ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

JBL / 305P MKII

JBL / 305P MKII

  • JBL / 305P MKII画像1
  • JBL / 305P MKII画像2
  • JBL / 305P MKII画像3
  • JBL / 305P MKII画像4
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
305P MKII, successor to JBL's popular LSR305 powered studio monitor. Improvements have been made to the high and low frequency drivers, greatly improving reproduction. JBL's unique image control wave guide is eye-catching and features a glossy front face.
■ Studio monitor
■ 5"
■ LF41W / HF41W
■ Pair


■ LF driver: 127mm (5")
■ HF driver: 25mm (1")
■ HF driver type: Soft dome
■ Crossover: 1725Hz 4th order acoustic Linkwitz-Riley
■ OK FOR USE NEAR
MAGNETICALLY SENSITIVE EQUIPMENT: Yes
■ Input sensitivity: 92dB / 1m (-10dBV INPUT)
■ Bi-amp
■ Amplifier output
HF 41W, Class-D
LF 41W, Class-D
■ Frequency response: (± 3dB) 49Hz-20kHz
■ Frequency range: (-10dB) 43Hz-24kHz
■ Low frequency extension: (-10dB) 43Hz
■ Maximum output sound pressure level: 94dB (continuous)
■ Maximum output sound pressure level: 108dB (peak)
■ Maximum peak input level: + 6dBV / + 20.3dBu (-10dBV / + 4dBu)
■ System distortion standard: <10% THD at maximum output with full compressor / limiter engaged
■ Electric distortion standard: 0.2% THD @ 1kHz / 2.83VRMS output; <1% THD @ 1kHz, full rated output
■ SN ratio: 75dBA (A-Weighted), 70dBr (unweighted), relative to 2.83VRMS output
■ Directional angle: 120 ° x 90 ° (HxV)
■ Analog input: 1 x XLR, 1 x TRS phone
■ HF trim control: -2dB, 0dB, + 2dB
■ BOUNDARY EQ LF Shelf @ 50Hz: -3dB, -1.5dB, 0dB
■ Power supply: 100-240VAC (± 10%), 50 / 60Hz
■ Enclosure type: Ported
■ Enclosure material: 15mm MDF
■ Enclosure finish: Matte black PVC
■ Baffle: Injection-molded structural ABS
■ Cabinet dimensions: 298 x 185 x 231mm (H x W x D)
■ Body weight: 4.73 kg

スペック比較表 ~スタジオモニター~

  ウーハー ドライバー アンプ出力 周波数レンジ
(-10dB)
最大音圧
レベル
指向角度
(水平×垂直)
入力端子 出力端子 消費電力
(1/8出力)
質量 寸法(WxHxD)
305P MkII 5" 1" 41Wx2 43Hz - 24kHz 108dB 120°×90° XLR、フォン - 15W 4.7kg 186×298×242mm
306P MKII 6.5" 1" 56Wx2 39Hz - 24kHz 110dB 120°×90° XLR、フォン - 18W 5.9kg 222×360×266mm
308P MkII 8" 1" 56Wx2 37Hz - 24kHz 112dB 120°×90° XLR、フォン - 20W 8.1kg 252×417×300mm
LSR310S 10" - 200W 27Hz 113dB - XLR、フォン XLR 20W 16kg 380×452×391mm
LSR705P 5" 1" 250Wx2 39Hz - 36kHz 107dB 110°×90° XLR、AES/EBU AES/EBU 50W 5.5kg 152×269×273mm
LSR708P 8" 1" 250Wx2 35Hz - 36kHz 114dB 100°×90° XLR、AES/EBU AES/EBU 65W 15kg 252×442×313mm
LSR6312SP 12" - 250W 26Hz 115dB - XLR XLR -   635×394×292mm
  ウーハー ドライバー 周波数レンジ
(-10dB)
最大音圧
レベル
指向角度
(水平×垂直)
入力端子 質量 寸法(W×H×D)
LSR705i 5" 1" 39Hz - 36kHz 107dB 115°×90° ユーロブロック 4.4kg 151×268×206mm
LSR708i 8" 1" 35.5Hz - 36kHz 114dB 110°×90° ユーロブロック 12kg 250×441×288mm
M2 2216Nd(15") D2
(D2430K)
20Hz - 40kHz 123dB 120°×100° スプリングターミナル×2(High/Low) 66kg 500×1233×375mm
SUB18 18" - 20.6Hz 137dB - プッシュターミナル 45kg 762×685×620mm

関連商品

スタッフレビュー

世界的に有名なスピーカーブランドJBLのスタジオモニター。まず見た目が抜群にカッコイイですね。スピーカーの前に座った時にテンションが上がるかどうかということも大事なポイントだと思います。ただのブラックではなく、“艶あり”というのは意外にも他にはないデザイン。音質についてはさすがJBLといった感じです。各楽器の音をしっかりと聴き分けることができ、低域の鳴りも申し分ありません。定番と言われるスタジオモニターと比べ、このシリーズは音を立体的に感じることができる自然さと、推しポイントにもなっている音の広がり方が優れていると感じます。これは、独自の形状を持ったウェーブガイドがもたらす「広いスイートスポット」によるもの。聴き疲れすることなくモニタリング、リスニングに集中することができます。このシリーズは5インチ、6インチ、8インチの3種類あり、サイズが大きくなるにつれ、音量、音圧は増していきます。自宅のデスクトップ環境であれば5インチで十分ですが、より大きな場所でのモニタリングであればサイズアップをオススメします。初めてのスタジオモニターとしてはもちろん、モニタリング環境のグレードアップに最適な1台です。

営業部 / 河西 政佳営業部 / 河西 政佳

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews34
この商品のレビューを書く

2020/11/24 

11111随分遠回りしてきた、、、、

投稿者名Reviewed byししまる 【埼玉県】

 JBLのパワードモニターがこの値段で買えるということ。
他社では大体3万円前後の中、音屋さんは表記価格。
無くならないうちにと思い、nano-peachと一緒に購入。
 使いやすさや、解像度、定位の良さは他の方が仰ってる通り。
鳴らし始めたばかりですが、低域も抜けが良く、高域も伸びている。
DTMや、生録を趣味としている方には、非常に良い買い物だと思う。
 さて、純粋に「オーディオ的視点」で見たとき、4344や、
 4312MⅡは所有、他人のLE8Tや、SRスピーカーなど数多聴いて
きました。
その経験から言えば、これは間違いなく「JBLモニター」の系譜です。
聴いてすぐ「JBLだ!」とわかる。4312MⅡより解像力は優れてる。
50年台のJAZZや、7年代のROCKなどは勿論だが、意外とピアノの
再生に優れている。ジャンルを問わず。
 そして何より「この価格!」で購入出来ることが驚き。そして、
パワーアンプに悩まなくても良い事。
オーディオに随分お金を注ぎ込んだけど、もし最初からこれがあったら、
と思うし、正直悔しい思いもある。
まあオーディオは趣味性高いものだから、個人の好みで良いだろうが、
少なくとも、JBLマニアの方は、絶対にこれを聴くべきだと思う。
驚いて購入するか、喪失感に苛まされるか、だと思う。
 あと小さなゴムの足が付属しているが、JBLスピーカーの常、注意した
方がいい。私は8mmくらいのシリコンの「戸当たり」を使っている。
ホームセンターで16個入りで500円くらい。よく十円玉とか、使う
方や、高額の金属製のインシュレーターを使う方多いですが、金属の
音が乗ります。

レビューIDReview ID:111461

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/22 

11111これでいいと思える1台

投稿者名Reviewed byAnna Kaharna 【新潟県】

このサイトの比較試聴音声では低域がブーミーだったので
実際どんなバランスで鳴るのか判断つきかねましたが、
届いた現物は低域から高域まで良いバランスで鳴る素晴らしい出来です。
トランジション、位相特性も文句なしです。
 
背面バスレフなのでフラットで鳴らすには
背面を壁から1mぐらい離す必要がありますが
そこまで距離をとれない場合はBOUNDARY EQで低域を下げるより
ポートに軽く詰め物をするほうが効果的なようです。
 
ポートからは意外と広い音域が出ています。
EQで低域だけ下げても背面から回り込む音との干渉で
ボーカル帯域の定位がぼやけるのは変わらないので、
ポートにティッシュなどをふわっと入れるほうがおすすめです。
(共鳴管の特性を変えるのが目的なので気密性を高める必要はない)
 
また、他のレビューにもあるように
水平方向のスイートスポットはモニターSPにしては広いですね。
ただそれは周波数特性に関してであって、音像定位としては
焦点を結ぶ位置が非常に限られます。
頭部を左右に1cm動かしてみるとよく分かります。
そのへんはやはりモニターならではでしょうか。
 
アンプのノイズは気になりませんでした。
入力機器の出力レベルを(飽和しない範囲で)高めにとり
本機のボリュームを絞れば無音といっていいレベルです。

レビューIDReview ID:111397

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/10/24

11111初モニターデビュー

投稿者名Reviewed byナスカ 【鹿児島県】

購入してから約3ヶ月、毎日使用しかなり満足したのでレビュー投稿です。PCからIFを経由してちょっと贅沢なPC用スピーカーのような感じで使用しています。
高音から低音までとても気持ち良く聞こえ、特に低音はかなりいい音が鳴ってくれます。
個人的に感動したのは、映画を鑑賞中に作中の人物の息遣いや物音など繊細な音が聞こえた時です。今まで何気なく聞き逃してたであろう音が耳に入ってくるようになりました。
音楽鑑賞やPCゲームをプレイする時などは迫力のあるサウンドで気分を上げてくれます。このスピーカーを購入してから音を聴くことへの幸福度が数段階上がりました。
今は音楽作成などをされない方でもインターフェースを持っている方は増えましたし、安価なPC用スピーカーからの買い替え候補として検討されてる方にもオススメです。

レビューIDReview ID:110398

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/27

11111レファレンスモニターとして十分

投稿者名Reviewed bymowmow 【神奈川県】

リアポート型のちょっとした癖はありますが、
このサイズにしては結構下まで聞こえて良いと思いました。
Twiterは個人的にはハイミッドが強めに感じますが
Yamaha HS5よりこっちの方が癖が少なく
バランスよく聞こえて良い感じだと思いました。
このクラスのレファレンスモニターとしてはコスパ最強じゃないですかね。
見かけがちょっとプラスチックぽいところがマイナス点かなぁ。

レビューIDReview ID:109404

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/23

11111失敗無しの選択

投稿者名Reviewed byケイ 【東京都】

家にスタジオを製作するので購入いたしました。
一般スピーカーよりは小さいので低音(ウーファー)部分が一番心配でしたが、
十分に全音域で音が出るので、とても満足しています。
映画など見るときにも活用していますが、電化製品店で売ってるような高価のPAセットなどと比べても
それ程変わらない感じです。
モニターで迷われた方たちにおすすめです!

レビューIDReview ID:109229

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

JBL (ジェービーエル)
305P MKII

Item ID:253520

Regular Price:¥29,600(excl. tax)

¥19,960(excl. tax)

(¥21,956 incl. tax)

  • Free Shipping

2,195PtDetail

  • 219Pts

    通常ポイント

  • 1,976Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 2,195Pts

    Total

close

限定特価

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating11110.5

Reviews:34

3 Series Mk IIシリーズ

  • 大人気パワード・スタジオモニターLSR 3 seriesの後継モデル。高域、低域それぞれのドライバーに改良が施され、再現性能が大幅に向上しています。JBL独自のイメージコントロールウェーブガイドが目を引く、光沢あるフロントフェイスが特徴的です。

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top