ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 1176LN

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / 1176LN

  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / 1176LN画像1
  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / 1176LN画像2
  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / 1176LN画像3
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
今も昔も多くの人に愛されるリミッターサウンド。現在でもスタジオの定番コンプです。ボーカル、アコースティックギターへのナチュラルなリミッティングから、INPUTで歪ませてのハードリミッティングや4つボタン押しは1176でなければ出せない唯一のサウンドです。
■コンプレッサー

1967年に発売された1176 Limiting Amplifierは、驚くほど速いアタックとリリース・タイム、音楽的なクラスAアウトプット・ステージ、繊細で透明度の高いコンプレッションからドライブしたサウンドやディストーションまで幅広いサウンドを提供します。Universal Audioの1176LN Classic Limiting Amplifierは、Bill Putnam Sr.が開発したオリジナルの明確な設計を忠実に再現したもので、Led Zeppelin、Rolling Stones、Michael Jackson等のレコーディングで使用されたオーディオの歴史の一部と言えます。

豊かなトーン、カラフルなコンプレッサー
1176の主なセールスポイントは、超高速所アタックタイムであり、それは最速の設定でわずか20 μS(.00002秒)です。これはすべてのタイプのプログラムに対して優れた性能を発揮します。しかしエンジニアは、すぐに1176のその回路を通すことでキャラクターやバイブが与えられることに気づきました。 エンジニアによっては、その独特の音色を得るためにコンプレッションをオフにして1176を使用することもありました。ユニットのアンプとトランスは、それを通るすべてのサウンドに“ホットな”クオリティを加えます。

伝説の再生
1999年にBill Putnam, Jr.がUniversal Audioを再建したときに、ブラックフェイス1176 LNを再現したのが同社初の製品でした。2000年に再発売され、それはクラシック1176のリビジョンC、D、Eをベースに設計されました。オリジナルのハードウェアのサウンドを再現するもっとも重要な側面の1として、オリジナルのアウトプット・トランスを忠実に再現するために、フィードバック・シグナルを供給する最終のラインアウト・アンプサーキットのワインディング数を増やしました。Bill Putnam Jr.は、彼の父親のオリジナル設計を再現し、改善することができた広範囲に渡るデザイン・ノートを見つけました

プッシュボタン・マジック
1176の有名な機能の1つにコンプレッションの場合、4:1と8:1を、リミッティングの場合、12:1と20:1からレシオをプッシュボタンで選択することができる点です。1176を4:1からすべてのレシオ・ボタンを同時に押す“オールボタン”モードまで幅広い設定を行なうことができます。これにより他のプロセッサーでは聴くことができない独特のサウンドを実現することができます。安定したスロープと、初期のトランジェントに反応するラグタイムと共にディストーションが増え、ドラムのルームマイクが錯節するようなサウンドを作り、ベースやエレキギター・サウンド、またはボーカルのサウンドを絞ってミックスのセンターに置くことができます。

代えのきかない唯一の存在
熟練のUniversal Audioスタッフにより妥協のないレベルに達するまで各ユニットを構築、テストしています。このUniversal Audioのクラシック・バージョンの1176LNは、細心の注意をはらってオリジナルのニュアンスをキャプチャーし、その独特なサウンドのニュアンスを余すところ無く再現しているのです。

■主な特徴
・オリジナル1176に忠実なデザイン、製造方法、性能
・1176LN、ブラックフェイス・モデル、リビジョンDとEをモデリング
・超高速アタックタイム - 20msec~800msec
・クラスAラインレベル出力アンプ
・カスタムビルトの Putnam デザインによる出力トランス
・ステレオ仕様のオペレーション可能

■仕様
入力インピーダンス:600 Ω、ブリッジ-T コントロール(フローティング)
出力負荷インピーダンス:600 Ω、フローティング、ダンピングファクター 20
外部接続:Jones Barrier 端子と XLR 端子
周波数レスポンス:± 1 dB 20 Hz ~ 20kHz
ゲイン:50 dB
歪み率:50 Hz ~ 15 kHz で0.5%以下のTHD(リミッティング時)
S/N 比:+10dBmで70 dB以上
アタックタイム:20 μSec ~ 800 μSec
リリースタイム:50 mSec ~ 1.1 Sec
ステレオ・インタラクション:1176 SA ネットワーク・アクセサリー(別売)を使用
メーター:dB ゲインリダクション、dB 出力
電源:120/240 V
動作環境:最大動作湿度160°F
寸法:19インチ・ラックマウント、2U
重量:5kg

※VUメーターの下にある調整トリムは+4、+8モード時の0VU微調整用です。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2009/05/27

11111ボーカルには大抵かけます

投稿者名Reviewed bystudio0360 【神奈川県】

ボーカルにはまず試します。独特の音色にになるのでオールマイティーでないかもしれませんが、説得力ある効果で大抵使ってしまいます。一度色がつくと元に戻せないので掛け録りする勇気はなく、録音時はSSL Xlogic ChannelやFocusrite ISA220内蔵のクリーンなコンプをそこそこ掛けておき、MIX時に1176をじっくり掛けます。
この1176に限りませんが、アナログアウトボードの音をクリエートする力はPro Toolsのプラグインとは別世界で(WavesのEQやCompも良いですが)、Pro Tools付属の76とかはただのフィルターに思えてくるほどです(手軽だしそれなりの出番ありますが)。1176と基本EQをアウトボードでやっておき、Pro Tools内で微妙なEQとComp調整するのがだいたいのお決まりパターンです。
電源を入れてしばらくしないとメーターの針が0dbにならないとか(だからフロントに調整ネジがある?)、普通の商品だと考えられないアメリカンなところありますが、使い勝手と音色の良さで許せてしまいます。

レビューIDReview ID:10785

参考になった人数:138人

138 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )
1176LN

商品ID:80674

通常価格:¥268,000(税抜)

¥219,800(税抜)

(¥241,780 税込)

  • 送料無料

12,085ポイント内訳

  • 2,417Pt

    通常ポイント

  • 9,668Pt

    ポイント5倍

  • 12,085Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top