ここから本文です

DTMセール情報まとめ

RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像1
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像2
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像3
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
コンパクトかつ正確なDA コンバージョンを実現するオーディオインターフェイス。メーカー生産の都合上、入荷未定となり、販売を見合わせております。納期はお問い合わせいただいてもご案内ができない状況となりますため予めご了承ください。


■オーディオインターフェイス
■SteadyClock FS搭載
■最大12イン/12アウト
■24 Bit/192 kHz USB2.0

日々進化を続けるRMEの最新テクノロジーが搭載されたBabyface Pro FSが登場。

RMEインターフェイスに搭載されるSteadyClockテクノロジーは安定したクロック同期を可能にするだけでなく揺らぎのない正確なDA コンバージョンを行い、かつてないクリーンなサウンドを可能にします。最新モデルのBabyface Pro FS は、精度が1000 兆分の1 秒(フェムト秒)単位に向上された次世代バージョンの「SteadyClock FS」を搭載します。これは高性能クロック・ジェネレーターの先を行く精密さと言えます。

ヘッドフォン、イヤフォンでの再生環境が重要視される近年、制作サイドでの正しいモニタリング環境の構築は不可欠となりました。Babyface Pro FS には、TRS とミニジャック端子の2 つのヘッドフォン出力が搭載され、ハイ・インピーダンス(ヘッドフォン)とロー・インピーダンス(インイヤー・モニター)に最適な独立したドライバー・ステージを備えます。これによりあらゆる種類のヘッドフォンに対応可能で、常に本来のベストなサウンドを引き出します。AD/DA コンバーターとして最高峰のスペックを誇るADI-2 Pro FS と同じオペアンプを使用し、両端子の出力THD は最大10 dB 改善されました。さらに、3.5 mm TRS フォン出力は最大90 mW まで対応し、出力インピーダンスは2 Ωから0.1Ωに減少しています。

また、AD / DA コンバーターのSN 比が向上し、+19 / +4 dBu のリファレンス・レベルを本体で変更可能な物理スイッチやモバイルで使用時の盗難防止用K- スロットを新たに搭載するなど、Babyface Pro FS はオーディオ・インターフェイスの限界にチャレンジし続けるRME の集大成となる製品です。

■主な機能
o アルミ・ブロック削り出し加工の筐体
o 直感的で効率に優れたユーザー・インターフェイス
o 底面にマイク・スタンド・スレッド搭載、自由に配置可能
o すべての設定をリアルタイムに変更可能
o バッファー・サイズ/ レイテンシー設定:48~8192 サンプルから選択可能
o ADAT オプティカル(S/MUX) 経由で24bit/96kHz(4 チャンネル)、24bit/192
kHz(2 チャンネル) 録音・再生
o クロック・モード:スレーブ、マスター
o 高度なマスター / スレーブ・クロックを自動切換え
o ADAT モードでの優れたBitclock PLL( オーディオ同期)
o SteadyClock FS:ジッターの影響を受けない非常に安定したデジタル・クロック
o DDS テクノロジー:サンプル・レートを自由に設定
o SyncAlign:サンプル単位での正確な配列を保ち、チャンネル間のスワッピン
グを防止
o SyncCheck:入力信号の同期状態を監視し、その結果を表示
o TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完全な ASIO ダイレクト・モニ
タリング
o TotalMix:内部処理46 ビットの288 チャンネル・ミキサー
o TotalMix FX:3 バンド EQ、ロー・カット、リバーブ、エコー
o 1 x MIDI 入出力(16 チャンネル、ハイスピード MIDI)
o 2 x マイク入力( デジタル・コントロール、リファレンス品質)
o 2 x バランス・ライン出力、レベル:+19dBu
o 1 x ヘッドフォン出力、高および低インピーダンス・フォーン用に別個のドライ
バー段
o DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースでのレベル・メーター、Peak/RMS 計測

■入出力
o 最大12 入力 / 12 出力チャンネルを利用可能
o 4 系統のアナログ入力(Mic、Line、Instrument)
o 4 系統のアナログ出力(2 x XLR、2 x Phones)
o 1 系統のADAT I/O または 1 x SPDIF I/O オプティカル
o 1 系統のMIDI I/O(ブレークアウト・ケーブル経由)
o USB 2.0 端子 (USB 3 端子でも動作)
o 全入力にデジタル・ゲイン・コントロールを搭載
o ヘッドフォン

■動作環境
o Windows XP SP2 以上、Intel Mac OS X(10.6 以上)
o USB 2.0 または 3.0 端子 x 1
o Pentium Core 2 Duo 以上の CPU を搭載したコンピューター

※仕様変更によりUSB Type A to Bケーブルに加え、USB Type C to Bケーブルも同梱となりました 2020年11月

Babyface本体底面には3/8規格のネジ穴がございます。
代理店サイト案内ページ
https://synthax.jp/faq-babyface-pro-reader/items/bfp_faq19.html

類似品比較表

メーカー
UNIVERSAL AUDIO
ANTELOPE AUDIO
APOGEE
MOTU
AUDIENT
モデル名
商品画像
APOLLO TWIN USB Heritage Edition
Discrete 4 Synergy Core
Symphony Desktop
UltraLite AVB
iD22
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 96kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 2ch / 6ch 4ch / 4ch 2ch / 6ch 10ch / 8ch 2ch / 6ch
接続方式 USB3.0 Thunderbolt、USB2.0 USB2.0
(Type-C)
USB2.0 USB2.0

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.9)
  • レビュー数Reviews23
この商品のレビューを書く

2022/05/24

11111個人自宅用IFのゴール地点

投稿者名Reviewed byねこだまし 【埼玉県】

現行2out(物理)デスクトップ型IF全モデル中、色付けのないモニター精度だけで見れば世界最高峰ではないでしょうか?出音の正確性に定評のあるRMEですが、価格グレードの差はch数のみとメーカーが公言してるとあって、その中でも最新のFS搭載のこちらのモデルを購入すればこの価格でフラグシップ以上の音質が手に入る、となればコスパは最強です。この機器のモニターoutから出力される音を基準としてまず間違いはないと思ってます。これで聴いてダメなら他に問題があります。このクラスになると後は好みの問題、それ以上なら高級プロ機材ですかね?
入口出口共に癖もなく解像度の高い、汚し甲斐のあるいい音です。
面白いのがヘッドホンの周波数レンジの差が如実に聴き取れる所。
内臓マイクプリはXLR入力の2chのみ。同価格帯で候補にAPOLLO TWIN Xがありますが出力音質はこちらが2段上です。APOLLOは機能面の多様性と出力数、何よりUADプラグインが使える点でアドバンテージがありましたが、UADサブスク解禁以降内部DSP処理が現代の高スペックPC環境においては逆にネックになり、機器としてのアドバンテージは失われていくことが予想されます。AntelopeのAFXも気になりますが現状既得権益を獲得してるUADに軍配が上がりそうなので、ギターにUADのプリアンプエミュレートPIを掛け録りしたい等ではなく、Win環境で迷ったらこちらを購入してUAD Sparkを待つのが吉かと。
但しアナログ出力がXLR2chしかなく初心者にはとっつきにくい点、モニターSpを複数切り替えて使用したい場合は繋ぎ変えるか同社製マイクプリやコンバーターの接続、高品位なパッシブセレクター等で出力信号に極力影響を与えない様分岐する必要がある点がネックです。
TotalMixについては出来ないことはない位何でも出来て便利です。ミキサーGUIの出力したいchを選択の上、任意の入力chのフェーダーを上げる基本操作さえ押さえておけば、ある程度慣れてる人なら感覚で操作出来るかと思います。
ドライバーもRyzen、Intel環境下共に非常に安定してます。
あくまで主観ですのでご参考までに。

レビューIDReview ID:130018

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2022/02/17

11111高品質

投稿者名Reviewed by通りもん 【神奈川県】

一年半使用した感想を書きます。
主にアコギのマイク録り、エレキギター、ベース、キーボードのライン録りとそのミックスに使っています。
音の方は低域から高域までクリアに出してくれて判断がしやすいです。
音が硬いという方もいますが、むしろこれがフラットなのではないかと思います。
マイクプリはスッキリとしたクリアな音質でとても上質です。ある意味味付けのない音なので、これがばっちりハマる時もあれば、少し物足りないと感じる時もあります。
物足りない時はマイクプリアンプ単体機を使って味付けします。接続はマイクプリから入力3か4にTRSケーブルで接続して使用しています。
付属のミキサーソフトTotal Mixは使いやすいです。
何より安定性が高く、M1 Macで使っていますがトラブルになったことがありません。
基本的に掛け録りできるのはEQのみですが、ループバックを使用するとリバーブも掛け録りできる事が最近分かりました。
それと誤ってマスターのフェーダーを0dbまで上げて音を出すととんでもない爆音で鳴ってしまうのでそれだけ注意が必要です。
盤面の物理ボタン操作は覚えてしまえば簡単ですが、そこまで直感的ではないと感じました。
私の場合はスピーカーとヘッドホンの音量操作くらいにしか使ってません。
それと、最初にシンタックスのページからFireface USBとTotal Mixをダウンロードします。
ダウンロードできない場合は環境設定でセキリティとプライバシーの欄をチェックしてください(Mac)。私はその辺で苦戦しました。
総評としては文句なしの商品です。
安いインターフェースを何個か渡り歩いてから辿り着くより、いきなりこれを購入してしまう方が遥かに金銭的、時間的コスパが高いので長期的にDTMを続けるのであれば迷わず買う事をお勧めします。

レビューIDReview ID:127142

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/08/08

11111良い

投稿者名Reviewed by阿部 【宮城県】

良いものなので持ってるだけで気分が上がります。

レビューIDReview ID:120876

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/07/27

11111最強の機器

投稿者名Reviewed byライト 【神奈川県】

音楽をしっかり取り組みたいと思うのであれば、これを音の基準として考えて欲しいです。下記レビューにもありますが、安い物を使ってると感覚がどうしても掴みにくく、作品としても微妙な感じになります。
以前まで使ってたURCシリーズと諸々音の比較をしてみたのですが、URの方は音が単に良いというだけで、パッとする感覚は掴めなかったです。確かにこちらも音は良いんですけど。
RMEシリーズは音の輪郭がしっかり分かる、それでいてURと比較してもバランスの差が歴然で、mixの際に調整がしやすさが圧倒的でした。
まずビックリしたのはtotal mixの使いやすさですね。イコライザー、リバーブ等は全部DSPが入っているのでPCに負荷がかかる事は無いですし(コンプレッサーは(BabyFaceには付いてません)、本体に触れること無く、total mixだけで全ての操作が可能なので、傷を付けたくないという方もこの機能は嬉しいんじゃないでしょうか。
出音の感覚は、何も装飾せずに本来その音源から出た音を忠実に出力してると思います。個人的にはそれがかなり安心出来る要素になりました。
出音とTotal Mixは完璧と言わざるを得ないと思います。ただマイクプリは少しぼやけてるかなと感じたのは否めないですね、輪郭が足らない感じ。ただこれもバカには出来なくて、少なくとも5万円台のオーディオインターフェースには確実に勝てる音をしてます。
ちなみに他の同等製品との比較で、Apollotwinは、出音は迫力を加えた感覚、個人的にはこの点は装飾して無いRMEを推します。ただマイクプリはこちらの方が強いと感じました。余裕がある人はどちらも持っておくと最強の環境が整うかもしれませんね、利便性は無いと思いますけど。
耐久性は購入したばかりなので分かりませんが、10年保証を謳ってるくらいなので安心かと思います。墓まで持ってく。

レビューIDReview ID:120480

参考になった人数:10人

10 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/07/22

11111モニタしやすくて良いです

投稿者名Reviewed bystamp 【山梨県】

音声編集のモニタ用として購入。
1万円台の入門機種と比較して低域から高域まで聴きやすい。
音のキレが良く、中域のモヤがなくなったように感じます。
高価な買い物でしたが長く愛用していきたいと思います。

レビューIDReview ID:120303

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME ( アールエムイー )
Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

商品ID:269938

¥129,800(税込)

  • 送料無料

1,298ポイント(1%)内訳

  • 1,298Pt

    通常ポイント

  • 1,298Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

販売停止中

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

同等品のオススメはこちら!

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram