ここから本文です

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA76

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76

  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76画像1
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76画像2
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76画像3
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76画像4
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76画像5
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / WA76画像6
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
スタジオ定番のモノラル・コンプレッサー「1176Rev.D」をベースに開発されたモデル。操作性、仕様も忠実に再現されている他、完全ディスクリート設計、1176と同質のCineMagトランスを搭載。高品質ながら驚きのコストパフォーマンスを実現しています。

■モノラル・コンプレッサー

WA76は名機「UREI 1176LN Revision D」を現代的に再構築したディスクリート・コンプレッサーです。完全ディスクリート回路設計に加え、オリジナルの1176にも使用された、Reichenbach Engineering(現CineMag)製トランスを搭載。オリジナルの1176は、リミッティング技術に革命を起こした製品で、何百曲というヒットソングに使用されてきました。多くのエンジニア達が数十年渇望し続けた1176のトレードマークともいえる超高速のアタックタイムが、ついに手頃な価格で手に入るようになりました。

■主な特徴
・入出力に米国製CineMagトランスを搭載
・1176のデザインとパーフォーマンスを忠実に再現
・完全ディスクリート回路設計
・有名な「全押し」レシオ設定が可能
・超高速のアタックタイム
・クラスAライン出力

■入力端子:XLR×1、TRSフォン×1
■出力端子:XLR×1、TRSフォン×1
■入力インピーダンス:600Ω
■入力PAD:-23dB
■最大メイクアップ・ゲイン:55dB
■THD:0.4%未満(50Hz-20kHz with limiting)
■S/N比:74dB@+25dBm、EIN -104.1dBm
■レシオ:4:1、8:1、12:1、20:1
■アタックタイム:20~800μs
■リリースタイム:50ms~1s
■メーター:dBゲインリダクションとdBアウトプットの両方を表示するメーター
■電源アダプター:AC24V、0.4A
■2U

関連商品

スタッフレビュー

まず、WARM AUDIOのコンプレッサーWA76を触ってみた第一印象は、「操作が簡単」ということです。見た目の通りINPUT、OUTPUT、ATACK、RELEASE、RATIO、METERとコントロールするツマミやスイッチが少ないことや、ベース用コンプレッサーでもパラメーターが同じだったこともあり、すぐに色々試すことができました。
肝心の音質ですが、正直びっくりしました。表現が難しいんですが、「カッコイイ音」が自分でも作れたという感じです。ベースをつないで少し強めにコンプがかかるようにINPUTを上げ目にして、RATIOも20にセット、圧縮した分をOUTPUTを調整してみただけで、音圧が増して埋もれないエッジの効いたベースになりました。この手のラックマウント型コンプレッサーはこれまで一度も触ったことがなく、もちろんオリジナルとなる名機1176LNも知ってはいたものの触ったことも聞いたこともありませんでしたので、Youtubeで色々な比較動画を聴いて予習して試奏したんですが、まさにオリジナルの1176LNと同じようなカッコイイ音のつぶれ方を体感できたのには驚きました。コンパクトエフェクターとは違う音質変化でしたが、ずっとベースを弾いていたくなるというこの上ない感触を久しぶりに味わえた感じです。
WA76は、外観がカッコイイのはもちろん、再現性の高いクリック式のIN/OUTPUTツマミ、無段階式のATTACK/RELEASEツマミ、電球色で光るVUメーターもまた味わい深くて、とても愛着が湧きました。ボーカルやその他さまざまな楽器に使えるということで、オールマイティでグレードの高いコンプレッサーをお探しのかたにオススメの1台です。

営業部 / 河西 政佳営業部 / 河西 政佳

「WA-76」はスタジオ定番の1176スタイルのコンプレッサーです。1176のクローン機やプラグインは各社より出ていますが、この価格帯で手に入るハードのモデルは他にないと思います。見た目だけでなく仕様もオリジナルを忠実に再現しており、非常にシンプルな作りとなっています。まず、このスタイルのコンプレッサーにはスレッショルドのノブがなく、INPUTとOUTPUTでコンプ量を調整していきます。また、アタック/リリースのノブも一般的なコンプレッサーとは逆で、右に行くほど速くなる仕様も同様です。圧縮率を決めるRATIOボタンは4:1~20:1まで選択可能ですが、オリジナルを踏襲した機能としてRATIOボタンの全同時押しにも対応、極端なパツパツセッティングにすることも可能です。肝心のサウンドですが、太くパンチのある1176を再現しつつもよりドライブ感があり、前に出てくるモダンな音という印象を受けました。プラグインでは出せないハードならではの空気感を手頃な価格で得ることのできる一台だと思います。是非1176とWA76のサウンド比較動画をご覧ください。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11100(3.0)
  • レビュー数:1

2016/09/09

111VUメーターの不良

投稿者名:AL 【兵庫県】

機能的な問題は特になかったのですがVUメーターが大幅にずれており不良品と判断しました。
サポートにお電話したところ丁寧に対応していただけましたがやはり届いた商品が不良品でわざわざ交換しなければいけなかったという点においては非常に残念です。
今後もサウンドハウスを利用したいと思いますし、スムーズなご対応を期待しております。

レビューID:66224

参考になった人数:32人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

WARM AUDIO (ウォームオーディオ)
WA76
モノラルコンプレッサー

商品ID:221925

¥59,800(税抜)

(¥64,584 税込)

  • 送料無料

645ポイント内訳

  • 645Pt

    通常ポイント

  • 645Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

歳末セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 社内審査結果発表&ユーザー投票 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top