HSシリーズ』では、磁力線のフローを制御・均一化する先進的な磁気回路設計を施した新開発のトランスデューサーを採用し、音響部品の再選定・最適化を合わせて行うことで飛躍的な再生能力の向上を図りました。
『HS5』『HS7』『HS8』 には、新開発の高性能1インチドームツイーターと、共振を最小限に抑えるよう設計された肉厚ウェーブガイドを採用。この組み合わせにより高域の再生可能周波数が30kHzまで広がり、高域を正確かつスムーズに再生することができるようになりました。また、大型マグネットを採用した新規開発の専用のウーファーは、レスポンスと高耐入力に優れ、いかなる音量においても歪みの少ない制動感のある低域を実現しています。さらにウーファーリングやバスケットなどの音響部品の再選定、最適設計を行い、輪郭のある低域を実現しました。
■パワーアンプ部には、高域と低域のそれぞれの帯域を専用パワーアンプで増幅するバイアンプ方式を採用。各モデルに最適化された高性能アンプユニットは、常に高品位で音質変化の少ない均一なサウンドを提供します。
■『HSシリーズ』のエンクロージャーは、不要な共振を徹底的に排除し、原音再生の精度を高めるよう設計しています。高剛性で均一な音響特性を持つMDF材の採用に加え、接合には強度に優れた技法として古くから木材建築で用いられている三方留めを採用。木材の接合面に設けられた凹凸をすき間なく組み合わせることで、単純な面の接合とは比較にならない強度を確保し、共振によるノイズを低減します。
■リアパネルには、壁際にスピーカーを配置した際に低域が強調される点を補正し、正確なモニタリングを可能にするROOM CONTROLを搭載、また、HIGH TRIMも装備しており、部屋や用途に合わせた緻密なバランス設定が行えます。入力端子はXLR、TRSフォーン端子を併装し、ミキサーやキーボード、オーディオインターフェースからの出力など、あらゆるユースケースに柔軟に対応します。

※1本単位での販売となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2021/08/13

1111モニタースピーカーとしてはちょっと厳しいが、とにかく安い。

投稿者名Reviewed bytdkr 【東京都】

同社MSP5 studioをメインに使っていましたので、そちらとの比較など
まずこの製品を一言でまとめると、とにかく安い及第点のモニタースピーカー です。
製品自体に関しては、ペア3万円位の3〜5インチで迷っているならまずこれを買えば良いんじゃないかな と言う感じ。とにかく、性能に対しては非常に安いです。
(モニターを値段で選ぶのはどうなのか と言う点もありますが)
特徴としては、
高域:伸びは悪くないです。フラットな感じ
中域:解像度がちょっと厳しいです。オケ中ではボーカルが奥まった感じ。ですが、楽器などは自然かと。
低域:出てはいますが、チェック不可。モニターとしては×。
全体的に、そつのない鳴りをしている優等生と言う印象です。
悪く言うと、ぼやけた感じで全体的に締まりのない音で、元気が無いです。
良く言うと、アコースティックな感じ。MSP5の様な固さが無く自然。
好みが分かれるところかな と思います。
MSP5 Studioと比べてみました。
やはり比較してしまうと、モニターの役割としては不十分さを感じます。
違いが大きい所は低域と、中高域の解像度です。
特に低域はMSP5は一本で完結出来ますが、HS5はヘッドフォンなどが必要になってきます。
ここがポイントで、いくら安くてもモニタースピーカーとして一本で完結できないと言う所がこのスピーカーの最大の弱点だと感じました。
ですので、上記にも挙げましたがいくら安くても、このポイントに納得できないのであればMSP5以上のスピーカーを買った方が良いです。逆にコスパが悪くなってしまいます。
と言った点が、比較して視聴した印象です。
比較してしまえば、どのスピーカーもそれまでですが、モニター用途ならHS5はちょっと微妙かなと思います。
ただし、性能に対する値段はとても安いですし、リスニング用途など、割り切って使う分にはおすすめです。
自分は、サブ用のチェック機として使おうと思っています。
あと、スピーカーの比較視聴は初めてやりましたが、ここまで差が明確だとは思わず・・・
MSP5も値段相応かな と思いますので、次はペア10万以上の機種も買ってみようと思いました。

レビューIDReview ID:121005

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAMAHA ( ヤマハ )
HS5 W 定番スタジオモニター

商品ID:192126

¥13,500(税込)

  • 送料無料

1,350ポイント(10%)内訳

  • 135Pt

    通常ポイント

  • 1,215Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 1,350Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram