ここから本文です

サウンドマート

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT770PRO 80Ω 密閉型モニターヘッドホン

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 80Ω 密閉型モニターヘッドホン

  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 80Ω 密閉型モニターヘッドホン 画像1
3
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
DT770PRO 80Ωは、世界中のスタジオで使用され続けるbeyerdynamicスタジオモニターヘッドホンのベストセラー。信じられない程の優れた原音再生力と、高い解像度を発揮するDT770PROは、音楽プロデューサーやサウンドエンジニア、ミュージシャンにとって理想的なサウンドを提供します。低域から高域までバランスのとれたサウンドは、サウンドエンジニア、ミュージシャン向け。レコーディングスタジオやホームユースに最適です。

[直輸入品][Direct Import]


こちらの
商品も
オススメ!

<特長>
■音のバランスや変化を正確に把握できる、極めてニュートラルなサウンドを実現。スタジオエンジニアや音楽プロデューサーをはじめとする、音にシビアなプロフェッショナル達に、理想的なサウンドを提供します。
■密閉型ハウジングを採用することで、周囲の音に影響されない高い遮音性能を実現します。また、ボーカル・レコーディング時などヘッドホンの音漏れが気になる場所にも最適です。
■レコーディングスタジオ等での使用を考慮して、使い勝手の良い片出しケーブルを採用。ケーブルは絡まりにくく、持ち運びや保管に便利な構造となっています。
■耳を覆う大口径のイヤーパッドは長時間の使用でも快適な装着感を約束。柔軟性に優れたヘッドバンドは、頭部の大きさに関係なく、確実にフィットします。
■DT990PROは、ドイツで熟練エンジニアにより、ひとつ一つ手作業で組み立てられています。使用される部品や材料は、すべて手作業で作られ、必要に応じて交換することが可能です。
■インピーダンスは32Ω、80Ω、250Ωの3パターンをラインナップし、使用環境に合わせて選択することが可能です。

<インピーダンスの違いについて>
■32Ω:ホームオーディオやスマートフォン、ラップトップ等のモバイルオーディオ機器向け
■80Ω:レコーディング・スタジオをはじめ、様々な機器、用途に対応
■250Ω:本格的な業務用オーディオ機器を設置したレコーディング・スタジオ向け

<仕様>
■スタジオモニターヘッドホン
■型式:ダイナミック、密閉型
■インピーダンス:80Ω
■感度:96dB
■周波数特性:5~35,000Hz
■重量:約270g(コード除く)
■ケーブル:3.0m、ストレートケーブル
■付属品:キャリングポーチ、6.3mmステレオ標準変換アダプター

関連商品

関連パーツ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.3)
  • レビュー数Reviews19
この商品のレビューを書く

2022/09/07

111112万以下で買える最強の密閉型モニターヘッドフォン

投稿者名Reviewed byボイトレ野郎 【京都府】

80年代から海外のスタジオの定番で伝説級の超ロングセラーらしいですね。
使ってみて納得の音質で、メタル、ハードロック、ロック、POPS、EDM、歌謡曲などの音楽鑑賞や、映画鑑賞、ボイストレーニング、ギター演奏、skype通話など、あらゆる用途に使ってます。
ドンシャリ気味ではありますが、解像度も高く、どんなジャンルの音楽も元気に聴こえます。
特にジャンル的にメタルは相性抜群ですね。
なんと表現したらいいんでしょうか? 緻密でパワフルで、躍動感というか、音に弾力を感じます(バスドラのドゥクドゥク音、ギターのザクザク感、ヴォーカルのパワー感など、どれも表現力というか再現力がたまりません)。
メタル好きの方はこのヘッドフォンで YouTube の Five Finger Death Punch - Inside Out (Official Lyric Video) を視聴してみてください、文句が出てきません、快感ですよ。
リスニング用ではなく 「ちゃんとしたモニターヘッドフォンが欲しい!」 といった方には入り口になるヘッドフォンであり、いつまでも飽きない生涯の友となるでしょう。
不思議なのは密閉型なのにちゃんと、ある程度の音の距離を感じます。
こりゃロングセラーになるのもわかります。
ちょっとしたアレンジとして、交換用イヤーパッドを購入して付属の丸くて薄いスポンジシートを一枚追加でヘッドフォンとイヤーパッドの間に入れてみて下さい。
ローの鳴りが増して、うるさかったハイが若干軽減されて丁度良い感じになります。

追記: このヘッドフォンを ミニXLR3pin端子 で好きなケーブルに脱着出来るように改造しました。
10種類くらい試したところ、VIABLUE EPC-2 Silver ハイエンド ヘッドフォンケーブル | 3.5mmステレオミニ - mini XLR と組み合わせると比較にならないくらいの極上の音像が炸裂しました。
私はこの組み合わせにしてからは脳汁で溺れまくってます。
全ジャンル、全方面において不満点が出てきません。
みなさんもよろしければ ”ヘッドフォン 脱着化” で検索して業者に改造してもらってみて下さい。
付属のケーブルでは感じることが出来なかった天国がみなさんを待っていますよ。

レビューIDReview ID:131427

参考になった5

2022/05/29

11111シャリつきを少し抑えればこの価格帯の密閉型ではベスト

投稿者名Reviewed byニチガク 【北海道】

音質の傾向としては自分のリスニング音量・環境だと弱ドンシャリですが多少ハイがシャリつきます(音量を上げるとドンシャリ傾向が強くなります)。
たまにハイが出る=解像度高いと勘違いしている方がいますが、実際はハイが刺さって美味しい音量まで上げにくくなり、逆に全体で見る場合の解像度は下がってしまいます。また、ハイが刺さるヘッドホンや耳を傷めるくらい音量を上げないと実力が発揮できないヘッドホンは耳の健康的にも非常に良くないので少々問題です。
私はフェルトをドライバーサイズに丸く切ってドライバーの前に追加するという方法でこの機種のシャリつき問題をほぼ解決しました。厚さは厚いほど効果は高くなりますが私は100均の1.2mm厚の物を使用(よりシャリつく250Ωの場合はもう少し厚い方が良いと思います)。
これによりシャリつきが多少抑えられ、相対的にこの機種の魅力であるフラットなミドルが少し前面に出てきます(ローはほんの少しだけ膨らみます)。今まで少し遠くにいたボーカルが生き生きとしてきますよ。
また、逆にローが強いと感じている方はイヤーカップ側面の穴をテープで塞いでみてください。塞ぐ割合が多いほど低音が減ります。
まず自分のリスニング音量を決定し音を確認してから、これらを組み合わせて自分の耳を信じてトライアンドエラーで音を作るのも面白いです。
もっともこれはDT770PROの素性が良いからできることであって、やはり優秀なヘッドホンだと思います。
あと装着ポジションによっても多少の音の変化があります。耳の後ろ側がパッド側面に完全に当たるくらいの場合は多少ふくよかになり、逆に前のめり気味に装着すると歯切れが良くなります。
最後にひとつ注意点ですが、ベイヤーのレガシードライバーは能率が低いので、80Ωでもポータブル機器では音量を取りにくいです。また、再生機器側も限界付近で駆動すると大抵歪みが増えるので音が悪くなります。
かといって大出力のヘッドホンアンプを使用する場合でも、ドライバーの耐入力が低いので間違ってボリューム全開で再生すると一発で飛びます。ご注意を(音割れ云々言われている方がいますが、単にPAの入力段でクリップしてただけな気がします。また、そうじゃないなら許容入力超え?このヘッドホンのピークは116dbなので数分で耳に甚大なダメージを受けるレベルです)。

レビューIDReview ID:130127

参考になった5

2022/04/26

1111180Ω良かったです。

投稿者名Reviewed byNYCベース 【兵庫県】

普通のモニタリング用ヘッドホンが欲しくなり購入。
大体のレビューや資料を見ると、弱ドンシャリと書かれていましたが、まさに
その通りでした。少し良いイヤホンでも聞こえないような音も、しっかり聞こえてきます。
特にボーカルは凄く聞き取りやすいです。
もっと早く購入すれば良かったです。PCやスマホ直挿しの方は、32Ωの方が良いと思います。
おススメです。

レビューIDReview ID:129188

参考になった2

2021/12/17

11111なんというコストパフォーマンス・・・

投稿者名Reviewed byShige Forty Eleven 【東京都】

諸事情により音漏れしにくい密閉型で良さげなヘッドフォンないかなーと、こちらの商品に出会いました。
格安ヘッドフォン使ったり、ちょっと意識高かったときはAKG K712使ってみたり、ちょろちょろ旅をしてきましたが、
DT770PROは本当に密閉型なのか!?と思うくらい空間表現力が高いですね。少なくともセミオープンでしょこの鳴りは!
かと言って音漏れのほうは普通の密閉型並みの少ない漏れなので、カルチャーショックです。
DTMやったりすることもあったので、変なプライドで80Ωにしましたが音量はかなり小さく感じました。
まぁこれはフェーダー上げれば解決なのですが、ベロアパッドが好きなので総括としてはこれは良い買い物でした!

レビューIDReview ID:125074

参考になった4

2022/03/27

11111エレクトーン演奏用に購入

投稿者名Reviewed byわんたろ 【大阪府】

エレクトーン演奏用に使っていたSONY MDZ-700にかわり購入しました。
モニター用としてとても優秀な物と思います!
SONYでは音が派手に聞こえていたものがbeyerdynamic / DT770PRO 80Ωでは地味に聞こえます。
高音から低音まで素直に聴こえるという印象です。
エレクトーンのスピーカーからの出音に近いのはbeyerdynamic / DT770PRO 80Ωの方だと感じます。
音量はこの80ΩタイプでSONYよりエレクトーンのレベルでメモリ2つ強分小さく感じられます。
250Ωタイプと迷いましたが80Ωにして正解でした。迷われている方で耳当てがレザーで良いという方は32Ωで良いと思います。
今までエレクトーンで音作りする場合、SONY MDZ-700で作りこむとエレクトーンのスピーカーからの出音はこもってしまいがちだったのですが、
今後はbeyerdynamic / DT770PROで作りこむことで解消されるのものと期待しています。
今までSONY MDZ-700では味付けされた『イイ音』になってしまっていたので結果的にモニター用としては扱いにくいものでした。
今後も使い続けたいと思います。
※生徒さんとふたりでヘッドフォンをつけてレッスンする際に同じ環境が必要になり今回再購入しました。とても信頼できる商品です!

レビューIDReview ID:124007

参考になった3

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )
DT770PRO 80Ω 密閉型モニターヘッドホン

商品ID:19774

¥24,800(税込)

  • 送料無料

744ポイント(3%)内訳

  • 248Pt

    通常ポイント

  • 496Pt

    ポイント3倍キャンペーン

  • 744Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok