ここから本文です

AKG

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT770PRO 32Ω 密閉型モニターヘッドホン

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 32Ω 密閉型モニターヘッドホン

  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 32Ω 密閉型モニターヘッドホン 画像1
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 32Ω 密閉型モニターヘッドホン 画像2
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
DT770PRO 32Ωは、世界中のスタジオで使用され続けるbeyerdynamicスタジオモニターヘッドホンのベストセラー。信じられない程の優れた原音再生力と、高い解像度を発揮するDT770PROは、音楽プロデューサーやサウンドエンジニア、ミュージシャンにとって理想的なサウンドを提供します。32Ωと低インピーダンス仕様のため、ホームオーディオやスマートフォン、ラップトップ等のモバイルオーディオ機器向けでのモニターに最適。
<特長>
■音のバランスや変化を正確に把握できる、極めてニュートラルなサウンドを実現。スタジオエンジニアや音楽プロデューサーをはじめとする、音にシビアなプロフェッショナル達に、理想的なサウンドを提供します。
■密閉型ハウジングを採用することで、周囲の音に影響されない高い遮音性能を実現します。また、ボーカル・レコーディング時などヘッドホンの音漏れが気になる場所にも最適です。
■レコーディングスタジオ等での使用を考慮して、使い勝手の良い片出しケーブルを採用。ケーブルは絡まりにくく、持ち運びや保管に便利な構造となっています。
■耳を覆う大口径のイヤーパッドは長時間の使用でも快適な装着感を約束。柔軟性に優れたヘッドバンドは、頭部の大きさに関係なく、確実にフィットします。
■DT990PROは、ドイツで熟練エンジニアにより、ひとつ一つ手作業で組み立てられています。使用される部品や材料は、すべて手作業で作られ、必要に応じて交換することが可能です。
■インピーダンスは32Ω、80Ω、250Ωの3パターンをラインナップし、使用環境に合わせて選択することが可能です。

<インピーダンスの違いについて>
■32Ω:ホームオーディオやスマートフォン、ラップトップ等のモバイルオーディオ機器向け
■80Ω:レコーディング・スタジオをはじめ、様々な機器、用途に対応
■250Ω:本格的な業務用オーディオ機器を設置したレコーディング・スタジオ向け

<仕様>
■スタジオモニターヘッドホン
■型式:ダイナミック、密閉型
■インピーダンス:32Ω
■感度:96dB
■周波数特性:5~35,000Hz
■重量:約270g(コード除く)
■ケーブル:ストレート、1.6m
■付属品:キャリングポーチ、6.3mmステレオ標準変換アダプター

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:4
この商品のレビューを書く

2019/04/02

11111DT770/32をDT250/80、Aventhoと比べて

投稿者名:rak 【岐阜県】

DT770/32の合成レザーパッドだと、箱庭的おもちゃチックな音でしたので、EDT770Vベロアを買って満足出来ました。高音が少し強めですが爽やかに聴けます。低音も出てます。
DT250/80は、80オームですが割と普通に音量が出ます。これを思うと、DT770も80オームのを買えばよかったのかも。ベロアのイヤーパッドですし。
DT250/80の音は、自然で誇張なく、それでいて細やかで、ずっと聴いていて大丈夫な音質です。
AventhoはWireless機に有線(付属でなく別途1万強のリケーブル)で聴いてます。これ、凄く切れてます。でもふくよかさもあります。聴き入るならこれです。ドライバーが差がある、って分かります。
上記、価格に比例した好感度でした。曲想や気分で使い分けも出来ます。感想でした。

レビューID:91051

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/03/21

11111音も着け心地もGOOD‼

投稿者名:skyline 【東京都】

この商品とMDR-CD900STで悩み、こちらにしました。MDR-CD900STとの比較も踏まえてこの商品のポイントを紹介したいと思います。以降MDR-CD900STをMDR DT770PROをDT770とします。

①オーバーイヤー型
 DT770は耳に装着する部分が大きめで完全に耳を覆います。なので、音漏れはしにくく、長時間使用しても耳が痛くならず、疲れません。また、パッド部は厚めでクッション製もいいので着け心地は最高です。MDRもオーバーイヤー型となってはいますが、耳の形や大きさによっては耳にのせるようになってしまい、パッドは薄く感じました。

②音について
 音についてはMDRは高域から低域までかなりフラットなのに対して、DT770はフラットながらも高域や低域がはっきりとしています。ヘッドホン自体の音質もいいです。聞いた話によるとDT770はオーケストラ等に対してはかなり適しているようです。しかし、僕はバンドの曲を聴いたり、作ったりする目的で使ってますがバンド系の曲でも十分適していると思います。

③プラグについて
 DT770はステレオミニプラグになっており、パソコンやプレイヤーに直接差し込め、ステレオ標準プラグアダプターもついているのでインターフェース等に繋ぐこともできます。アダプターはしっかりしており同じ会社の物なので音の変化は気になりません。一方、MDRはステレオ標準プラグとなっているのでパソコン等に直接繋げず、直接繋ぎたい時は変換プラグを買う必要があります。

④安心の保証
 MDRは業務用なので、初期不良以外では保証がありません。しかし、DT770には2年間の保証が付いてくるので安心して使えます。

⑤こだわりのドイツ製
 beyerdynamicはドイツにある会社で、ドイツ製にこだわり、ドイツの工場でこのヘッドホンを作っています。

また、DT770の250Ω 80Ω 32Ω の三種類うち、パソコンやプレイヤーに繋いで使うのであれば、32Ωがおすすめです。
最後に、この商品を買うならサウンドハウスさんがいいと思います。理由は安いからです。色々なネットや店頭で見たのですが、高いものだとサウンドハウスさんの値段の+10000円位しました。

購入の際の
参考にしていただければと思います。

レビューID:80846

参考になった人数:14人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/03/11

11111ドツボです

投稿者名:おにぎり 【奈良県】

レザー製のパッドを使用する事を強く推奨します

アラウンドイヤータイプで耳がどこにも当たらないです

付け心地があまりに良くてベイヤー以外の選択肢が無くなりました。
(完全に個人差ですね。)

音の特徴

私自身、バンド等で楽器を演奏している者なのですが。
高音部の楽器の生々しい音の再現性が素晴らしい事に驚きました!
ドラムのハイハットなどが極上です。

ボーカルは
バランスの丁度良い距離感で抜けてきます

音場が広く取れていて
ボーカルのボイスディレイ、エコーの返しが深くて感動!
(他の密閉型機種と大きく違う特徴の1つかと思います)

低音はタイトにズンズンと言うよりも
野太く底から響く感じでいて
音そのものはとても生々しく聞こえていて
不思議です

テンポの速い音楽だと
低音が遅く暴れてしまう印象です

異空間系?の電子音の打込みを多用する音楽は
音源によりますが
人工的な部分
デジタル臭が強調されて粒がボヤケてしまう事があります


sony a25→dt770での使用です

使用ジャンル
ゆったり系のギターインスト系
久石譲、菅野よう子等のサントラ
HR/HM
カントリーロック
ブルース、ジャズ、フュージョン

遮音性
レザー製だと強めです
会話が聴き取れない事があります
ちょっと遮音性がややつよいです

ベロア製だと
音楽聴きながらでも会話できなくもないです
出歩く際の安全性的にわたし的にはベストです

漏音性
普通です
並みです

当然ベロア製のパッドの方が音漏れします。

単純にDT990を密閉型にしたというものではないようです

DT770を開放型にしたものが
DT880、990なのではと思ってしまう程の
絶妙なバランスです。

密閉型ではありますが
開放型を思わせる雰囲気を纏う
一風変わったヘッドホンです

コスパは驚異的としか言いようがありません

楽器が好きな人にオススメしたくなる
1番好みのヘッドホンです。

お気に入りなので誇張した表現が目立つところ
ご了承下さい。

レビューID:62365

参考になった人数:15人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/07/08

1111ビックリ!

投稿者名:ノブ 【宮城県】

はじめは高音がささり音場もめちゃくちやでどうなのよ!と思いましたが48時間エージングしたら別物になりました。これならベロア素材のカバー買わなくても良さそうかも!くっきりした明るい音質で音場もボーカルが頭の中で中心に、ドラムが目の前に現れ、ギターやベース、キーボードの位置まで見える感じ、音質も低音はバスドラやベース音がドスドスと響き、しかもしまった感じて違和感がなく被らず聴き分けられる。高音もギターのカッティングやシンバルの音が刺さらず表にくっきり出る!女性ボーカルも被らず綺麗に澄んで聞こえます。密閉型なのに抜けもよく、外部の音もそれなりに遮蔽され聴くことに集中できます。非常に良い買い物になりました。ただ32Ωは結構音が出すぎ?前に出すぎかも知れません?PCではいい感じですがiPhone直挿では曲によって音が割れそうな場合あり、80Ωの方が良かったかも!AKG k240 と使い分けてます。両方とも音の情報量は多くk240 は本当にフラットdt 770 はチョイドンシャリというか各音の粒がくっきり増幅された感じ?!になりますね。あそれと私の頭がデカイのでフツーの人は大丈夫か分かりませんが圧が強いですね、2-3時間では痛くはなりませんが、それと暑がりの私だけかも知れませんがエアコンつけててもこのカバーは蒸れます。やはりベロア素材のカバー必要かも?

レビューID:93855

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

beyerdynamic (ベイヤーダイナミック)
DT770PRO 32Ω 密閉型モニターヘッドホン

商品ID:193166

¥12,320(税抜)

(¥13,552 税込)

  • 送料無料

135ポイント内訳

  • 135Pt

    通常ポイント

  • 135Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top