ここから本文です

サウンドマート

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / EQP-WA パラメトリック・イコライザー

  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
世界中のレコーディング・スタジオで使用される定番のイコライザー「Pultec/EQP-1A」をリーズナブルな価格で完全再現したチューブ・イコライザー!

■チューブ・プログラム・イコライザー
■モノラル
■2U

EQP-WAはレコーディングスタジオ史の中で最も有名なチューブ・イコライザー「Pultec EQP-1A」を忠実に再現した製品です。ただ見た目が似ているだけではありません。完全ディスクリート回路設計、そしてCineMagトランスやプレミアムチューブといったトップエンドのパーツを使用し、音質にこだわり現代的に再構築されました。手頃な価格であなたの音楽に輝きを与えます。

■主な特徴
・入出力に米国製CineMagトランスを搭載
・名機"Pultec"EQP-1Aをベースに開発
・ハイボルテージ 12AX7、12AU7真空管を使用
・CINEMAG製インダクター
・EQセクションをバイパス可能(チューブ、トランスのウォームエフェクトのみ使用可能)
・インサーションロス無し
・XRL/TRS入出力搭載
・フラットな周波数特性 20Hz-50Hz
・ブースト/カットを同時に使用可能
・5つのフレキシブルな周波数帯

<仕様>
■入力端子:XLR×1、TRSフォン×1
■出力端子:XLR×1、TRSフォン×1
■入出力インピーダンス:600Ω
■周波数特性:+/-1dB、20Hz~50kHz
■ヒューズ:250V、1A、ファストブロー
■ローフリケンシー・ブースト:20/30/60/100/200/400/800Hz、最大+12dB
■ローフリケンシー・カット:20/30/60/100/200/400/800Hz、最大-18dB
■ハイフリケンシー・ブースト:3/4/5/8/10/12/16kHz、最大+18dB
■ハイフリケンシー・カット:3/4/5/10/20kHz、最大-14dB
■寸法(WHD):約48.2 x 8.9 x 15.3cm
■0.5W

※こちらの製品は100V仕様です。

関連商品

スタッフレビュー

ビンテージ・イコライザーの名機「EQP-1A」をモデルにした『EQP-WA』。オリジナルを再現しつつも、より細かいイコライジングができる設計になっています。多くの方は「EQP-1A」の実機を使用したことは無いと思いますが、、私もその一人です。実際に『EQP-WA』を使ってみました。まず、EQをバイパスができる仕様となっており、バイパス時にも音に影響を与え、真空管ならではの温かくなめらかな音色へと変貌させます。これだけでも十分に使用する価値があります。次にイコライザーをONにし、ボーカルで試してみました。まずはハイとローのブーストつまみから。どの帯域を上げても音の艶や抜けの良さが増し、イコライザー無しの音と比較するとその差は歴然。空気感までもよりリアルになり、一度使うと常に掛けっぱなしにしたくなるようなやみつきのサウンドになります。一方カットの効果も抜群で、狙った帯域をより太く存在感のある音に簡単に作りだすことができました。つまみが少なくシンプルな設定で音質をワンランクもツーランクも上げてくれる魔法のエフェクトだと感じました。「EQP-1A」をモデリングしたプラグインソフトも出ていますが、この素晴らしいサウンドを『EQP-WA』で体験してもらいたいです。

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews3
この商品のレビューを書く

2021/02/05

11111気に入っています

投稿者名Reviewed by宅ろくろう 【埼玉県】

エレキギターやベース、ボーカル、ソフト音源のアナログ出しを通したりと活用しています。購入して4年になります。
真空管機材特有のブーンというハムノイズが乗る時もありますが耳鳴りのようなもので、集中して聞き耳を立ててはじめて分かる程度の音です。
このタイプのEQの特徴である「肩特性」ですが、頭で考えてもよく分からないので音を聴いて感覚的に使用しています。楽器にしても歌にしても「かなり色付けに近い補正」という感じで、イメージさえ明確にあればその音色にできる能力をもったデバイスだと思います。dbxのコンプと合わせてボーカルをこのEQに通して掛け録りしたのですが、ミックスではほとんど何も手を加えずに済みました。
真空管ラインアンプ+パッシブEQなので、電源を入れてEQセクションをバイパスした状態がこの機材のフルブーストになります。オリジナルのように“通すだけ”の使い方もアリだとは思いますが(微かに音のカドが取れて馴染みやすくなる)、唯一無二のトーンコントロールを駆使して積極的にサウンドメイクした方がこの製品の良さを味わえると思います。

レビューIDReview ID:68672

参考になった人数:25人

25 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/05/21

1111良い効き具合

投稿者名Reviewed byわんこ 【富山県】

リスニングで使っています。
パラメトリックやグラフィックEQよりも感覚的で、簡単に好みの音色が出せるところはさすがPULTEC型。特に低域~中低域の質感は面白いように変えることができます。
背面にあるゲインつまみはMAXが一番音が良かったです。真空管らしく残留ノイズはそれなりにあるので、なるべく大きいレベルで入力し、後段にフェーダー等で絞ることを勧めます。

レビューIDReview ID:118228

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/03

111

投稿者名Reviewed byセミ太郎 【神奈川県】

とにかく塗装が雑です。矢印の塗装がグラグラかつ、1メモリほどずれていました。
サウンドハウスに問い合わせたところ「ネジをいじれば治せるので」と自分でやるように言われました。
WARM AUDIO、サウンドハウスどちらも雑です。
音はいいので☆3で。

レビューIDReview ID:104840

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )
EQP-WA パラメトリック・イコライザー

商品ID:221921

¥87,800(税込)

  • 送料無料

4,390ポイント(5%)内訳

  • 878Pt

    通常ポイント

  • 3,512Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 4,390Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram