ここから本文です

サウンドマート

HOME

JBL ( ジェービーエル ) / 305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット

JBL ( ジェービーエル )  / 305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット

  • JBL ( ジェービーエル )  / 305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット画像1
  • JBL ( ジェービーエル )  / 305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット画像2
  • JBL ( ジェービーエル )  / 305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット画像3
  • JBL ( ジェービーエル )  / 305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット画像4
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
JBL大人気パワード・スタジオモニタースピーカーLSR305の後継モデル、305P MKII。高域、低域それぞれのドライバーに改良が施され、再現性能が大幅に向上。JBL独自のイメージコントロールウェーブガイドが目を引く、光沢あるフロントフェイスが特徴的です。高品位なリスニングからDTM/DAWを使用した本格的な音楽制作まで幅広いシーンで大活躍してくれること間違いなしの一押しモデルです。
■スタジオモニター
■5インチ
■LF41W/HF41W
■ペア

<特徴>
・繊細なイメージングと幅広いスイートスポットを提供するイメージコントロール・ウェーブガイド
・レスポンスとリニアリティの向上を実現する次世代JBLトランスデューサー
・すべての再生レベルで優れた低音性能を実現するSlip Stream低周波ポート
・高出力と広いダイナミックレンジを提供する82Wデュアルインテグレイテッド・カスタムD級アンプ
・使用環境に合わせて低周波の変化を補正する新しいバウンダリーEQ
・室内の音響、または好みに合わせて高周波出力を調整するHFトリムスイッチ
・バランスXLR、1/4インチTRS入力、+ 4dBu / -10dBVの入力感度スイッチ、調整可能なボリュームコントロール
・あらゆる作業スペースで優れた精度を得ることができるJBL Linear Spatialリファレンス設計基準で設計されています。
・強力なJBL 100時間フルパワーテストにより、長年の信頼性が保証されています。
・洗練されたモダンなデザインにより、スタジオの視覚的なアップグレードが可能

<仕様>
■LFドライバー:127mm (5")
■HFドライバー: 25mm (1")
■HFドライバータイプ:ソフトドーム
■クロスオーバー:1725Hz 4th order acoustic Linkwitz-Riley
■OK FOR USE NEAR
MAGNETICALLY SENSITIVE EQUIPMENT:Yes
■入力感度: 92dB / 1m (-10dBV INPUT)
■バイアンプ
■アンプ出力
HF 41W, Class-D
LF 41W, Class-D
■周波数レスポンス:(±3dB) 49Hz - 20kHz
■周波数レンジ:(-10dB) 43Hz - 24kHz
■低周波拡張:(-10dB) 43Hz
■最大出力音圧レベル:94dB(連続)
■最大出力音圧レベル:108dB(ピーク)
■最大ピーク入力レベル: +6dBV / +20.3dBu(-10dBV / +4dBu)
■システム歪み基準:<10% THD at maximum output with full compressor / limiter engagement
■電気歪み基準:0.2% THD @ 1kHz / 2.83VRMS output; <1% THD @ 1kHz, full rated output
■SN比:75dBA (A-Weighted), 70dBr (unweighted), relative to 2.83VRMS output
■指向角度:120° x 90°(HxV)
■アナログ入力:1 x XLR, 1 x TRSフォン
■HFトリムコントロール:-2dB, 0dB, +2dB
■BOUNDARY EQ LF Shelf @ 50Hz: -3dB, -1.5dB, 0dB
■電源:100 - 240VAC (±10%), 50 / 60Hz
■エンクロージャータイプ:Ported
■エンクロージャー材:15mm MDF
■エンクロージャー仕上げ:マットブラックMatte black PVC
■バッフル:Injection-molded structural ABS
■キャビネット寸法:298 x 185 x 231mm (H x W x D)
■本体重量:4.73 kg

スペック比較表 ~スタジオモニター~

  ウーハー ドライバー アンプ出力 周波数レンジ
(-10dB)
最大音圧
レベル
指向角度
(水平×垂直)
入力端子 出力端子 消費電力
(1/8出力)
質量 寸法(WxHxD)
305P MkII 5" 1" 41Wx2 43Hz - 24kHz 108dB 120°×90° XLR、フォン - 15W 4.7kg 186×298×242mm
306P MKII 6.5" 1" 56Wx2 39Hz - 24kHz 110dB 120°×90° XLR、フォン - 18W 5.9kg 222×360×266mm
308P MkII 8" 1" 56Wx2 37Hz - 24kHz 112dB 120°×90° XLR、フォン - 20W 8.1kg 252×417×300mm
LSR310S 10" - 200W 27Hz 113dB - XLR、フォン XLR 20W 16kg 380×452×391mm
LSR705P 5" 1" 250Wx2 39Hz - 36kHz 107dB 110°×90° XLR、AES/EBU AES/EBU 50W 5.5kg 152×269×273mm
LSR708P 8" 1" 250Wx2 35Hz - 36kHz 114dB 100°×90° XLR、AES/EBU AES/EBU 65W 15kg 252×442×313mm
LSR6312SP 12" - 250W 26Hz 115dB - XLR XLR -   635×394×292mm
  ウーハー ドライバー 周波数レンジ
(-10dB)
最大音圧
レベル
指向角度
(水平×垂直)
入力端子 質量 寸法(W×H×D)
LSR705i 5" 1" 39Hz - 36kHz 107dB 115°×90° ユーロブロック 4.4kg 151×268×206mm
LSR708i 8" 1" 35.5Hz - 36kHz 114dB 110°×90° ユーロブロック 12kg 250×441×288mm
M2 2216Nd(15") D2
(D2430K)
20Hz - 40kHz 123dB 120°×100° スプリングターミナル×2(High/Low) 66kg 500×1233×375mm
SUB18 18" - 20.6Hz 137dB - プッシュターミナル 45kg 762×685×620mm

関連商品

スタッフレビュー

世界的に有名なスピーカーブランドJBLのスタジオモニター。まず見た目が抜群にカッコイイですね。スピーカーの前に座った時にテンションが上がるかどうかということも大事なポイントだと思います。ただのブラックではなく、“艶あり”というのは意外にも他にはないデザイン。音質についてはさすがJBLといった感じです。各楽器の音をしっかりと聴き分けることができ、低域の鳴りも申し分ありません。定番と言われるスタジオモニターと比べ、このシリーズは音を立体的に感じることができる自然さと、推しポイントにもなっている音の広がり方が優れていると感じます。これは、独自の形状を持ったウェーブガイドがもたらす「広いスイートスポット」によるもの。聴き疲れすることなくモニタリング、リスニングに集中することができます。このシリーズは5インチ、6インチ、8インチの3種類あり、サイズが大きくなるにつれ、音量、音圧は増していきます。自宅のデスクトップ環境であれば5インチで十分ですが、より大きな場所でのモニタリングであればサイズアップをオススメします。初めてのスタジオモニターとしてはもちろん、モニタリング環境のグレードアップに最適な1台です。

営業部 / 河西 政佳営業部 / 河西 政佳

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews44
この商品のレビューを書く

2021/07/02 

11111自宅で利用するのであれば、おつりが来る

投稿者名Reviewed byPIK 【東京都】

JBLと言えば、コンサートホールの音をスピーカーで再現することをコンセプトとしている。
そのコンセプトは、プロ用のスピーカーだけでなく、このような小型のスピーカーにも生かされているようでレンジの広さは、実感できる。スタジオなどに設置されているような、音の荒々しさ?はないが、やはり中音域から低音域に特徴は出ているように思う。高音域の伸びも文句ない。高周波の倍音でテストしてみたのだけど、ヘッドフォンでは、聞き取れなかった低音や高音域についても、このスピーカーで再生されているのが確認できた。昼間に部屋を閉め切って、クラッシックを少し大きめの音で鳴らしてみたけど、かなりの音量で鳴らしてもまったく全体のバランスが崩れを感じなかった。スペックによれば、43Hz辺りが低音の帯域になっているようだが、正弦波のチェックでは、20Hz辺りでもしっかりスピーカーの振動が確認できたし、実際30Hzを過ぎたあたりから部屋全体が振動するような音を感じることもできた。高域については、実際の可聴範囲は超えているので自宅用のモニタースピーカーとしては十分すぎる。自宅の環境では、音量をある程度絞って再生せざるを得ないので、スピーカーの性能を完全に活かしきれていないのは残念だ。ある程度音量が出せる環境であれば、購入する価値はあると断言できる。

レビューIDReview ID:119640

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/07/03 

11111音って見るもんだって知ってた?

投稿者名Reviewed by柴男 【東京都】

交換できました。最高です。
Amazonに音が見えるといったレビューがあります。嘘じゃないです。音は聴くものだという概念が変わります。見るものです。
自分で所有するオーディオ製品の中では最高のものです。やはり価格が違うと音も変わりますね。感動です。

レビューIDReview ID:119532

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/06/30


弊社サポートまでご連絡いただいておりますので、商品確認の上、早急にご対応いたします。

2021/05/03

11111素直な音

投稿者名Reviewed byzero 【岡山県】

ギター、キーボードでの作曲·ミックスを中心に
現在、yamaha HS-7をメインで使っており、それと比較したレビューをあげます。
まずHS-7は今まで色々使ってきたモニターの中で、かなり素直な音を出してくれていると思います。
それと比較した場合、低音の量が305の方が多いと感じます。
背面のローカットを−3dBに設定すると非常に酷似した感じになりました。ビートメイカー等は下げずに使ってもいいでしょう。
あと、高域の聴こえ方などの違いが若干ありますが
解像度はとても高く、エフェクトのかかり等もよく解ると思います。
HS−7等の大径のモニターは低音再生(増幅した低音ではなく、リアルな解像度という意味で)で有利ですが場所をとる為、通常の環境下ではこちらの商品をおすすめします。
MSP3クラスを小ぶりだからと買うなら、ちょっと大きくなってもこちらを買うべきです。
逆に、MSP5クラスをいい金額払って買うならこちらでこと足りてしまいます。いっそMSP7までいけば違いも出るでしょうが。
使ってみないとわからないかもですが、それ位音の情報量もあり、非常に優秀なモニターだと思います。
追記:MSP5と比較しましたが解像度はこちらの方が上に感じます。MSP5売りに出しました(笑)。
よほどのヤマハ信者でない限りこちらを買えば間違いありません。

レビューIDReview ID:117440

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/04/12

11111低音がいい

投稿者名Reviewed by大野貴広 【新潟県】

最初は置く場所がなくて困りましたが、正しい設置方法にすればテンション上がります。2万円台というか3万円台でもおかしくないです。是非買った方がいいと思います。

レビューIDReview ID:116763

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/04/02

11111凄い!

投稿者名Reviewed by宅録 楽曲制作マン 【東京都】

今までYAMAHA MSP3とRoland MA-10Aを使ってて、MSP3の方が圧倒的に良かったのでほぼMSP3だけを使ってました。
ただ、CDを再生しても、自分の楽曲編集していても、ボーカルにベールが掛かっている感じがしてました。
「CDのボーカルでもこうなんだから、こんなもんだな」って思ってました。
そろそろ、YAMAHAのHS5あたりに変えようかなって思って色々見ていたらJBLからこれが出ていて、普段からJBLのワイヤレスイヤホンTUNE 110BTや115BTをとても気に入って愛用していることもあって、最近JBLが復活してきたのかな?って思ってたので、レビューを見たらとても良い評価だったし、ペアで22,000円くらいだったので買ってみました。
Roland MA-10Aは完全に外してYAMAHA MSP3は比較のために残して音出ししたら、期待以上!! の その遥か上だったのです。
とてつもなく音がクリア! 僕にとっては「音が見える!」「楽器がそこにあって、目の前で歌ってる、弾いてる!」って思えるくらいクリアで解像度が高い。
さらに低音もクリア! バスドラやベースの音が玉のように輪郭をもってハッキリと見える。(と思えるくらい)
一応残しているYAMAHA MSP3はもう使うことはないと思います。
基本的には、モニターヘッドフォンSONY MDR-CD900STでミックス作業をしていますが、このスピーカーでミックス作業するのがとても楽しみになりました。
このスピーカーで鳴らしながら、MDR-CD900STを付けると、ほとんど変わらない感覚で音が聞こえてくる感じがするほど、と言ったら言い過ぎなのか?、でもそれくらいの解像度と明良感を発揮してくれるモニタースピーカーだと感じています。
かつて40年ほど昔、多くのレコーディングスタジオに1本56万円もするJBL 4343モニタースピーカーが君臨していて憧れた素晴らしいモニタースピーカーを復活してもらったようなワクワクを味わっています。
音の感じ方は人それぞれだと思いますが、僕のモニタースピーカーとしては、これ以上のお金を出す必要がないと思える素晴らしいスピーカーです。
音楽を聴いても、映画やアニメを見ても、音を楽しむ事が出来るスピーカーです。

レビューIDReview ID:116410

参考になった人数:10人

10 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

JBL ( ジェービーエル )
305P MKII おすすめスタジオモニター ペアセット

商品ID:253520

通常価格:¥33,600(税込)

¥21,600(税込)

  • 送料無料

2,160ポイント(10%)内訳

  • 216Pt

    通常ポイント

  • 1,944Pt

    対象商品ポイント10倍キャンペーン

  • 2,160Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

3 Series Mk IIシリーズ

  • 大人気パワード・スタジオモニターLSR 3 seriesの後継モデル。高域、低域それぞれのドライバーに改良が施され、再現性能が大幅に向上しています。JBL独自のイメージコントロールウェーブガイドが目を引く、光沢あるフロントフェイスが特徴的です。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram