ここから本文です

サウンドマート

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー

CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー

  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像1
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像2
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像3
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像4
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像5
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像6
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像7
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像8
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像9
  • CLASSIC PRO ( クラシックプロ )  / AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー画像10
5
  • 動画を見るMovie
  • 製品マニュアルProduct Manual
CLASSIC PRO AM03はコンパクト3chミキサー。CH1には本格的なマイクプリアンプ、CH2にはステレオライン入力を装備。各チャンネルともに2バンドEQによる音質調整が可能です。スマホからのワイヤレス再生にも対応。USB接続によりすぐに配信を始めることができます。堅牢なメタルシャーシを採用。

こちらの
商品も
おすすめ

■タイプ:USB搭載アナログミキサー
■モノラルチャンネル数:1
■ステレオチャンネル数:2
■EQ:2バンド
■AUX:-
■グループ(バス):-
■デジタルエフェクト:-
■寸法 (W×H×D):100 x 45 x 135mm
■重量:430g
■詳細:

・BT LINK: スマホなどの音声信号を受信することができます。(コーデック:SBC)
・ファンタム電源:18V (ヘッドセットマイク入力にも供給されます)
・USBケーブル付属(A-Bタイプ)

※PCの音とミキサーの音をミックスしてUSB OUTすることは可能です。
LINE/USBチャンネルにあるスイッチを、LINE/USB:USB、TO:MAINに設定することで、MAIN +USB をMAIN OUTとUSB OUTから出力することができます。ただし、TOスイッチがPHONES側ではないため、AM03のPHONES出力からUSB入力した音声は出力されない仕様となります。
※右上にあるマイク入力は、モノラルミニ(2極)で接続するダイナミックマイク、または、ステレオミニ(3極)、ファンタム18Vで駆動するモノラルのコンデンサーマイクでしたら接続可能となります。こちら以外の使用方法では正しく動作しない仕様となります。
MAIN OUT USB OUT PHONES
LINE/USB
TO
2-TR/BT
:LINE
:MAIN
:MAIN
MIC + LINE + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MIC + LINE + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MICのみ
CH1つまみ+PHONESつまみで調整
LINE/USB
TO
2-TR/BT
:USB
:MAIN
:MAIN
MIC + USB + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MIC + USB + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MICのみ
CH1つまみ+PHONESつまみで調整
LINE/USB
TO
2-TR/BT
:LINE
:PHONES
:MAIN
MIC + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MIC + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MIC + LINEのみ
CH1、CH2/3つまみ+PHONESつまみで調整
LINE/USB
TO
2-TR/BT
:USB
:PHONES
:MAIN
MIC + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MIC + 2-TR/BT
MAIN MIXつまみで調整
MIC + USBのみ
CH1、CH2/3つまみ+PHONESつまみで調整
LINE/USB
TO
2-TR/BT
:LINE
:PHONES
:PHONES
MICのみ
MAIN MIXつまみで調整
MICのみ
MAIN MIXつまみで調整
MIC + LINE + 2-TR/BT
CH1、CH2/3つまみ+PHONESつまみで調整
LINE/USB
TO
2-TR/BT
:USB
:PHONES
:PHONES
MICのみ
MAIN MIXつまみで調整
MICのみ
MAIN MIXつまみで調整
MIC + USB + 2-TR/BT
CH1、CH2/3つまみ+PHONESつまみで調整

※2-TR/BTの音量は接続機器側で調整をしてください。

※PHONES出力に、MAINつまみは影響しません。

※「USB」と「TO MAIN」を選択した場合、MICと2-TRとUSBからの音源をミックスしてMAIN OUTから出力することはできますが、ヘッドホンで確認をすることはできません。

モデル名 AM02 AM03 AM502 AM602FX AM802FX MX-EZ4 MX-EZ6
商品画像 AM02 AM03 AM502

入力 モノラル
マイク/ライン
2
XLR/フォンコンボ
1
XLR/フォンコンボ
1
XLR/フォン
2
XLR/フォン
4
XLR/フォン
2
XLR/フォン
2
XLR/フォン
ステレオ
ライン
- 1
RCAx2
1
TRSフォンx2
2
TRSフォンx4
2
TRSフォンx4
1
TRSフォンx2
2
TRSフォンx4
2トラック - RCAx2 RCAx2 RCAx2 RCAx2 RCAx2 RCAx2
Bluetooth - - - - - -
Hi-Z 1 - - - - - -
出力 メインアウト RCAx2 RCAx2 TSフォンx2 TSフォンx2 TSフォンx2 TSフォンx2 TSフォンx2
モニターアウト - - - TSフォンx2 TSフォンx2 - -
2トラック - - - RCAx2 RCAx2 RCAx2 RCAx2
AUX SEND - - - - - - TSフォンx1
FX SEND - - - TSフォンx1 TSフォンx1 - -
ヘッドホン ステレオミニ ステレオミニ 標準ステレオフォン 標準ステレオフォン 標準ステレオフォン 標準ステレオフォン 標準ステレオフォン
USB I/O - - -
エフェクト - - - - -
パラメトリックイコライザー 2バンド 2バンド 2バンド 3バンド 3バンド 2バンド 2バンド
PAN -
USBバスパワー - - - - -
ファンタム電源 +22V +18V +48V +48V +48V +48V +48V
寸法(W×H×D) 100 x 45 x 135mm 100 x 45 x 135mm 125 x 48 x 195mm 190 x 53 x 240mm 242 x 53 x 240mm 140x68x190 mm 220x68x160 mm
質量 0.43kg 0.43kg 0.65 kg 1.25㎏ 2.0kg 0.6kg 0.8kg

関連商品

スタッフレビュー

第一印象は軽量かつコンパクト。あまりの軽さに驚きました。出先でミキサーを使用したいときにも大きな荷物にならず、持ち運びに便利です。実際にUSBオーディオインターフェイス搭載モデルのAM03を使ってナレーション収録をしてみました。操作方法などは確認せずに接続してみたところ、煩わしい操作もなく、簡単にPCへ音を入力できました。ミキサーに関してはあまり詳しくない方でも、きっとすぐに使いこなせます!電源ケーブルを別途用意せずともUSBバスパワーで動作する点や、MIC INにXLR端子で接続すればファンタム電源を供給してくれるためコンデンサーマイクも使用できるというのも嬉しいポイント。簡単な操作でノイズのないクリアな音が録音でき、初心者の方にも自信をもっておすすめできるミキサーです。

営業部 / こばやし

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.5)
  • レビュー数Reviews10
この商品のレビューを書く

2022/06/22

11111使い勝手が良い仕様です。

投稿者名Reviewed by飯は土鍋 【愛知県】

楽器練習のツールとして購入しました。レコーダーを2-TR in,プレイヤーをline inで接続し、プレイヤー側をeqで必要な音域を拾います。
電源スイッチの追加はありがたいです。スイッチのないミキサーも使ってますがアダプタ側の電源タップにスイッチ付のを使ってon/offする必要がなくて助かります。ただスイッチのon/offでポップノイズがフルで出力されるのでアンプ側は要注意です。ヘッドホンも接続したままだとダメージ受けて断線になり易いので外してからon/offした方が良いでしょう。
Bluetoothは予想外に便利で、ipadとリンクしてspotifyやyoutubeを再生してます。Bluetoothのフロアノイズは送り側の出力上げてマスクすれば問題ないです。
全体の音質ですが、電源がusb供給の5vではダイナミックレンジ、ノイズにおいて仕方のない範囲内でしょう。内部でdc-dcコンバーターで広げてるか不明ですが。いずれにせよ電源で決まってくるので音質最優先なら両電源仕様のアダプタ付きがベストでしょう。
このAM-03USBは設計頑張ったと思います。
付属のゴム足つければがたつきないですよ。

レビューIDReview ID:130856

参考になった5

2022/01/07

11111真空管式プリアンプの代わりに採用

投稿者名Reviewed byあきら 【山形県】

自宅で使ってる安価で音質に優れた真空管ラインアンプと入れ替えて試聴しました。
アナログ二系統とUSB入力、ノイズ無し音質は鮮度のある生々しい音です。この安価な機器でオーディオプリとして十分使えます。
店舗では、アレン、アンドヒースのミキサーを使用しておりますが、こちらも良い音質です。業務機器は低ノイズと高音質が要求されており満足です。もう馬鹿げた価格の民生用アンプなど購入する気にもなりません。

レビューIDReview ID:125656

参考になった15

2023/10/08

1111オーディオインターフェイスのように使えるミキサー

投稿者名Reviewed byTAIJI 【三重県】

こんな小さなミキサーでも入力と出力は、上面にあります。USBの線は、付属していました。金属筐体も選択の要素です。
電源スイッチは、入れっぱなしで良いと思います。アンプがONの時に入れると、ポップノイズが大きな音で鳴りました(PC電源が入っている時(AM03の電源が入っている間)に、アンプ電源のON/OFFを行う必要があります)。アンプは、CPL150です。音質は、やはり、USBにすると音質が良くなります。イコライザーは、かなり音程が変化します。(オーディオインターフェイスより音楽向き?)Bluetoothは、スマートフォンでつないで再生すると、音質はかなり良かったです。
PC用の3.5mmのマイクを接続して、ボリューム最大にしても入力音が小さくて、使えませんでした。ヘッドセットマイクのためにある感じです。4極をマイクとヘッドフォンを分離する二股の変換で使えると考えます。3.5mmのマイクの接続が使えなかったので、星4つです。ヘッドフォンは使えます。
オーディオインターフェイスのように、パソコンへドライバーをインストールしなくても良いです。MIDI端子も要らないので、やはり、PAでは、ミキサーの方が合うと考えます。DTMなら必要ですが、、、

追記、CM5 ダイナミックマイクとMIX030 マイクケーブルで XLRキャノンでつないでみましたが、2m離れている会話も入りました。ファンタム電源が入っている可能性がありそうです。でも、細い音です。直接マイクに向かって話すと、低音が効いてきます。マイクの性能もありますが、配信用としては、十分な性能があると考えます。この製品は、Bluetoothの搭載が特別なのかも、、、(後に入れ替えしたため、試しにPCに接続して、このAM03のミキサーと DCP30 mini 小型パワーアンプでSpotifyなどの音楽を聴いたら、すごい高音質で「えっ!」となってしまいました。スピーカーは、一台6千円くらいのものです)

レビューIDReview ID:142916

参考になった0

2021/11/15

1111Xenyx 302USBより、配信のために少し手間が必要

投稿者名Reviewed byRekhyt 【埼玉県】

何年も使っていたXenyx 302USBが故障してしまい、同じものは売り切れだったり中古であったため、代替品としてこちらを購入。
Bluetooth関係以外はXenyx 302USBとボタン等の項目はほぼ一緒のようだったのでこちらを選びましたが、一部挙動が違いました。
 
Xenyx 302USBではMAIN MIXへの出力時にもPHONESへ音が流れてくれるため、PCの音を録音しながら流れている音の確認ができました。
しかしAM03ではMAINへの出力の時にPHONESへ流れないため、PCの音を録音しながら確認するということができません。
正直、配信において一番欲しい機能である気がするので、これで「配信向け」を謳うのはどうだろうという気はしますが、こちらに関しては一応解決できました。
 
MAIN OUTと2-TR INを直接繋ぎ、入出力のボタンを「FROM USB」「TO MAIN」「2-TR TO PHONE」とすることで可能になりました。
そのため、AM03を配信等の目的で購入する場合は、一緒に短めのRCAケーブルを購入しておくことをお勧めします。
ゲーム配信やカラオケ配信等、PCの音を録音しつつ自分も聞きたいという場合にはこの方法を使うと良さそうです。
 
少し手間がかかりましたがXenyx 302USBと同様に使えており、無駄なものが無いシンプルなデザインで、ガワは全て金属製のためXenyx 302USBよりもしっかりしており気に入っています。
音の違いは、素人でも分かるようなレベルのものはありませんでしたので、特に文句なく使っていけそうです。
 
配信目的で購入して思い通りの挙動をしてくれず持ち腐れている方にこのレビューが届いたら幸いです。

レビューIDReview ID:124122

参考になった50

2021/10/30

1111意外と良かったです

投稿者名Reviewed byわたん 【広島県】

Classic Pro AM03 USB-Bluetoothミキサー
PCに繋ぐ用に、アダプタいらないやつ、ということでベリのXenyx 302USBと迷って、Bluetooth付きということでこちらを選んでみました。
作りやデザインはほんとおもちゃっぽいけど(足のゴムを自分で貼らなきゃいけないあたり、特にお茶目です。貼ってないけど。)、意外としっかりしたいい音で、いい意味で期待を裏切られました。
 
Xenyx Q502とも比べてみましたが、502は少し甘く、その代わり低域が割と響く感じなのに対し、AM03は中高域が綺麗で、声が篭らずスッキリ聞こえます。
(ボーカル録りにはXenyxの、声に艶が乗る感じも好きなんですが。)
ファンタムが+18Vということですが、オーテクのAT2020はQ502(+15V)同様、普通に使えました。
しかしAKGのP120は残念ながらこちらでも使えなかったです。
 
USBからの音声とLINE入力が択一で、ミックスして出力できない
(でも2TR INなら同時に鳴らせるので、そういう用途にはこちらに繋ぐことにします)
MAIN OUTとPHONEも択一で、ヘッドホンでモニターしながらMAINから録音機などに送れない
と言った点がちょっとばかり残念ではありますが、
 
・普段使いのPCに繋いでスピーカーに送る
・ヘッドホンとスピーカーをいちいち繋ぎかえなくても良い
・たまに外部入力を繋いで鳴らす
というためにPC横に置いて使うのが主な目的だったので、それ用には充分です。
 
Bluetoothは、HL_2018というのとBT4.2というのが出てきますが、最初HL_2018に繋いでも鳴らず、BT4.2の方を選ぶと鳴りました。(iPhone 6sにて)
こちらはライブの際にiPhoneなどからカラオケを流す人があるので、それを受けてメインのミキサーに渡す、という使い方でも役立ってくれそうです。
ちなみにBTはUSBからの音声と一緒に鳴ってくれます。
ただ無音時はミュートかかるのか、一発目の頭が欠けてフェードインしてきますね。
 
ところで「スマホからのワイヤレス再生にも対応」とか書いてはありますが、レビュー読むまではBluetooth対応だとは気が付きませんでした()

レビューIDReview ID:123653

参考になった8

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

CLASSIC PRO ( クラシックプロ )
AM03 配信向けUSBコンパクトミキサー

商品ID:285940

¥5,980(税込)

  • 送料無料

298ポイント(5%)内訳

  • 59Pt

    通常ポイント

  • 239Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 298Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

CLASSIC PRO AMシリーズ

  • 配信に最適なUSBオーディオ・インターフェイス搭載モデル、ライブやサブミキサーに最適なFX搭載モデルなど5機種をラインナップ。全モデルとも高音質マイクプリアンプを装備し、ノイズのないクリアな音質を実現しています。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram