ここから本文です

サウンドマート

TECH21 / VT Bass DI

TECH21 / VT Bass DI

  • TECH21 / VT Bass DI画像1
  • TECH21 / VT Bass DI画像2
  • TECH21 / VT Bass DI画像3
  • TECH21 / VT Bass DI画像4
  • TECH21 / VT Bass DI画像5
  • TECH21 / VT Bass DI画像6
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
あのVT BASSにDI機能を備え、BASS DRIVERと同じデザインに仕上げた本機。70年代から現代のSVTトーンまでのキャラクターを1つのペダルに凝縮したプリアンプ/ダイレクトボックスです。

[直輸入品][Direct Import]

■ベースアンプシミュレーター/プリアンプ/DI
■コントロール:レベル、ブレンド、ミッド、ロー、ハイ、キャラクター、ドライブ
■XLR DIアウト装備
■70年代から現代のSVTトーンまでのキャラクターを1つのペダルに凝縮。あの10インチの積み上げられたスピーカーから飛び出すサウンドのイメージを基準とし、数々の伝説サウンドを再現します。ファンキーなサウンドから、唸るようなハイゲインサウンドまで幅広く対応します。

※電池駆動且つ、DI OUTを使用される際は、+48Vのファンタム電源を供給してください。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews5
5
5件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2018/09/17

11111BITEスイッチとブレンドコントロール

投稿者名Reviewed byT 【北海道】

デラックスと迷いましたが、こちらにして正解でした。ブレンドつまみは個人的には楽器本体の原音との兼ね合いを取るために使いますし、なによりBITEスイッチが素晴らしい。
 
常時オンにして使っていますので、ブレンドとBITEが付いていないデラックスを買わず、こちらを買って結果的に正解でした。
 
ベードラを大昔に使っていたクチですが、こっちのほうがいじりやすいし、ベードラよりはアクの強くない自然な音作りができているので、ベードラも良いですが最近はこっちです。
 
また、一時は「true bypass」に踊らされていたクチでもありますが笑、バッファードバイパスもいいもんですね。入っているバッファーの質は良く、バッファーを噛ませた違和感は感じません。最初にコレを通しておけばローインピ化されて劣化に強くなるし、音の輪郭も心なしか少しクッキリする気がします。
 
以上、個人的感想ですが、すごく気に入って使っています。

レビューIDReview ID:85456

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/06/09

11111優秀

投稿者名Reviewed byTR 【兵庫県】

midの500hzがおいしい。
bassノブの周波数が125hzだそう。今どきあんまりない帯域だけど、いわゆる「ベースっぽい」押し出し感は、確かにこの辺りだと思う。
もっと低い周波数を強調したいときはbassを真ん中にして、キャラクターを小さ目に設定して、楽器のトーンをやや絞ると良し。
そしてこのキャラクターツマミがまた秀逸で、現場のアンプに合った細かいチューニングが簡単にできる。こういう機能を待ち望んでいたのだ!
あと、個人的にはbiteが実はなかなか派手な効果で使えるんだけど、このボタンが小さすぎて演奏中に操作できない。。ここがフットスイッチで切り替え可能だったら完璧。

レビューIDReview ID:64382

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/04/08

11111一つだけ

投稿者名Reviewed byFP 【東京都】

唯一残念なのが DIの音がしょぼく ちょっと使えない。
ベードラはそんな事はなかった。

レビューIDReview ID:63085

参考になった人数:11人

11 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2014/11/14

11111優秀

投稿者名Reviewed bymstk-A 【北海道】

購入して一年の感想です。

歪みとしてもプリアンプとしてもとても優秀だと思います。

歪みはCharacterとDriveで色んな表情を見せます。
EQのかかりもよいです。
Driveは九時を過ぎると歪んできますが、それ以下だとスッカスカになります笑
Characterも12時を過ぎるとハイフレットで物凄いことになります笑
ブリブリしてないのにぎゃりぎゃりすると言う不思議な状態になりますので好みの歪み具合を捜す楽しみもあるかと
スピーカースイッチはLIVEやrecのLINEで特に発揮してくれると思います。

付属のセッティング表は本場の物なので若干大袈裟な音になります。
シュミレーターとして使うならDriveを下げると「らしい」音になるかと笑

レビューIDReview ID:52611

参考になった人数:10人

10 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2014/04/21

11111良かったです

投稿者名Reviewed bykazz1987x 【沖縄県】

いつもはアンプのDI OUTから送っていましたが、初めてアンプを排除してこれのみで演奏してみました。
私のアンプはダイレクトでPAに送られるタイプですが、自分で音作りが出来るので、納得のいく音をPAスピーカーから出す事が出来ました。
モニターから出る音も聴き易かったです。
いつもは弾くポジションによってはモニターし辛かったり、他の音よりも大きく感じたり小さく感じたりという事がありましたが、そういう現象も少なかったです。
サウンドもAmpegらしい感じを作る事が出来ました。
これからPAのあるライブでは重宝しそうです。

レビューIDReview ID:48636

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

TECH21 (テック21)
VT Bass DI

Item ID:181988

24,364 yen(excl. tax)

(26,800 yen incl. tax)

  • Free Shipping

2,680PtDetail

  • 268Pts

    通常ポイント

  • 2,412Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 2,680Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating11111

Reviews:5

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top