ここから本文です

サウンドマート

HOME

RME / Fireface UCX オーディオインターフェイス

RME / Fireface UCX オーディオインターフェイス

  • RME / Fireface UCX オーディオインターフェイス画像1
  • RME / Fireface UCX オーディオインターフェイス画像2
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
An audio interface created by the latest technology. A half-rack size body with the performance required in the field of professional audio such as studio and live recording. A professional model with a rich selection of 18-in/18-out audio channels, high-performance digitally controlled preamplifiers, and state-of-the-art AD/DA converters, all supported at 192 kHz.
■ Audio interface
Hammerfall X-Core (USB 2.0 & FireWire 400) installed
A culmination of RME's state-of-the-art bus technology, the Hammerfall X-Core has both USB 2.0 & FireWire 400 ports, delivering the same low latency and stability of a PCI interface in both Windows and Mac OS X environments. To do. RME does not rely on third-party USB and FireWire technologies, and uses proprietary technology optimized for audio transmission for outstanding performance and uncompromising professional quality.

TotalMix FX
With unlimited mixing and routing, TotalMix FX enables extremely flexible monitoring and system construction. The input and output channels are equipped with luxurious functions (3 band EQ, variable low cut, auto level function, compressor, expander, etc.) comparable to large size digital consoles. The intelligent Auto Set function which prevents an overload automatically is carried. It inherits many of the unique features of Fireface UFX that have been acclaimed worldwide.

Available on iPad ─ Equipped with class compliant mode
It is the first professional audio interface to support class compliant. This allows you to use the high quality input/output of Fireface UCX on your iPad if you connect it to an Apple iPad/iPad2 (via Camera Connection Kit), and you can use the apps and songs installed on your iPad with high sound quality (when using iPad). But with RME's Steady Clock, you can enjoy it in asynchronous mode.
In addition, it is a product that meets the demands of professionals, such as the highest level digital control, microphone preamplifier in its class, and stand-alone operation that can be used as a single AD / DA converter.

○ Equipped with high-quality AD/DA converter: All input/output up to 24-bit/192kHz, low latency
○ SteadyClock: Incredible jitter suppression, digital clock with outstanding stability
○TotalMix FX: Internal processing 46bit 648 channel mixer, patch bay/router
○ Stand alone operation support
○ Equipped with class compliant mode

Specifications
Analog input/output
○ 8 inputs: Balanced TRS Phone x 4, Mic/instrument input compatible preamp XLR x 2, Line/instrument input x 2
○ 8 outputs: Balanced TRS Phone × 6, headphone impedance compatible TRS Stereo Phone × 1 system (channel 7/8) digital input/output
○ S/PDIF: Coaxial input/output x 1 system (AES/EBU compatible)
○ ADAT: Optical I/O x 1 system (or switchable to optical S/PDIF) ASIO direct monitoring can be used for all outputs
Other input/output
○ MIDI: Input/output x 2 systems (BOHDSP9652 MIDI break out cable is required)
○Word clock: I/O x 1 system

■ Operating environment
Windows
XP SP2 or later/Vista/7/8/10, 32/64 Bit
One OHCI compatible FireWire 400 (1394a) terminal or one USB 2.0 terminal
USB connection: Requires a computer with a CPU of Intel Core 2 Duo series or higher
(Atom, Celeron, Pentium series are not operated regardless of the release date/AMD CPUs are not operated at all)

Mac
Mac OS X 10.5 or later, Intel Mac
One OHCI compatible FireWire 400 (1394a) terminal (can be used after converting 800> 400) or one USB 2.0 terminal

*For the latest operating environment, please refer to Manufacturer site. (At the bottom of the page)

類似品比較表

メーカー
ANTELOPE AUDIO
APOGEE
UNIVERSAL AUDIO
MOTU
PRESONUS
モデル名
商品画像
Discrete 4 Synergy Core
Symphony Desktop
APOLLO TWIN USB
828es
Quantum
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 4ch / 4ch 2ch / 6ch 2ch / 6ch 8ch / 8ch 8ch / 8ch
接続方式 Thunderbolt / USB2.0 USB2.0(Type-C) USB3.0 Thunderbolt / USB2.0 / AVB Thunderbolt、USB2.0
RME オーディオインターフェイス特集

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews7
この商品のレビューを書く

2020/12/16

11111安定性が高く、シルキーで滑らかな音質が特徴。

投稿者名Reviewed byもんたげ 【東京都】

安定性が高くトラブルが起きませんので安心できます。音質はRMEらしい上質でシルキーなもので、耳あたりが良く、長時間の作業でも聞き疲れしにくいです。端子による音質の差が極めて小さいのもありがたいです。例えばヘッドフォン出力も優秀で、ラインアウトと同様にシルキーなサウンドなのでスピーカー出しの音との乖離が少ないです。なおRME製品のヘッドフォンはゼンハイザーHD600がリファレンスのようです。自分はたまたまHD600を使っていましたが、このヘッドフォンはインピーダンスが高いのが難点でした。しかしUCXは全く問題なくドライブできます。
原音に忠実な録音再生という観点では少し疑問符が付く製品ですが、やはり出音の素晴らしさは格別ですし、デジタル臭がしない滑らかなサウンドで気持ちよく作業できる快適さは何者にも代えがたい利点だと実感しています。数年前から使っていますが、オーディオIFは何がおすすめですか?と尋ねられたら真っ先にこの製品の名前を上げるくらい気に入っています。

レビューIDReview ID:112249

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/22

11111別次元

投稿者名Reviewed byHO 【山口県】

MOTUの896MK3も併用していますが、まず、出音が違います。
なんといいますか「クッキリ、伸びやかに、しなやかさがある」音です。
youtubeの音源を聞いても明らかなので、D/Aの違いが明らかに別次元です。
ProToolsとの違いは、あちらは、あくまでも原音に忠実すぎて、デジタル臭さが出るところです(フィルターの設定がまずい)
RMEは、極めて優秀です。値段だけのことはあります。
あと、筐体がかなり熱を持ちます。熱劣化のコンデンサも入っているので、サーキュレータやパソコン用のファンで冷やしてあげると安心です。
これが壊れない限りは、たぶん、一生使い続けるでしょう。

レビューIDReview ID:109188

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/18

11111数年前の機種ですが充分最前線にいますよ

投稿者名Reviewed byEB 【兵庫県】

HDSP9632からの乗り換えです。当初、「これをメイン、9632をADAT経由でサブに」と考えていたのですが、リソース競合で併用できず、残念。9632は引退しました。
注意点が一つだけ。
ブレイクアウトケーブル”MIDI”の取り付けですが、専用の端子の向きが分かりにくく、焦って突き刺して繊細なピンを曲げてしまいました。。。ここは9632のような昔ながらの端子にしてほしかったですが、スペースの関係上致し方ないのでしょうねえ。
ライン入出力のリファレンスレベルについて9632のマニュアルから追補しておけば、「+4dBu」が外部機器との標準的なレベル、としていいと思います。前面の4つの入力と1つのステレオ出力は背面とは別のリファレンスレベル設定ができます。
HDSP9632でもかなり綺麗な音だったんですけど、本機はさらオペアンプの性能が上がっているようで、中域の直進性がよく、解像度もアップしています。少しハイ上がりな傾向がありますが音量を変えてもダイナミクスのバランスが崩れないのが素晴らしいです。
TotalMix、他のソフトウェアミキサーでは真似できない機能満載です。9632の時からワン・アンド・オンリーでしたが、Fireface UCX搭載のものはさらに強力。何通りものサブミックスを簡単に作れ、独自プリセットのストア/リコールもワンクリックで簡単。この辺がTotalMixを使っていて一番便利に感じるところかと思います。
現状のインターフェイスに飽き足らない方には本当にお勧めです。
細かいことですけど、電源アダプターケーブルの機材側端子にはうす緑色のLEDが点灯します。これがなにげにかわいいです。でもってラック裏を照らしてくれて意外に便利だったりします。
9632のときにも感じたことですが、PCやOSの変化に対応してこまめにアップデートしてくれるドライバーのおかげで、本当に末永く使うことができるんです。それを考えるとこの値段でも充分おつりがくるインターフェイスです。

レビューIDReview ID:105432

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/08/01

11111上を目指すDTM屋に

投稿者名Reviewed byTAKURO-9 【神奈川県】

一言で言うと「素晴らしい」
 
まず、出力。
非常にくっきり明瞭。最初は硬いかな、チャラいかなとも思ったがスタジオ向け機器ならばこれくらいでなければダメなのかと納得。
Focusrite Scarlett 2i4と比べてみたら周波数特性は驚くほど一致。これは色を着けていないフラットな特性と言えるかもしれない。
本機の方が2i4より分離感がよりしっかりしている。モノラルがど真ん中で聴こえるのにちょっと感動した。
 
マイクプリは単体のものを使うことが多いのであまり試してはいないが、直でもクリアだった。
 
そして、本シリーズの目玉でもある内蔵ミキサーとコントロールアプリTotalMix Fx。
実によくできている。各チャンネルにチャンネルストリップ。ルーティングが自由自在。
ただ、全てのユーザーに有難いかといえばそうでもないかもしれない。DTM屋向けか。ミキサー卓を使っている人には無用かもしれないし、ミキサーの仕組みが分かっていない人には難しいかもしれない。
 
ファンタムのオンオフは本体でできた方がいいかな。
 
 
余談。
機能面ではBabyfaceで充分だったが、デザインと設置形態(手前に置いて操作するか奥に置いて積み重ねるか)と操作性(Babyfaceの方が良いんだけどTotalMix Fxを使うなら中途半端)で本機を選んだ。

レビューIDReview ID:102726

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/10/17

11111素晴らしい安定感

投稿者名Reviewed byPlan 【神奈川県】

「接続してしっかり音がでる。」
当たり前のことであって一番大事なことです。安定性が抜群でトラブルは一切起きない。
いままではSteinbergのUR22mkIIを使用していましたが、たまに音が飛んでしまうことがあり、音楽制作の邪魔になっていました。
Input / Output ともに音に対して味付けや痩せはなく、解像度も非常に高いクリアな音質です。
Phone出力はとてもパワーがあるのでインピーダンス値(Ω)が高いヘッドホンを使ったほうがいいですね。
TotalMix FXの使い方が難しいというレビューがちらほらありますが、全くそんなことはないです。
ミキサーの仕組みを把握していればすぐ使えますし、使いやすいです。
注意点としてはDSPが搭載されているので本体は発熱します。
それだけですね。あとは何も問題ないです。
WindowsユーザーでしたらぜひRME製品を使ってみてください。
素晴らしい!!!さすがRME!!!

レビューIDReview ID:96811

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME (アールエムイー)
Fireface UCX オーディオインターフェイス

Item ID:171546

144,945 yen(excl. tax)

(159,439 yen incl. tax)

  • Free Shipping

15,943PtDetail

  • 1,594Pts

    通常ポイント

  • 14,349Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 15,943Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist

Rating11110.5

Reviews:7

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top