ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像1
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像2
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像3
  • RME ( アールエムイー )  / Babyface Pro FS オーディオインターフェイス 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
コンパクトかつ正確なDA コンバージョンを実現するオーディオインターフェイス。

同等品の
オススメは
こちら!


■オーディオインターフェイス
■SteadyClock FS搭載
■最大12イン/12アウト
■24 Bit/192 kHz USB2.0

日々進化を続けるRMEの最新テクノロジーが搭載されたBabyface Pro FSが登場。

RMEインターフェイスに搭載されるSteadyClockテクノロジーは安定したクロック同期を可能にするだけでなく揺らぎのない正確なDA コンバージョンを行い、かつてないクリーンなサウンドを可能にします。最新モデルのBabyface Pro FS は、精度が1000 兆分の1 秒(フェムト秒)単位に向上された次世代バージョンの「SteadyClock FS」を搭載します。これは高性能クロック・ジェネレーターの先を行く精密さと言えます。

ヘッドフォン、イヤフォンでの再生環境が重要視される近年、制作サイドでの正しいモニタリング環境の構築は不可欠となりました。Babyface Pro FS には、TRS とミニジャック端子の2 つのヘッドフォン出力が搭載され、ハイ・インピーダンス(ヘッドフォン)とロー・インピーダンス(インイヤー・モニター)に最適な独立したドライバー・ステージを備えます。これによりあらゆる種類のヘッドフォンに対応可能で、常に本来のベストなサウンドを引き出します。AD/DA コンバーターとして最高峰のスペックを誇るADI-2 Pro FS と同じオペアンプを使用し、両端子の出力THD は最大10 dB 改善されました。さらに、3.5 mm TRS フォン出力は最大90 mW まで対応し、出力インピーダンスは2 Ωから0.1Ωに減少しています。

また、AD / DA コンバーターのSN 比が向上し、+19 / +4 dBu のリファレンス・レベルを本体で変更可能な物理スイッチやモバイルで使用時の盗難防止用K- スロットを新たに搭載するなど、Babyface Pro FS はオーディオ・インターフェイスの限界にチャレンジし続けるRME の集大成となる製品です。

■主な機能
o アルミ・ブロック削り出し加工の筐体
o 直感的で効率に優れたユーザー・インターフェイス
o 底面にマイク・スタンド・スレッド搭載、自由に配置可能
o すべての設定をリアルタイムに変更可能
o バッファー・サイズ/ レイテンシー設定:48~8192 サンプルから選択可能
o ADAT オプティカル(S/MUX) 経由で24bit/96kHz(4 チャンネル)、24bit/192
kHz(2 チャンネル) 録音・再生
o クロック・モード:スレーブ、マスター
o 高度なマスター / スレーブ・クロックを自動切換え
o ADAT モードでの優れたBitclock PLL( オーディオ同期)
o SteadyClock FS:ジッターの影響を受けない非常に安定したデジタル・クロック
o DDS テクノロジー:サンプル・レートを自由に設定
o SyncAlign:サンプル単位での正確な配列を保ち、チャンネル間のスワッピン
グを防止
o SyncCheck:入力信号の同期状態を監視し、その結果を表示
o TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完全な ASIO ダイレクト・モニ
タリング
o TotalMix:内部処理46 ビットの288 チャンネル・ミキサー
o TotalMix FX:3 バンド EQ、ロー・カット、リバーブ、エコー
o 1 x MIDI 入出力(16 チャンネル、ハイスピード MIDI)
o 2 x マイク入力( デジタル・コントロール、リファレンス品質)
o 2 x バランス・ライン出力、レベル:+19dBu
o 1 x ヘッドフォン出力、高および低インピーダンス・フォーン用に別個のドライ
バー段
o DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースでのレベル・メーター、Peak/RMS 計測

■入出力
o 最大12 入力 / 12 出力チャンネルを利用可能
o 4 系統のアナログ入力(Mic、Line、Instrument)
o 4 系統のアナログ出力(2 x XLR、2 x Phones)
o 1 系統のADAT I/O または 1 x SPDIF I/O オプティカル
o 1 系統のMIDI I/O(ブレークアウト・ケーブル経由)
o USB 2.0 端子 (USB 3 端子でも動作)
o 全入力にデジタル・ゲイン・コントロールを搭載
o ヘッドフォン

■動作環境
o Windows XP SP2 以上、Intel Mac OS X(10.6 以上)
o USB 2.0 または 3.0 端子 x 1
o Pentium Core 2 Duo 以上の CPU を搭載したコンピューター

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.9)
  • レビュー数Reviews8
この商品のレビューを書く

2020/09/21 

11111Babyface proを買いました。

投稿者名Reviewed byLyla 【三重県】

FSと前モデルを比較する機会があったので比べてみました。
宣伝ではデータ上はこれだけ変わったと記録がいくつかあがっていますが、実際検証するとレコーディングスタジオレベルで何度か確かめて僅かにやっと違いが出る音質の差でした。
これはFSが悪いのではなく、前モデルの音がそれだけ良かったということです。
ちなみに初代BabyfaceとBabyface proはどの環境で聞いても明確に音が変わりました。
(DTM系のレビューブログ見ても大半が”私の耳には前機種との違いは分かりませんでしたが測定上では音質が上がっているみたいです。”と書かれています。
お金もらって書いてる以上、皆さんそれなり以上に再生環境にお金を使っている人がです。)
一般家庭の環境じゃブラインドテストしても誰もまともに正解出来ないと思います。
簡単に音が前モデルと変わったと書いてるレビューは”私は発電所から専用線で我が家まで電力を引っ張り込んでいます。”のコピペと同レベルだと思ったほうがいいです。
オーディオ系にはよくあることです。
USBクラスコンプライアントのモード等FSにしか無い機能にちゃんと目的があるかプラシーボ効果を体験したい方にはこちらのFSをオススメします。
私はフェムト秒のクロックにもそこまで関係ある使用環境では無いので前モデルのBabyface proを7万で買いました。

レビューIDReview ID:109154

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/11 

11111完璧な安定度

投稿者名Reviewed byじゃっく 【茨城県】

ロケ収録の現地での簡易編集のために購入。
それ用にはApogee Duetを使っていましたが浮気。
まずドライバの安定度がはんぱなく、サンプリングレート切り替えも素早いです。
バッテリ駆動時のラップトップのUSBという信用ならんポートに接続しても
なんら問題なく動き続けるのはすごいです。
ファンタムの電流が足りなくなって0 dBFS以下で歪むなんてこともありません。
ヘッドホンアンプはバスパワーの都合上、あんまり出力ないんですが
ローインピーダンスのモニタ用ヘッドホンなら特に問題なし。
入出力レベルも+24dBu欲しかったんですが、まあ問題なし。
とにかく問題が発生しないのでストレスなく制作を行いたい人には非常におすすめです。

レビューIDReview ID:108722

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/08

11111敢えて

投稿者名Reviewed byYU-G 【大阪府】

音質のことはみんな書いてるのでもう書かない。
書く必要がない。
見た目が好き。
完璧だと思う。

レビューIDReview ID:105029

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/06

11111USBバスパワーで高音質を追求するなら、ベストな選択

投稿者名Reviewed bykenchan 【千葉県】

本製品の評判を聞いて、思い切って購入しました。以前1万5千円のオーディオインターフェイスを使用していた時は、これでも十分な音質と思っていましたが、本製品に変えると明らかに解像度が上がりました。
特に、ヘッドホンアンプの性能が良く、ハイインピーダンスのモニターヘッドホンATH-R70xで効果的でした。
また、ニコニコ動画やYouTube等の圧縮音源でも音質向上が顕著だったのは驚きました。
USBバスパワーのコンパクトなオーディオインターフェイスで高音質を追求するなら、ベストな選択だと思います。

レビューIDReview ID:104951

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/04/30

11111戻ってきた男

投稿者名Reviewed bytesi 【愛知県】

20年近くのRMEファン。
マルチフェイスに憧れた10代。800に憧れた20代。アラサーでようやくUFX(初代)、初代ベビーフェイス。仕事に追われ手放したり買ったり。復帰後もしばしMOTU、UAに浮気。と言うか色々浮気。
で、ベビーFSが相当いいと噂聞く。
懐かしさで出戻り。やっぱりいい。
こんなに良いのかと、回り道したから余計わかる。
初代ベビーは言うほど良くなかったので弱冠不安だったが、
見事。多分初代UFXの音質は半分以下の価格で確保できてる。
むしろ艶が出た。
で、むかーしのxpのパソコンにも未だに対応。
昔のpcでしか動かないソフトシンセや、プラグインも行ったり来たり出来る。バスパワーの恩恵。おまけにマックもウィンも安定。必要なのはUSBCのコネクタくらい。
設計上バスパワーの音質劣化もほぼ無い。
唯一のわがままを言えば、アナログイン3-4の一つはHIZじゃなく、純粋なTRSライン入力が良かった。
一度に2個HIZ接続する事少ないだろうて。
でもそれやったら、多分上(UFX)売れんやろな。
あと、操作系はUAの方が分かりやすいしやりやすい。
流行るわけだ。
これ以上進化させるのが難しいと思うくらい出来がいい。
体感的にはApolloの1、5倍音質。
この上行くならアンテのオーロラかな。
アポギーのデスクトップ気になるけど、
おそらくDAは超えてこないだろう。
3-4万の差は総合的にないだろう。
リセールもこっちのが上。
まぁとにかく
おすすめ

レビューIDReview ID:103326

参考になった人数:19人

19 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME ( アールエムイー )
Babyface Pro FS オーディオインターフェイス

商品ID:269938

¥95,454(税抜)

(¥104,999 税込)

  • 送料無料

1,049ポイント内訳

  • 1,049Pt

    通常ポイント

  • 1,049Pt

    合計

閉じる

約1ヶ月約1ヶ月

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top