ここから本文です

サウンドマート

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA73-EQ

  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
ヴィンテージ・マイクプリの名機「1073」のサウンドをターゲットに開発されたマイクプリアンプの1チャンネル・EQ付チャンネルストリップ・バージョン。カスタムCarnhillトランスなどの厳選されたパーツとハンドワイヤード製法を採用しながらも優れたコストパフォーマンスを実現。あらゆるマイク、ソースで優れた音質を発揮するおすすめのマイクプリアンプ/EQです。
■チャンネルストリップ

多くのエンジニアを魅了し、過去50年間のポップス/ロックレコードのサウンドを決定づけてきたマイクプリアンプ「1073」。今日もなお、至高のマイクプリアンプとして知られています。WARM AUDIOのWA73シリーズは、そのクラシックなブリティッシュ・プリアンプを、シングル/デュアル/EQバージョンの多彩なバリエーションで、オリジナルの回路設計に敬意を払いつつ丁寧に再構築しました。

WA73-EQは、デザインとパフォーマンスの双方において英国製コンソールの歴史に敬意を払って設計されています。ヴィンテージユニット特有のトーンと甘いサウンドキャラクターは、個性的かつ親しみがあります。正確なレプリカをリリースしたいというWARM AUDIOの信念のもと、数年間のR&D、慎重なリバースエンジニアリング、無数のオーディションを経て、このWA-73EQが誕生しました。

オリジナルの1073は、コンデンサー/ダイナミック/リボンマイク等、多彩なマイクに対応できるツールとして知られていました。本機も同様に、全てのタイプのマイクとソースで使用可能。80dBのゲインと、完全ディスクリートのCarnhillトランスバランス信号パス、多彩な3バンド・インダクターEQにより、WA73-EQに処理できないレコーデイング/ミキシング/エンジニアリング作業はありません。

-手作業による結線
オリジナルの1073と同様に、WA73-EQもハンドワイヤード、ハンドアッセンブリで作られています。1073のクラシックなトーンは、職人の手作業による結線に起因するという主張もあります。

-イギリス製のカスタムCarnhillトランス
1073愛好家が共通で盛り上がる話題といえば、そのクラシックな回路設計についてでしょう。1073のヴィンテージの個体は長年に渡り、様々なバージョンのトランスが使用されてきました。その中でも我々WARM AUDIOが最も欲しかったのが、Marinair Radar製の初期のバージョンでした。Marinair Radar製のトランスは、その滑らかでナチュラルな性質により、1073において最も理想的な選択肢だと考えられます。音をプッシュした際に甘美にサチュレートするそのサウンドは、エンジニアを感動させるほどです。WARM AUDIOは、英国ケンブリッジシャーのCarnhill Transformers社と緊密に協力し、最も理想としていた初期バージョンのトランスに忠実なレプリカを作成しました。現在流通している1073スタイルのプリアンプで、この初期個体のトランスのサウンドに近いものは、本機以外には聴いたことがありません。

-コンデンサと信号経路
頻繁に議論されることはありませんが、クラシックのブリティッシュ回路において重要なパートが、コンデンサと出力トランジスタのスタイルが異なる点です。信号経路にはタンタル・コンデンサとポリスチレン・コンデンサを使用し、現行の1073スタイルのプリアンプで見られるものよりも、高ゲイン設定にした際にスムーズな出力トランジスタを採用することが、オリジナルの1073との完全な整合性をとるために重要だとわかりました。

-Blore Edwardsスイッチポット搭載
素晴らしいサウンドの1073スタイルの回路は、同様に信頼性の高いものである必要があります。WA73-EQのEQセクションにある複雑なデュアル同心スイッチポテンショメータは、軍事仕様スイッチとポテンショメータを製造する、英国のBlore Edwardsによって製造されています。Blore-Edwardsコンポーネントの使用は、この価格帯の1073スタイルのプリアンプにはほとんどありません。

◎海外レビュー
『WA73は最強だ。パワフルで、パンチーで、滑らかで、シルキーで、音のリッチさを提供してくれる。あげくの果てに、丁寧なハンドワイヤードで戦車みたいに美しい設計だ。よくやったWARM AUDIO、素晴らしいよ。』
-Dante Lattanzi
(HBO, MTV, CNN, Universal Music, Dr. John, Shemekia Copeland)

『オリジナルと同じように、音を大きく、印象的にしてくれる。自分のラックにいくつかマウントするよ。』
-Joe Carrell
(Thousand Foot Krutch, Tasji Bachman, Sanctus Real, Pauline Reese)

■仕様

・シングルチャンネル、クラスA、1073スタイルのブリティッシュマイクプリアンプ(EQ付き)
・イギリス製のCarnhillトランス搭載
・イギリス製 - Blore Edwards EQデュアル同心スイッチポテンショメータ
・ハンドワイヤード、ハンドアッセンブリ
・80dBのゲイン抵抗段付きゲインスイッチ
・完全ディスクリート
・TONEボタン-トーンを変化させるために入力トランスのインピーダンスを変更可能
・極性スイッチ
・48Vファンタム電源
・インダクタベースの3バンドEQ
ローバンドブースト/カット - 35,60,110,220 Hz
ミッドバンドブースト/カット - 360,700,1600,3200,4800,7200Hz
ハイバンドブースト/カット - 10,12,16 kHz
※オリジナルから高域周波数EQポイントが追加されています。

・4ポジションのハイパスフィルター 50, 80, 160, 300 Hz
・XLRマイク入力
・TRLライン入力
・Send/Receive TSインサートジャック
・XLR & TRSラインレベル出力
・DI 楽器入力
・アウトプットコントロール
・LEDレベルメーター
・周波数応答20Hz-20kHz +/- 5dB
・19"ラックサイズ
・グランドリフトスイッチ
・最大入力:+26dBu (各入力共通)

外寸: 445mm x 242mm x 45mm (突起部を含まず)
外寸: 482mm x 270mm x 45mm (突起部を含む)
重量: 4.46kg

※こちらの製品は100V仕様です。
※インサートポイントはプリアンプの直後になり、SEND出力にはハイパスフィルタおよびEQはかかりません。

A Single-Channel '73 For The Rest Of Us

もし、プロのエンジニアが、何十年にもわたってポップスやロックのレコードのトーンを決定づけたと満場一致で認めるプリアンプのスタイルがあるとすれば、それは間違いなく、由緒ある73スタイルのマイクプリでしょう。73プリアンプは、長年にわたりレコーディングやライブで大量に使用されており、現在でもプリアンプの「理想」とみなされています。Warm Audioの「WA73ファミリー」は、英国のオーディオ史に敬意を表したシングルチャンネルとデュアルチャンネル(EQ付きとEQなし)で構成されています。

私たちWarm AudioがWA73-EQをリリースすることを決めたとき、デザインとパフォーマンスの両面でヴィンテージの期待に応えることが必須でした。ヴィンテージの73マイクプリアンプが与えるトーンとスイートなキャラクターは、非常にユニークで親しみやすいものであり、私たちには、サウンド面で正確に再現したものをリリースしたいという純粋な欲求しかありませんでした。何年にもわたる研究開発、熱心なリサーチ、そして数え切れないほどの試聴を経て、WA73-EQは誕生したのです!

WA73-EQは「Desert Island」ブティック・プリアンプですが、スタジオやライブの仕事道具に分類することもできます。クラシックな73スタイルのプリアンプは、コンデンサー、ダイナミック、リボンなどあらゆる種類のマイクに対応する万能ツールとして知られています。WA73は、ボーカル、アコースティック/エレキギター、ベース、ドラム、パーカッション、オーケストラ、キーボードなど、あらゆるタイプのマイクやソースで同様に輝き、部分的または完全なミックスを通すためのトーンシェーピングツールとしても使用できます。80dBのゲインと完全ディスクリートのCarnhill Transformerバランス信号経路により、WA73-EQが扱えないレコーディング、ミキシング、エンジニアリングのタスクは存在しないでしょう。

UK Custom Carnhill Transformers

73スタイルのクラシックなブリティッシュ・プリアンプに使われている部品について、マニアは無条件に興奮し、信号トランスはよく話題になる。ヴィンテージ・ユニットでは、長年にわたってさまざまなバージョンのトランスが使用されていますが、最も切望されているのは初期バージョンのトランスです。これらは、その流動的で寛容な性質から、最も望ましい選択とみなされています。プッシュすると甘く飽和し、このトランスを通したミックスの美しさを聞いて、エンジニアが泣くこともあるそうです!

Warm Audioは、英国CambridgeshireのCarnhill Transformersと密接に協力し、これらの最も切望される初期バージョンのトランスフォーマーを忠実に再現するよう設計しました。私たちWarm Audioは、この美しいカスタムトランスを搭載したWA73-EQほど、現代の73プリアンプが甘く音楽的なサウンドを奏でるのをまだ聞いたことがありません。

Capacitors & Signal Path

頻繁に議論されることはありませんが、クラシックのブリティッシュ回路において重要なパートが、コンデンサーと出力トランジスタのスタイルが異なる点です。信号経路にはタンタル・コンデンサとポリスチレン・コンデンサを使用し、現行の1073スタイルのプリアンプで見られるものよりも、高ゲイン設定にした際にスムーズな出力トランジスタを採用することが、オリジナルの1073との完全な整合性をとるために重要だとわかりました。

UK Blore Edwards Switch-Pots

素晴らしいサウンドの1073スタイルの回路は、同様に信頼性の高いものである必要があります。WA73-EQのEQセクションにある複雑なデュアル同心スイッチポテンショメータは、軍事仕様スイッチとポテンショメータを製造する、英国のBlore Edwardsによって製造されています。Blore-Edwardsコンポーネントの使用は、この価格帯の1073スタイルのプリアンプにはほとんどありません。

Hand Wired & Hand Assembled

クラシックな73スタイルのプリアンプはハンドワイヤリングであることが多く、WA273も同様です!第一人者の主張によると、求められるクラシックなブリティッシュ・トーンの一部は、ハンドワイヤリングによる作りに起因しているとのことです。WA73-EQはハンドワイヤリングで、PCBコンポーネントを含め、すべて手作業で組み立てられています。

WA73-EQ 接続例

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.9)
  • レビュー数Reviews7
この商品のレビューを書く

2023/08/25

11111買わなきゃ良かった。

投稿者名Reviewed byVolcano 【東京都】

中低域の奥行き質感が格段に良くなり、インターフェイスのインプットってなんだったんだと思います。
買わなければ良かった・・・少なくても後、4チャンネル分は欲しくなりました。ベースギターを通してもギターを通しても、もちろんマイクも・・・プラグインとは別物ですね。アナログ、使っているとガリが出て来る日が来るでしょう。でも、いいです。

レビューIDReview ID:142699

参考になった1

2023/06/24

11111非常に満足の音

投稿者名Reviewed byDTMer 【東京都】

主にボーカル録りにて使用しています。
ノイズも少なくクリアでパワフルな音で録れますしEQ付きなので
細かい微調整も出来て満足です。WA76と合わせて使っていますが
同じWARM AUDIOさんの製品なので相性も抜群でした。
DIとしても使えるのでギターでも使用しましたがこちらも素晴らしい
音でした。この価格でこの音は素晴らしいのでWARM AUDIOさんの
今後の機材も楽しみです。

レビューIDReview ID:141131

参考になった3

2022/09/22

11111ベースで使用

投稿者名Reviewed byBassist 【大阪府】

まず、この価格からは考えられない品質です。
ベースで使用していますが、2万円ちょっとの差でこのEQが付くなら断然こちらのほうがいいと思います。
BAE1073DMPも持っていましたが、トランスの品質ではこちらが上でしょうね。初期のDMPなら対等だったかも知れませんが。
そのトランスの差なのか、ゲインによる歪み具合も滑らかにかかってくる感じで、この辺もヘッドルームの広さによるんだと思います。
あくまでもNEVE系同士ではありますが、レコーディング専用であればこちらを選びますね。
なにより、10万円を切ってることが最大のポイントでしょう。

レビューIDReview ID:131871

参考になった3

2021/10/18

11111宅録でのボーカル録音が理想の音に近付きました。

投稿者名Reviewed byIchirow 【兵庫県】

このマイクプリアンプ を買うまではUAのアポロツインXにマイク直結でUADプラグインのマイクプリアンプ を掛け録りしていました。
マイクはAT4050を使用しています。
それなりにいい音で録れるのですが、他のパートに比べ出力不足なのか、MIX時にはいつもオケに埋もれていました。
やはり実機を導入しようと思い、NEVEそっくりの見た目のこの製品に注目し始めてから、米国のWA73レビューを読み漁り、youtubeで外国人のレビュー動画を見まくった挙句購入に至りました。(日本人レビューがとても少ないため)
115Vなので昇圧機も購入しました。
動画でヒントを得てOUTPUTはフルテンにして、赤いツマミでボリューム調整し、UAD1176コンプで叩いて掛け録りしています。
これが求めていたVOCALの芯の太さです。
録り音は非常に情報量が多く、MIX時に決してオケに負けません。
前に前に出てきます。
また、録音時の声の返りも良く、表現するという事に集中して歌うことが出来ます。
ボーカル録音しかしていないので、今後はギターやベースの録音で自分にとってのベストな設定を検証していきます。
WARM AUDIOの製品がもっと欲しくなりました。
大変素晴らしいメーカーだと思います。

レビューIDReview ID:123305

参考になった48

2021/10/12

11111素晴らしいです。

投稿者名Reviewed bytousiba0900morisita 【】

知り合いのおすすめで購入しました。
isa oneからの乗り換え歌撮りでの使用です。
流石にこの価格帯なのでIF直差しと比べたら音楽に触れていない素人耳でも分かるくらいの違いでした。以前のプリの時はあれ?こんなもんか。と言う感想でしたがこちらはしっかりと主役の音の存在感を前に出してくれます。ハイファイな音、と言うよりはまさにヴィンテージ感のある太い音、って感じです。
楽器は触らないのでレビュー出来ませんが歌などのメインの音を撮るなら変に安いプリを買って失敗するより少し頑張ってこちらを買った方がしばらくは最前線で活躍してくれると思います。
個人的には15万20万クラスの物にも負けて無いと思いました。

レビューIDReview ID:123084

参考になった6

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )
WA73-EQ

商品ID:246801

通常価格:¥118,000(税込)

¥108,000(税込)

  • 送料無料

5,400ポイント(5%)内訳

  • 1,080Pt

    通常ポイント

  • 4,320Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 5,400Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram