ここから本文です

HOME

QSC Eシリーズ

Eシリーズは、十分な許容入力と高い信頼性、高音質を誇るパッシブ・スピーカーです。塗装仕上げのバーチ材エンクロージャーに、ウーハーユニットを保護する頑丈なスピーカーグリルを装備し、優れた耐久性を実現。2ウェイモデルの「E10」「E12」「E15」は、2角度に設置可能な35mmポール用ソケットを備え、水平だけでなく、10度下向きにも設置可能。サブウーハー「E18WS」には、サテライトマウント用のスピーカーポールが付属します。さらにQSCの定番パワーアンプ、「GXD」、「PLD」シリーズや、デジタルミキサー「TouchMix」を併用することにより、最先端のDSP技術を存分に活かした音響システムを、プリセットを用いて簡単に構築することができます。壁掛けや天吊り用ヨークブラケット、ワイヤーで吊下げできるM8アイボルトなどオプションも充実し、幅広いシーンに対応。ライブパフォーマンス、DJ、ダンスミュージック、カラオケなど、様々な用途におすすめします。

ラインナップ

E10

300W (連続)
1200W (ピーク)

E12

400W (連続)
1600W (ピーク)

E15

500W (連続)
2000W (ピーク)

E18SW

800W (連続)
3200W (ピーク)

設置方法

メインスピーカー・ステージモニターとして使用可能 (E10)

横置きすることにより上方向へ55度の角度をつけることができます。

拡大する

ヨークブラケット, M8リギングキットを用意 (E10,E12,E15)

壁掛けや天吊りなど、使用環境に合わせた設置が可能です。

拡大する

デュアルアングル・ポールソケット (E10,E12,E15)

水平だけでなく、10度下向きにも設置することで、天井や壁からの反射を抑え、スピーカー本来の性能を発揮することができます。

拡大する

サテライトスピーカー用スピーカーポール付属 (E18SW)

拡大する

Eシリーズを用いた高度なサウンドシステム

QSCの定番パワーアンプ、「GXD」、「PLD」シリーズや、デジタルミキサー「TouchMix」を併用することにより、最先端のDSP技術を存分に活かした音響システムを、プリセットを用いて簡単に構築することができます。

PLD シリーズ

TOUCHMIX シリーズ

GXD シリーズ

スペック比較表

E10 E12 E15 E18SW
タイプ 1×10" 2ウェイ 1×12" 2ウェイ 1×15" 2ウェイ 1×18" サブウーハー
周波数レンジ
(-10dB)
65Hz - 20kHz 65Hz - 20kHz 59Hz - 20kHz 50Hz to 120Hz
許容入力
(連続/ピーク)
300W / 1200W 400W / 1600W 500W / 2000W 800W / 3200W
感度
(1W@1m)
95dB 96dB 97dB 97dB
指向角度 85° conical(円錐形) 85° conical(円錐形) 75° conical(円錐形) N/A
出力音圧レベル
(Peak SPL @ 1M)
126 dB 128 dB 131 dB 132 dB
ドライバー構成 LF:254 mm (10) ドライバー
65 mm (2.5) ボイスコイル
HF:25 mm (1) 径
45 mm (1.75)ボイスコイル
LF:305 mm (12) ドライバー
76 mm (3) ボイスコイル
HF:25 mm (1) 径
45 mm (1.75)ボイスコイル
LF:380 mm (15) ドライバー
76 mm (3) ボイスコイル
HF:25 mm (1) 径
45 mm (1.75)ボイスコイル
LF:457 mm (18) ドライバー
100 mm (4.5) ボイスコイル
インピーダンス
クロスオーバー 1.8 kHz 1.8 kHz 1.55 kHz 推奨LPF:80 - 120 Hz
入力端子 2×NL4、バリアストリップ 2×NL4、バリアストリップ 2×NL4、バリアストリップ 2×NL4、バリアストリップ
エンクロージャー マルチアングル
15mm、11プライ・バーチ材
塗装仕上げ
ハンドル×1(上面)
スチールグリル
台形
15mm、11プライ・バーチ材
塗装仕上げ
ハンドル×2(側面)
スチールグリル
台形
15mm、11プライ・バーチ材
塗装仕上げ
ハンドル×2(側面)
スチールグリル
長方形
15mm、11プライ・バーチ材
塗装仕上げ
ハンドル×4(側面)
スチールグリル
マウント 6 x M8
デュアルアングル35mmポールソケット
6 x M8
デュアルアングル35mmポールソケット
6 x M8
デュアルアングル35mmポールソケット
M20
ポールマウントソケット
重量 20 kg 23 kg 31 kg 43 kg
寸法 329 x 560 x 330 mm 360 x 616 x 371 mm 420 x 716 x 445 mm 590 x 616 x 605 mm

おすすめPAシステム例

E10システム400W×2

  • スピーカー:E10×2
  • パワーアンプ:GXD4×1
  • 用途:カラオケ、アコースティックライブ、結婚式など

E12システム800W×2

  • スピーカー:E12×2
  • パワーアンプ:GXD8×1
  • 用途:カラオケ、ダンスイベント、お祭りなど

E15システム800W×2

  • スピーカー:E15×2
  • パワーアンプ:GXD8×1
  • 用途:練習スタジオ、バンド演奏、運動会など

E12サテライト/サブ・システム625W×2、625W×2

  • スピーカー:E12×2、E18SW×2
  • パワーアンプ:PLD4.3×1
  • 用途:ライブハウス、クラブイベントなど

E15サテライト/サブ・システム1150W×2、1250W×2

  • スピーカー:E15×2、E18SW×2
  • パワーアンプ:PLD4.5×1
  • 用途:重低音が必要なDJイベント、ライブイベントなど

パワーアンプの選び方

パワーアンプの選び方

DSP設定

E10 E10 used with subwoofer E12 E12 used with subwoofer E12 dance E15 E15 used with subwoofer E15 dance E18sw Subwoofer

※HPF、LPFの推奨スロープは、Linkwitz-Riley 24 dB/octaveです。

海外レビュー

QSC Eシリーズ パッシブ・スピーカー

By Mark DeslogesProfessional Sound Magazine誌 2016年11月号

QSC社はアクティブ・スピーカーK、KW、KLAシリーズの定番販売において成功を収めた後、新しいパッシブ・スピーカーであるEシリーズの開発に全力で取り組んで来ました。

初めに

Eシリーズは10インチ、12インチ、15インチの2ウェイ・スピーカーと18インチのサブウーハーから構成されています。18インチ・サブウーハーは、この3つの2ウェイ・スピーカーと組み合わせることもできますし、単独で使用することもできます。QSC社がEシリーズの優れた点として上げているのは、カバレージ・エリア全体を通して均一の周波数特性を持たせることができるQSC社の独自技術DMT(Directivity Matched Transition)を採用していることです。もう1つは、私もいくつか新しいパッシブ・スピーカーをレビューする機会がありましたが、それがここ数年、高い品質の製品リリースがたくさんある中で健闘している点です。

合板と金属で組み上げられたキャビネットに、厚く耐久性のあるペイントを使用したEシリーズは、とても頑丈な構造にも関わらず、驚くほど軽く、持ち運びも容易です。サブウーハーでも簡単に持ち上げられ、ライブハウスの中も簡単に運ぶことができます。機材設置作業を何度も行ったことがある人なら、あまりの軽さと丈夫さに、つい投げたくなってしまうかも知れません。3つの2ウェイモデルは、いずれも設置の為のアイボルト用ナットがついていて、底面には2方向にマウントできる35mmボルトマウント・ソケットがあり、スピーカーをスタンドポールに対して垂直に、あるいは10度下に傾けてマウントできます。また、E18SWにはオプション(別売)で、キャスターを取り付けることができます。Eシリーズは、まさに理想的なポータブルシステムと言えます。

実際に音を鳴らしてみる

QSC社がEシリーズのプロセッシング設定を行ったPLD4.5アンプを使用し、E18SWの上にE12を乗せてレビューしました。使用したE12は12インチ・アルミダイキャスト・ウーハーと3インチ・ボイスコイルを持った2ウェイ・スピーカーです。このシリーズは主に、ライブ、DJ、ダンス・ミュージック、カラオケ、ステージモニター、プロダクションなど、エンターテイメントにフォーカスしています。私としては、ライブハウスにセッティングして性能を試した後、音声用PAにも使えると思いました。

ポータブル・サウンド・アプリケーションのマーケットを先導しているこのシリーズは、スピコンとスピーカーケーブル接続端子を搭載、別売のアイボルト、マウントブラケット(オプション)に対応した、軽くて頑丈な構造を特徴としています。Eシリーズには多くの機能があり、ツアーのシステムとしても賢い選択です。QSCのGXDやPLDシリーズアンプ、TouchMixデジタルミキサーと組み合わせて、ツアーにぴったりの完全なトータルシステムを構築できます。

E12はサブを使用しなくとも、60Hzまで十分にパンチの効いた低音を出すことができます。サブを使用することにより、さらに重低音を活かした音楽にうまくフィットするだろうなと、感じました。最適なアプリケーションとして、DJとダンスミュージックがすぐに思い浮かびました。設置も簡単だし、様々なジャンルの音楽を鳴らしましたが、使用していたシステムが控えめなサイズの割に音飛びが良く、素晴らしいサウンドが得られました。
他のセールスポイントとしてはQSC社がアピールしている汎用性です。QSC製品の優位性は、その幅広いアプリケーションにあります。彼らのスピーカーは、シアター、学校のイベント、会社のイベント、結婚式、スポーツイベント、バー、コンサート会場などあらゆる場所で見られます。とにかくどこでも実際に使われているし、自分も様々な場所で使用してきました。

プロ仕様のアクティブ・スピーカーのマーケットで圧勝した後、QSCはパッシブ・スピーカーに照準を定めました。将来、彼らのパッシブ・スピーカーは間違いなく、様々なイベントやライブ会場で幅広く使用されるでしょう。

まとめ

Eシリーズは非常に高いコストパフォーマンスを持つプロ向け2ウェイ・スピーカーです。同等のサウンドと汎用性を持つパッシブスピーカーは他にないかもしれません。私はいつも素晴らしい音を出してくれるQSCスピーカーの大ファンです。このEシリーズも例外ではありません。すぐにあらゆる所で、このスピーカーを見ることができるようになるでしょう。

Mark Desloges氏:

Tour Tech East社のオーディオ・テクニシャン、フリーのライブサウンドエンジニア/プロダクション・マネージャー。
永年に渡り、カナダ、米国、中国において、Cancer Bats、Classified、Johnny Reidなどのツアーに参加。

ニュース一覧

QSCパッシブスピーカーEシリーズ、海外レビューをアップ

十分な許容入力と高い信頼性、高音質を誇るQSCのパッシブ・スピーカーEシリーズの海外レビューをアップしました!Eシリーズは、優れた音質と高い耐久性だけではなく、汎用性が高い点も魅力の1つです。フルレンジモデルは、別売りのアイボルト、マウントブラケットに対応し、スタンドマウントの他、吊下げ、天吊り、壁掛けすることができます。ライブ、DJイベントはもちろん学校、スポーツイベント、コンサートなど幅広いシーンにおすすめです。

サンレコのレビューコーナーにQSC Eシリーズが掲載されました!

十分な許容入力と高い信頼性、高音質を誇るQSCのパッシブ・スピーカーEシリーズが、Sound&Recording誌の製品レビューに掲載されました! 2ウェイモデルの「E10」「E12」「E15」、サブウーハー「E18WS」の4種類をラインナップ。塗装仕上げのバーチ材エンクロージャーに、ウーハーユニットを保護する頑丈なスピーカーグリルを装備し、優れた耐久性を実現しました。QSCのパワーアンプ、「GXD」、「PLD」シリーズや、デジタルミキサー「TouchMix」を併用することにより、最先端のDSP技術を存分に活かした音響システムを、プリセットを用いて簡単に構築することができます。ライブパフォーマンス、DJ、ダンスミュージック、カラオケなど、幅広いシーンにおすすめします。

QSCのパッシブスピーカー Eシリーズを動画でチェック
動画を見る

QSC Eシリーズは、十分な許容入力と高い信頼性、高音質を誇るパッシブ・スピーカーです。2ウェイモデルの「E10」「E12」「E15」、サブウーハー「E18WS」の4種類をラインナップ。塗装仕上げのバーチ材エンクロージャーに、ウーハーユニットを保護する頑丈なスピーカーグリルを装備し、優れた耐久性を実現しました。QSCのパワーアンプ、「GXD」、「PLD」シリーズや、デジタルミキサー「TouchMix」を併用することにより、最先端のDSP技術を存分に活かした音響システムを、プリセットを用いて簡単に構築することができます。壁掛けや天吊り用ヨークブラケット、ワイヤーで吊下げできるM8アイボルトなどオプションも充実し、幅広いシーンに対応。ライブパフォーマンス、DJ、ダンスミュージック、カラオケなど、様々な用途におすすめします。

QSCの最新パッシブスピーカー「Eシリーズ」入荷!

NAMMショー2016で発表されたQSCの新パッシブスピーカー「Eシリーズ」が入荷しました!ラインナップは、E10(10"、600W)、E12(12"、800W)、E15(15"、1000W)の2ウェイ・フルレンジが3モデルとサブウーハーE18SW(18"、1600W)の合計4モデル。QSCのパワーアンプGXD、PLDシリーズやデジタルミキサーTouchMixを使用することで、Eシリーズに適したプリセットを簡単に設定することができます。フルレンジタイプのE10、E12、E15は、全てデュアルアングル・ポールマウントソケット仕様のため、設置する場所に応じて角度の調節が可能。ブラケットと組み合わせることにより、壁掛けや天吊りにも対応します。サブウーハーのE18SWには、スピーカーポールが付属。E-シリーズのフルレンジスピーカを即座にマウントすることができ、オプションのキャスターを取り付ければ移動もラクラクです。夏に向けてのライブ、DJ、ダンスミュージックなど、様々なイベントにお勧めです!

QSC最新パッシブ・スピーカー「Eシリーズ」発売開始!

QSCの最新パッシブ・スピーカー「Eシリーズ」の販売を開始しました。
Eシリーズは、十分な許容入力と高い信頼性、高音質を誇るパッシブ・スピーカーです。塗装仕上げのバーチ材エンクロージャーに、ウーハーユニットを保護する頑丈なスピーカーグリルを装備し、優れた耐久性を実現。2ウェイモデルの「E10」「E12」「E15」は、2角度に設置可能な35mmポール用ソケットを備え、水平だけでなく、10度下向きにも設置可能。サブウーハー「E18WS」には、サテライトマウント用のスピーカーポールが付属します。さらにQSCの定番パワーアンプ、「GXD」、「PLD」シリーズや、デジタルミキサー「TouchMix」を併用することにより、最先端のDSP技術を存分に活かした音響システムを、プリセットを用いて簡単に構築することができます。壁掛けや天吊り用ヨークブラケット、ワイヤーで吊下げできるM8アイボルトなどオプションも充実し、幅広いシーンに対応。ライブパフォーマンス、DJ、ダンスミュージック、カラオケなど、様々な用途におすすめします。

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! HAPPY MUSIC CHRISTMAS 赤字覚悟の大特価SALE
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOK Twitter YouTube LINE
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top